福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 2013 6月の記事一覧

股関節痛・股関節の痛み     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:股関節痛・股関節の痛み、背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績     

2013.06.30 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,股関節のゆがみ,股関節の痛み,股関節痛,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ


股関節の悩みは多いです 

バランス整体に訪れる人の多くは

腰痛、肩こり、頭痛、しびれなどが原因で来院されますが

その他に多いのが股関節の痛みです。


ご来院された患者さんに多い症状は


〓立っていると股関節に違和感やハリを感じる。

〓 左側だけ痛かったのが、だんだん右側も痛くなり、両側が痛くなると、
 そのうち左膝も痛くなってきた。

〓 足がむくんでいる。

〓 片側の関節がかたく開きにくい。最近、反対側の足に負担が罹り歩き始め
(後方に伸びた時)に際に痛みがある。

〓 階段をあがる時に片方の膝が外側に行きたがりあがりずらい。

〓 股関節に鈍痛が出ると、肩こりがひどくなる。

 寝違えで首が動かなくなったり、顔が歪んでしまう。
 

〓頭が痛くなる。(頭痛・頭重)
 
〓腰痛が出てきた。

などがありますが、その他に多い症状として

歩き出しが痛い(動かしずらい)、足が冷える

長距離歩きと痛い、関節の動きが悪くなる

ポキポキ音が鳴る、ゴリゴリ骨がすれる音がする、疲れがたまると痛くなる

寝ているとき足を伸ばすと痛い、などがあります。

 

股関節は、上半身の体重を支えている骨盤を

2本の大腿骨で支えている関節で、筋肉と靭帯でつながっています。


そのため、歩き方や座り方など、普段の生活で悪い姿勢・くせ

などによって、負担が増えてきます。


股関節の歪みは機能障害は歩行の問題、直立姿勢における猫背

更には、腰椎は骨盤の歪みに影響し

それが腰痛、肩こりなどを引き起こす原因にもなりますし

座っている時も股関節は

圧迫やストレスをうけてしまいます。


不自然な姿勢、もしくは長時間座っていることで

股関節を支える筋肉は常に緊張を強いられ

骨盤と股関節の付け根で圧迫感を感じたり

太ももの裏の張り、足のむくみ、そしてしびれの原因にもなります。


ぎっくり腰の時に痛める腸腰筋や殿筋なども股関節周囲に付着します。


慢性腰痛で苦しんでいる方は身体も固く

特に股関節の動きは悪くなっています。


股関節の正常な動きは歪みを取り除く事で

デスクワーク時での腰痛や

スポーツによる怪我などを予防することができます。


普段の姿勢が悪かったり、その他の原因によって

骨盤が歪んだりずれてしまうと起こる痛みですが

放っておくと大変なことなります。


今までにもかなりつらい股関節の痛みが

すっかり良くなったと言う方が

当院にはたくさんいらっしゃいます。


また女性の方が男性に比べて、股関節に問題を抱えることが多いようです。


股関節の痛みは、やがて歩行を困難にしてしまいますので

悪化しないうちに早い段階での治療をお勧めいたします。


病院などでの治療は一時的なもので

痛み止めの投薬、牽引、神経ブロック・注射

手術、足底板(中敷き)・靴底を調整した補高靴のような治療が行われますが

どれも対症療法で根本治療ではありません。


筋肉や骨といった筋骨格系の機能と構造的な障害

そして、それらが及ぼす神経系の機能異常

健康全般への影響を診断することで治療、予防し

薬物や外科をなるべく用いずに

自然治癒力を取り戻す治療法のバランス整体

是非、受けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節の痛みには  

股関節の痛みに悪影響を及ぼしている主な部位として

〓へそ横の筋肉(腹直筋)の緊張

〓鼠径靭帯の上側と下側のこわばり

〓股関節周りの硬さ

〓太もも周辺の筋肉の緊張

〓肩周りの筋肉の緊張

が挙げられます。


そして、股関節痛を引き起こす疾患で最も多いのは、

変形性股関節症ですが

その他に

〓 先天性股関節脱臼(成人・乳児)

〓 臼蓋形成不全症

〓 外反股

〓 ペルテス病

〓 大腿骨頭すべり症

〓 弾発股(弾撥股:だんぱつこ)

〓 大腿骨頸部壊死

〓 特発性大腿骨頭壊死

〓 恥骨骨炎(グロインペイン症候群)

〓 仙腸関節の疾患

〓股関節頸部骨折

〓股関節捻挫

などがあります。

 

腰の部分の骨はどうなっているのか。

バランス整体が、なぜ腰と仙腸骨に効くのかをお伝え致します。


腰の骨の股関節部には、左右対称の骨が2つあり

さらに格骨は3つの部分(腰骨、坐骨、恥骨)に分かれています。

この3つの部分の骨は幼児期間にくっつき始め

思春期には完全に一体になり

この時点で完全な股関節部となるわけであります。


この股関節部に対して、仙骨と尾骨は後ろ側から付いており

左右の恥骨を前側で結合しているのが心骨結合であります。


即ち、骨盤は股関節部と、仙骨。尾骨、恥骨結合から構成されています。


また、男性と女性では骨盤の形が異なっており

男性の骨盤は高さがあり、どっしりとしていて

女性の骨盤より、幅が狭いです。

一方、女性の骨盤は、口が大きく広がっており

カーブを描いています。


こうした違いは、女性が子供を産む機能を持っていることと

男性の方が筋肉があり重いからです。


股関節の接合部分は臼状関節(玉継ぎ手)構造

即ち、大腿骨(身体で一番長く重たい骨)の部分が球状で

股関節の寛骨臼と呼ばれる継ぎ手と一緒になっているのです。


仙腸骨の結合部に対する現代医療による治療には

問題が残っています。


まず第一に現代の医学教育では、筋骨格(仙腸骨も含まれる)を

無視していることであります。


50年以上にもわたり

仙腸骨の結合部は動くことが証明しているのにもかかわらず

これを認めず、動かない。と主張する医師がいることであります。


この接合部分は複雑であり、充分に理解されていないことも事実であるが

人体の動きを考える上で重要な位置を占めています。

仙腸骨の結合部は不動である。という考え方では

決して腰の痛みを和らげることは出来ません。


脊柱に発生したストレス。即ちゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)を正すのが

バランス整体であります。

脊柱を診て、ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)の有無を調べます。


ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)というのは脊柱の配列状態が悪く

神経系統を障害していることであります。


脊椎におけるゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)は、

接合部分の固定化を始め脊椎に沿った神経を圧迫し

椎間板、靭帯、腱、筋肉の弱体化

接合部の異常な動き、内蔵障害を生じさせます。


当院では、こうした病気や症状を

直接治療しようということではないですが

仙腸関節に障害を持った

大勢の人達の役に立った事を見て頂きたいのです。


病院で慢性的な腰と脚の痛みがあると診断された283人のうち

117人には、それまで診断されなかった

仙腸関節の問題が見つかったのです。

この117人には、殆ど身体がうまく動かず

この診断まで平均8年間も痛みがありました。


ところが、毎日バランス整体による脊椎矯正を受けて

2~3週間もすると90%の人達が

普通の生活に戻れるようになってしまったのです。


さらに1年後に追跡調査が実施されたのですが

治療改善が、そのまま持続されていたのであります。


是非、バランス整体による脊椎矯正を受けてみて下さい。


あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

股関節痛、腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関節炎・リウマチ      Ι 整体・接骨は口コミNO.1:関節炎・リウマチ、背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績     

2013.06.29 | Category: リウマチ,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,関節炎

関節炎 


関節炎という病気は、単に関節部における病気でなく

身体全体の病が、特に関節部分に顕著に出てきているのだという事を

忘れてはなりません。


身体全体に影響を与える病気を全身性疾患と呼びますが

関節炎はこの一つであります。


現代医学では、関節炎に対する決め手がなく

症状を取り去るために、一生、薬を飲み続ける事になります。


熱量法や温湯での運動といった身体療法で

薬に関節が曲がるように出来ることもあります。


ただし、関節が酷くなった場合には手術

という事になってきます。


関節炎でご来院された患者さんに多い症状は


〓立っていると股関節に違和感やハリを感じる。

〓 左側だけ痛かったのが、だんだん右側も痛くなり、両側が痛くなると、
 そのうち左膝も痛くなってきた。

〓 足がむくんでいる。

〓 片側の関節がかたく開きにくい。最近、反対側の足に負担が罹り歩き始め
(後方に伸びた時)に際に痛みがある。

〓 階段をあがる時に片方の膝が外側に行きたがりあがりずらい。

〓 股関節に鈍痛が出ると、肩こりがひどくなる。寝違えで首が動かなくなったり、
 顔が歪んでしまう。

〓頭が痛くなる。(頭痛・頭重)

 
〓腰痛が出てきた。

などがありますが、その他に多い症状として

歩き出しが痛い(動かしずらい)、足が冷える

長距離歩きと痛い、関節の動きが悪くなる

ポキポキ音が鳴る、ゴリゴリ骨がすれる音がする、疲れがたまると痛くなる

寝ているとき足を伸ばすと痛い、などがあります。


股関節の痛みに悪影響を及ぼしている主な部位として

〓へそ横の筋肉(腹直筋)の緊張

〓鼠径靭帯の上側と下側のこわばり

〓股関節周りの硬さ

〓太もも周辺の筋肉の緊張

〓肩周りの筋肉の緊張

が挙げられます。


そして、股関節痛を引き起こす疾患で最も多いのは、変形性股関節症ですが

その他に

〓 先天性股関節脱臼(成人・乳児)

〓 臼蓋形成不全症

〓 外反股

〓 ペルペス病

〓 大腿骨頭すべり症

〓 弾発股(弾撥股:だんぱつこ)

〓 大腿骨頸部壊死

〓 特発性大腿骨頭壊死

〓 恥骨骨炎(グロインペイン症候群)

〓 仙腸関節の疾患

〓股関節頸部骨折

〓股関節捻挫

などがあります。

例え治療が無いといわれる病気にでさえ、身体が克服できる場合があり

関節炎の場合でも、自分自身の力で100%の回復をしてしまうことがあるのです。


バランス整体では、病気によって

違った治療方法をするわけではありません。


バランス整体の考え方というのは

自然な身体を邪魔するような状態を取り除き、自分に従おう。

という事であります。


脊柱に沿った神経のストレスを取り除くと共に

食事内容を変え、体重を減らし、禁煙、さらに運動をし

精神的なストレスをうまく処理する事も必要となってきます。


とにかく、危険な方法(医薬品や現代医術)を施す前に

自然で保守的な方法を

先ず試してみることを、お勧め致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関節炎・リウマチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関節炎の治療とバランス整体  

関節炎で処方される医薬品は、良い面と同時に

悪い面も持っています。


病院などでの治療は一時的なもので

痛み止めの投薬、牽引、神経ブロック・注射

手術、足底板(中敷き)・靴底を調整した補高靴のような

治療が行われますがどれも対症療法で根本治療ではありません。


アスピリンで痛みや固さ、炎症は軽減されますが

毎日8~24錠もの服用が必要になってきて

胃の不快感や出血、さらには潰瘍という副作用がもたらされる事があります。


非ステロイド系の消炎鎮痛剤であるインドシンやアドビル

またナプロシンといった薬で固さが軽減され

曲げやすくなりますが、腎臓を痛め、食道、胃、十二指腸、小腸

の不快感や出血が出てくる場合が有り

値段も、アスピリンの4~5倍します。


関節炎用の医薬品を服用した副作用から

消化器官障害を引き起こし

毎年、約1万人の関節炎患者がアメリカで亡くなっています。


プレドニゾンやハイドロコーチゾンリン酸といった

ステロイド系の薬で症状は改善されますが

一時的に痛みがます場合があり、しかも

長期にわたり服用すると、骨が細く弱体化する可能性が高いです。


金塩(ゴールドソルト)を使うと炎症にいいですが

これも皮膚に発疹や口内に潰瘍を発生させる可能性があります。


バランス整体は関節炎用の治療方法というわけでは決してないですが

関節炎を持っていることが判ったら

脊柱に沿った神経にストレスを生じていないかどうか

良く見てもらうべきであります。


脊柱に沿った神経に圧迫があると

その神経系統が障害を受け、さらに免疫機能にも問題を生じます。


即ち、身体全体が弱くなり、関節炎を含め、

あらゆる病気の温床になってしまいます。

脊柱神経に出来た圧迫を矯正する専門家が当院です。


リウマチ性関節炎患者の殆どが、脊柱に歪みを持っている。

と報告されています。

骨関節炎患者の90%近くが、バランス整体を受けることによって回復する。

という研究結果もあります。


また、バランス整体が関節炎に有効だ

という研究報告は、他にもあります。


関節炎の治療として、本当の原因を

改善する事が必要であります。


関節がおかしいという事だけでは

関節炎という病気の一番派手な部分を見ているに過ぎません。


事故により、関節が直接傷められた場合の関節炎を除き

大抵の関節炎は全身性疾患といって差し支えありません。


関節炎の患者というと、とかく

背中が曲がり、手が節だらけの老人が一歩一歩ゆっくり歩くか

車椅子に乗っている事を思い浮かべてしまい易いですが

この様にひどい障害の人は少ない。


ただし関節炎という状態を長年にわたり持ちながら

何十年に渡り、自分が関節炎にかかっていることを

知らない人がたくさんいます。


関節炎として一番多いのが骨関節炎であり

退行性関節炎なり、肥大関節炎とも呼ばれています。


X線写真で医者から

「骨に少し関節炎があるようですね。

でもこの程度はほとんどの人が持っているので心配しないように」

と言われることがあります。


骨関節炎にかかっているアメリカ人はなんと

4000万人にものぼります。


実に50歳以上の人はほとんど関節炎を持っています。

「髪の毛色が薄くなっていくのと同じように

老化現象として避けられないものである」

とまで記述している教科書もある程であります。


ただし良性の関節炎だけでなく、大抵の場合痛みが伴い

時として身体の一部なり、全身が機能障害を起こすこともあります。


関節での摩耗やストレスが骨関節炎の原因と考えられていますが

ある関節で摩耗があるということは

脊柱のバランスが狂っている事が原因かもしれません。

骨関節炎ではトゲの様な骨の成分が見られるが

こうした状況は身体がその部分を防御するために

そこを強化するために出てきたものでしょう。


骨関節炎の回復というのは、これまで不可能と考えられていたが

バランス整体では有効です。


関節炎で悩まれてる方は是非

バランス整体を受けて下さい。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

関節炎・リウマチ 、腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頸椎矯正、あご矯正、脊椎矯正、骨盤矯正とメラトニン     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績     

2013.06.28 | Category: ぼけ予防,ガン予防,メラトニン,免疫力,抗酸化作用,整体・接骨院,松果体,老化防止,脊椎・背骨矯正,骨盤矯正

 

頸椎矯正、あご矯正、脊椎矯正、骨盤矯正、
重力バランス軸矯正で若返り、熟睡、病気予防できるか!


若返り、熟睡、病気予防に効くホルモン、「メラトニン」

 あなたは“メラトニン”というホルモンを知っていますか?

 メラトニンは、私たちにとってうれしい効果がたくさんあるホルモンです。

■ “奇跡のホルモン”と呼ばれるメラトニン

 メラトニンは、脳のほぼ中央にある「松果体」というところから
 分泌されるホルモンです。

 主な効果を3つ、ご紹介します。

 1つめは、熟睡効果。

 メラトニンには、人を睡眠に誘う作用があります。

 夜になるとメラトニンの分泌量が増えるため、自然と眠くなるのです。
 
 昼間生き生きと活動し、夜ぐっすり眠ることは、健康の基本ですよね。

 これはメラトニンのおかげなのです。

 メラトニンの分泌が減ると、夜眠れない、途中で目覚めてしまう、
 熟睡できないなどの不眠症状があらわれやすくなります。

 2つめは、若返り効果。

 メラトニンには強力な“抗酸化作用”があります。

 ご存じのとおり、抗酸化作用は、若さと健康を保つために欠かせないものです。

 たとえば食べ物は、酸化によっておいしさが失われたり、腐ったりします。

 わたしたちの体も同様で、酸化によって老化が進んだり、病気になったりするのです。

 メラトニンの抗酸化作用は、
 体内細胞にダメージを与える活性酸素から守ってくれます。

 これによって老化抑制・若返り効果が期待できるのです。

 さらに、脳細胞の酸化を防ぐことから、記憶維持(ぼけ防止)の効果も
 期待されています。

 アンチエイジングの決め手はメラトニンですね。

 そして3つめは、病気を予防する効果。

 メラトニンは、体の免疫力を高めてさまざまな病気を予防します。

 抗酸化を防ぐことで、体内細胞の酸化によって起こるがんや動脈硬化などを予防します。

 さらに、メラトニンはガン細胞を攻撃する
 NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化したり、
 細菌やウイルスを消滅させる食細胞を強化したりします。

 おわかりいただけたでしょうか?

 メラトニンは、老化防止、ぼけ予防、ガン予防、不眠解消など、
 夢のようなパワーを秘めています。

 そのさまざまな効果から “奇跡のホルモン”と呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■メラトニンをたくさん分泌する方法

 メラトニンの分泌量は、子どもの頃がピークです。

 子どもは、ぐっすりよく眠りますし、がんなどの病気になりにくく、
 肌もピンとしており、記憶能力もよい。

 まさに、メラトニンがたくさん出ている状態ですね。

 残念ながら、メラトニンの分泌量は年齢とともに減っていきます。

 30代あたりで大きく減り、60歳~70歳くらいになると、
 ほとんどゼロになってしまいます。

 私たちが病気にかかりやすくなったり、明らかな衰えを感じたりするのも、
 メラトニンが減ってくるこの頃です。

 アメリカなどではメラトニンのサプリンメントが売られていますが、
 日本では認可されていません。

 メラトニンに限らず、ビタミンやミネラルなどのサプリメントでも言えることですが、
 自分の体から自然に分泌される天然成分のほうが、
 安全かつ効果が圧倒的に高いのです。

 年齢を経ても、メラトニンをたくさん分泌できる方法はないのでしょうか?

 実は、当院のバランス整体治療で頸椎、下あご、
 骨盤、重力バランス軸を正常な位置に誘導することによって、
 メラトニンが通常の2~3倍分泌されると考えられます。

 バランス整体治療で脳に送られる血液量が最大3倍に増える効果が期待できます。

 それによって、脳が活性化し、メラトニンを分泌する松果体を刺激するのです。

 当院のバランス整体治療を受けた患者さまからは、
 「まわりの人に若返ったといわれた」
 「長年悩んでいた不眠がウソのように治った」
 「体の不調が解消した」という声をたくさんいただいています。

 さまざまな効果が期待できるメラトニンの恩恵を最大限に受けるためには、
 バランス整体治療が一番の近道だと言っても過言ではありません。

 いつまでも若々しくいたい方、
 病気にならない体づくりをしたい方は、
 ぜひ一度、福山市田澤接骨院お越しください。

 
 あなたのご来院を、心よりお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 


不眠症・不眠チェック     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:不眠、背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.27 | Category: メラトニン,不眠、倦怠感、うつ,不眠チェック,不眠症,口コミ、人気、評判NO・1,寝つきが悪い,寝起きが悪い,整体・接骨院,睡眠時無呼吸症候群,精神的な不安定,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,自律神経が乱れ,自律神経のバランス


不眠チェック あなたはしっかり眠れていますか?~眠りが変われば人生が変わる~

突然ですがあなたは、毎晩よく眠れていますか?

多くの人は布団に入って寝ているから
自分は眠れていると思っていると思います。

でも、本当に熟睡できている人はごくわずかだということをご存じでしたか?

■あなたも不眠症かもしれない!?

不眠症の症状がある日本人は、
なんと5人に1人とも2人に1人とも言われています。

特に次のような症状がある人は、多かれ少なかれ、
なんらかの睡眠障害に陥っていると言えるでしょう。

・寝つきが悪い

・寝相が悪い

・寝起きが悪い

・長時間(8時間以上)睡眠をとらないと調子が悪い

・夜中に目が覚めてしまう

・眠りが浅く、眠ったような気がしない

・いびきをかく

・日中眠くなる

・日中だるい、疲れやすい

どうでしょうか?

上記の症状が1つでもある人は、はっきりした自覚症状はなくとも、
よく眠れているとは言えません。

特に日中の倦怠感、意欲低下、集中力低下などは、
仕事や人間関係などにも大きな影響を及ぼしてしまいますよね。

不眠の症状がひどくなれば、うつ病になってしまうこともあります。

翌日に疲れを残さず、毎日を生き生きと快適に過ごすためには、
睡眠の「質」が非常に重要なのです。

睡眠の質が変わるだけで、
あなたの毎日の生活はまったく違ったものになるのです。

この機会にあなたも、ご自分の眠りを見直してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不眠

 

 

 

 

■究極の眠りとはどんなものか?

本当に熟睡している状態というのは、おそらくみなさんが
毎日経験している睡眠とは、まったく違うものです。

まさに「究極の眠り」という感じです。

一日8時間~10時間寝ても、昼間眠くなる、
ボーッとするという人がいますが、究極の眠りはその逆です。

たった3、4時間程度の睡眠でも、完全に疲れがとれ、
昼間はスッキリとした気分で過ごすことができます。

完全な熟睡状態ですから、短い睡眠で心身ともにリフレッシュできるのです。

睡眠時間が少なければ活動時間が増えます。

長い人生で考えれば、何年分もの時間を有意義に使えるのです。

ナポレオンは3時間しか寝なかったことで有名ですよね。

エジソンやダ・ヴィンチも、睡眠時間が非常に少なかったそうです。

彼らは究極の眠りが得られていたからこそ、
偉業を成しとげることができたのかもしれませんね。

究極の眠りでは、朝の目覚めもすばらしいものになります。

目覚めた瞬間から、すぐにパッと動き出せるというような状態です。

朝から活動的に動けますし、疲れ知らずになります。

これまで「自分はぐっすり眠れている。不眠の症状はない」と
思っていた人も、「こんなに人生が変わるのか!」と実感することでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不眠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■バランス整体の治療で究極の眠りを手に入れよう!

バランス整体では、次のような効果が期待出来ます。

1.自律神経のバランスが整うため、身体のリズムが整う効果が期待できます。

2.脳への血流量が最大2倍になるため、睡眠時にもたくさんの
  酸素と栄養を脳に送り込むことができます。

3.のどの気道が広がるため、睡眠時に十分な酸素を
  取り入れることができます。

  「いびき」や「睡眠時無呼吸症候群」といった
  症状の治療にも効果が期待できます。
 
4.熟睡ホルモンであるメラトニンの分泌が
  平均3倍になるというデータがあります
  (メラトニンには若返りや抗がん作用も期待できます)。

一般的な不眠症の治療では睡眠薬や鎮静剤、
抗うつ剤などの薬物が使われますが、
バランス整体の治療なら薬もメスも使いませんから、安心です。

睡眠は健康の大切な条件です。

上質な眠りを手に入れることで、人生は180度変わります。

バランス整体の治療を受けた
多くの患者さまたちが体験したことです。

不眠に悩んでいる方、究極の眠りを得たい方は、
ぜひバランス整体の治療にお越しください。

体のゆがみが一目でわかるチェックも行っています。
あなたのご来院を心よりお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

不眠 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バランス整体と免疫力        Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.26 | Category: ストレス,免疫作用,免疫力,免疫反応,口コミ、人気、評判NO・1,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ

バランス整体で免疫力を上げるには

人間の細胞というのは非常に複雑に出来ており

生命最小単位である細胞が何十億と集まり

組織や器官などを作り出し

さらにそれぞれの部分がバランス良く働いて全体として

健康な生命を形作っております。


身体がうまく機能していくためには

皮膚から、骨、血、神経

筋肉、腸、胃、肝臓、心臓、肺、頭脳などといった器官が

相互にうまく働く必要があります。


これら各器官はどのようにして他の器官と調子を合わせられるのでしょうか。


神経信号が身体の色々な機能を支配しています。

即ち呼吸から、消化、心臓鼓動、排泄、ホルモン、腺

筋肉であります。


万が一、神経系統がおかしくなると、身体を支配すべき

頭脳からのコミュニケーションも狂って仕舞うことになります。


神経系統が狂うと、生命エネルギーの各身体への通り道がおかしくなり

生命体全体にとって大問題に発展してしまいます。


こうした大問題の原因としては、頭脳が直接冒されたり

脳卒中で脳の一部が駄目になった時などだけでなく

脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)でも起こってきます。


脊柱のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)というのは

脊椎亜脱臼コンプレックス、あるいは脊柱障害、脊柱神経圧迫などとも呼ばれ

神経系統や脊柱の正常な働きを邪魔し

最終的には身体全体を狂わせてしまう事になります。


即ち、身体全体をうまく制御調整すべきエネルギーのバランスが崩れてしまい

「病い」が始まり、病気に対する抵抗力が減少して

健康が損なわれていくことになります。


そして、脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)は脊柱筋肉を弱め

脊柱靭帯や軟骨、椎間板、脊椎を傷めてしまいます。


何十年にもわたり、身体の具合が悪いまま

初めてバランス整体を受けに来る人が

余りにも多いです。


こうした状態は不調和を招き、身体構造を弱め、元気がなくなり

慢性疲労や速くに老化現象が始まることになります。


このような患者に接すると、治療家は何とかして時計の針を逆転させ

何年なり、何十年前に戻って

バランス整体の治療をしたくなってしまう事が多いです。


そして、こうした状況以上に悪いのは、脊柱神経への圧迫が

神経系統全体へのストレスとして働き

特に頭脳幹や脊髄、脊柱神経に

おおきな影響を与える事であります。


神経系統の障害は、病なり元気喪失に進展し

身体全体の調和が乱れ免疫機能が低下してしまいます。


脊柱神経にストレスが生じていると、本来持っている力が

100%発揮できなくなり、病気の始まりに繋がるのであります。


バランス整体による脊柱治療により

身体全体のバランスが取れるだけでなく

脊柱と神経系統に生じた圧迫が取れ

身体全体の調和が生まれ

自然と病気に対する抵抗力が増し、身体機能も増進します。


当院は患者がどのような病気なり症状を持っていようと

バランス整体では脊柱神経に生じた圧迫を無くす事に

専念するだけであります。


皮膚病であろうと、アレルギー、あるいは喘息、首・背中の痛み

頭痛、不眠症など何の問題であれ

先ず、健康な背骨が必要なのです。


バランス整体の基本理念は

正常な身体機能を邪魔する要素を取り去って、健康増進を計ろう

というものであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


免疫作用をうまく働かせるには

多くの人達は「健康保持」というよりは「病気直し」

を求めています。


即ち、気分が悪きなった時に医者に駆けつければよい。というのは

かなり危険な考え方であります。


普段、元気でいた人が、急に心臓発作なり脳卒中で倒れた

というのはよく聞く話であります。

ただし、心臓発作や脳卒中が起こるまでには、実際のところ

何年間にもわたる進行期間が存在していたはずです。


元気と考えいた人が、ある日突然に癌末期であることを告げられる事もあります。


癌は5~7年の潜伏期間があると言われています。


この潜伏期間には症状が無いか、あっても極めて

限られたものでしかありません。


ある日病気に倒れたという当人は、その前日まで健康だった

と言えるでしょうか。


バランス整体による脊柱治療により

身体全体のバランスが取れるだけでなく、脊柱と神経系統に生じた

圧迫が取れ、身体全体の調和が生まれ

自然と病気に対する抵抗力が増し、身体機能も増進します。


身体には何十億という神経細胞が走っており

細胞はお互いにしっかりと一緒になって神経線となっています。


一本の神経線は何百万という神経繊維からなっており

殆どの神経は脳から出発して、頭蓋骨の下側の大後頭孔を下り

脊柱の中の脊髄に沿って走ります。


そして、脊髄には何十億という神経繊維が詰まっている。


こうした神経の束は脊椎に挟まれた椎間板の穴から

身体に出ていくわけであります。


こうして脊柱の椎間孔から出た神経の大きな束は

次々と小さな束となって、全身くまなく行き渡っていきます。


脳と内臓器官が、お互いに信号をやりとりして

身体全体としてスムーズな働きをするようにしているのです。


こうして身体全体として、病気に対しての抵抗力や

活気が出てくるのです。


背骨はすべての神経の流れる通路であるため

もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。


メンテナンスを定期的に行って

症状が現れないうちに治すのが予防医療の本質であります。


そして、病気を直接治療するのではなく、人間が本来持っている

自然治癒力の増進を目的にしている現代的治療方法で

医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け

健康を維持できるような自然療法であり

乳児からお年寄りまで大勢の人達が生命を脅かす病気を含め

数々の病から回復できる最新療法がバランス整体なのです。


バランス整体というのは、病気(アレルギーも含め)を

直接直そうとするのではなく、神経系統へのストレスを低減し

免疫作用がよりうまく働くように仕向ける療法である。

健康な神経系統が優れた免疫機能をもたらすことは

多数の研究で立証されている。

 

研究開始より3年後の暫定結果として、5年以上にわたり

バランス整体を受けている107人では

バランス整体を受けていない人達に比べ免疫性が20%もよくなっています。


しかもバランス整体を受けた効果は、老人の場合でも

同じように良い結果が出てきているのであります。


普通の人達の免疫性が、バランス整体によって

200%も上昇するという数字は

他のどんな臨床でも得られないものです。


これは非常に重要な事で、バランス整体による効果が

他のなによりも素晴らしい結果となっているのです。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

脊柱(骨格・背骨・脊椎)のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)矯正(調整)と矯正(調整)後    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績   

2013.06.25 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,背骨のゆがみ・ずれ,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,背骨(脊柱・脊椎)の劣化,脊椎・背骨矯正

 

脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)を改善をするのが大切!

 

バランス整体にとって脊柱はとても大切です。


脊椎の滑々した形は徐々に劣化していきます。


椎間板も膨れたり萎んだり

脊椎の靭帯、腱、筋肉は硬く弱体化し

脊柱全体としても縮み、柔軟性や、安定性、強度が落ちる

といった変性が生じてきます。

これこそ、脊柱の劣化なのです。


脊柱が劣化を起こし始めると、その影響は身体全体に影響します。


長年に積もった歪みから体内の化学物質も変化を起こし

神経の流れが悪くなり

自然と内臓も悪影響を受けるというわけで

日常生活のストレスにうまく対処していく能力も減ってきます。


脊柱というのは日常、色々な障害を受けている病気から

事故、あるいは精神的なストレス、転倒などの怪我であるが

一番の問題は脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)という事になります。


脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)があると、

椎間板をはじめ、靭帯、腱、骨自体の劣化を

呼び起こします。


「全ての物には、本来存在すべき最適の場所がある。」


という格言は、家中の整理整頓で使われていますが

これは人間の身体にも言える事であります。


人生には時として肉体的、精神的に辛い事が出現するもので

結果として、脊椎が本来あるべき場所からズレてしまい

周りの神経や骨、椎間板、靭帯

その他軟組織を圧迫する場合があります。


バランス整体で脊椎に力をかける治療というのは

決して、ゆがんだ(ズレ)た骨を元の場所に移動させようとしているのではありません。


ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)として固定してしまった脊椎を緩めてやり

その脊椎が動きたいようにさせるだけなのです。


身体自体が脊椎をどのように動かせばよいのかを正確に知っている訳です。


身体はいつでも脊柱を何とか調整しようとしており

背中の筋肉は脊椎が正常な位置にあるように

常に引っ張っています。


バランス整体では、脊椎をあるべき場所に嵌め込むのではなく

身体自身がゆがみ(傾き・ズレ)た脊椎を

元に戻せるようなハズミをつけてやるのです。


そうすうと脊椎は、それまでのゆがみ(傾き・ズレ)て固定した場所から

筋肉の力で自然とあるべき位置に戻ることになります。


脊椎がどの位置に行くべきかは、治療家が決めるのではなく

身体が決定する事なのです。


バランス整体が本来目指しているのは、健康を常に保ち

最初から病気にならない事なのであります。


バランス整体というのは、理想的には健康維持の方法であります。

実際に症状が起こる以前に、健康にとっては最悪の

脊柱神経圧迫という状態を発見できるのがバランス整体であります。


健康というのは、単に症状がない。ということでは決してありません。


身体が完全に機能し、脊柱が真っ直ぐで、熟睡、元気

さらにエネルギーで溢れている事であります。


もし症状が何もないのが健康という事であれば

アスピリンなり、医薬品でも健康が得られることになります。

即ち、一番たくさん薬を服用する人が一番健康という結果になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背骨(脊椎・骨盤)のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)の矯正(調整)

患者の脊柱を検査してゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)を

捜し出して矯正をするのがバランス整体であります。


そしてバランス整体は

疾病の原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み

にあるとの考えに基づいており

その歪みを調整することで疾病の治療を行っております。


筋肉や骨といった筋骨格系の機能と構造的な障害

そして、それらが及ぼす神経系の機能異常

健康全般への影響を診断することで治療、

予防し薬物や外科をなるべく用いずに、

自然治癒力を取り戻す治療法です。


治療法としては関節矯正

特にゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)を行っております。


当院ではあらゆるの手技を学び

実践しながら、独自の理論で

最適化された唯一の施術法です。


通常の整体の考えをさらに一歩踏み出して

学術的、解剖学的にみても理にかなっている

理想に近い一つの手技療法だと自信をもっています。

 

脊椎に力をかける治療というのは

決して、ズレた骨を

元の場所に移動させようとしているのではありません。


ズレ(傾い)て亜脱臼として固定してしまった脊椎を緩めてやり

その脊椎が動きたいようにさせるだけなのです。


身体自体が脊椎をどのように動かせばよいのかを正確に知っている訳です。


ただし、治療家は

その脊椎がどちらの方向に行くべきか

大体分かっています。


ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)を起こしている箇所が多ければ、

矯正の箇所も当然増えてくることになります。

ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)が全くなければ、矯正治療はなくていいのです。

 

完璧な矯正とはどういうことだろうか。

ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)が全てなくなれば、

完全な矯正となるのだろうか。


同じバランス整体治療といっても

異なった整体からは違った結果が出てくる。


というのは治療家も、全員身体的に

お互い違いがあるからであります。


背の高い治療家もいれば、背の低い場合もあるし

体重も違い、さらに手の大きさ、治療の違いも

勿論、無視できません。


さらに、どのゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)が一番重要かという順番付けも

治療家によって異なってくるでしょう。


矯正治療の場合、こうした違いが出てくるのは当然であります。


人間は常に自分の脊椎を正常な位置に戻そうと

働いている力が存在しているわけで

別に外部からの力は必要ではありません。


必要なのは適正な方向に適当な触れやハズミをつけるだけで良いのです。


すなわち、矯正治療の方向とハズミや触れが適正であれば

力は殆どいらないのです。


バランス整体というのは

科学的であると同時に、芸術的あるいは技術面もあります。

ただし、治療自体には違いがあっても

目的はゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)の軽減・除去につきるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨格(背骨・脊椎・骨盤・重力バランス軸)の矯正(調整)後には 

当院は、患者の歪みを発見すると

・どちらの方向にゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)が生じているか。

・矯正するのに必要な最小限の力はどの位か。

・どのような矯正方法が最適か。

・矯正治療を邪魔するような要素があるか。

・矯正治療に際して、患者は充分リラックスしているか。

を考え、どのような方法が患者を一番うまく矯正できるか

経験から判断していきます。


バランス整体で受ける脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)というのは

非常に効果的な治療であります。


治療でゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)がなくなると、

何百という身体の機能や活動に影響を与えます。


脊髄と脊椎神経を通る神経信号が正常になり

身体は新しく生まれ変わり

自分本来の姿に回復していくことになります。


脊椎におけるゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)というのは、

神経に圧迫をかけることにより身体の数々の場所に障害を起こすわけで

ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)の矯正を受けると、

当然ながら人によって違った経験をすることになります。


バランス整体による矯正を受けると

安らぎを感じたり、リラックスする事になります。


こうしたリラックスの感じは、その日一日だけでなく

一週間続くかもしれません。


しかもその日はグッスリと寝られる事が多いです。

人によっては、身体の各所に温かい何かが流れてくるような感じを受けます。


さらに矯正を受けて元気一杯となり、色々な仕事やらを

その日一杯、易々と仕上げてしまう人もいます。


人によっては、それまであった症状が消失したり軽減し始めることもある。

ただし矯正を受けても、何の変化も出てこない人達もいます。


こういう人達であっても、矯正による改善がないということではなく

身体の変化を感じ取れないだけなのです。


脊柱が矯正されるに従い、筋肉がバランスを取り戻すようになります。


ただしそれまで何年にもわたり、殆ど働いていなかった筋肉の場合には

弱くなってしまっており、その個所が痛くなってきます。


この状態も一時的なものであり、時間の経過で

筋肉も強化され、痛みはなくなります。


今まで何年とゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)により圧迫を

受けていた神経が息を吹き返したわけで敏感になるときもあります。


さらに昔の傷が本当に治るために、そこが傷むということもあります。

昔の傷が痛むような「回顧現象」と言われ

本当の回復には、こうした症状が必要な場合もあります。


神経信号なり、身体を直すような「気」がスムーズに流れる事により

元気一杯という感じが出てきます。

長期間にわたる身体的ストレス箇所がなくなる事により

元気回復ということもあります。


健康な人の場合、矯正を受けても

それほど違いを感じられない事があるのと同時に

不健康な人の場合でも

何ら変化が感じられないことがあります。


身体で感じる様々な変化について述べてきましたが

矯正によって一番効果が上がっているのは、こうした意識上の問題でなく

もっと奥深い所で起こっています。

心臓や肺、関節、性器、皮膚、目、耳、頭脳などに走っている

神経信号の改善が、バランス整体のもたらす利点なのです。


バランス整体の真の恩恵は、病気予防をはじめ

熟睡、元気が出てくる、神経系統がよく働くといった事であります。


バランス整体で普段から健康管理をしていれば

盲腸やら、胆嚢、扁桃腺、乳房、肺などを切り取る

といったような手術を避けられますし

ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)を起こしていない健康な身体であれば

他の病気にも関わらなくて済むのです。


現在のご自分と、この様な状態の自分を

是非、比較されてみてください。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

手首に痺れや痛み   Ι 整体・接骨は口コミNO.1:手首に痺れや痛み,背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.24 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,手のしびれ,手根管症候群,手首の痛み,手首トンネル症候群,整体・接骨院

 手首に痺れや痛みはありませんか。


朝起きたら突然、手が痺れていた。

または、いつもほど手をシッカリと握れない

あるいは、指や手首に疼きや麻痺した感じ

さらに手や手首が痛くて夜中に目が覚める

という事はありませんか??


毎日使う、手の痺れは、例え。指一本でも気になるものですよね。


腕や、手は動くけれど、何となく痺れを感じる場合

一番多いのは、首の骨や、骨格の問題がある場合です。


安静にしていると、軽くなるかどうかも

重要なポイントです。


首や、肩、腕の痛みの表現方法には千差万別あります。

神経炎にはじまり、滑液包炎、神経痛、リウマチ

氷ついた肩、結合(繊維)組織炎症、捻挫、筋肉痛、血の巡りが悪い

など、たくさんあります。


肩なりの関節に問題があると年齢のせいにする人が多いですが

もう一歩の肩が痛くないわけで

老齢化というのは、良い説明ではありません。


動かす事で悪化する、手の痺れは

上半身の骨格の病気が原因となる事が、私の長年の臨床上からして

多い様な気が致します。


また、安静にしていても手の痺れを感じる場合

身体の動きに関係なくじーっとしていても手のしびれを感じる場合には

神経や、代謝の病気を疑う必要があります。


例えば、脊髄腫瘍や脊髄空洞症などの、脊髄の病気

ギラン・バレー症候群や多発性硬化症などの神経の病気

糖尿病などの代謝の病気、脳卒中などの血管の病気です。


また症状は、腕の上部や、肘、肩、首に出てくる場合もあります。


安静にしていると軽くなる手の痺れです。

例えば、首を後ろに反らせたり、前屈させた時に、痺れや痛みが強くなったり

腕や、手首をよく使ったあとに、痺れが強まったりする。


しかし、安静にしているときは、あまり気にならない場合

以下、5つの病気が考えられます。

・頚椎症

・頚椎椎間板ヘルニア

・後縦靭帯骨化症

・胸郭出口症候群

・手根管症候群

です。


手や手首を曲げると痛みが酷くなり、真っ直ぐ伸びると

それ程でもない場合があります。

また、握手で症状が和らぐ場合もあれば

逆に苦痛になる場合もあります。


こうした症状はCTS(手首トンネル症候群・手根管症候群)と呼ばれている障害であります。


手首の骨は丁度、トンネルのような構造をしており

そのトンネルの中を腱が9本と神経が1本通っています。


手首トンネル症候群(手根管症候群)は職業神経炎などとも呼ばれており

このトンネルの中を通る神経が萎縮したり圧迫されて生じるものであります。


たくさんの人たちが手首トンネル症候群(手根管症候群)の悩みを抱えており

ある当局によれば、手を使った職業に就いたアメリカ人の10人に一人が

この手首トンネル症候群(手根管症候群)障害を持っているといいます。


事実、手首トンネル症候群(手根管症候群)による障害が

産業界に与える影響が大変な数字となっています。


同じような作業を続ける事が多い主婦をはじめ

秘書、肉を切る人、流れ作業の現場工員、大工、音楽家といった人に

手首トンネル症候群(手根管症候群)が起きやすいです。


こうした場合は反復不調作業という事で

過使用症候群(OS)とも呼ばれています。

一番よくみられるのが、40歳から60歳の女性で

若い人には殆ど見られません。


半分以上の場合が突発性、即ち原因不明という事で処理されています。


原因が究明できる場合の殆どは、すでに述べたような反復作業なり

さらに手から転んだり、手の骨折が原因となっています。


現代医療の限界を発見したロバート・メンデルスゾーン医師は

手首トンネル症候群(手根管症候群)に対する現代医療方法で

満足のいく治療とならない場合が多い。

私のところに来る患者には

筋肉関節治療の専門家に会いに行くように勧めている。

と述べています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手首が痛い場合

手や手首を曲げると痛みが酷くなり、真っ直ぐ伸びると

それ程でもない場合があります。

また、握手で症状が和らぐ場合もあれば

逆に苦痛になる場合もあります。


こうした症状は手首トンネル症候群(CTS)と呼ばれている障害であります。


手首の骨は丁度、トンネルのような構造をしており

そのトンネルの中を腱が9本と神経が1本通っています。


手首トンネル症候群(手根管症候群)は職業神経炎などとも呼ばれており

このトンネルの中を通る神経が萎縮したり圧迫されて生じるものであります。


同じような作業を続ける事が多い主婦をはじめ

秘書、肉を切る人、流れ作業の現場工員、大工、音楽家といった人に

手首トンネル症候群が起きやすいです。


半分以上の場合が突発性、即ち原因不明という事で処理されています。

原因が究明できる場合の殆どは、すでに述べたような反復作業なり

さらに手から転んだり、手の骨折が原因となっています。

使っている工具の形状が悪かったり、振動があったりすると

手を傷め、手首トンネル症候群に発展する事もあります。

さらに手首トンネル症候群(手根管症候群)の引き金になる病気としては、リウマチや骨神経痛、

痛風、ガングリオン(手の裏の細胞が大きくなって襄腫のようになること)

があります。

さらに面白い現象としてこの手首トンネル症候群が妊娠中に起こる事であります。

さらに口経避妊剤を取っている人や

甲状腺の機能が低い人にも認められる現象であります。


手首トンネル症候群(手根管症候群)の殆どの場合、医師は原因をはっきりと発見できず

大抵痛みを和らげるという事で、添え木をあて、手首を動かさない様にするか

氷をあてるか、利尿剤、非ステロイド炎症防止剤を投薬するだけであります。


さらに症状がしつこく続く場合は、手首側の手のシワに

コルチコステロイドを注射します。

この注射で症状が収まることがありますが

再発度が高く、しかも副作用が強いです。


こうした各種治療がうまく働かない場合は、手術という事になります。

この様な手術をした場合の回復には

6か月から10年もかかるのであります。


手首トンネル症候群(手根管症候群)の治療に対しては、ある種の運動をはじめ

軟組織の治療、物理治療、ビタミンB6などによる栄養補給剤で

効果があると言われています。


バランス整体が手首トンネル症候群の治療方法というわけでは

決してありませんが、手首トンネル症候群(手根管症候群)の症状がある場合には

バランス整体で脊椎神経に圧迫がないかどうかを診てもらうべきであります。


首から出ている神経が、腕と手首の痛みに関係していることが判明しており

手首トンネル症候群(手根管症候群)の場合には、特に脊柱を診るのです。


脊柱が神経を圧迫していなければ、手首トンネル症候群(手根管症候群)を回復できる可能性が

高くなります。(手首トンネル症候群だけでなく、他の病気も含めて)


音楽家を含め、我々は当然手首だけでなく、日頃常に首も使っている訳で

首の圧迫が脊柱に影響して手首トンネル症候群(手根管症候群)をさらに悪化させている可能性もあります。


ある比較実験では、バランス整体の治療を受けた結果を

次のように述べています。


治療を終えた後では、力が増し、しかも動かせる範囲も広まっている。

半分以上の例で、こうした回復が充分に満足すべきものとなっている。と


さらに別の研究結果では、バランス整体の治療により

痛みが軽くなるか、100%改善されています。

脊柱が、手首に影響を与えるだけでなく、他の関節へも関係していることを

報告しています。

脊柱での問題から来る神経障害が、手首の腫れや手首トンネル症候群(手根管症候群)、テニス肘

かかとの痛み、土踏まずがないといった障害に関係していると思われます。


手首トンネル症候群(手根管症候群)と同じような症状を示す手首の障害として

ピシフォーム・ハメート症候群と呼ばれる病気があります。

(手首を形成する骨の名前から、この病名ができています)

手首トンネル症候群(手根管症候群)では手首トンネル内の神経が問題であったが

このピシフォーム・ハメート症候群では尺骨側の神経が

圧迫を受けていることが原因であります。


バランス整体は手首トンネル症候群専門の治療方法というわけでは

決してありませんが

手首トンネル症候群の症状がある場合には、バランス整体で脊椎に

何らかの圧迫がないかどうかを確認しておくべきです。


まだ確認されていない方は、是非脊椎の圧迫を診る事を

お勧め致します。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

手首に痺れや痛み 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠になった方、妊娠した場合にはマタニティ整体と患者さまの喜びの体験談    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:29年38880人の実績

2013.06.22 | Category: マタニティ整体,患者さまの体験談,患者さまの喜びの声(動画),肝っ玉かあさん度診断

妊娠になった方、妊娠した場合にはマタニティ整体


妊娠にバランス整体は絶対に必要であります。

母となる親と赤ん坊として生まれてくる両方にとって

バランス整体は欠かせない事項の一つであります。


通常の人よりもっとバランス整体を必要としているのは

妊婦である。


現代になって妊婦は、ますます胎児を大切に考えるように

なってきています。

今日の妊婦は本を一生懸命本を読み、

いろいろな質問を繰り返し食事にも気を付け、

運動に励み毎日の生活を通じて健康に気を配っている。


こういった状況で妊婦は健康を保つ方法の一つとして

カイロプラクティック治療を真剣に考えるべきであります。


出産前におけるバランス整体の必要性を理解するために


バランス整体が何かであるかを知る必要があります。


バランス整体というのは脊椎神経の歪み(脊椎ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼)は

身体機能を狂わせ、健康を害して病気へと発展するのであります。


とはいえ、バランス整体は決して病気を直す方法ではなく

脊椎(背骨)が正常な機能を発揮できるようにさせる方法といえます。


脊椎や神経系統にストレスを生じさせるような

脊椎の間違った配列(脊椎ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼)がないかを見るのが

バランス整体であります。


脊椎にゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼があると神経系統を狂わせ

身体全体を狂わせるからであります。


こうした亜脱臼があった場合、バランス整体は

脊椎を調整する事により、ストレスを取り除きます。


ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼の無い健康体であれば、

身体がそれだけうまく働き病気に対する抵抗力も高まってきます。


これこそバランス整体の目指すところであります。


妊娠にとってこうした健康体を出来るだけ保つことは必須であり

妊娠と出産に備えることが出来ます。


バランス整体で脊椎を正常に保ち生殖臓器なり

他の器官への神経の流れを正常に保つことが肝心であります。


神経系統へのちょっとした邪魔でも、母親と成長を続ける胎児に

悪影響を与える可能性があります。


妊娠中にバランス整体を受けるもう一つの利点は

薬を使わず健康を保てるという事であります。


処方箋によるものであれ、売薬であれ胎児への影響が必ずあり

安全な薬というのは存在しません。

妊婦にとって一番安全なのは薬を避け

健康管理にはなるべく自然な方法を取る事であります。


どんな薬であっても、胎児への障害や成長異常をもたらすものであります。


妊娠初期3か月では、薬を取る事は最低限にすべきです。


動物実験によればどんな薬でも、必ず何らかの形で

胎児に先天性の問題をもたらします。


妊娠中に薬を取る事に関しては、母親のその薬に対する必要性と

胎児に与える悪影響のリスクを秤にかけることが必須です。


母親と胎児に悪影響を与える一般的なものとしては

アスピリンをはじめ、アルコール、たばこ、マリファナ、コカイン

などが挙げられます。


薬を使う場合には十分に考慮したうえでの使用をして下さい。

 

患者さまの喜びの体験談 (妊婦さん)

1)中村さま 33歳 歯科衛生士 福山市

 2週間前から首、肩(右側)に時々痛みあり。

 痛みがある日は頭痛も伴うこともあったので病院に行った。

 病院では治療はできなかった。

 田澤接骨院に来て楽になりました。

 妊婦さんも病院がダメども接骨院で
 見てもらえるという選択肢があることを
 知ってもらいたい。
 
2)後藤のりこさま 25歳 福山市

 今妊娠5か月の妊婦です。

 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。

 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。

 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。

 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。

 一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。

 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。

 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。

 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!

 無事に出産できますように。

追伸

  無事に安産で元気な子を出産されました。

 

 

 

 

 

バランス整体で脊柱(骨格・背骨・脊椎)のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)矯正(調整)     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.22 | Category: A10 神経,エンドルフィン,ドーパミン,口コミ、人気、評判NO・1,快感神経,整体・接骨院,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正

バランス整体~いつまでも元気に働くために~

突然ですが、あなたはいくつまで働いていたいですか?

もしくは、いくつまで現役世代でいたいですか?

できることなら、心も体もずーっと元気なまま過ごしたいとは思いませんか?

一般的な会社の定年は60歳~65歳ですが、
最近の60代は、まだまだ元気な世代ですよね。

しかし、60歳を超えると、一般的に加齢によって
体力や気力が低下します。
それに加え、さまざまな脳内物質の分泌が減ってしまいます。

そのため60歳にもなると、なんら健康に問題がなくても
“意欲”が徐々に薄れてしまうのです。

つまり、新しいことを覚えよう、
チャレンジしようという気持ちがなくなってしまうのですね。

ところで、日本人の平均寿命は男性79歳、女性86歳です。

60歳で仕事をやめるとすれば、人生がまだ20年も残っているのです。

山登り、ゴルフ、旅行、散歩……。
まだまだ長い残りの人生、引退して余暇を楽しむためにも、
やはり“意欲”が大切ですよね。

定年後に何もやることがなくて、
生きる気力を失ってしまった……なんていう話もよく聞きます。


■60歳、70歳を過ぎても若々しくあるために

バランス整体の治療によって全身の筋肉が伸びると、
脳の「A10 神経」という部分が刺激されます。

このA10神経は、別名「快感神経」と呼ばれるもの。

ここが刺激されると、快感物質のドーパミンやβエンドルフィンが分泌されます。

そうすると、自然に、毎日が楽しく、よろこびに満ちあふれてきます。

やる気、達成感など、仕事や勉強に欠かせない気持ちもわいてきます。

A10 神経を刺激することで、年齢に関係なく、意欲がわいてきて、
毎日がウキウキ、ワクワクしたものに変わるはずです。

気持ちが明るくなり、毎日を前向きな気持ちで過ごすことができます。

バランス整体によって体の不調を解消し、
さらに心まで明るくなれれば、同年代の人たちよりも、
5歳も10歳も若々しく見えるようになることも期待出来ます。

また、バランス整体によって、メラトニンという
脳内ホルモンが通常の3倍分泌されるというデータがあります。

メラトニンは熟睡と若返りに効果があり、
さら抗がん作用もあるというホルモンです。

通常は加齢によって分泌量が減り、60歳でゼロになるともいわれています。

日本の60代、70代がより元気になり、新しいことにチャレンジする
意欲の強い方がもっと増えたら、
もしかしたら、定年退職制度は必要なくなるのではないでしょうか?

長年培った人脈もあり、折衝能力、対人能力、問題解決能力など、
若い人たちにはない経験や実績もあります。

引退するどころか、日本経済を牽引する原動力になり得るのです。

心当たりのある方は、ぜひ一度、
当院にお越しください。


体のゆがみのチェックも行っています。
あなたのご来院をお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脊柱(骨格・背骨・脊椎)のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)矯正(調整)     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.21 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,骨格矯正


1)まるで魔法にかかったかのようにするバランス整体 

バランス整体は

疾病の原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み

にあるとの考えに基づいており

その歪みを調整することで疾病の治療を行っております。


そして、バランス整体治療は

痛みもなく身体に無害な、わずか数分間

背骨を触れた程度にしか感じない、穏やかであっという間の治療です。


筋肉や骨といった筋骨格系の機能と構造的な障害

そして、それらが及ぼす神経系の機能異常

健康全般への影響を診断することで治療、予防し

薬物や外科をなるべく用いずに、自然治癒力を取り戻す治療法です。

バランス整体は

医薬品も手術もせず「手技」による治療

を意味しています。


バランス整体はまさしく自然療法であり、毎年

大勢の人達が治療を受けています。


バランス整体の考え方というのは

「我々自身の身体が一番の医者であり

われわれが本来持っている自然能力を阻害するような要素を取り除けば

元気が出て、回復もでき、長生きできる。

人間の身体は誰でも奥底に自然治癒能力を持っているので

それがうまく働き始めるようにさえすれば良いのである。

定期的にバランス整体を受け、脊椎神経の圧迫を無くせば

隠れた治癒力が働き始めるのである。」

というものです。

 

脊柱のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)というのは

脊椎亜脱臼コンプレックス、あるいは脊柱障害、脊柱神経圧迫などとも呼ばれ

神経系統や脊柱の正常な働きを邪魔し

最終的には身体全体を狂わせてしまう事になります。


即ち、身体全体をうまく制御調整すべきエネルギーのバランスが崩れてしまい

「病い」が始まり、病気に対する抵抗力が減少して

健康が損なわれていくことになります。


ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を持っているととかく自覚症状がないままに

長年に渡りゆっくりと健康が後退していくので

「静かなる殺人者(サイレント・キラー)」

とも呼ばれています。


こうした場合、たとえ痛みや疲労、病気といった症状に発展しても

一番の原因は脊柱にあるんだという事に気が付かないことが殆どである。


脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)場所を見つけ出し、矯正する専門家が

バランス整体師であります。


病気を直接治療するのではなく、人間が本来持っている

自然治癒力の増進を目的にしている現代的治療方法なのです。


医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け

健康を維持できるような自然療法。


乳児からお年寄りまで何百万人という人達が生命を脅かす病気を含め

数々の病から回復できる最新療法であります。


毎年、使用量が増え続けている医薬品に頼るのではなく

人間誰もが自然治癒力を持っていることを

気付かせてくれるような療法が存在します。

 

こうした条件全てを満たすのが、ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

2)まるで魔法にかかったかのようにするバランス整体


人間の細胞というのは非常に複雑に出来ており

生命最小単位である細胞が何十億と集まり組織や器官などを作り出し

さらにそれぞれの部分がバランス良く働いて全体として

健康な生命を形作っています。


身体がうまく機能していくためには、皮膚から、骨、血、神経

筋肉、腸、胃、肝臓、心臓、肺、頭脳などといった器官が

相互にうまく働く必要があります。


バランス整体は

疾病の原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み

にあるとの考えに基づいており

その歪みを調整することで疾病の治療を行っております。


そして、バランス整体の治療は

痛みもなく身体に無害な、わずか数分間

背骨を触れた程度にしか感じない、穏やかであっという間の治療です。


バランス整体の考え方というのは

「我々自身の身体が一番の医者であり

われわれが本来持っている自然能力を阻害するような要素を取り除けば

元気が出て、回復もでき、長生きできる。

人間の身体は誰でも奥底に自然治癒能力を持っているので

それがうまく働き始めるようにさえすれば良いのである。

定期的にバランス整体の治療を受け、脊椎神経の圧迫を無くせば

隠れた治癒力が働き始めるのである。」

というものです。

当院は

神経を圧迫するような脊椎のゆがみ(傾き・ズレ(亜脱臼)の箇所を発見し

バランス整体の独自の方法でズレを矯正し

結果として神経への圧迫を消すことが出来ます。


これが脊柱(骨盤)調整と呼ばれる方法であります。


脊椎のゆがみ(傾き・ズレ(亜脱臼)の場所を見つけ出し

脊柱(骨盤)調整という事でゆがみ(傾き・ズレ(亜脱臼)を取り除くのです。


そもそも私たちの背骨は、直立歩行を基本とする動物であるために

構造力学上大きく負担をかけています。

歩いたり座ったり、何かを持ち上げたり

横になったり、しゃがんだりといった日常の生活の中で

私たちの背骨は痛めつけられています。


背骨はすべての神経の流れる通路であるため

もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。

メンテナンスを定期的に行って

症状が現れないうちに治すのが予防医療の本質であります。


そして、病気を直接治療するのではなく

人間が本来持っている自然治癒力の増進

を目的にしている現代的治療方法で

医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け

健康を維持できるような自然療法であり

乳児からお年寄りまで大勢の人達が

生命を脅かす病気を含め

数々の病から回復できる最新療法がバランス整体なのです。


毎年、使用量が増え続けている医薬品に頼るのではなく

人間誰もが自然治癒力を持っていることを気付かせてくれるような療法

これがバランス整体なのです。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達