福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 2013 4月の記事一覧

側彎・不良姿勢(猫背・出っ尻)Ι 整体・接骨は口コミNO.1:側彎・不良姿勢(猫背・出っ尻)でお悩みのあなた(不良姿勢(猫背・出っ尻)専門で28年25000人の実績)

2013.04.27 | Category: 側弯,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,背中の痛み,骨盤のゆがみ

側彎 

脊柱というのは24個の脊椎と呼ばれる小さな骨が並んだもので

その内の7個は首に、その下の12個は胸椎

さらに一番下に5個が付いています。


24個の骨は上下に繋がり、前後から見ると一直線になっているが

横から見ると3つのカーブからなっています。


首と背中の下の部分は前弯屈となっており

背中の中央は後弯屈のカーブとなっています。


殆どの人の脊柱は真っ直ぐでなく

僅か左か右に曲がっているものであります。


しかも幾つかの脊椎に捩れが加わっている場合もあります。


こうした曲がりや捩れがひどいと、脊柱側弯症ということになります。


側弯症の85~90%では、原因がわからず、特発性側弯症と

呼ばれています。

さらにこの現象で面白い事には、脊柱腱、筋肉には

異常が見つからないことであります。

勿論、側弯症が重症になれば脊椎だけでなく

椎間板、靭帯、腱、筋肉などに異常が発生してきます。


側弯症の10~15%の原因は、腫瘍や炎症、大脳麻痺

筋ジストロフィーといった神経筋の病気

出産時に生じた障害、椎間板などであります。


さらに誰にも説明のつかないのが

どうして側弯症が悪化しながら、90%の場合には

曲がり具合がそのまま持続する事です。


一般には悪い姿勢が側弯症の原因と考えられているが

この考え方は間違っています。

さらに妊娠時に側弯症があると、妊娠自体より問題が生じる

という考え方も間違いであります。


側弯症があるとは全く気付かず、普通に暮らしている人達が殆どであります。

側弯症で死ぬという事もありません。

但し側弯症も重症になれば神経筋の障害により

(肋骨の締め付けによるものではない)

呼吸器系統や心臓機能に悪影響を及ぼします。

30度以下の側弯症では、健康に問題を生じません。


元々健康であった身体の一部が曲がる

という異常な状態である側弯症には

何かしらの原因があります。


親戚同士で側弯症が発見される場合が多いので

原因は遺伝的なもの。とする説があります。


一方、精神的な影響も見逃す事はできません。


側弯症の専門家が、全員一致するような意見はない

といってよく、諸説粉々の状況であります。

側彎の治療

姿勢や身体のバランスを司る神経系統の障害が

側弯症の引き金になっているというのが最新の研究結果であります。


ある神経の検査だけで、側弯症の有無を

95%の確率で発見できたという調査があります。

バランス整体による療法ですが

バランス整体は元来、病気を直接治療する方法ではなく

勿論、側弯症も例外ではありません。

バランス整体では、重力バランス軸・骨格・脊柱神経の歪みを直す。


こうした歪みが存在すると、神経系統が正常に動かず

身体全体としても、機能低下を起こします。


 重力バランス軸・骨格・脊柱神経に圧迫といった歪みがなければ、

側弯症だけでなく

あらゆる病気や異常に対して抵抗力がより出てくるわけであります。


最新の研究報告にあるように、神経障害が側弯症の原因である

とする結論は

バランス整体が目指す神経系統の狂いをなくして健康を保つ

という理論を補強してくれるものであります。


側弯症へのバランス整体の効果は期待できます。


バランス整体の理論と技術が、臨床学的に

側弯症の抑制なり、軽減、矯正に役立つことが期待されています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

 側弯・不良姿勢(猫背・出っ尻)などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

不良姿勢(猫背・出っ尻)Ι 整体・接骨は口コミNO.1:不良姿勢(猫背・出っ尻)でお悩みのあなた(不良姿勢(猫背・出っ尻)専門で28年25000人の実績)

2013.04.25 | Category: 出っ尻,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,正座  ,猫背,骨盤のゆがみ


姿勢をよくしてもっと元気に!健康に!今こそ「正座」を見直そう。

 あなたは、最近「正座」をしていますか?
 最近は畳の部屋が減り、フローリングの部屋でソファや椅子という生活が
 多くなったため、正座をする機会はぐんと減ってしまいました。

 「正座は足がしびれるから嫌だ」という人も多いのではないでしょうか?


■「正座」が姿勢をよくしてくれる!?

 少し昔の話をしましょう。
 江戸時代の日本は、非常に高い教養と文化を誇っていたと言われています。

 庶民でも絵を飾ったり俳句を詠んだり、またクイズも楽しむなど、
 非常に文化レベルが高かったのです。

 武士も庶民も寺子屋に通い、国民の識字率も世界一でした。

 さらに、女性同士でもお伊勢参りや熊野古道を通って
 熊野三山詣でができるほど、治安もよく、平和な世の中だったのです。

 現代でも、エコロジーや自然に対する意識の観点から
 「江戸時代の暮らしを見直そう」という動きがあちこちで起こっています。

 なぜ、江戸時代の日本人はこれほどまでにすぐれていたのでしょうか?

 それは、「正座」をしていたからではないかという説があります。

 日本で正座が広まったのが、まさに江戸時代。
 正座をすると自然と背筋がピンと伸び、姿勢がよくなります。
 さらに心も落ち着きます。

 自然と体のバランスが整えられて、
 結果、さまざまな能力が発揮されたのではないでしょうか?

 西洋文化の到来とともに、正座の習慣はどんどん少なくなってしまいました。
 そして、日本人の姿勢はどんどん悪くなり、猫背の人が増えてきました。

 日本人の能力を伸ばすには、もしかしたら“姿勢をよくすること”が
 キーポイントなのかもしれません。


■姿勢をよくして病気を防ごう

 とはいえ、姿勢をよくしようと心がけていても、
 気がつくといつのまにか元に戻ってしまう……という人が
 多いのではないでしょうか?

 不良姿勢(猫背・出っ尻)の原因のひとつに、
 現代人特有の“頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)”があります。

 いくら姿勢をよくしようとしても、
 頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸がゆがみ(ずれ)ていれば、
 自然と姿勢が悪くなってしまうのは当然なのです。

 不良姿勢(猫背・出っ尻)は見た目にもよくないだけでなく、健康にもよくありません。
 姿勢が悪いと、体のさまざまな場所に負担をかけることになります。

 姿勢が悪いまままで日常生活や運動を行うことで、
 その姿勢がどんどん身体に定着し、
 背骨などのねじれや傾きが加速するという悪循環になります。

 そして、肩こり、腰痛、頭痛、冷え性、疲れ目、睡眠障害、神経痛、
 関節痛、椎間板ヘルニア、内臓疾患など、
 様々な病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。

 バランス整体で頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸のずれを解消することで、
 不良姿勢(猫背・出っ尻)は徐々に正常な状態に戻っていきます。

 姿勢の悪さを感じている方、猫背の方、
 また体の不調がある方は、ぜひ一度、当院にお越しください。

 体のゆがみが一目でわかる、
 ゆがみチェックも行っています。

 あなたのご来院を心よりお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

 不良姿勢(猫背・出っ尻)などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

坐骨神経痛の原因と治療 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:坐骨神経痛でお悩みのあなた(坐骨神経痛専門で28年9800人の実績)

2013.04.24 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,整体・接骨院,椎間板ヘルニア,腰痛,骨盤のゆがみ

座骨神経痛の原因

座骨神経痛というのは、身体で一番長く大きな神経であります。

座骨神経は、さらに5つの神経に分けられます。


座骨神経は全て腰のところで脊柱を離れてから骨盤に入り

脚を下りていきます。

脚を下りていく間に、幾つもの小さな神経に分かれて

筋肉や、大腿関節、膝、ふくらはぎ

かかと、足、足指へといっています。


座骨神経が炎症を起こしたのが、座骨神経痛であります。


脚が痛いからといって、すぐに座骨神経痛というわけではないが

座骨神経痛になれば、確実に脚が痛くなるといっていいです。


脚痛の原因が座骨神経痛かどうかの判断は

なかなか厄介なのですが

脚痛の原因が座骨神経痛かどうかに関わらず

バランス整体を受けるべきです。


座骨神経痛があると

座骨神経が走っている脚の外側を中心に痛みがあり

さらにかかとや、足、足指にまで痛みがある場合もあります。


火傷のような鋭い痛みの場合もあれば

しびれや、火照る感じ、あるいはヒリヒリする感じ

刺すような痛み、ムズムズする感じ、触ると痛い

といった場合もあります。


こうして痛みはあるものの、足自体は無感覚

という、おかしな現象のこともあります。


さらに厄介な事には、座骨神経痛での痛みが

どこに発生するかの場所が確定的でないのです。


通常は大腿の裏側なり、ふともも自体でありますが

脚の表や側面が痛いという場合もあります。


しかし、脚ではなく、時には腰にくる時もあり

運が悪い場合には両足に痛みがきます。


また、痛み方も変化していき、脈打つような痛みが継続し

その後には、何時間なり何日にもわたり

痛みがなくなってしまう事もあります。

痛みの酷さも変化をし、うずくような痛みかと思えば

ナイフで刺されたような痛みの事もあります。


横になったり、姿勢を変える事により

痛みが変化することもありますし

全く影響がない場合もあります。


というわけで、座骨神経痛は歯痛や耳痛に似ています。


どこでも、いつでも痛みが付きまとい

重症の場合には反射作用が失われたり

ふくらはぎが痩せ衰える事もあります。


座骨神経痛にかかると、夜の安眠が出来ず

歩いたり、身体を曲げたり、座ったり、立ったり

といった単純な動作が困難か不可能になってしまいます。


座骨神経痛の原因ですが、他の障害と同じように

座骨神経痛の原因はたくさんあります。


ただし、他の障害とは異なり、座骨神経痛の原因が

脊柱にあることは、まず間違いありません。


脊柱が正しく配列しておらず、椎間板が飛び出していると

座骨神経を刺激して

座骨神経痛にある可能性が高いです。


ただし、脊柱に関係しない原因の場合もあります。


糖尿病が悪化した場合、神経炎なり座骨神経炎を起こしやすく

さらに脊柱の関節炎も座骨神経を刺激します。

便秘や腫瘍、ビタミン不足も座骨神経痛の原因となりえます。


また、酷い事故が座骨神経痛に関係する場合もあります。


事故や怪我、あるいは出産といったような事でも

脊柱の配列が狂い

座骨神経痛になった例も報告されています。

 

座骨神経痛の治療とバランス整体

座骨神経痛に対する通常の治療としましては

痛み止めなり、筋肉リラックス剤、あるいは牽引などの

物理療法で症状を取り除こうというのが関の山であります。


かなり強い痛み止め薬を使っても痛みが治まらず

座骨神経痛という病気は医者にとって厄介な病気です。


ただし、神経根に直接注射をすると痛みは治まります。

しかし、薬依存症という問題に繋がる場合が多いです。


痛みが止まらない場合には、整形外科では

手術という事になります。

バランス整体による治療では

脊柱を矯正して脊椎の配列を正しくし

脊柱や神経、関節、椎間板にかかる圧迫を取り除くのが

バランス整体であります。


大抵の人が歯の検査を受け、さらに血圧や目も検査していながら

脊柱に関しては無視している場合が多いです。


脊柱の配列がゆがみ(ズレる)と、脊柱本来が守るべき神経を

逆に圧迫する結果になる。

脊柱の検査も必ず受けるべきであります。


神経が締め付けられると

繊細な機能を持つ神経機能に障害が生じ

ひいては身体を弱くし病気の前段階、痛みや

機能不全といった結果に陥ることになります。


車のタイヤのアライメントと呼ばれる配列具合を

診てもらう必要があるわけで

人間も同じように脊柱の配列状態を診てもらい

必要な矯正をするものです。


バランス整体というのは

座骨神経痛の治療法ということでは決してなく

あくまでも脊柱神経に生じた狂いを矯正をするものである。


然るに座骨神経痛の人は、必ず

バランス整体の治療を受けるべきであり

座骨神経痛がある場合には

確実に健康な脊柱が必要であります。


脚に走る脊柱神経が障害を受けると

神経性跛行という「びっこ」の病気になることがある。


こうなると長く歩けず、しょっちゅう休みながらでないと

歩けないことになります。


ふくらはぎにこむら返りが生じたり

痛み、無感覚、疲れが出てきます。この様な症状や足は

大腿、腰、尻に出てくることもあります。


跛行の原因としましては、血液関係なり神経系統があります。


こうした場合手術が一つの解決方法となりますが

先ず、バランス整体を受けるべきです。


バランス整体の脊柱矯正により

座骨神経痛なり、脚痛が改善する事が報告されています。


他にも座骨神経痛と脚痛の治療に

バランス整体を大いに勧めている研究報告もあります。


腰痛と座骨神経痛の患者に対して

各種治療方法(脊柱矯正、牽引、注射2種類)を用いた比較実験がなされ

結果として脊柱を矯正してもらったグループが

一番の回復をみせております。

この研究で興味深いのが

牽引治療を受けた多くが、後で手術を受ける羽目に陥ってる事であります。


座骨神経痛に関する各種研究の結論から言って

先ず、バランス整体を受けるのが一番効果があるようです。


ところが現実には、現代医療機関に行く場合が多いです。


椎間板の障害で、腰痛と座骨神経痛を持ち

通常の医療機関(整形、薬)で回復をみなかった人を対象に

バランス整体を施すという試みが行われました。


バランス整体の2年後の結果として

50.4%の人たちは痛みなど再発が全く見られず

34.4%の人たちは再発があったものの

再度バランス整体を受けて症状が改善しました。


残りの15.2%の人達だけが、これといった回復をしなかった。

 

座骨神経痛や脚痛に対して、バランス整体はなかなかの効き目があります。


バランス整体は独自の治療方法によって救われた人の数は

何百万人を超えている事でしょうか。


病人がいると

「どうすれば、この病気をやっつけられるか」

という態度は対処療法的な治療でしかありません。


一方、バランス整体の実践方法は

「身体をもっと丈夫にして、自分自身の治癒力で治る様にしよう」

という態度なのです。


いつか身体に障害が表面化してくるのを待つといった

消極的な生活処方ではなく

バランス整体というのは

積極的に現在の身体を、よりよく機能させることにより

将来病気が急に起こり得る事がないのであります。


あたなたの将来の為にも、是非

バランス整体を受ける事をお勧め致します。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。


坐骨神経痛 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:坐骨神経痛でお悩みのあなた(坐骨神経痛専門で28年9800人の実績)

2013.04.24 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,座骨神経痛,整体・接骨院,椎間板ヘルニア,腰痛,骨盤のゆがみ

坐骨神経痛でお困りの方

坐骨神経痛で悩まれている方は多いと思いますが

座骨神経痛と言うのは、簡単に言えば

腰から、足先に対する痛み、ないしは、痺れが生じる事です。

 

しばらく治療を受けて楽になるが

季節の変わり目などに症状を繰り返す方も多くみかけます。


「長期間マッサージをしているけどよくならない…」

「痛み止めを飲んでるけど、あんまり効果がなくなってきた…」


良くならない、症状を繰り返す

それは座骨神経痛の原因を取り除かず

痛みという症状を緩和するだけの対処療法で通わされているからです。


坐骨神経痛は一時的によくなっても、再発しやすい症状ですので

やはり根本から改善していかないと、痛み・しびれの解消につながりません。


症状として、いくつか例を挙げますと

・腰の痛み、臀部の痛み、

・臀部、太腿裏、脚の痛み、しびれ

・痛くて座ってられない

・前に屈めない、身体を後ろへ反らす事が出来ない

・身体を動かすと、痛みや痺れが悪化していく

・痛みの為、歩行が困難になる。

・足に力が入らなくなる。

・足を触ると、感覚が鈍くなっている。


この様な症状が現れ

多くの場合、右か左か、どちらかの臀部(おしりの部分)

か、下肢、大腿部、下腿部、あるいは足先に症状が出ます。

両方に症状が出る場合は、非常に重症である可能性があります。


座骨神経痛の原因は何かご存じでしょうか!?


原因を調べるには、レントゲン、CT

あるいはMRIで検査しなくてはなりませんが

原因の一つとして、椎間板ヘルニア

または、おしりに梨状筋症候群と言いまして

名前の通り、梨の様な状態になっている筋肉

(それを総称して、梨状筋症候群と言います)

また、脊柱管狭窄症、あるいは腰椎の分離滑り症

または腫瘍、または、変形性の脊椎症などによる場合があります。


そして妊産婦の後期に出現する場合もありますし

あるいは臨床上、泌尿器系に問題を持つ場合

例えば左側の泌尿器系に問題を持つ場合は左の痺れ

右側の泌尿器に問題を持つ場合は、右側の痺れ

あるいは、腎臓が悪くても、下腹部に

スパズム(痛み)が生じる場合があります。


バランス整体では、坐骨神経痛の原因を見つけ取り除くことで

つらい症状から解放され、原因を取り除くを目的に

バランス整体を受けることで

再発を予防することにもつながります。


しびれや痛さは、なかなか他人にわかってもらえません。

坐骨神経痛とは自分で気がつかないで

長年放置してしまうと悪化させてしまいます。


他の病院や、整形外科さんに行っても

治らない場合は、是非、当院にご来院下さい。

適切な処置を致します。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

腰痛 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:腰痛でお悩みのあなた(腰痛専門で28年22000人の実績)

2013.04.21 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,腰痛

腰痛

腰痛の注意点

腰痛を訴える人はあまりにも多いので

腰痛に関して説明したいと思います。


人口の85%は、動けなくなるほどの腰痛を

一生のうち一回は経験する。という統計が出ています。


逆に言えば、殆どの人が

いつかひどい腰痛になると言っても過言ではありません。


しかも、ある調査によりますと

常時アメリカ人の6.8%が二週間以上にわたる腰痛を

経験しているのです。

これは、腰痛といってバカに出来ない数字であります。


ちなみにアメリカでは腰痛障害にかかっている経費は

毎年5000億ドルと見積もられています。


痛みの程度によって、各種の現代医療法があります。


通常は筋肉リラックス剤や痛み止め

さらに休むことを勧めて腰痛が自然と治る事を期待しています。


また物理療法として、牽引やジアテルミー

(高周波電流、超音波、マイクロ波によって、局所組織の温度を上昇させる方法)

超音波、ホットパック、コールドパック

などといった方法も併用される場合もあります。


症状が治らず、あるいは悪化していく場合には

X線だけでなく、最近はミエログラム(脊髄のX線造影法)や

MRI、キャットスキャンでの検査をすることがあります。


そして、残された手段として手術があります。

この手術は椎弓切除手術と呼ばれ

隣同士の脊椎は一緒に合体させられます。


この手術が必要な場合もありますが

椎間板が傷んでいるかどうかを見るための

ミエログラムの信頼性が低いことを忘れてはなりません。


ミエログラムの正確さは40%以上と報告されています。


という事は、椎間板に問題がないにも関わらず

障害あり。と診断されてしまう可能性が非常に高く

あるいは、実際には障害がありながら、問題なし。

と診断される可能性も高いのです。


また、手術自体にも大いに問題があります。

ある研究論文によると

腰痛治療として実施された脊椎手術の半分以上は

手術が不要であったとしています。

さらに、脊椎手術を受けても1~2年以内に

症状が再発することがよくあり

再手術をしてもらうことになりやすいのです。


ただし、手術をしても症状が全く変化しない事もありますし

手術の効果が長く続く事もありますので

一概にどうとは言い切れない部分もあります。


腰痛の治療とバランス整体
 

腰痛を持った何百万人という人達にとって

バランス整体が救いの神であることは確信います。

痛みの軽減や、動けるようになり、しかも治療には

通常の医療につきものの、薬や手術を利用しません。


ただし、バランス整体は

腰痛に対する療法では無い事をお伝えしておきます。


バランス整体では、重力バランス軸・脊椎のゆがみ、ずれ(脊椎亜脱臼)を取り除いて

神経への圧迫を取ることにより

脊柱を正常な状態にするのであります。


こうした処置により、大抵の腰や首の痛みがなくなることが多いです。


という事により、腰痛がある人は

まず、バランス整体で脊柱神経にストレスがないかどうか

を診てもらい、矯正をしてもらう事です。


バランス整体を受ける事が

健康と、運動不能、あるいは快適な生活と痛みのある生活の

分かれ道の鍵となる場合があるのです。


ある研究会を通じて研究を重ね

社会の産業にもたらす損失の最大の問題が腰痛というわけで

急性と慢性の腰痛でバランス整体を受けた患者と

病院に来た外来患者を比較したのであります。


バランス整体を受けたうちの21%の患者が

腰痛で仕事を休んだのに対し

病院に行った患者は35%が勤務を休んだのです。

更に、腰痛のあった後の1~2年間

バランス整体を受けた患者は仕事を休んだ日数が少ないのです。


また、バランス整体を受けた患者

病院の患者、比較対照の患者

といった3つのグループを比較した場合

バランス整体が痛み軽減で断然一番の効果を発揮したのです。


特に、慢性でひどい痛みの患者での効果がよく出たのです。

更に、2年間の追跡調査でも、この改善が持続しているのです。

こうした研究結果から、腰痛に関しては

通常の現代医療を受けるよりも

バランス整体を受けた方が治りもいいですし

費用も少なくて済む。

という結果になっております。


即ち、腰に怪我をしたり、腰痛が生じた場合には

治りが思わしくなく、治療費も高く

治療方法自体、すでに問題があるような通常の医療を受けるのではなく

バランス整体を受けた方が賢明と言えるでしょう。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

肩が痛い,腕が痛い、手が痛い Ι 整体・接骨は口コミNO.1:肩が痛い,腕が痛い、手が痛いでお悩みのあなた(肩が痛い,腕が痛い、手が痛い専門で28年15000人の実績)

2013.04.20 | Category: ■肩、腕、手の障害,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,肩こり・首こり,腕が痛い、手が痛い ,首の障害

肩、腕、手の障害

首や、肩、腕の痛みの表現方法には千差万別あります。

神経炎にはじまり、滑液包炎、神経痛、リューマチ

氷ついた肩、結合(繊維)組織炎症、

捻挫、筋肉痛、血の巡りが悪い

など、たくさんあります。


肩なりの関節に問題があると年齢のせいにする人が多いですが

もう一歩の肩が痛くないわけで

老齢化というのは、良い説明ではありません。


人間の肩や、腕、手がどのような仕組みになっているのか

を解説していきます。


脳はいかにして、体全体と通信をしながら

各組織を管理しているのか

肩をどのように動かしているのか

さらに脳から離れている心臓(鼓動)や

腺、内臓をどのように管理しているのでしょうか。


脳は、体の各部分と神経という回線を利用して

通信をはかっています。


神経は脊髄と呼ばれる太い神経の束として

脳から出発し、脊柱の中を下りてきます。


脊髄として神経が走っているのは

脊椎に挟まった椎間板の後方の中央に開いた孔(椎間孔)の中であります。


神経によっては、組織に向かって真っ直ぐ伸びている場合もありますが

最初は他の神経と混じって複雑な回線を作っています。

これを解剖学では神経叢と呼んでおります。


こうした叢と呼ばれる網状組織は身体の中に何か所もあり

首の両側には頸叢、肩には上腕叢、胃の近くには太陽叢

腰には腰叢と体中にたくさん存在しているのです。


上腕叢というのは首の中央あたりと下部

さらに、背中上部から出てきた神経の集合であり

ここで網目状態となった後は肩をはじめ

腕、肘、手首、手、手指に走っています。


上腕叢の障害の一番の原因は

椎間孔から出てくる箇所での狂いです。

椎間孔を通る神経は

回りを、骨と髄膜(丈夫な膜)に囲まれており

万が一、この孔が小さいと神経は

圧迫を受けてしまう事になります。


長時間立っていたために脊柱にストレスを生じた場合から

子供の時に転んだといった昔の事故、あるいはスポーツなどでの

最近の事故、交通事故(特に、頭と首が前後に衝撃を受けたむち打ち症)

関節炎、身体をよじったり、引っ張られたり

揺さぶられたため、あるいは変な姿勢で寝たためと

日常生活で起こる色々な事が狂いの原因となる可能性がありますので

さまざまな原因が考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

肩、腕、手の問題の治療

肩、腕、手の治療とバランス整体について

神経というのは複雑に絡み合っており頭痛をはじめ

偏頭痛、顔面痛、めまい、頭や首が痛かったり動かしにくい

喉、甲状腺、鼻の問題、果てはテンカンまでも

上腕叢の障害が原因になりえると報告されています。

また、腰椎も頸椎の問題が原因とされています。


上腕叢の神経に障害がある場合の通常の療法としては

薬(痛み止めや鎮痛剤)と筋肉リラックス剤の併用であります。

ホットパックやコールドパック、超音波、ジアテルミー

ジェット水流風呂、牽引といった

物理療法もあります。


重症の場合には痛みのある神経に直接注射をする場合もあります。

さらに、手術に訴える事もあります。


脊柱神経や、上腕叢の症状に対して

脊椎矯正の有効性は証明されているが

バランス整体自体は、こうした症状への対処療法ではありません。


不健康に対するバランス整体の態度は

通常の現代医学とはかなり異なります。

患者の症状を取り除こう。というのではなく

患者自体の健康を先ず考えるのがバランス整体だからです。


脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)と命名された脊柱神経への圧迫という

異常状態を解きほぐすのが脊椎矯正であります。


ゆがみ(ずれ・亜脱臼)が脊髄にあると、脊髄自体と脊髄の動きに異常が発生し

神経を歪ませるのです。


脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)は健康に直接悪影響を与えるだけでなく

正常な治癒力も発揮できなくなってしまいます。


脊柱を診て、ゆがみを見つけ出し

矯正することにより

脳と身体各部を繋ぐ神経の流れを良くします。


ゆがみがなければ、身体各部がスムーズに

バランスの取れた状態で機能を果たせ

身体がうまく全体統一されていきます。


英語でいうところの健康。

即ちhealthの語源は、ギリシャ語のhealosdで

意味は全体とか統一という事であります。


全体がうまく統一された体は、より丈夫で、より効率よく

障害を治すことが出来ます。

バランス整体はこうした人間が本来持つべき

自然治癒力を引き出すものであります。


治療にあたっては

まず薬や手術にたよらない方法を探り出す方がいいです。


実際には、医師のところに行って、さんざん薬をもらい

うんざりした後に、バランス整体の門をたたく。

という例が多いです。


薬というのは確かに一時的に症状を消してくれるものの

ある程度たつと症状の再発という事になります。


勿論、緊急の場合には薬や手術という手段が必要な時もありますが

とにかく、薬や手術と言った極端な療法は慎重にすべきです。


予防策としましては、痛みがないとしても

脊柱を検査してもらい、脊椎がゆがみ(ズレ・亜脱臼)ていないかを

診てもらうのが賢明です。


家族全員で脊柱を診てもらい、矯正すれば

後日起こるであろう、ひどい障害を予防できます。


古代中国医学の格言にも、こんな言葉があります。


問題が小さいうちに注意をすれば

大きな病気には発展しない。と


問題を小さくするためにも、痛みが出る前に

検診をお勧め致します。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

肩が痛い,腕が痛い、手が痛い症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

足首が痛い Ι 整体・接骨は口コミNO.1:足首が痛い,足関節捻挫でお悩みのあなた(足首が痛い,足関節捻挫専門で28年11000人の実績)

2013.04.19 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,捻挫,整体・接骨院,猫背,股関節のゆがみ,足関節捻挫,足首が痛い,骨盤のゆがみ,骨盤矯正

足首が痛い!

膝や足首の障害は、加齢変性による痛みや動かしづらに加え

オーバーユースと言われる関節や筋肉の使い過ぎ

が原因になることが多い部位です。


膝や足首関節周囲は自由な運動ができ、可動性がある一方で

横方向からの衝撃や強いひねり動作に耐えられず

疲労や負担、微細な組織の損傷が蓄積しやすい部分でもあります。


足首の関節は体が地面に着く時に一番初めに運動を起こす組織で

この部分がゆがみ動きに制限があると

膝から上に問題をおこす可能性がとても大きくなります。


痛みの原因が関節の問題である場合は

骨と骨の隙間を正常に戻すことにより動きをスムーズにし

改善をはかります。


また年を重ねると骨同士がぶつかることで変形もみられる場合があるので

接触しないような矯正も必要です。


足の内くるぶしのところに

足根管というトンネル状の構造があります。

ここには神経、血管、腱が通っており

この足根管が圧迫されると

足底や爪先に痺れや痛み、違和感などを引き起こすことがあります。


捻挫などの外傷を繰り返したり

不良姿勢(猫背)や重心のアンバランスによって

足首に過剰な体重負荷がかかっている状態が続くと

足根管に障害がおこる原因になるのです。

 

また、股関節のゆがみも伴っていますから

膝→足首→足底へとゆがみが蓄積していくうちに

足の痛みが発生するのです。


つまり、足の痛みの原因の多くは歪みが原因です。


この様に、歪み問題があると、足の痛みの原因になります。

と言うのも、かたよった歩き方姿勢をつづけていると

足に負担がかかってしまう為です。


当院のバランス整体治療では

骨格の矯正をして、バランスを整えていきますので

痛みがしだいに軽減していきます。


具体的には、足の骨では距骨の外方変位。

踵骨の後方変位や中足骨を矯正します。


足の骨を矯正すると足のバランスが良くなります。


またこの部分の神経は腰から来ていますので、

骨盤や腰の骨も矯正し

足の筋肉の機能回復と血行の改善をします。


痛みがなく違和感だけなら通常、

2~3回程度の施術でかなり良くなりますが

痛みがある場合は、もう少し長くかかります。


歩くのが辛い。という方は

是非、足首の矯正を行って下さい。

足首が痛い,足関節捻挫 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:足首が痛い,足関節捻挫でお悩みのあなた(足首が痛い,足関節捻挫専門で28年11000人の実績)

2013.04.18 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,捻挫,整体・接骨院,足関節捻挫,足首が痛い


足関節捻挫について


捻挫とは、関節に可動範囲以上の外力が加えられた時に

関節周囲に起こる筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で

患部に痛みや腫れ、炎症を伴う症状の事です。


捻挫はあらゆる関節(手首・膝・腰など)で起こりますが

足首で起こることがもっとも多く

足首の怪我(捻挫、骨折など)は

一生の怪我のうちでも最も頻度が高いものに入ります。


症状と致しましては

足首が痛い。

足の裏が痛い。

足の指先が痺れる

捻ると痛い

などがみられます。


足関節捻挫は正式には足関節靭帯損傷といいます。

特に傷めやすいのが、足首の外側にある靭帯(前距腓靭帯)です。

足をくじいたり、捻ったりして損傷する怪我の殆どがこの靭帯に起こります。

 

治療として基本的には

冷やして(当院では最初からあたためますが)腫脹をひかせること

足首が動かないように固定(軽い場合は包帯、中程度以上の場合はギブス)すること

を行います。

しかし、超音波撮影にて

足関節に不安定性が明らかに認められたときには

先ほど述べた前距腓靭帯の完全断裂が疑われ

活動性の低い高齢者以外の人には、早期の良好な回復と再発予防が第一選択になります。

通常、軽度、中程度捻挫は

包帯やギブスによる3-4週間の固定で安定し

その後、簡単なリハビリをして回復します。


このような経過を行い、治療をしていくのですが

治療後に再発する患者さんが多いのが足関節捻挫の特徴です。

完全に痛みが引ても、何故か暫くすると再び同じ場所を損傷してくるのです。

特に活動性の高いスポーツ選手に多いのです。


では、何故、この足首の捻挫は再発しやすいのでしょうか。


それは、足首を捻ったときに生じた微妙な骨(足根骨)のずれが

そのまま残っているからと考えられます。

多くの方は捻挫をした後、痛みが無くなれば治ったと思います。

しかし、その考えが捻挫を癖にしてしまうのです。


捻挫をした場合、必ずと言っていいほど関節のバランス(重力バランス軸)が崩れます。

そのバランス(重力バランス軸)の崩れを放置することが捻挫のクセを生んでしまいます。

更に言いますと、捻挫する前から足首の関節そののもや

背骨、骨盤、重力バランス軸を中心に身体のバランスも崩れている事が原因で

捻挫を起こしやすい身体の環境をつくってしまっているのです。


もし捻挫をしてしまった場合は、身体の治癒力を高めるために

それが癖にならない為にも

バランスの崩れた背骨、骨盤、重力バランス軸や関節の矯正を行うことが絶対に必要です。

捻挫をした場合、足首の関節で、骨のズレが起きている事があり

それをそのままにしておくと、ずっと違和感として残る事があるからです。

また、脚の外側の筋肉が無理に引き伸ばされた格好になり

緊張した状態が続いていることもあります。


また、仕事やスポーツによる繰り返しストレスや、正しくない姿勢

動作によって、症状を感じることなく

いつの間にか、この骨のずれが生じてしまっている場合も良く見られます。


このような状態では、正常な状態に比べ

高い頻度で怪我をしやすい状態にあるといえます。

 

足首の神経と背骨という視点から解釈致しますと

バランス整体では

足首の神経を支配する背骨の領域を整えた後、この骨のずれ

即ち、踵骨と距骨を手によって矯正して治していきます。


皆様に分かってほしいことは、足や足首に問題があると

その上部にある膝、股、腰、または首に影響し

それらの痛みや不調の原因になってくるわけです。


しかし、現代西洋医学では、足首に損傷が起こった場合

靭帯の治療、腫れ、痛みをとる治療はしますが

肝心で根本的な問題に目を向けていないわけです。

不運なことに、この微妙な骨のずれはレントゲン写真では同定不可能です。

これは、怪我した足首を入念に観察し

その上で繊細に触診することで判断することが出来ます。


足首に問題を感じる方でどこに行っても
ダメな方は

    是非、当院においでくださいませ。    

股関節痛Ι整体・接骨は口コミNO.1:股関節痛でお悩みのあなた(股関節痛専門で28年9000人の実績)

2013.04.17 | Category: ぎっくり腰,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,猫背,股関節の痛み,腰痛


股関節の痛みで悩まれている方へ

福山市田澤接骨院に訪れる人の多くは

腰痛、肩こり、頭痛、しびれなどが原因で来院されますが

その他に多いのが股関節の痛みです。

 
歩いたり、走ったりすると股関節が痛い。

またはずっとデスクワークをしていると

股関節周辺や腰やお尻に違和感を感じ始める。

などの症状がみられます。


病院などでの治療は一時的なもので

痛み止めの投薬、牽引、神経ブロック・注射

手術、足底板(中敷き)・靴底を調整した補高靴のような治療が行われまりすが

どれも対症療法であり、根本治療ではありません。

 

股関節は、上半身の体重を支えている骨盤を

2本の大腿骨で支えている関節で、筋肉と靭帯でつながっています。


そのため、歩き方や座り方など、普段の生活で悪い姿勢・くせ

などによって、負担が増えてきます。


股関節は他の部分とも繋がっているので

股関節の痛みが腰痛になったり

猫背など背骨が曲がった姿勢を続けていると

骨盤や股関節に痛みとして症状が現れます。


歩くときや座る姿勢によって股関節に違和感を感じ

それが徐々に痛みに変わっていくのです。

 

股関節の歪みは機能障害は歩行の問題、直立姿勢における猫背

更には、腰椎は骨盤の歪みに影響し

それが腰痛、肩こりなどを引き起こす原因にもなりますし
 
座っている時も股関節は

圧迫やストレスをうけてしまいます。


不自然な姿勢、もしくは長時間座っていることで

股関節を支える筋肉は常に緊張を強いられ

骨盤と股関節の付け根で圧迫感を感じたり

太ももの裏の張り、足のむくみ、そしてしびれの原因にもなります。


ぎっくり腰の時に痛める腸腰筋や殿筋なども股関節周囲に付着します。

 
慢性腰痛で苦しんでいる方は身体も固く

特に股関節の動きは悪くなっています。


股関節の正常な動きは歪みを取り除く事で

デスクワーク時での腰痛や

スポーツによる怪我などを予防することができます。


普段の姿勢が悪かったり、その他の原因によって

骨盤が歪んだりずれてしまうと起こる痛みですが

放っておくと大変なことなります。


今までにもかなりつらい股関節の痛みが

すっかり良くなったと言う方が

当院にはたくさんいらっしゃいます。


また女性の方が男性に比べて、股関節に問題を抱えることが多いようです。


股関節の痛みは、やがて歩行を困難にしてしまいますので

悪化しないうちに早い段階での治療をお勧めいたします。

 ==========================

同じ整体でも、レベルの違う整体をお届けします。

お気軽にお越し下さいませ。

あなたの『痛み・辛さ』を短期間で改善させて頂きます!!

股関節の症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

膝痛・膝の痛み・ひざの痛み・ひざに水がたまる  Ι整体・接骨は口コミNO.1:膝痛でお悩みのあなた(膝痛専門で28年12000人の実績)

2013.04.15 | Category: 整体・接骨院,膝痛

膝痛・膝の痛み・ひざの痛み・ひざに水がたまる

膝痛で悩まれている中高年の多くの方は

膝関節内部の変形によって痛みが生じる

膝軟骨や半月板のかみ合わせの変形であると言われています。


この病気は、膝関節内部の軟骨が摩耗し、摩耗した物質が関節に刺激をし

炎症を起こすあるいは、軟骨の減少で関節のかみ合わせが狂い

その影響で摩擦が生じる等が要因となって発症すると考えられています。


膝を痛くしている場合は

膝関節の中での上下の骨である大腿骨と脛骨の間隔が狭まり

スムースな膝関節の動きを制限されている状態ですが

これは骨格全体のゆがみの集積された結果として

膝にも負担が掛かっているのです。


膝を悪くしてしまっている方は

膝関節内部の状態だけがすべての痛みの原因ではなく

臀部、大腿部、下腿の筋の緊張もかなり関係しています。

膝痛の要因として、脊椎、骨盤のサブラクセーション(神経圧迫)があり

年月が経つほど益々偏りが増しているのです。


関節のゆがみ(ずれ・亜脱臼)、骨格に歪みがある場合は

その部位を調整することで筋の緊張は解かれ、膝関節にかかる負担が少なくなり

筋の緊張によって過敏に反応していた神経が落ち着き痛みは和らぎます。


左足首捻挫などで怪我をして足を痛めた場合でも

左足をかばって歩くために体のゆがみが生じ

右ひざに負担がかかっていますから同じことになります。

患部である膝を何とかしようとして対症療法を続けていても

真の膝痛解決の結果には至りません。


怪我や傷を治したりする働きが充分に発揮され

全身のゆがみが正されることで、膝の痛みも自然に癒されて行きますから

自らの力で治癒に導く自然療法が有効です。

痛みの状態は、神経の障害、いわゆる神経の痛みが絡んでいるケースが多く

バランス整体の施術で痛みの大半は消失します。


膝関節症は膝に水(関節液)が溜まることもあり

膝そのものに全ての原因があると思われているが、いちがいにそうとは言えません。

人間の身体は部位を問わず、使わないと退化しますが

負荷をかけて刺激的に使えば

深部の毛細血管にも栄養を送り届けることができます。

それによる循環作用で、免疫力も惹起され、身体が活性し

病んだ場所を元に戻そうとする自己治癒力が働きます。


膝痛(
膝の痛み・ひざの痛み)の発症要因は前述しましたが、痛みを助長しているのは

膝をとりまく神経の刺激が大きく関与しているのは否めません。


膝痛における一般的な軽減法として減量があります。

膝痛を少しでも軽減させるために体重を落とすことをお勧め致します。

整体における膝痛改善法は

脊椎のヒズミの矯正、マッサージ、電気施術等ですが

重症者は膝関節の完全可動域を取り戻すには多少時間がかかると思います。

しかし当院では、正座ができるまで回復することが多いです。


膝関節を、動かすことによって可動域が確保され

痛みが原因で拘縮が起こりますが、施術によって正常になります。


歪みを解決する事で、痛みから解放され、根本から解決へ向かうためにも

早めの矯正をお勧め致します。

症状が元通りに改善しないというような方は

一度バランス整体治療を受けることをお勧めします。

膝の症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達