福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 2013 5月の記事一覧

妊娠した場合にはマタニティ整体と患者さまの喜びの体験談、赤ちゃん成長のめやす    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ,腰痛、背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.31 | Category: マタニティ・ブルー,マタニティ整体,口コミ・人気・接骨院,妊娠,妊婦,患者さまの体験談,背骨のゆがみ・ずれ,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,赤ちゃん成長のめやす

妊娠した場合にはマタニティ整体


妊娠にマタニティ整体は絶対に必要であります。

母となる親と赤ん坊として生まれてくる両方にとって

バランス整体は欠かせない事項の一つであります。


通常の人よりもっとバランス整体を必要としているのは

妊婦である。


現代になって妊婦は、ますます胎児を大切に考えるように

なってきています。

今日の妊婦は本を一生懸命本を読み、

いろいろな質問を繰り返し食事にも気を付け、

運動に励み毎日の生活を通じて健康に気を配っている。


こういった状況で妊婦は健康を保つ方法の一つとして

マタニティ整体の治療を真剣に考えるべきであります。


出産前におけるバランス(マタニティ)整体の必要性を理解するために


バランス整体が何かであるかを知る必要があります。


バランス整体というのは脊椎神経の歪み(脊椎ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼)は

身体機能を狂わせ、健康を害して病気へと発展するのであります。


とはいえ、バランス整体は決して病気を直す方法ではなく

脊椎(背骨)が正常な機能を発揮できるようにさせる方法といえます。


脊椎や神経系統にストレスを生じさせるような

脊椎の間違った配列(脊椎ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼)がないかを見るのが

バランス整体であります。


脊椎にゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼があると神経系統を狂わせ

身体全体を狂わせるからであります。


こうした脊椎のゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼があった場合、バランス整体は

脊椎を調整する事により、ストレスを取り除きます。


ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼の無い健康体であれば、

身体がそれだけうまく働き病気に対する抵抗力も高まってきます。


これこそバランス整体の目指すところであります。


妊娠にとってこうした健康体を出来るだけ保つことは必須であり

妊娠と出産に備えることが出来ます。


バランス(マタニティ)整体で脊椎を正常に保ち生殖臓器なり

他の器官への神経の流れを正常に保つことが肝心であります。


神経系統へのちょっとした邪魔でも、母親と成長を続ける胎児に

悪影響を与える可能性があります。


妊娠中にマタニティ整体を受けるもう一つの利点は

薬を使わず健康を保てるという事であります。


処方箋によるものであれ、売薬であれ胎児への影響が必ずあり

安全な薬というのは存在しません。

妊婦にとって一番安全なのは薬を避け

健康管理にはなるべく自然な方法を取る事であります。


どんな薬であっても、胎児への障害や成長異常をもたらすものであります。


妊娠初期3か月では、薬を取る事は最低限にすべきです。


動物実験によればどんな薬でも、必ず何らかの形で

胎児に先天性の問題をもたらします。


妊娠中に薬を取る事に関しては、母親のその薬に対する必要性と

胎児に与える悪影響のリスクを秤にかけることが必須です。


母親と胎児に悪影響を与える一般的なものとしては

アスピリンをはじめ、アルコール、たばこ、マリファナ、コカイン

などが挙げられます。


薬を使う場合には十分に考慮したうえでの使用をして下さい。

 
マタニティ整体と妊娠 


薬だけでなく、妊娠している母親としては危険性のある診断方法にも

注意して、なるべく避けるべきであります。


ロバート・メンデルスゾーン医師の言葉を借りれば


「中はX線をはじめ、超音波診断、医師からの処方箋

その他妊娠を少しでも危険にするような、いかなる方法も取るべきではない。」


という事です。


妊娠していると心配の種は尽きない。


妊娠をうまく保てるか。だけでなく胎児が生まれるまで大丈夫か。

さらには、つわり、胎児が順調に発育しているか。

背中や足が痛い。陣痛が安全で痛くないか。

とたくさんあります。


こうした心配の種が、バランス整体で取り除ける可能性が多いにあります。


妊娠中にバランス整体の治療を受けると

妊娠が順調にいき、吐き気が減り

予定日通りで順調なお産となり、普通よりも

健康な子供に恵まれる可能性が高いです。


アメリカ整骨療法学会誌によると

妊娠婦人への脊椎治療の効果が幾つも述べられており

例えば

「普通の患者に対して、脊椎のゆがみ、傾き、(ズレ、亜脱臼)の矯正が機能回復に役立つ。

特に毒症などの妊娠中の婦人での機能回復には

目を見張るものがあります。」


「矯正治療で下垂体や副腎、卵巣、脳仙髄の呼吸機構を含めた

胎盤システムの機能を正常にし、陣痛の時間が50~60%減らせ

しかも薬品も最低50%少なくて済む。

矯正治療を受けていた場合は、出産後の憂鬱がほとんど見られない。」


妊娠中は、肉体的にも科学的にも身体の中で大きな変化が起きている訳で

マタニティ整体をより一層必要とするわけであります。


妊娠の体重変化により重心が変わるだけでなく

卵子からのリラクシンと呼ばれるホルモンにより

脊椎が柔軟性を帯びるようになる。


このリラクシンというホルモンは骨盤の靭帯を柔らかくして

出産時にうまく伸びるように働くわけだが

脊柱の方は妊娠により、かなりの負担が加わってるのに加え

このリラクシン・ホルモンが問題を引き起こす可能性が高い。


ただし慢性的な脊椎障害を持っている場合

このリラクシンにより、修正が簡単にいく場合があることも

見逃せません。


マタニティ整体は脊柱を調べることにより

骨盤と脊椎がうまく連動して動くかどうかのバランスをとります。


妊娠していると整体の治療が受けにくいのではないですか。

という質問がよくありますが

全く心配はいりません。


当院は妊娠している患者さんに対する治療についても

訓練を受けております。

また、妊娠中に整体の治療を受けても安全でしょうか。


という質問もありますが、お母さんにとっても胎児にとっても

安全ですのでお勧めです。


妊娠の何か月位まで整体を受けられるか。

という事ですが

陣痛が起きてから受ける方もいるほどです。

実際には、陣痛が途中で止まってしまった場合に

患者さんの所へ出掛けて脊柱を治療するわけです。


そして治療後、すぐにまた正常な陣痛が再開する事になります。


その他にも質問を頂いていますのでお答えいたします。


● 脊柱の治療で産後の憂鬱が直るでしょうか

精神的な問題や感情的な問題に対してマタニティ整体の効果があることは

長年にわたって知られています。

専門雑誌によると、矯正治療を受けていた婦人の場合には

産後、憂鬱が殆ど生じないという医師の記録があります。


● マタニティ整体は腰の痛みに効果があるでしょうか


整体は腰や背中の痛みに対する治療方法

という事ではありませんが、脊椎矯正をすることにより

腰や背中の痛みをはじめ、各種の身体問題を

自分自身の自然治癒力で直して行きやすくすます。


● 妊娠で順調にいっている場合には、マタニティ整体は必要ないわけですね。


そうではありません。

整体を予防療法として採用すべきです。

妊娠中体重を定期的に計るように、脊椎の検査も

定期的にしていくべきです。


● 赤ちゃんもバランス整体を受けても大丈夫でしょうか


生まれてから数時間の後に脊椎の検査を受け

さらに必要なら調整する事もあります。

患者さまの喜びの体験談 (妊婦さん)

1)中村さま 33歳 歯科衛生士 福山市

 2週間前から首、肩(右側)に時々痛みあり。

 痛みがある日は頭痛も伴うこともあったので病院に行った。

 病院では治療はできなかった。

 田澤接骨院に来て楽になりました。

 妊婦さんも病院がダメども接骨院で
 見てもらえるという選択肢があることを
 知ってもらいたい。
 
2)後藤のりこさま 25歳 福山市

 今妊娠5か月の妊婦です。

 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。

 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。

 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。

 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。

 一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。

 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。

 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。

 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!

 無事に出産できますように。

追伸

  無事に安産で元気な子を出産されました。

 

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ 、腰痛、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

妊娠になった方、妊娠した場合にはマタニティ整体と患者さまの喜びの体験談    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ,腰痛、背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.31 | Category: 未分類

妊娠になった方、妊娠した場合にはマタニティ整体


妊娠にバランス整体は絶対に必要であります。

母となる親と赤ん坊として生まれてくる両方にとって

バランス整体は欠かせない事項の一つであります。


通常の人よりもっとバランス整体を必要としているのは

妊婦である。


現代になって妊婦は、ますます胎児を大切に考えるように

なってきています。

今日の妊婦は本を一生懸命本を読み、

いろいろな質問を繰り返し食事にも気を付け、

運動に励み毎日の生活を通じて健康に気を配っている。


こういった状況で妊婦は健康を保つ方法の一つとして

カイロプラクティック治療を真剣に考えるべきであります。


出産前におけるバランス整体の必要性を理解するために


バランス整体が何かであるかを知る必要があります。


バランス整体というのは脊椎神経の歪み(脊椎ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼)は

身体機能を狂わせ、健康を害して病気へと発展するのであります。


とはいえ、バランス整体は決して病気を直す方法ではなく

脊椎(背骨)が正常な機能を発揮できるようにさせる方法といえます。


脊椎や神経系統にストレスを生じさせるような

脊椎の間違った配列(脊椎ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼)がないかを見るのが

バランス整体であります。


脊椎にゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼があると神経系統を狂わせ

身体全体を狂わせるからであります。


こうした亜脱臼があった場合、バランス整体は

脊椎を調整する事により、ストレスを取り除きます。


ゆがみ、傾き、ズレ、亜脱臼の無い健康体であれば、

身体がそれだけうまく働き病気に対する抵抗力も高まってきます。


これこそバランス整体の目指すところであります。


妊娠にとってこうした健康体を出来るだけ保つことは必須であり

妊娠と出産に備えることが出来ます。


バランス整体で脊椎を正常に保ち生殖臓器なり

他の器官への神経の流れを正常に保つことが肝心であります。


神経系統へのちょっとした邪魔でも、母親と成長を続ける胎児に

悪影響を与える可能性があります。


妊娠中にバランス整体を受けるもう一つの利点は

薬を使わず健康を保てるという事であります。


処方箋によるものであれ、売薬であれ胎児への影響が必ずあり

安全な薬というのは存在しません。

妊婦にとって一番安全なのは薬を避け

健康管理にはなるべく自然な方法を取る事であります。


どんな薬であっても、胎児への障害や成長異常をもたらすものであります。


妊娠初期3か月では、薬を取る事は最低限にすべきです。


動物実験によればどんな薬でも、必ず何らかの形で

胎児に先天性の問題をもたらします。


妊娠中に薬を取る事に関しては、母親のその薬に対する必要性と

胎児に与える悪影響のリスクを秤にかけることが必須です。


母親と胎児に悪影響を与える一般的なものとしては

アスピリンをはじめ、アルコール、たばこ、マリファナ、コカイン

などが挙げられます。


薬を使う場合には十分に考慮したうえでの使用をして下さい。

 

患者さまの喜びの体験談 (妊婦さん)

1)中村さま 33歳 歯科衛生士 福山市

 2週間前から首、肩(右側)に時々痛みあり。

 痛みがある日は頭痛も伴うこともあったので病院に行った。

 病院では治療はできなかった。

 田澤接骨院に来て楽になりました。

 妊婦さんも病院がダメども接骨院で
 見てもらえるという選択肢があることを
 知ってもらいたい。
 
2)後藤のりこさま 25歳 福山市

 今妊娠5か月の妊婦です。

 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。

 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。

 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。

 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。

 一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。

 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。

 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。

 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!

 無事に出産できますように。

   追伸

  無事に安産で元気な子を出産されました。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ 、腰痛、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

妊婦さんの喜びの体験談

watch?feature=player_embedded&v=GeOcxskZGK0

首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ Ι 整体・接骨は口コミNO.1:首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ,背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.30 | Category: しびれ,口コミ、人気、評判NO・1,手のしびれ,背骨のゆがみ・ずれ,脚のしびれ,腰の痛み,頭痛・偏頭痛


首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ

しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障害で起こります。

ピリピリする、チクチクするなど

皮膚に触っても感じが鈍いなどの状態です。


腰が痛い、シビレが辛い、歩くのも困難になってきた

病院へ行ったもののしっかりとした治療をしてもらえなかった

なぜ痛いのか原因がわからないなど

腰痛で整形外科に受診された方々の多くが原因不明

もしくは何も異常がないと診断されており

腰痛患者に適切な処置がされないまま

状態が慢性化してしまうケースが多くみられます。


しびれは、老化や筋肉・腱などの疲労によるもの、末梢神経が圧迫されているもの

手足の血液循環がわるくなっているもののほか、脳の病気の徴候である場合もあります。


しびれを感じた場合にも

心配をしなくても良いしびれ

というのがあります。


起床時の一時的なしびれは

その部分が下になっていたため

圧迫されて血液循環がわるくなったものですから

起きてしばらくすれば良くなります。


同じ作業、機械的な動作を続ける職業などの人の部分的なしびれは

使いすぎによる筋肉や神経の疲労

あるいは圧力によって血液循環がわるくなったなどのため、起こってくるものです。

その場合は、作業や動作をやめ、体操などをすれば改善しますが

それでも改善されず、症状が続くようであれば

当院にお越し下さい。


おもに親指・人さし指・中指がしびれ、痛む。

中年の、特に手を使う仕事の女性に多く起こりますが

これは、手根管の中を走る正中神経の圧迫が疑われます。

手や足の末梢神経の障害は、手足の筋肉の動きにくさ

手足の末端のしびれ感、持続的な痛みが起こります。

左右対照的に末梢神経が冒される病気で

化学物質や薬物、栄養障害、妊娠、悪性の腫瘍などが原因でも起こりますが

もっとも多いのは血糖値が高い症状によるものです。


心配のない症状であれば、バランス整体の得意な分野の一つです。


その一方で、放っておかない方がいい症状も存在します。

脚のしびれ・痛みに腰痛をともなう場合。

これは、重度な腰の痛み、椎間板の傷み・変形

骨に小さな穴が多発する症状などが疑われます。


左右一方だけしびれ、マヒ、頭痛、めまい

ろれつが回らないなどの症状をともなう場合は

脳の血管の障害の始まりが疑われます。


寒冷や精神的緊張があると、手の指先が左右対称に蒼白になり

冷感・痛みをともなう症状が疑われ

ひどくなると充血・発赤・拍動性のうずきが出てきます。


発作的に四肢の末端に血行障害を起こす病気です。


首、肩、腕にかけての痛み、しびれ、だるさは

原因は頸椎の変形といわれますが、筋肉の過労も原因の一つと考えられます。

疲労した筋肉を休めるとともに、作業の姿勢に改善の余地がないか検討し

当院で適切な治療を行います。


痺れという、辛い症状から

一日でも早く解放いたします。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 


生理痛、生理不順とバランス整体 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:生理痛、生理不順,背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.29 | Category: ホルモンバランス,口コミ、人気、評判NO・1,女性ホルモン,整体・接骨院,生理不順,生理痛,生理痛、生理不順,背骨のゆがみ・ずれ,自律神経のバランス

 

女性特有の問題として、生理痛や生理不順があります。


バランス整体で生理不順が解消できるのですか!?

と思われる方もいるかもしれませんが

生理不順にもバランス整体は有効です。


ただし、バランス整体が有効な場合は

ホルモンバランスや自律神経のはたらきが乱れてしまうことでおこる生理痛ですが

生理痛の8割くらいは、このような原因で起こるといわれています。

ホルルモンバランスや自律神経のはたらきが乱れてしまう原因はいろいろありますが、

骨盤や上部頸椎、重力バランス軸のゆがみが原因になることが多いです。


骨盤のねじれ(ゆがみ・傾き)は、子宮などの骨盤内臓にもねじれを発生させ

これが月経にともなう子宮粘膜に対する刺激を増強させると考え

骨盤のねじれ(ゆがみ・傾き)を改善させるこで

粘膜刺激が軽くなり下腹部痛が改善されていきます。

また背骨や骨盤を調整することで

自律神経のバランスが整えられ、血流やホルモンバランスが安定し

月経時に放出される痛みの物質が減少していきます。

 


通常、生理痛があると女性は痛み止めの薬を飲みます。

それによって痛み自体はある程度おさまるでしょうが

それがもとで胃をいためてしまったり、生理痛に伴う他の症状に苦しめられます。

それは、頭痛であったり、疲労感であったり、精神のいらいらであったりするわけです。

この様に、薬で対処していては一時的な症状の緩和のみで

根本療法にはなりません。


大切なことは

“痛み”は体に何か不都合なことが生じているという

重要なサインを見逃さないことです。


女性性器(子宮、卵巣など)に痛みを感じる神経の

根本的な源である背骨に部妙なずれがあって

そこでその神経に圧迫が加わっているかどうか

が問題なのです。


脊椎神経を圧迫することにより、あらゆる症状、疾患を起こしてきます。


特に、腰の骨(腰椎)にゆがみ・傾き(ずれ)があれば

子宮の筋肉の異常収縮や血行不良を起こし、痛みとなって現れます。


視床下部、下垂体、そして女性性器に作用する

女性ホルモンの分泌がうまくいかないことによっても

生理の周期に関連した問題、すなわち生理不順を起こしてきます。

これは、特に首の上の骨(上位頚椎⇒第1頸椎)や

腰、骨盤のゆがみ・傾き(ずれ)から生じることが多いようです。


生理前には卵巣からリラキシンという女性ホルモンの一種が分泌されますが

このホルモンには骨盤を安定させている靱帯をゆるめる働きがあります。


そのため、普段から骨盤に歪みがある人の場合

増強されて関節(仙腸関節や恥骨結合などの)に離開が生じ

防御反応としての筋緊張も強くなり、骨盤周囲に痛みが発生すると考えます。

ですから、普段の歪みを軽減させておくことで

生理時(生理前)の腰痛・臀部痛が改善する事が可能なのです。


この様に、バランス整体で

生理不順が改善することはめずらしくありませんし

時には不妊症の方が妊娠されることもあります。


ですから生理不順はもちろん

不妊で悩んでいる方も、ぜひバランス整体治療も

その選択肢の一つに加えていただきたいと思います。

と言いますのも、バランス整体は薬を使わずに治療するため

副作用の心配がないので安心して治療を行う事ができるからです。


症状、疾患は、単に薬で痛みを隠したり、ホルモン剤で症状を整えるのではなく

まずは根本的な問題を除去することが最も重要なのです。

それでも、改善しない場合は

薬の助けが必要になる事はあると思いますが

むやみな薬の摂取は控える事をお勧め致します。

 

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

生理痛、生理不順、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。
 

 

椎間板のゆがみ・ズレに対する現代医療とバランス整体     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.26 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,椎間板ヘルニア,背骨のゆがみ・ずれ,脊椎・背骨矯正


椎間板のゆがみ・ズレ 


脊柱の一部である椎間板は、最近特に注目を集めており

椎間板の「ゆがみ・ズレ」とか「破裂」、「ヘルニア」、「脱出症」

といったような言葉が良く使われてきているが

実際にはどうなのでしょうか。


まず、椎間板とは何か。という事ですが

脊椎の骨の間に挟まっているのが椎間板であります。


椎間板は2つの部分からなっており、

頑丈な繊維質でできた外側(環状繊維質)と

ゲル状の中心(髄核)とから成っています。

椎間板が持つ機能はたくさんあり、脊椎の各骨の間で

ショックを吸収する働きをしたり

脊柱が全体としてうまく曲がるのを助け、さらに脊柱が連続した一本の骨

としてまとまる役割をしています。


脊椎には23の椎間板があります。


昼間、立っていることにより、椎間板の中の液が乾燥し

薄くなるために、人間の背丈は寝る前に比べ

朝は、実に6~12ミリ高くなっています。


驚くことに、15歳くらいで椎間板のすり減りや、破れが出てきます。


さらに年を取ってくると、内部の液体が減り

ひび割れが外側の壁に沿って出てきます。


これがいわゆる「椎間板の膨隆」になるわけです。


さらに髄核がたるみ過ぎると、繊維質から外れてしまい

「髄核の脱出」という障害に発展してしまいます。


こうして外れた椎間板が脊椎なり神経に圧迫を加えた状態では

座ったり、歩いたり、物を持ち上げたり、小大便の際

さらに、くしゃみ、咳で痛みが走り、ひどい時には

寸分も動けないことになることもあります。


さらにひどい場合には脚に麻痺を生じ

筋肉の動きをコントロール出来なくなります。


椎間板のズレという表現は、厳密には不正確であります。

というのは、椎間板は上下にある脊椎の骨と、しっかり接続しており

滑ってズレるような事はありません。

つまり、実際にズレを生じるのは脊椎の方である。


こうなるとズレた骨が椎間板を圧迫して障害となるわけである。

というわけで椎間板のズレというのは

正しくは椎骨のズレと呼ばれるべきであります。


椎間板が傷んでくると脊椎下部の腰椎と仙骨辺りの神経に障害を与える。


こうなると骨盤の辺りに色々な症状が出てくることになります。


具体的には子宮内膜症をはじめ、膀胱や性器や腎臓の炎症

前立腺の問題、流産、不妊症、性行不能

尿の漏れ、膀胱炎、月経痛、便秘などである。


というわけで慢性の腰痛がある場合

大抵このような色々な問題も抱えていることが多いのです。

 

椎間板に対する現代医療とバランス整体 


椎間板の問題に対して、現代医学がとる方法としては

痛み止めをはじめ、筋肉柔軟剤、さらに物理療法ということで

ホットパック、コールドパックを当てたり

ジェット水流付き温水療法、牽引、電気刺激、体操などであります。


ミエログラム(脊髄のX線造影法)で椎間板の障害が判るが

この検査では脊椎に色素を注射し、X線で色素の行き渡り具合で

椎間板の破れなどを見つけます。


ただし、ミエログラムは30~40%という不正確さがあり

利用を止めてしまった専門家も多いです。


こうした医療方法がうまくいかないと、次に脊柱手術という事で

脊椎専門の手術医が選ばれる事が多いです。


大抵の手術は椎弓手術と呼ばれるもので、脊椎の後ろ側を取り除き

椎間板を削り取るわけであります。


こうなると脊椎同士に椎間板がなくなる為、脊椎同士が一体として

くっついてしまうのであります。

時によっては腰骨の一部を削り取ってきて、脊椎に付ける場合もあります。


こうした整形外科で完治するものでしょうか。


椎弓手術を行っても、痛みといったような問題が再発してくることが多い。


6~12か月の追跡検査では、手術もしても、しなくとも

大した差はなかったという報告があります。


第二次世界大戦に参加した兵士を20年間調査した結果では

手術を受けた400人のうち、52%の人達が手術前と同じように

相変わらず、腰や脚の痛みを訴えています。


他の研究では手術886例のうち、56%は治ったものの

44%の人達は手術前と変わらないか、よりひどくなっている。


さらに別の論文では71人の手術医が手掛けた7391例について

調査をし、48%の患者が1年以内に手術前と同じ症状を

続けていると報告しています。


こうして脊椎手術がうまくいかない場合が多いので

不成功の時に備えて「不成功脊椎手術症候群」(FBSS)と

名前が付けられているほどであります。


現在、毎年60万件の手術が行われ、そのうち50%

即ち、30万件が「不成功脊椎手術症候群」(FBSS)となっています。

 

不成功に終わった患者はどこに行けばいいのでしょうか。


椎間板の問題に対するバランス整体の成果は

かなりのもので、手術をしなくて済んだ例がよくあります。


しかも、こうした脊椎手術を受けた人たちにも

バランス整体は有効であります。


腰椎に障害を持ち、バランス整体を受けた

1536人を対象とした調査では

実に96.4%が満足すべき結果を得ています。


このうち、結果として手術を受けたのは、たったの3.4%であります。


この調査の結論として、椎間板障害に対して

バランス整体が非常に効果を見せる事

さらに、バランス整体を受けた後、手術を受けた患者でも

手術を遅らせたことによる悪影響が全くなかった事である。


脊椎手術をすでに受けている人達に対してバランス整体は

どうであろうか。


ある大学の痛みリハビリテーションセンターの

医師によれば腰部椎間板の手術で完治の保証ができるのは

10件に1件以下であり、たとえ手術を繰り返しても

良くならないとしています。


脊椎手術を受けた人にでもバランス整体は可能であります。


手術により、脊椎は永久的に変化しているわけだが

それでもバランス整体の治療を受けるのに遅すぎる

ということにはなりません。


バランス整体で脊椎を手術前の状態にすることは

出来ないものの、FBSS(不成功脊椎手術症候群)からくる痛み

(さらにフラストレーションも含めて)を軽減し

さらに再度の手術を避けられる可能性が高いです。


バランス整体による治療で、一番効果があるのは

バランス整体を全く知らない人

即ち、背中に現在障害を持っていない人達であります。


素早い予防が、症状の悪化を抑えられるのです。


背中が痛くなる前に、バランス整体で脊柱を

診てもらう事であります。


誰でも目をはじめ、聴力、血圧などを診てもらっているわけで

脊柱も、是非診てもらうべきなのです。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)が全身の健康に影響を及ぼす! Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.24 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,肩こり・首こり,背骨のゆがみ・ずれ,脊椎矯正,腰痛,頭痛・偏頭痛,骨格矯正,骨盤のゆがみ,骨盤矯正


「頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)」によって、いったい何が起こるのか?

 なぜ、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)が全身の健康に影響を及ぼすのでしょうか?

 ■全身の筋肉が過緊張を起こす!

 奥歯が短くなると、その分、頬にある筋肉(咬筋)がたるんでしまいます。

 筋肉がたるむと、脳は「筋肉を縮めよ」という命令を出して、
 たるみを解消しようとするのです。

 しかし、この脳の「筋肉を縮めよ」という命令は、咬筋だけでなく、
 同側のすべての筋肉に下されてしまうのです。

 つまり、右(左)側の咬筋だけ縮めようとしたつもりが、
 右(左)半身全体の筋肉を縮めてしまうというわけです。

 そうすると、いったい何が起こるのでしょうか?

 片側の筋肉だけが縮むのですから、当然身体のバランスが崩れ、
 身体の重心がずれ、不良姿勢(猫背等)を招いてしまいます。

 そうなると首や体が一方に倒れてしまいますから、
 引っぱり返すために反対側の筋肉も収縮します。

 結局全身の筋肉が過緊張を起こすようになるのです。

 つまり、筋肉の過緊張によって背骨のねじれや傾きが起こり、
 そこから頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれをはじめとする
 さまざまな症状が生じる可能性があります。

 常に過緊張で、筋肉バランスの悪い状態でいなければなりませんから、
 体を動かすたびにさまざまな場所に負担をかけることにもなりますよね。

 また、先ほどの筋肉を縮める命令は交感神経の常時興奮によって
 出されるため、自律神経のバランスが乱れてさまざまな自律神経失調の不調が
 引き起こされる可能性があります。

 不眠症、熟睡できないといった症状も、
 このことが原因となる場合が多くあります。

 さらに、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)によって起こる首まわりの圧迫やねじれによって、
 血圧異常が起こったり、最悪の場合は脳の血流が半減するケースもあります。

 このように、奥歯が短くなり、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)ていくことが根本原因となって、
 さまざまな症状が全身のあちこちに起こってくる可能性があるのです。


頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)は、
 150以上もの症状や病気を引き起こす!

 あなたは、次のような不調や病気はありませんか?

 顎関節症、肩こり、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、三叉神経痛、ヘルニア、
 ひざの痛み、しびれ、股関節痛、猫背、 O脚、外反母趾、生理不順、不妊症、
 眼精疲労、自律神経失調症、睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群、
 アレルギー疾患(アトピー、花粉症、じんましん等)、血圧異常、
 イライラ、抑うつ、便秘、下痢、更年期障害、認知症……。

 実はこれらの症状は、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)ていると生じる可能性のある症状の一部です。

 頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)から生じる症状や病気は、
 なんと150以上にものぼるのです。

 まさかこれほど多くの症状が頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)によって引き起こされる可能性があるなんて、
 よもや思いもしなかったのではないでしょうか?

 現代社会では、多くの人が頭痛、肩こり、腰痛、アレルギーなど、
 さまざまな慢性疾患に悩まされています。

 これらの慢性疾患に悩まされる人が多いのも、
 頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)が原因の1つであると考えれば、合点がいきますよね。

 前回お伝えしたように、われわれ現代人は奥歯が短すぎるため、
 頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)てしまっているのですから……。

 しかし、一般的な病院では、薬や手術に頼る対症療法ばかりで、
 原因を除去する根本的な治療法は行われません。

 たとえば日常生活に支障を来すほどの腰痛で整形外科を受診しても、
 レントゲンを撮って骨に異常がなければ、
 痛み止めを処方して「安静にしてください」で終わりです。

 これが「根本治療」といえるのでしょうか?

 このように、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)と健康の因果関係を知る医師は
 ほとんどいません。

 逆にいえば、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)を治すだけで、
 長年悩んでいる病気や症状から解放され、
 飛躍的に健康になれる可能性のある人が非常に多いということです。

 あなたの頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸は、大丈夫ですか?

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)矯正しバランス整体で予防    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.23 | Category: メンテナンス,予防,口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,整体・接骨院,椎間板ヘルニア,背骨のゆがみ・ずれ,脊椎・背骨矯正,脊椎矯正,腰の痛み,腰痛,首の痛み,骨格矯正,骨盤のゆがみ,骨盤矯正

脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)の一つ 


神経は体内での自動的な処理にも関係しており

呼吸をはじめ、汗をかいたり、寒さで震えたり、内臓の働き

心臓の鼓動、消化、排便、各臓器への血流の調節

血圧の調整などたくさんあります。


というわけで、人間の神経というのは、人間の中心である

脳の延長ということが言える。

神経なくしては、人間の肉体だけでは無用の長物ということになってしまう。


神経を健康に保つことは重大であります。


さもないと肉体自体が弱っていき、

環境からのストレスに耐えれなくなってしまい

即ち、病という結果になってしまう。


病のある状態では身体が弱まり、さらに肉体的なり

精神的な本格的な病気に繋がっていく事になる。


神経に生じる一番の問題は「圧迫された神経」という状態であり

神経だけでなく身体全体に悪影響を与える結果となります。


脳から出てきた神経は脊椎の孔を通っており

もしこの脊椎が正しく配列していないと、神経が余計な刺激を受けたり

圧迫されたり、引っ張られた状態に陥ってしまう。


こうして影響を受けるのは神経だけでなく

孔を一緒に通っている血管から、椎間板、靭帯、関節、筋肉

筋膜、腱、髄膜、リンパ腺、その他結合組織、脂肪といった

全部が考えられる。


しかも神経というのは単に信号を送っているだけでなく

最新の研究によると

化学的な栄養物質が流れているということで

この流れが阻害される可能性も高いです。


こうした状態が起こる原因はたくさんある。


例えば事故なり転倒であるが、たとえ小さな事故であっても

脊柱を狂わせる可能性がある。

あるいはある姿勢で曲がったり、ねじった場合

さらには寝たり起きている時の姿勢が悪いことが原因であるかもしれない。


さらに肉体的なり精神的に同じようなストレスが常時かかり

何週間なり、何か月後に生じてくる場合もあろう。


圧迫されているというよりは、神経が椎間孔で圧縮された状態

というのが正しい表現であり、医学的には

「神経圧迫」なり「神経浸食」ということになるが

バランス整体では脊髄がズレてしまい

椎間孔が狭まり、神経他を圧迫して

各種障害を起こす現象を、

簡単に「脊椎・背骨のゆがみ(ずれ・亜脱臼)」という

言葉で表現している。


神経が締め付けられた状態では、信号の流れが変わってしまい

結果として全身が影響を受けてしまう。


こうして病気なり病気の元の状態を作り出してしまう。


神経系統の機能が悪いと、肉体なり精神に悪影響を与えることが判っている。


例えば大腸に行く神経に歪みを加えると潰瘍なり

便秘・下痢と言った消化器官障害を起こすかもしれない。


こうした現象は他の神経でも言える。


さらに脊柱の配列が正しくないと、骨格全体がバランスを失い

疲れを生じることになります。


疲れや疲労感というのは、

実は脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)の

最初の兆候なのであります。


実際に神経が圧迫された状態にあっても、痛さを感じる事は少ないです。


痛いと感じるのは脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)の

一つの症状にしか過ぎずたまにしか生じない。

というのは、神経でも痛さを伝達する神経は知覚神経だけなので

その他の神経が圧迫されている場合は痛さを感じない訳であります。


知覚神経がひどい締め付けを受けない限り、実際には

痛みは生じないのである。


とうい事は、神経なりそれと一緒に走る組織が障害を受けても

痛くなく、逆に痛みがある場合には

運が悪いということになってしまう。とはいえ

つねられたような痛みがある人は、脊柱に何か問題ありということで

バランス整体に行く結果となり

実は幸運を言わなければならない。

痛みの無い人達に、どう説明してよいかがバランス整体に与えられた

課題といって良い。

脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)の説明をし、皆に理解してもらい

定期的な脊柱検査の必要性を説くわけであります。


骨のゆがみ(ズレ)を矯正(正す)。

バランス整体で脊椎・重力バランス軸に力をかける治療というのは

決して、ゆがみ(ズレ)た骨を元の場所に移動させようとしているのではありません。


ゆがみ(ズレて亜脱臼)として固定してしまった脊椎を緩めてやり

その脊椎が動きたいようにさせるだけなのです。


身体自体が脊椎をどのように動かせばよいのかを正確に知っている訳です。


ただし、バランス整体は、その脊椎がどちらの方向に行くべきか

大体分かっています。

バランス整体を、もっと判り易く説明するのに

泥道に嵌まり込んだ車を想像するのが良いです。


車輪が空回転するだけで、車は全く動かない状況に

誰か助けに来て、車を押せば、うまく土を捕えて走り出せます。


車を押した人は、決して2トンなりの重さを押したわけではなく

適当なはずみをつけて適正な方向に押しただけで

車はうまく泥を抜け出せるのです。


身体はいつでも脊柱を何とか調整しようとしており

背中の筋肉は脊椎が正常な位置にあるように

常に引っ張っています。

バランス整体では、脊椎をあるべき場所に嵌め込むのではなく

身体自身がゆがんだ(ズレた)脊椎を元に戻せるようなハズミをつけてやるのです。


そうすうと脊椎は、それまでのゆがんで(ズレて)固定した場所から

筋肉の力で自然とあるべき位置に戻ることになります。


脊椎がどの位置に行くべきかは、施術者が決めるのではなく

身体が決定する事なのです。


「矯正をする施術者は強い人がいいのでは!?」


と聞く人がいますが、実際に必要なのは力の強さでなく

技術の問題なのです。


人間は常に自分の脊椎を正常な位置に戻そうと

働いている力が存在しているわけで

別に外部からの力は必要ではありません。


必要なのは適正な方向に適当なハズミをつけるだけで良いのです。


すなわち、矯正治療の方向とハズミが適正であれば

力は殆どいらないのです。


バランス整体での脊椎・骨盤のゆがみ(ズレ・亜脱臼)の分析と矯正には

たくさん存在しそれぞれの技術どれでも

脊椎を調整できるわけであります。


バランス整体は骨のゆがみ(ズレ)を矯正(正す)ことを得意としています。


バランス整体での予防


バランス整体は

疾病の原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み

にあるとの考えに基づいており

その歪みを調整することで疾病の治療を行っております。

そして、バランス整体の治療は

痛みもなく身体に無害な、わずか数分間

背骨を触れた程度にしか感じない、穏やかであっという間の治療です。

 

筋肉や骨といった筋骨格系の機能と構造的な障害

そして、それらが及ぼす神経系の機能異常

健康全般への影響を診断することで治療、予防し

薬物や外科をなるべく用いずに、自然治癒力を取り戻す治療法なのです。


背骨に直接関係する障害。

たとえば首の痛みや腰の痛み、

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛といった症状の改善に

効果を発揮することはよく知られたことですが

背骨は、身体のすべての神経の通り道を構成しているため

配列の問題(それがたとえレントゲンで見極められないほどに微妙なものであっても)が

生じていると全身のあらゆるところの機能に障害が出ます。

それは心の安定さえも影響します。

そして、背骨の配列の問題は気づかないうちに進行していきます。

背骨の配列の問題。たとえば

交通事故などに巻き込まれて、直接急激な物理的損傷を受けた場合は

すぐに症状として認められますが

日常生活において徐々に蝕まれていく場合は

症状がある程度進行するまで自覚がありません。


脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)を持っていても、

身体には痛みを感じない場合が殆どで

健康だとばかり一人合点しているうちに

じわじわと病が進行していくということになります。


バランス整体は

神経を圧迫するような脊椎・骨盤のゆがみ(ズレ・亜脱臼)の箇所を発見し

バランス整体独自の方法でゆがみ(ズレ)を矯正し

結果として神経への圧迫を消すことが出来ます。


これが脊柱調整と呼ばれる方法であります。


バランス整体はゆがみ(ずれ・亜脱臼)の場所を見つけ出し

脊柱調整という事でゆがみ(ずれ・亜脱臼)を取り除くのです。

そもそも私たちの背骨は、直立歩行を基本とする動物であるために

構造力学上大きく負担をかけています。

歩いたり座ったり、何かを持ち上げたり

横になったり、しゃがんだりといった日常の生活の中で

私たちの背骨は痛めつけられています。


背骨はすべての神経の流れる通路であるため

もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。


メンテナンスを定期的に行って

症状が現れないうちに治すのが予防医療の本質であります。


そして、病気を直接治療するのではなく、人間が本来持っている

自然治癒力の増進を目的にしている現代的治療方法で

医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け

健康を維持できるような自然療法であり

乳児からお年寄りまで何百万人という人達が生命を脅かす病気を含め

数々の病から回復できる最新療法がバランス整体なのです。

毎年、使用量が増え続けている医薬品に頼るのではなく

人間誰もが自然治癒力を持っていることを気付かせてくれるような療法

これがバランス整体なのです。


バランス整体の基本理念は

正常な身体機能を邪魔する要素を取り去って、健康増進を計ろう

というものであります。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

頸椎・下あご・骨格(骨盤)のゆがみ、ズレを矯正し免疫力を高める!     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.22 | Category: あご(顎関節)の矯正,アレルギー,免疫力,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,背骨のゆがみ・ずれ,脊椎矯正,骨格矯正,骨盤のゆがみ


今こそ免疫力を高めて、病気・不調を予防しよう!

「免疫力」という言葉は、あなたはご存じだと思います。

  今回は、この免疫力についてお話ししたいと思います。


今こそ免疫力を高めて、病気・不調を予防しよう!

 「免疫力」はよく耳にする言葉ですが、いったいどういうものでしょうか?

 簡単に言えば、免疫力が高いと、さまざまな病気にかかりにくくなります。

 つまり、同じような生活をしていても、免疫力が高ければ病気にかかりにくく、
 低ければ病気にかかりやすいのです。

 たとえば、風邪ウイルスが体に入り込むことによって、私たちは風邪をひきます。

 このとき、体内に入り込んで悪さをしようとするウイルスと闘ってくれるのが、
 免疫力なのです。

 つまり、免疫力が高い人ほど、風邪にかかりにくいのです。

 もちろん、免疫力が闘ってくれるのは、風邪ウイルスだけではありません。

 ウイルス性肝炎、ガン、花粉症や鼻炎をはじめとするアレルギーなど、
 さまざまな病気や体の不調を防いでくれるのです。

 免疫力は、私たち一人ひとりが持つ大切な自然治癒力なのです。

 免疫力が弱まっていると、風邪を引きやすくなったり、疲れやすい、
 体調が悪いなどの不定愁訴があらわれやすくなります。

 いわゆる、体が弱い、虚弱体質だという人は、免疫力も弱いのです。


バランス整体で免疫力UPを目指そう

 頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸がゆがんで(ずれて)いると、
 自律神経が失調し、体のさまざまなバランスがくずれ、
 全身に悪影響をもたらします。

 結果として、私たちの免疫力(=自然治癒力)が著しく低下してしまうのです。

 また、頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸が
 ゆがみ(ずれ)によって首の付け根にある星状神経節が圧迫されますが、
 これも免疫力を低下させる原因です。

 そして、下あごのずれによる不眠が、さらに免疫力を低下させてしまうのです。

 一般的に、免疫力は年とともに低下すると言われています。

 だから、私たちは年をとると病気にかかりやすくなるのです。

 でも、それは長年歯を酷使した結果、歯が徐々にすり減って
 頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸がゆがみ(ずれ)が
 加速することも大きな原因のひとつなのです。

 つまり、年をとったから病気にかかりやすくなるのではなく、
 年とともに歯がすり減り、免疫力をはじめとするさまざまな体の機能が
 低下し、病気になっている、と言っても過言ではないのです。

 患者さまのなかでものすごい虚弱体質がいました。
 しょっちゅう風邪をひく、疲れやすい、だるい、眠れない……。

 まさに、体の免疫力が弱まっていたのでしょう。

 バランス整体と出会ってからは、ほとんど風邪をひかなくなりました。

 たとえば朝「風邪気味かな」と思っても、昼にはすっかり治ってしまいます。

 バランス整体で頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸を
 正しい位置に誘導することで、
 あなたが持つ本来の免疫力が高まり、
 健康へと導いてくれるでしょう。

 免疫力を高めて、ガンなどの生活習慣病を予防しましょう。

 花粉症などのアレルギーも、軽減・完治させましょう。

 最近体調が悪い、風邪をひきやすい、疲れやすい……という方、
 ぜひバランス整体にご来院ください。

 身体の歪みチェックも行っています。

 わからないことや不安なことなどがあれば、
 お気軽にお問い合わせください。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

小顔・むくみ・首こり     Ι 美容整体は口コミNO.1:小顔・むくみ・首こりでお悩みのあなた 小顔・むくみ・首こり専門で28年9080人の実績  

2013.05.21 | Category: むくみ,半身浴,口コミ、人気、評判NO・1,小顔,美容整体,肩こり・首こり

「むくみ顔」女性以外オトコ急増!

解消法は(「首コリ」解消が改善のツボで小顔効果)

最近、顔だけが太ったと感じていたりしません?

 心当たりがあるなら、あなたの顔はむくんでいるかもしれません。
 
「一般的に“むくみ”は女性に多い悩みだと思われています。

しかし最近は、顔のむくんだ男性ビジネスマンが急増中。

太ったと勘違いする人が多いのですが…」
 
むくみを放っておくと、まぶたが腫れぼったくなったり、
首が太く短くなったりします。

では、その原因は?
 
「“首コリ”です。肩との接点となる首の付け根の筋肉が凝り、
慢性化している状態で、肩コリを持つ人の9割が首コリを併発しています。

そもそも“むくみ”とは、体内をめぐるリンパの流れが滞り、
老廃物や不要な水分が溜まって起こる症状。

首が凝ると、顔面部と体幹部をつなぐ部分で血液やリンパが滞り、
うまく循環しなくなってしまいます。」
 
顔だけでなく首から下がむくむこともある。

すると、体が重くなり疲れやすくなってしまうそう。

また、首から上の血流が悪いと、顔色が暗くなったり、
偏頭痛が起きたりも。

首コリの解消法は…小顔効果も!?
 
「あります。まず、入浴前に軽く首のストレッチをします。

頭を左右に1分間ずつ倒したら、
今度は傾けた方向の手を頭に添えて重さを加え、
再び1分間ずつ左右に伸ばしましょう。

そして、入浴中には首のマッサージを。

(1)首の側面を片方ずつさする。

(2)首の側面に手を当て、頭の重みで手を押す。逆側も同様に。

(3)首を両手で挟み、手のひらで交互にさする。

(1)~(3)を各1分ずつ行ってください。

体が温まると血流やリンパの流れがよくなるため、むくみ改善にもより効果的です」
 
自覚しにくく、放っておくと意外に怖い、顔のむくみ。

首回りをほぐして、凛々しい顔つきと安定した心身を取り戻していきましょう!


 

 

 

バランス整体で脳卒中のリスクを減らそう     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:脳卒中の後遺症でお悩みのあなた 脳卒中専門で28年1280人の実績

2013.05.20 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,脳卒中,脳卒中後遺症


将来寝たきりにならないために~脳卒中のリスクを減らそう

 脳卒中は、がん、心臓病についで、日本人の死亡原因の第3位になっています。

 死に至るだけでなく、麻痺や言語障害など、後遺症も怖い脳卒中。

 将来寝たきりにならないためにも、
 少しでも脳卒中のリスクは減らしておきたいですよね。


寝たきりにつながりやすい脳卒中

 脳卒中は、脳の血管がつまったり破れたりして、
 その先の脳細胞に血液(栄養)が届かなくなり、脳細胞が死滅してしまう病気です。

 脳卒中の中でも、脳の血管がつまるのが脳梗塞、
 脳の血管が破れるのが脳出血、脳を保護する膜が破れるのがくも膜下出血です。

 たとえば、脳の血管がつまるとどうなるでしょうか?

 つまった部分の脳がコントロールしていた体の働きに、障害が起こるのです。

 結果として、半身の麻痺や手足のしびれ、運動障害、言語障害、認知障害、
 記憶障害、排泄障害、感情障害などが起こります。

 こういった生活に大きな支障を来す後遺症が残ることが、脳卒中の特徴でもあります。

 寝たきりの原因も、40%近くが脳卒中だそうです。

 一昔前は脳卒中が死亡原因の1位でした。

 いまは即死亡につながる確率は減ったものの、
 後遺症で苦しむ人が増えているのです。

 脳卒中の怖さは、ある日突然起こること。

 そして、後遺症が残ることです。

 日本人の脳卒中の患者数は150万人、
 年間25万人が新たに発症しているといわれています。

 それだけたくさんの人が罹患するのが、脳卒中なのです。

 いつまでも元気で、健康で暮らせるよう、
 そしてまわりの人にも迷惑をかけないよう、
 できるだけ脳卒中のリスクを減らせるような生活を心がけたいものですよね。

脳への血流を2倍にするバランス整体治療

 脳卒中のリスクを減らすためには、血流をよくして、
 脳に酸素や栄養をたっぷり届けることが大切です。

 脳への血流をよくするためには、バランス整体治療が非常に効果的です。

 脳の血流が悪いと、脳卒中になるリスクは大きく上がってしまうのです。

 バランス整体治療によって、脳への血液量は最大2倍になります。

 脳に供給される酸素と栄養も2倍になるため、
 脳卒中のリスク要因を減らすことができるでしょう。

 頸椎・下あご・骨盤・重力バランス軸がゆがみ(ずれ)ていると、
 脳のはたらき自体が悪くなります。

 また、年をとって奥歯がすり減り、脳への血液量が少なくなれば、
 認知症などにもなりやすくなります。

 頸椎・下あご・骨盤・重力バランス軸が正しい位置にあると、
 首が真っ直ぐになるので、
 脳へたくさん血液が送られ、脳が活性化します。

 頭の回転もよくなり、毎日生き生きと過ごすことができるのです。

 脳卒中の大きな原因のひとつである高血圧も、
 頸椎・下あご・骨盤・重力バランス軸を正しい位置へ
 導くことで、改善や予防効果が期待出来ます。

 脳卒中は突然襲ってくるものですが、
 要因となるリスクは長い間積み重ねられたものです。

 脳卒中のリスク要因を減らしたい、
 という方は、ぜひ一度、バランス整体にお越しください。

 あなたのご来院を心よりお待ちしています。 

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

脳卒中後遺症や背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。
 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達