福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 骨格矯正の記事一覧

腰痛や肩こり、ひざ痛や関節痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など痛みやコリの「本当の原因」と改善法

2017.04.01 | Category: ひざ痛(膝痛),カリウムイオン,セロトニン,ヒスタミン,ブラジキニン,マッサージ,乳酸,免疫力,基礎体温,椎間板ヘルニア,筋肉が硬くなる,筋肉の石灰化,肩こり・首こり,脊柱管狭窄症,腰椎すべり症,腰椎分離症,腰痛,血管の圧迫,鍼灸,関節痛,頭蓋矯正,骨格矯正

痛みやコリの「本当の原因」と改善法と整体

硬くなった筋肉に無理やりマッサージ、
ストレッチ、整体などを行い、

さらには生活のために
無理やり仕事を続けてしまと、

体内では筋線維がブチブチと
断裂を繰り返します。

切れた筋線維はすぐには再生しないので、
その場しのぎでカルシウムが
筋線維を繋ぐ役目を果たします。

カルシウムと聞いて、何を思い浮かべますか?

当然「骨」だと思いますが、
カルシウムが筋肉に溜まればそこは硬化していきます。
これが筋肉の石灰化という現状です。

こうなった筋肉は硬化と断裂を繰り返すしかないので、
 従来の医学の常識では完治することはできないと
考えられてきました。

「痛み」を治せる治療法は
 そもそも存在していなかった。

これまでの医学界では
「痛み(腰痛)の治し方」について、
 科学的に解説されたことが一度もなく、

そもそも治す術が存在しないという
 ショッキングな事実を知ったのです。

ここまでの境地に陥って、
 初めて気付いたことが2つあります。

①痛みの原因を誰も知らないのに、治療が行われていること。
②既存の治療法では、痛みが完治することはないこと。

神経のない場所で痛みは生じない

人体が痛みを感じる場所は
「痛みを感じる神経」がある部分に限ります。

つまり、神経のない場所では
痛みを感じ取ることができません。

痛みを感じる神経のない場所とは、
 骨、椎間板、軟骨、毛髪、爪などです。

整形外科でよく聞く症状としておなじみの、
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、
 分離症、椎間板が飛び出す、脊柱管が狭くなる、
 腰椎がずれる・折れる、骨盤がゆがむ、軟骨がすり減る…など

これらは痛みやコリとは無関係であることが
科学的に証明されています。

(この事実はデータに基づく医学資料の
至る所に記載されています)

「いや、そんなことはない。自分が骨折したときは痛かった」

と言う方もいるかと思いますが、

それは骨の損傷による痛みではありません。

骨折した部位の周辺の筋肉が
断裂するなどして生じている痛み
です。

では、痛みを感じる神経はどこにあるのかというと…

痛みやコリの「本当の原因」

痛みの原因はとてもシンプルです。

自律神経の乱れは原因ではありません。

ストレスは原因ではありません。

 脳が痛みを記憶しているわけでもありません。

 添加物や電磁波の影響でもありません。

それらはあくまで小さな“要因”でしかないのです。

ただ単純に「筋肉が緊張している」から痛みが起こるのであって
無緊張状態に近づけてあげるだけで
痛みやコリは改善します

外傷・ウイルスを除くすべての慢性/急性痛を改善できる
言っても過言ではないでしょう。

痛みを感じる神経がある場所は、『筋肉』です。

腰痛や肩こり、ひざ痛(膝痛),関節痛などをはじめとした

すべての痛み・コリは筋肉が硬くなることによる
血管の圧迫が原因
なのです。

血管が圧迫されると血行不良が生じるので、
 血液を流そうとして「ブラジキニン」と呼ばれる
血管を膨らませる物質を大量に生成します。

※覚えていただく必要はありませんが、
  さらに細かく言えば、乳酸、たんぱく分解酵素、
  セロトニン、ヒスタミン、カリウムイオン、
  アセチルコリンなどが神経終末で
痛みとして感じる物質です。

ブラジキニンが最も有力な発痛物質だと考え、
 今後は「ブラジキニン」で統一します。

この「ブラジキニン」と呼ばれる物質が
知覚神経を興奮させることで、
 痛みやコリが発生するのです。

つまり、腰痛や肩こり、ひざ痛(膝痛),関節痛など…
あらゆる痛みの正体は、筋肉の緊張によって発生する
「ブラジキニン」だと言うことができます。

ですので、単純に言うと
筋肉をやわらかくすることができれば
痛みは消えるということが分かりました。

しかし、筋肉をやわらかくすることはそう簡単ではないのです。

なぜ、病院、整体やカイロ、鍼灸では
完治させることができないのか?

その理由は、

揉んだり、骨格を矯正したり、
 自律神経を整えたりする程度では、

筋肉を緊張させている
『緊張物質』を排出しきることが
 できないからです。

一定のレベルまでは
筋肉がやわらかくなるのですが、

筋肉内の緊張物質が排出しきれず
中に残っているため、
 何度やっても痛みを完治させられないのです。

…では一体どうすれば、
 緊張物質を全部排出することができるのか?

実験に次ぐ実験の結果、
あることが判明したのです。

「筋原線維」をバラバラに動かせば
緊張物質を排出できることを発見

「筋原線維」というものをご存知ですか?

筋肉は筋線維の束によって構成されています。

その筋繊維はさらに細かい
「筋原線維」の束によって構成されています。

この「筋原線維」の周囲にカルシウムや老廃物などの
 緊張物質が溜まることによって筋肉が硬くなるため、
 腰痛や肩こりひざ痛(膝痛),関節痛などの痛み・コリが生じるのです。

そこで、この筋原線維に対して
 あらゆるアプローチを試みた結果…

「筋原線維」の1本1本をバラバラに動かすことで、
 緊張物質が血液に流されて排出される。

という事実が分かったのです。

その結果完成した緊張物質を
 すべて排出できるアプローチ法です。

指1本を筋肉にあてて
 やさしく縮めて伸ばすだけ

簡単に言うと、たったこれだけです。

指1本を筋肉にあてて、
やさしく縮めて伸ばすだけで、

全身どこの筋肉でも完全にやわらかくする
 ことができるようになったのです。

しかも、身体の最深部の筋肉を含め、
すべて無緊張に限りなく近い状態にまで
弛緩しきることができます。

ここでいう「無緊張状態」とは、
 筋肉内の緊張物質をすべて
排出しきった状態のことを指します。

筋肉を無緊張状態にできると、
 痛みが生じる原因そのものがなくなるので
完全に痛みは消えます。

 科学的に証明されている事実です。

何より大きなメリットは、
この手技によって身体の最深部の
筋肉まで無緊張状態にすると、

症状が二度と再発しなくなるということです。

その理由を説明すると…

無緊張状態になった筋肉は
 その構造上、二度と硬くなれない

無緊張状態になった筋肉は、
ただ動かしているだけで
自然と緊張物質を排出できます。

筋肉には本来、
 自力で緊張物質を排出する力があるのです。

しかし、一定以上硬くなってしまうと、
その機能を失ってしまうのです。

つまり、慢性腰痛や肩こりに
悩まされている患者さんの場合だと
常に筋肉が硬い状態なので、

ただ動かしているだけでは
緊張物質を排出することができないということです。

だからこそ、外からのアプローチによって
緊張物質を排出してあげる必要があるのです。

ただ、従来の手技療法ではそれが不可能なのです。

整体術や骨格矯正、鍼灸、頭蓋矯正、
 内臓調整、マッサージなど…

世の中には沢山の手技療法がありますが、

痛みの原因となる「筋肉内の緊張物質」を
排出することができない限り、
いつまで経っても痛みは消えません。

外傷・ウイルスを除く全ての痛みを
「改善」できる手技です。

「筋肉を緩めて痛みを消す」

「筋肉をやわらかくする」

たったそれだけで全身の血液循環が整って、
あっという間に痛みが消えてなくなるのです。

痛みの原因は筋肉の緊張であり、筋肉内に緊張物質が溜まっているためです。

したがって、緊張物質を排出しなくては絶対に治ったことにはなりません。

だから何度も再発を繰り返すことになります。

 麻酔を使って痛みをごまかしても、
筋肉内から緊張物質が排出されるわけではありません。

マッサージ(ほぐし)、鍼灸、整体、カイロプラクティックなどでも
多少の緊張物質は筋肉内から排出できますが、
既存の手技療法ですべての緊張物質を排出しきることは、
身体の構造上、物理的に不可能です。

 筋肉内から緊張物質をすべて排出し、
筋肉が無緊張状態にまでやわらかくならない限り、
痛み・コリの症状が改善することは絶対にありえません。

つまり、緊張物質をすべて排出する方法です。

無緊張状態になった筋肉は、
ただ動かしているだけで自然と緊張物質を排出できるからです。

筋肉には、自力で緊張物質を排出する機能があります。

しかし、一定以上硬くなってしまうと、その機能を失ってしまうのです。

つまり、慢性腰痛や肩こり、ひざ痛(膝痛)や関節痛に悩まされている患者さんの場合だと、
常に筋肉が硬い状態なので、ただ動かしているだけでは緊張物質を
排出することができないということです。

だからこそ、外からのアプローチによって緊張物質を排出してあげる必要があるのです。

 全身の血行が劇的に改善し、免疫力が上がるので
病気の発症率が1/10以下の強い身体になるから!

福山市・府中市の田澤接骨院では、全身の筋肉を無緊張状態まで
やわらかくすることができるので、
筋肉の緊張により圧迫されていた血管が一気に解放され、
血行不良が劇的に改善されます。

血行が良くなると、脂肪がエネルギーとしてどんどん燃えていくので、
体内に熱が生まれます。こうしたサイクルを作り出せるようになるため、
基礎体温が上がるのです。

 一説によると、基礎体温が1度上がれば、
免疫力が50~60%高まると言われています。

つまり、ウイルスや細菌などの異物・外敵から身を守る力が強まるということです。

ガンや生活習慣病、アトピーなどのアレルギー疾患、不定愁訴など、
ほとんどの病気は免疫力の低下によって起こると考えられているので、
基礎体温を上げることによってそれらの未病効果や改善が見込めることは
言うまでもありません。

 一方で現代人は基礎体温がとても低く、35度台の人も決して珍しくありません

これは筋肉が硬く、血行不良が起きているためです。

 基礎体温が下がることを甘く見てはいけません。

 35℃を下回ると、まず筋肉が硬直し始めます。

そして33度以下で脳まで充分な血液が行き届かなくなり、
酸欠によって意識が混濁します。30度以下で半昏睡状態に陥り、
25度以下で仮死状態、20度以下で心停止します。

体温と私たちの身体はこれほど密接に関わっているのです。

ですから、筋肉をやわらかくして、血行不良を改善することは
命に関わるレベルで重要なことなのです。

やわらかい筋肉になり、体内の血行循環が良くなれば、
公に言われている栄養の1/3程度でも、人間は十分に健康を維持できます。
血液が栄養をスムーズに細胞まで運んでくれるからです。

「効率よく栄養を活用できる」と言い換えてもいいでしょう。

どれだけ栄養に気を配った食生活をしていても、身体が硬く、
血行が悪ければ、腸で吸収した栄養は細胞までしっかりと届かないのです。

おかしな話ですが、身体がやわらかい人は薬も効きやすいのです。
食品と一緒で、薬の成分が細胞まできちんと行き届くからです。

 筋肉をやわらかくできるということは、
これほどまでに身体にとって有益なことなのです。

 

 

尾骨の痛み

2013.12.04 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,尻の痛み,尾てい骨(尾骨・仙骨)の痛み,尾骨の痛み,整体・接骨院,脊椎・背骨矯正,骨格矯正,骨盤矯正

尾骨・仙骨17尾骨・仙骨5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾骨の痛み

誰しも、お尻を突いて転んだ事が一度はあり
多くの人が経験していることと思います。

転んだ際、運悪く、お尻の尾てい骨を強打した場合
頑固で強い痛みが残ってしまいます。

椅子に長い間座っていると
激痛もしくは頑固な痛みが発現し
椅子に座っていられなくなります。

日常生活の多くを座って過ごす我々にとって
この尾てい骨の問題は、とても深刻です。

「尻もちを」ついたなど
何か衝撃を受けたことが無いのに
自然と尾てい骨付近に痛みが出てしまった場合は
骨盤、腰部、股関節、大腿部などに関わる
筋肉のアンバランスが考えられます。

その理由として
デスクワークや自動車の運転などで
長時間座っていることが多いことなど
が間接的に関わっていると考えられるからです。
また、姿勢も原因の一つであります。

普通に座っているつもりでも
無意識のうちに姿勢が崩れているかもしれません。

例えば
腰を丸めて骨盤を前方にスライドさせるような姿勢であれば
尾骨は当然椅子に当たりやすくなります。

その場合、なるべく腰や骨盤を起こした
正しい姿勢を心がければ
尾骨が椅子に当たりにくくなり
痛みはかなり楽になるはずです。

しかしながら、いざ実際に
正しい姿勢を心がけても、それを維持するのはなかなか大変です。

まれに『腫瘍や分娩』 が原因で
尾てい骨に痛みが出ることもあります。

歩行時、椅子に座った時、排便している時などに
焼けるような強い痛みがでます。

これらの尾骨損傷は
整形外科をはじめとする現代西洋医学の治療では
思うように良くならないのが現状です。

西洋医学では手術以外に治すのが難しく
なんとか治療し、痛みから解放されようとして
多くの人が病院、または整形外科を受診されます。

その場合、まずは骨盤部のレントゲン写真が撮影され
レントゲン写真上に写る尾骨(尾てい骨)が観察されます。

たいていの場合
尾骨の先端は転んだ際の圧力により
前方に変位してしまっているか
程度の強い場合は、尾骨の前方への骨折が生じることになります。

ずれてしまった尾骨、折れてしまった尾骨を
手術以外の方法で修復するのは不可能とされるからです。

この損傷した尾骨を整復しない限り
痛みを除去、軽減させることは難しいのが現実ですが
患者としては
医学で必要とされる手術までは望まないのが普通です。

ですから、一生、この痛みと付き合って生きている人が多いのです。

しかし、頸椎・骨格・脊椎・骨盤矯正、重力バランス軸調整では
尾てい骨の痛みに劇的な効果があります。

医者は完全には治りません。

上手く付き合っていくしかないといいますが
手によって瞬間的に痛みの起こらない範囲で
尾骨を元の正しい状態にします。

通常、数回の矯正(手技)で
尾骨の痛みは劇的に改善します。

痛ければ、最近の損傷でも、古い損傷でもかまいません。

とにかく、この方法で症状を良くすることが出来ます。

当院の患者さんでも
この尾てい骨の痛みが
劇的に改善している方がたくさんいらっしゃいます。

悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。
当院の患者さんでも
腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛・尾骨の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは


 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが

 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など

 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。そんなあなたは、まず当院にご来院してみて下さい。

尾骨・仙骨3

尾骨・仙骨7背骨のゆがみ12

尾骨・仙骨・骨盤底筋16

全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

2013.12.04 | Category: ぎっくり腰,口コミ、人気、評判NO・1,坐骨の痛み,坐骨神経痛,座骨神経痛,患者さまの喜びの声(動画),整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,椎間板ヘルニア,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,腰痛,骨格矯正

腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛の患者さまの喜びの体験談

坐骨神経痛2の2腰痛、ヘルニア2

 

 

 

 

ヘルニア

坐骨神経痛

 

 
 
椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

椎間板、または椎間円板は
椎骨と呼ばれる脊柱を構成している
一つ一つの骨の間に存在する
円形の線維軟骨です。

この椎間板は、ゼラチン状の髄核と
コラーゲンを含む線維輪から成っており
椎骨にかかる衝撃を吸収し
また、椎骨の微妙な動きを可能にする軟骨関節を形成し
靭帯とともに脊椎を保持する役割を持っています。

椎間板が何らかの圧力によって
前方または背面に移動し
本来の位置から逸脱すると
椎間板の近くに位置する神経に圧力をかけ
これが、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアとなります。

はみ出した椎間板が神経を圧迫すると、極めて強い痛みが起こり
時には、日常生活が困難になることもあります。

椎間板は頚椎の間にありますが
堅い線維輪と高圧に保たれている中心の部分があります。

そして、この線維輪が何らかの理由で弱ると
椎間板がふくれ、そのために神経が圧迫されます。

つまり、椎間板が神経に向かってふくれて
そのふくれた椎間板が神経に当たることで痛みが出てくるのです。

そして、脚がしびれて動かなくなったり、歩行が困難になったりします。

なお、ヘルニアとは
体内の臓器などが本来あるべき部位からはみ出した状態を言いますが
椎間板ヘルニアは、このヘルニアの一種であり
椎間板の一部が正常の位置から突出した状態のことです。

動物の多くは四足ですから脊椎は重力に垂直になっていますが
これに対して人間は二足歩行であり、脊椎は重力と平行方向になります。

このため、二本足で立っている人間の椎間板には大きな負荷がかかります。

そのために椎間板ヘルニアが起き易いのですが
椎間板ヘルニアは、腰椎に一番起き易く、次に頸椎に多起こり易くなります。

椎間板ヘルニアになると足腰や頚椎に強い痛みがありますが
椎間板ヘルニアになる原因は大きく分けると
不規則な日常生活と、体の老化によるものになります。

例えば、日常生活で腰に負担がかかる仕事に従事している人や
仕事で長時間座っている人などが椎間板ヘルニアになり易く
日頃から姿勢が悪い人も椎間板ヘルニアには注意なければなりません。

・背骨に大きな負担をかける

・足を組んだり横座りなど

体に歪みを作るような姿勢も要注意です。

また、椎間板の歪みは血行不良や内蔵機能の低下につながりますし
肩凝りや冷え性、睡眠障害や肥満など様々な症状で現れます。

正しい姿勢は横から見たときに
S字のように緩やかなカーブを描いていますが
姿勢が悪いときまった箇所に負担がかかるので
椎間板ヘルニアの原因になるのです。

椎間板ヘルニアで腰に痛みが出た場合が
一般的に言われるぎっくり腰です。

椎間板ヘルニアやぎっくり腰で激しい痛みがある時は
なるべく動かさないようにして体を安静に保つ事です。

このぎっくり腰は通常
加齢による老化で起こると考えられていますが
腰へ無理な負担がかかると、若い人にでも起こる可能性がありますし
椎間板に無理な姿勢を急にとると
突発的に椎間板がずれてしまい
椎間板ヘルニアのぎっくり腰になることがあります。

この椎間板ヘルニアに対して、バランス整体の治療では
不自然な姿勢のために崩れてしまった脊椎骨盤のバランスを正しく整えます。
それにより、椎間板の突出や脱出を治していきます。

脊椎、腰部、骨盤などの歪みを整えて本来の在るべき位置に取り戻すことで
自然治癒力を惹起させます。

西洋医学のように医薬品や手術での治療、回復促進ではなく
あくまでも人体が持っている自然治癒力を応用して施術を行います。

つまり、体の個々の骨の整列を整えることで
体全体のずれてしまったり歪んでしまった骨格や脊椎を元の位置に戻し
体の回復力を取り戻していきます。

椎間板ヘルニアの骨格・脊椎・骨盤矯正、重力バランス整体の治療とは
手を使って体の骨格や脊椎の歪みを矯正して
人間が本来備えている自然治癒力を回復させて体を健康体にすることです。

上記のように治療を行っていきますので
椎間板ヘルニアでお困りの方は是非、当院においでくださいませ。
 
当院の患者さんでも
腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛が改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは


 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが

 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など

 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。そんなあなたは、まず当院にご来院してみて下さい。

 
椎間板・腰痛3
 
itami-tiryou
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

脊柱(骨格・背骨・脊椎)のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)矯正(調整)     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.21 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,骨格矯正


1)まるで魔法にかかったかのようにするバランス整体 

バランス整体は

疾病の原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み

にあるとの考えに基づいており

その歪みを調整することで疾病の治療を行っております。


そして、バランス整体治療は

痛みもなく身体に無害な、わずか数分間

背骨を触れた程度にしか感じない、穏やかであっという間の治療です。


筋肉や骨といった筋骨格系の機能と構造的な障害

そして、それらが及ぼす神経系の機能異常

健康全般への影響を診断することで治療、予防し

薬物や外科をなるべく用いずに、自然治癒力を取り戻す治療法です。

バランス整体は

医薬品も手術もせず「手技」による治療

を意味しています。


バランス整体はまさしく自然療法であり、毎年

大勢の人達が治療を受けています。


バランス整体の考え方というのは

「我々自身の身体が一番の医者であり

われわれが本来持っている自然能力を阻害するような要素を取り除けば

元気が出て、回復もでき、長生きできる。

人間の身体は誰でも奥底に自然治癒能力を持っているので

それがうまく働き始めるようにさえすれば良いのである。

定期的にバランス整体を受け、脊椎神経の圧迫を無くせば

隠れた治癒力が働き始めるのである。」

というものです。

 

脊柱のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)というのは

脊椎亜脱臼コンプレックス、あるいは脊柱障害、脊柱神経圧迫などとも呼ばれ

神経系統や脊柱の正常な働きを邪魔し

最終的には身体全体を狂わせてしまう事になります。


即ち、身体全体をうまく制御調整すべきエネルギーのバランスが崩れてしまい

「病い」が始まり、病気に対する抵抗力が減少して

健康が損なわれていくことになります。


ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を持っているととかく自覚症状がないままに

長年に渡りゆっくりと健康が後退していくので

「静かなる殺人者(サイレント・キラー)」

とも呼ばれています。


こうした場合、たとえ痛みや疲労、病気といった症状に発展しても

一番の原因は脊柱にあるんだという事に気が付かないことが殆どである。


脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)場所を見つけ出し、矯正する専門家が

バランス整体師であります。


病気を直接治療するのではなく、人間が本来持っている

自然治癒力の増進を目的にしている現代的治療方法なのです。


医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け

健康を維持できるような自然療法。


乳児からお年寄りまで何百万人という人達が生命を脅かす病気を含め

数々の病から回復できる最新療法であります。


毎年、使用量が増え続けている医薬品に頼るのではなく

人間誰もが自然治癒力を持っていることを

気付かせてくれるような療法が存在します。

 

こうした条件全てを満たすのが、ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

2)まるで魔法にかかったかのようにするバランス整体


人間の細胞というのは非常に複雑に出来ており

生命最小単位である細胞が何十億と集まり組織や器官などを作り出し

さらにそれぞれの部分がバランス良く働いて全体として

健康な生命を形作っています。


身体がうまく機能していくためには、皮膚から、骨、血、神経

筋肉、腸、胃、肝臓、心臓、肺、頭脳などといった器官が

相互にうまく働く必要があります。


バランス整体は

疾病の原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み

にあるとの考えに基づいており

その歪みを調整することで疾病の治療を行っております。


そして、バランス整体の治療は

痛みもなく身体に無害な、わずか数分間

背骨を触れた程度にしか感じない、穏やかであっという間の治療です。


バランス整体の考え方というのは

「我々自身の身体が一番の医者であり

われわれが本来持っている自然能力を阻害するような要素を取り除けば

元気が出て、回復もでき、長生きできる。

人間の身体は誰でも奥底に自然治癒能力を持っているので

それがうまく働き始めるようにさえすれば良いのである。

定期的にバランス整体の治療を受け、脊椎神経の圧迫を無くせば

隠れた治癒力が働き始めるのである。」

というものです。

当院は

神経を圧迫するような脊椎のゆがみ(傾き・ズレ(亜脱臼)の箇所を発見し

バランス整体の独自の方法でズレを矯正し

結果として神経への圧迫を消すことが出来ます。


これが脊柱(骨盤)調整と呼ばれる方法であります。


脊椎のゆがみ(傾き・ズレ(亜脱臼)の場所を見つけ出し

脊柱(骨盤)調整という事でゆがみ(傾き・ズレ(亜脱臼)を取り除くのです。


そもそも私たちの背骨は、直立歩行を基本とする動物であるために

構造力学上大きく負担をかけています。

歩いたり座ったり、何かを持ち上げたり

横になったり、しゃがんだりといった日常の生活の中で

私たちの背骨は痛めつけられています。


背骨はすべての神経の流れる通路であるため

もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。

メンテナンスを定期的に行って

症状が現れないうちに治すのが予防医療の本質であります。


そして、病気を直接治療するのではなく

人間が本来持っている自然治癒力の増進

を目的にしている現代的治療方法で

医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け

健康を維持できるような自然療法であり

乳児からお年寄りまで大勢の人達が

生命を脅かす病気を含め

数々の病から回復できる最新療法がバランス整体なのです。


毎年、使用量が増え続けている医薬品に頼るのではなく

人間誰もが自然治癒力を持っていることを気付かせてくれるような療法

これがバランス整体なのです。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


背骨(脊椎)のゆがみ(傾き・ずれ)と自分の感情をポジティブにする方法     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.18 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,猫背,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,背骨(脊柱・脊椎)の劣化,脊椎・背骨矯正,骨格矯正,骨盤矯正

あなたの背骨(脊椎)はゆがんで(傾いて・ずれて)いる!


人生には時として肉体的、精神的に辛い事が出現するもので

結果として、脊椎が本来あるべき場所からズレてしまい、周りの神経や骨、

椎間板、靭帯、その他軟組織を圧迫する場合があります。


こうした現象は、脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)と呼ばれ

このゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を長期間にわたり持っていると、

結果として脊柱の劣化という事に繋がっていきます。


脊椎の変性や劣化に応じて、脊柱自体は色々な段階を経て

劣化をしていくのです。


まず、脊柱カーブが、どこかで

あるいは複数の箇所でカーブが異常となると

そこの神経が圧迫を受け、そこを流れる気エネルギーが

悪影響を受ける事になります。


さらに軟組織にも障害が生じ始め

自然と、関節やら椎間板、神経、姿勢が影響を受けます。

時々、不都合を感じたり疲労感はあるものの、おそらく

痛みはない状態になります。


そして、障害が進行し、椎間板が薄くなってくると

骨自体の形も変化してきて、姿勢が一層悪くなります。

こうした状態の人は沢山います。

40歳の男性の80%、女性も76%が、何らかの形で

椎間板の劣化を起こしています。

脊椎孔の径が狭まってきている可能性があります。

こうなってくると、慢性的疲労や、元気が出てこない状態となり

ストレスに対しての抵抗も弱くなってきますし

当然、背も低くなってきています。


そしてゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の一番ひどい段階では

猫背、姿勢のバランスが悪化し、動作がうまく出来なくなります。


神経への障害がひどく、永久的な傷がついてしまい

骨同士の癒着が始まります。


この段階では、痛みがあり、肉体的にも精神的にも

何らかの問題が表面化して

ますます元気がなくなり、背も低くなってきています。


この段階になると障害を取り除くような回復はかなり難しいです。

ただし、症状の軽減は可能であります。


このように脊柱神経への圧迫という状態は

静かな潜行型で進行していきます。


とかく、身体に生じた僅かな症状に気づかず

しかも、仕事や学校、家庭、友達、親戚といった事に忙しすぎて

自分の身体の事は忘れやすいです。


しかも僅かの症状であれば、すぐに消えるだろうと

タカをくくってしまう傾向があります。


確かに症状が消えてしまう場合もありますが

僅かな症状を感じるには

当人の敏感さが必要であります。


実際には症状が悪化しているにもかかわらず

それをうまく感じ取れなくなってきているのかもしれません。


日常生活や仕事、煩雑な問題に振り回されるという雑音の為に

僅かの痛みを感じ取れなくなってしまってきているのです。


ある日、元気がない事に気が付くかもしれない。


あるいは、いつもより早い時間に、疲れが出てくるかもしれない。

さらに、首や肩、腰にストレスや緊張を感じるかもしれない。

あるいはこういった感じが全くないかもしれません。


病気になるまで、バランス整体を待つ必要は一切ありません。


病気が出てくる前に、是非、健康維持の意味で

脊柱神経の圧迫がないか脊柱を診てもらって下さい。


ほんの僅かであっても、

ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を今日取り除いておけば

将来の病気を予防できる可能性が高い。

特に年を取ってからの問題は厄介になるので

定期検診が非常に重要であります。

ご自身の健康のためにも、かならず検診を受けて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)は取り除かなければなりません。


脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)では

一個なり複数の脊椎が、正常な位置よりズレたり

脊椎の中、トンネル穴状の中を神経束が通っているが

この穴が狭められ、故に、神経に圧迫が生じたり

頭脳と身体を結ぶ神経信号が障害を受けたりと

様々な問題が生じてきます。


脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が生じる理由は、

重圧あるいはストレスであり

マクロ的なものと、ミクロ的なものの2種類があります。


マクロ的ストレスというのは事故なり、転んだり

スポーツ事故といった

肉体的に直接衝撃があった場合であります。


一方ミクロ的ストレスというのは

何回もの繰り返しが重なり

身体のある部分を摩耗させていく場合であります。


仕事なりスポーツにみられるように

机に向かい長時間座るとか

身体のある部分を繰り返し動作した時に起こる姿勢からでも

ミクロ的ストレスを引き起こします。


精神的なストレスでも身体に緊張を作り出すので

当然ながら、姿勢が変化し脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が起こり

結果として

肉体的な影響を及ぼすことになります。


神経信号を狂わせる原因として一番の問題は

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)でありますが

神経系統を狂わせる原因としては

医薬品も考えなくてはなりません。


医薬品は通常、神経系統内の化学状態を変化させることにより

効き目が出てくるわけで

当然ながら神経機能に影響を与えているわけです。


神経への血の流れが悪くなると、神経を支える筋肉ならびに

神経自体が悪化することは当然であります。

こうした障害の内で一番顕著なのが脳卒中であります。

脳への血管が詰まったり破れたりすると、その場所への血が止まり

即ち酸素が供給されなくなってしまう。

骨折なり関節炎、腫瘍、さらに筋肉委縮症、ポリオ、脳卒中といった

神経系統の病気も神経を冒すことになります。


ただしゆがみ(傾き・ズレ)があったとしても、

必ずしも神経障害があるとは限らない。


脊柱側弯症(脊柱の曲がり具合いの異常)でも

神経障害が生じていない場合があります。


ただし実際に曲がっているところには

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が生じていなくても

他の脊椎何箇所にゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が存在していることが多いです。


故に、家族全員が脊柱を定期的に診てもらう事が重要であります。


バランス整体で矯正していけば

関節や神経、椎間板、その他の組織を

死ぬまで健康で丈夫にしていける可能性がおおいにあります。


ある研究では

「関節の動きを元の状態に回復させれば

生理学的に関節自体の機能も回復できる。」としています。


脊柱の劣化を回復させることが出来る。という証明が

次々となされてきているのです。


また、別の研究では、脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の矯正により

劣化の進行を遅らせることが出来るだけでなく

元の状態に回復させることも、実際に可能である。

としているのです。


バランス整体による治療を早く始めれば始める程良いです。


劣化を早期発見すればするほど、劣化進行を遅らせ

しかも改善させていくのに都合が良いからです。


勿論、脊柱の劣化自身が進行しない様にするのが一番であります。


親として、必ず子供をバランス整体による定期検査

を受けさせることであります。

さらに転んだり怪我などの事故をおこした人達も必ず

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が無いかどうかを確かめてもらう事です。


今日のようなストレスに満ちた現代社会に住んでいる人達に

一番肝心なのは、脊柱を定期的に診てもらい

気エネルギーや健康を損なう

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を取り除く事であります。

即ち、脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が生じた場合には

治りが思わしくなく、治療費も高く

治療方法自体、すでに問題があるような通常の医療を受けるのではなく

バランス整体を受けた方が賢明と言えるでしょう。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

━━━━━━━━━━━━━━━

一瞬にして自分の感情をポジティブにする方法

■「感情を変えたい時には、意識的に
     自分の体の動かし方を変えてみること。」


■解説:

気持ちに躍動感が無い時は、無意識に
体の姿勢が前かがみや猫背になっていたり、
動作が遅くなっている場合がある。

快活な動きは、快活な感情を生みだす。

意識的に躍動感ある動きをすれば、
一瞬にして感情をも変えることができる。

■実践:

ポジティブな感情を持つためには、
たとえば、胸を張って、大きく深呼吸をする。

そして、大きな声でハキハキと返事をしてみる。

これだけの動作だけでも、あなたの
感情が変わることを体感してもらえるはずだ。

ぜひ、たった一日だけでも実践してみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼児の背骨・骨盤のゆがみ、傾き、ずれと定期検査の必要性    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:子供の背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年12800人の実績

2013.06.07 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,背骨のゆがみ・ずれ,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,脊椎矯正,自然治癒力,骨格矯正,骨盤のゆがみ

幼児の脊柱(背骨)の重要性

幼児にとって脊柱は健康に欠かせないものであります。


整体なり、医者に、赤ん坊の脊柱のゆがみ・傾き(ズレ・亜脱臼)なり

脊椎神経にストレスが無いかどうかを診てもらう事は

是非、必要な事であります。


なぜ、特に幼児の脊椎がそれほど重要かというと

脊椎が正しくないと、神経系統の働きが悪くなり

健康を害するだけでなく、大人になっても

問題を起こすことがあるからです。


赤ちゃんに対して親は、出来る限りのことをしようとしますが

忘れてはならないのが

バランス整体に脊柱を調べてもらう事であります。


新生児の多くが、脊椎神経にストレスを生じており

健康に悪いばかりでなく

時としては生命にかかわる事もある

という研究報告がたくさん存在しています。


生命まで脅かす可能性があるという事は

ちょっと驚くべきことであるが

脊椎の外側からこうした事が起きるのであります。


生まれたばかりの新生児の脊椎に、どうして外傷が生じるのだろうか。


誕生まで、温かい子宮の中でソフトで静かに

居心地よく過ごしていたのが、急に外気にさらされ

厳しい環境に放り込まれるのが誕生であり

母親から引き離され

しかも足を持って逆さにぶら下げられ

お尻を叩かれることもあります。


こうして叩かれると、生涯に残る外傷を受けたり

心にも傷痕を残すことがあります。


ある専門家の言葉を借りれば

「例え最高の環境下においても、基本的に誕生というのは

障害や外傷を残す可能性がある。

出産を助けるような物理的な

昔からある様な補助であっても

赤ん坊にとっては問題を引き起こすことがある。


臨床の立場から見て

出産における新生児に生じる傷の殆どは神経関係である。」


どうしてこのようなことが起きるかの原因は

医師は基本的に「介入」

する訓練を積んできたことにあります。


アメリカでも有数の小児科医であるロバート・メンデルスゾーン医師

の言葉として

「出産という身体の自然な過程を、病気であるかの如く扱い

何とか介入を計ろうという出産医が多い。

こうした医療の介入が

赤ん坊の肉体並びに精神上で一生を決定づけるような問題を

引き起こすことが多く、驚くほどである。


しかも下手をすると一生の始めという段階で

死亡という結果になってしまう場合もある。」


「病院という環境での出産では、赤ん坊が危険な目に遭う

ということになります。

自宅での出産の場合には、医者にしろ助産婦にしろ

病院にある様な危険な技術を使えないわけで

より危険性が少なく安全といえます。


安全を考えて自分のベッドで出産をすれば

超音波診断をはじめ、子宮内児モニター、鎮静剤やら

痛み止め薬、さらに麻酔の使い過ぎ、ピトシン薬による強制出産

帝王切開といった方法をかなり避けることが出来る。」

と仰っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
幼児とバランス整体 

  
自宅出産の方が、母子共にとって、より安全だと結論する論文は

幾つも出ています。


ウイスコンシン大学乳児開発センターのルイスEメール博士が

指摘した研究では、2000の出産を対象にし

その約半数は自宅出産である。


・病院で生まれたうち、30人が怪我を生じたが

自宅出産の子供には、そうした問題は皆無であった。


・病院で生まれた52人は、蘇生を必要としたが

自宅出産で問題となったのは14件にしか過ぎない。


・病院で生まれたうち、6人が神経系統に障害を受けたが

自宅出産の場合には1件だけであった。


病院で起こる酷い出来事を繰り返さない方法として

自宅での出産を真剣に考えるべきであります。


バランス整体というのは、脊柱と神経系統に起こった

ストレスや歪みを取り除くことにより

身体が本来の機能を充分にい働かせるようにする療法であります。


バランス整体の基本理念として、余計なことをせず

人間が自然体として持っている賢明さを信じている。


というわけで、特殊な場合を除いては、薬などで邪魔をせずに

出産を自然な形でする事を意味します。


出産時の赤ん坊との絆を大事にし、母乳で育てる事であり

暴力のない出産という事であります。


すなわち、自然出産として、自宅出産や母乳という方法は

治療家の家庭が実践している事であります。

 

ドイツの医学専門雑誌である「マヌエル・メディズィン」で

発表されたグットマンとフリマンの研究がある。


誕生から5日目の1250名の赤ん坊を調べたところ

211名で、嘔吐や暴れる、かんの虫、眠らないといった

問題児がみつかり、このうちの実に95%が脊椎に

何らかの障害をもっていたということであります。


「脊椎の矯正により、おとなしくなったり、泣き止んだり

筋肉の硬さがほぐれたり、不眠問題が解決される場合がよくある。」


同研究は、さらに首上部の脊椎神経系統に歪みがあると


「基本的な運動系で問題が生じたり、耳や鼻、喉を中心に

炎症や感染にかかりやすくなる。」


この結論を出すのに、実に1000名以上の乳児における

首上部のゆがみ、傾き(ズレ・亜脱臼)が調査されたのであります。


実際例として、18か月の男児の場合、扁桃腺をはじめ

しばしば腸炎にかかり、結膜炎がなかなか直らず、風邪をひきやすく

耳痛、しかも不眠症の問題まで抱え込んでいたのが

初めての脊椎治療が終わると、眠気をもよおし、朝方まで静かに眠り込み

健康を取り戻したのであります。


しかも、この研究では困難な出産があった場合には、必ず

脊椎の検査を受けるべきであり、歪みがあったら矯正すべきであり

脊椎矯正にまさる治療法はないとしている。


ハーバード大学の病理学者であるエイブラハブ・トウビンによると

未だ原因が不明とされる突然死、さらに目の病

肺炎、呼吸器障害の多くの場合で、脊椎障害が発見できるとしている。


こうしたひどい病気にならないとしても、軽症できちんと

原因が追究されることがなく、単に脳麻痺という診断で片付けられてしまっている

例がたくさんあるに違いないとしています。


突然死の問題と脊柱の関係を18か月に渡り研究を続けた

ARCS(学術研究協会)では

成果を1984年に発表し、突然死をした乳児の首上部の

脊椎の配列に異常が発見されたとしています。


脊椎神経系統への障害が乳児に与える問題を確実に把握するような

テスト方法は、まだ発見されていません。


学習や行動がひどくおかしい場合にはテスト方法が存在するだろうが

障害がわずかの時には、正確なテストが出来ない事が多い。


例えばIQが2~3点低く優秀な潜在能力があるにも関わらず

平均点あたりの成績だったりといった、ほんの僅かの違いの場合である。


出産時に酸素欠如だったり、出産時に首を少し引っ張られたり

脊柱の配列がわずか悪かったりといった事が考えられる。


というわけで、正確なことが分からないのであれば

安全な方法を取るに越したことはない。


危険性のある方法を避け、なるべく自然で安全な方法で

新生児や乳児を育てる事である。


赤ん坊が健康な毎日を送れるように、出来るだけのことをする事が必要であり

そのためには乱暴な出産方法は避け、母乳で育て

薬や医療をなるべくなくす(緊急時を除いて)事である。


親自身が持つ自然治癒力と同時に、子供自身が持つ自然治癒力を信じ

親子でバランス整体の治療を受ける事であります。


赤ん坊の目や、心臓、聴力を検査してもらうのであれば

同時にバランス整体で脊椎も検査してもらう事であります。

 

 

 

 

 

 

子供の背骨・骨盤のゆがみ、傾き、ずれと定期検査の必要性    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:子供の背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年12800人の実績

2013.06.06 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,子供,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,脊椎矯正,骨格矯正,骨盤矯正

 

バランス整体は子供に必要か!?

「背骨は何ともないのに、子供にバランス整体ですって?」


歯を始め、聴力、目、耳、鼻、喉等を定期的に診てもらう事が

いかに大切か、大抵の親は判っていないから

脊柱(背骨・骨格)の定期検査は無視してしまっている場合が多いです。


脊柱(背骨・骨格)は身体の中でも、生命維持のために一番大切な所と言えます。

というのは、脊髄と呼ばれる何十億という神経細胞が

電線の様に走って、頭脳からの信号を

身体全体に伝達しているからであります。


この脊髄に、何らかの詰まりなり障害があると、病気へと

発展していきます。


整体を始め、古来より、病気というのは

身体全体のバランスの崩れから生じるわけであります。


病となれば子供の身体は弱り、さらに他の病気に対する抵抗力が下がり

身体全体の不都合が起こり、本格的な病気へと

進んでしまうわけであります。


脊柱(背骨・骨格)の神経圧迫により、そこの部分が固くなったり

背骨が真っ直ぐでないことから生じ、この変形を

バランス整体では脊椎のゆがみ(ズレ・亜脱臼)と呼んでいるのです。


脊椎神経に圧迫を生じさせる

脊椎のゆがみ(ズレ・亜脱臼)の原因はいろいろあり

特に、赤ん坊の場合、相対的に頭が大きく重たいので

出産の際に、どのように頭部を扱うかは、非常に大切であります。

さもないと、出産で脊柱に何らかの障害を起こす場合があります。


特に鉗子で、頭部や首を引っ張ったり、回転させたりすると

新生児の脊柱に問題を与える事があります。


出産では、押されて産道から滑らかに出てくるのが正常であり

引っ張られるというのは、異常な状態であります。


幼児の脊柱はひ弱に出来ており、激しく振ったりした場合

「むちうちシンドローム」が生じる事が

医学上知られています。

結果として、目や脳に障害を与え

盲目になったり、麻痺、さらに痙攣、ひきつけ

を生じる事があります。


この様な行為が、新生児の頭脳に障害を与えることが

判っていない医者が多い。


新生児におけるこうした問題について、バランス整体は

だいぶ前に、既に発見していたのであります。


子供というのは、肉体的に非常に活発な時期であり

走ったり、飛んだり、転んだりと

子供の成長では、事故がつきものであります。


ただし、転んだりといった事故でも

脊柱に歪みを起こし、神経を阻害し

ひいては、大きな問題に繋がる事があります。


というわけで、子供が成長していく間

定期的に子供の脊柱(背骨・骨格)を診てもらう事は

非常に肝心なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

バランス整体と子供 


家族が揃って脊柱の検査に来てもらうのは

治療家にとっては全く嬉しい事であります。


というのは、家族全体が新しく生まれ変わるからです。


父親は新しい元気が出てきて、母親は頭痛や月経痛が治まり

子供の病気は回数が減り、病気になっても軽く全快してしまい

学校を休まない。という事にもつながっていきます。


さらに情緒不安や、勉強に問題がある場合も含めた

神経的な障害の是正に

バランス整体の有効性が最近研究報告されています。


小児科医の診ている200人の子供と、

バランス整体の診ている200人を

比較対象とした1989年の研究では

定期的にバランス整体を受けている子供の方が

通常の医師の子供より、かなり優れていることが発見されている。


こうしたバランス整体を受けている子供の場合

例えば耳の感染症なり、アレルギー、扁桃腺にかかる率が低く

さらに医療治療(抗生物質などの薬や、予防注射)を

受ける率も少ない結果となっています。


即ち、脊柱(背骨・脊椎・骨盤)を矯正する事により、

子供の情緒や行動神経上の問題が減るという事であります。


具体的に良くなった例としては、喘息をはじめ、心配性

無気力症、集中力散漫、暴れる、いう事を聞かないといった症状であります。


しかも成績やIQの悪い子供にも良い結果が得られています。


お子さんにも下記のような問題がある場合は

是非とも脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)がないかどうかを

診てもらう事をオススメいたします。


発熱、疝痛、クルップ、暴れる、姿勢が悪い、神経過敏

便秘、寝小便、疲れやすい、ひ弱、胃痛

難聴、耳の感染症、関節炎、無感覚、過敏、短期

頭痛、首痛、腰痛、喉痛、目の障害

咳き、鼻の障害、皮膚障害、喘息、ぜーぜーした呼吸

気管支炎、風邪に良くかかかる

身体の使い方が不器用、集中力散漫、腕や手、肩の痛み

関節炎、腰や脚、足の痛み、側弯症

 

虫歯が始まっていても、当人は全く知らない場合がよくあるように

脊椎にゆがみ(ずれ・亜脱臼)があっても

当人は全く自覚症状が無い場合が多い。


というわけで、子供の背骨を定期的にに診てもらうのが重要で

さらに脊柱に問題があるときの前触れとして

以下のような症状がある事があります。


それは


慢性疲労、皮膚障害、両方の腰や肩が真っ直ぐでない

内股、外股、肩甲骨が外側へ出っ張っている

じっと立っていられない

首の曲がり、暴れる、脚の長さが若干違う

よく転んだり倒れる、関節が音を出す、過敏心配性

などです。


脊柱の健康なくして、身体全体の真の健康はあり得ないのは

当然であります。


というわけで、子供の色々な定期身体検査の一貫として

バランス整体を含める親の数が増えています。


子供の聴力や、視力、歯を定期検査してもらっているのであれば

バランス整体による脊椎の検査も

当然含めるべきであります。
 

 

 

 

 

 

 


 

猫背や体のゆがみ・傾きは骨格(頸椎・骨盤)矯正して「筋トレ」すれば若返りに有効!?     Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.04 | Category: スロートレーニング,タンパク質・プロテイン,口コミ、人気、評判NO・1,成長ホルモン,整体・接骨院,筋トレ,筋肉トレーニング,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脳下垂体,腹筋・背筋,骨格矯正,骨盤のゆがみ

整体・接骨は口コミNO.1:猫背や体のゆがみは骨格(頸椎・骨盤)矯正して「筋トレ」すれば若返りに有効!?


★若返りには「筋トレ」が有効!?★


デスクワーク中心の生活で運動不足を自覚している方は、
アラサー世代になった頃から全身の筋肉がずいぶん落ちてきた気がしませんか?

でも、そもそも20代前半の頃だって大して運動していなかったわけで、
生活習慣は大差ない。

なのに体がゆるんでいくのは、一体なぜなんだろう。
 
若い頃に運動をしていた経験がある人でも、
男性は20代後半から徐々に筋肉が落ちやすくなります。

これは、体の成長や肌の代謝をコントロールする
“成長ホルモン”の分泌量が減少するため。

これによって、疲労した筋肉の修復スピードが遅くなるほか、
肌の保湿力が低下してハリがなくなる、髪の毛のツヤがなくなるなど、
全身の老化現象が加速してしまうんです。
 
じゃ、成長ホルモンを増やすにはどうすればいいの?
 
脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるタイミングは、
主に運動後2~4時間と睡眠中。

20代後半以降でも、
腕立て伏せや腹筋といった、
筋肉に負荷をかける運動をすれば、
成長ホルモンの分泌量は増やせるんです。

筋肉量が増えれば見た目にも若々しい体型をキープできるので、
筋トレは一石二鳥ですね。

男性にとって特に重要なのは、
腹筋・背筋・お尻といった体幹部の大きい筋肉。

ここが鍛えられていると、
スラリと背筋が伸びた正しい姿勢をキープしやすくなるし、
体力もアップして疲れにくい体になります。

自分の体に自信がつくので、ビジネスをするうえでもメリットは大きいはずです。

からだがゆがんだ状態で、「筋トレ」しても、
骨格や重力バランス軸のゆがみ(ずれ)は
解消されません。

しかも、ゆがんだところにさらに負荷をかけるので、まずゆがみ(ずれ)を
解消してから筋トレするとバランスのとれたからだになります。
 
具体的には、どんな運動をどれくらいのペースで
実践すればベストなんだろう?
 
トレーニングの頻度は週2~3回が理想ですが、
1回あたりの時間は15分程度でもOK。

反動を付けずゆっくりと筋肉に負荷をかけ続ける
『スロートレーニング』を取り入れると、
成長ホルモンが分泌されやすくなってより効果的ですよ。

それに加えて、ジョギングなどの有酸素運動によって
全身の新陳代謝を良くすることも若さの維持には大切。

個人的には、週に1回くらいは
アウトドアで運動するのがオススメですね。

晴れた日に公園をジョギングすると、
開放的な気分になってストレス解消効果も高いです。

 
運動習慣がない人にとってはなかなか難しいけれど、
若々しさを内と外からキープするためには、
継続的な筋トレとジョギングが手っ取り早いわけか。

まずはウェアを一式そろえるところから始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★その筋トレは間違っていないか!?★
   
 
「引き締まった細マッチョに憧れて」「おなかが出てきたから」など、
筋トレを始める理由は千差万別。

しかし、一生懸命筋トレを続けているのに、
効果が出ない、という人もいることでしょう。

そんなあなた、もしかしたら間違った筋トレをしているかもしれません。

努力が水の泡となってしまう、やってはいけない筋トレがあるのをご存じですか?


■筋トレは毎日してはいけない

筋トレをすると、筋肉中から糖分が減少し、
糖分からエネルギーが作られる過程で、
乳酸などの廃棄物が増加します。

さらに、筋肉が損傷したりなどの変化もおこります。

仕事にも休日が必要なように、筋肉にも回復する時間、
つまり休息が必要なのです。

筋肉は休息させるほどに、大きくなります。

筋肉が十分回復していないのに筋トレをすると、
効果が出ないばかりか、
かえって疲労でダウンしてしまうことにもなりかねません。


■筋トレは回数を多くやっても意味がない

腹筋100回腕立て100回などと回数自慢をする人がいますが、
筋力を増やすためには、回数を増やせばいいというものではありません。

筋肉を鍛えるには、少々きついと感じる過負荷を筋肉に与える必要があります。

筋肉に与える刺激は、弱すぎても強すぎてもダメ。

少しきついというレベルが適切です。

回数を増やしても、筋肉の持久力は向上しますが、筋肥大は望めません。


■腹筋運動だけやっても腹筋は6つに割れない

細マッチョとまではいかなくても、
6つに分かれた腹筋に憧れる人も多いはず。

しかし、腹筋運動ではおなかは6つに割れません。

ずばり、腹筋がはっきり6つに分かれるようになるには、
体脂肪率を10%以下にする必要があります。

誰でも、もともと腹筋は6つに分かれています。

腹筋が見えないのは、脂肪がじゃましているからなのです。

おなかを割りたい人は、腹筋運動だけでなく、
全身運動や食事制限も併せて、体脂肪を減らしましょう。

筋トレはやりすぎ厳禁です。

細マッチョになるには、がんばりすぎない、
むしろがんばらない、を心がけましょう。


★筋トレ同様に大切な“食事”について★


仕事が忙しくなると、ついついコンビニや外食で済ませがち。

筋肉をつけるためには、やっぱり食事に気をつかった方がいいの?
 
「筋肉に必要な栄養素は色々ありますが、一番気をつけるべきなのがタンパク質です。

一般人の1日に必要とされているタンパク質の目安は、
“体重の数値×約0.9g”。体重60kgであれば、“60×0.9=54g”となります。
普段の食事から摂取できる量なので、そんなにむずかしいことではありませんよ」
 
僕の体重は55kgなので、タンパク質の目安は50g。

調べてみると一般的に激しいトレーニングをしているムキムキの方たちは、
1日あたり “体重×2g”のタンパク質を摂取している人が多いのだとか。

ということは、タンパク質を1日あたり110gも摂らないとムキムキになれないのか…。
いったいどうやったら、そんなにタンパク質を摂ることができるの!?


「アスリートやボディービルダーも飲んでいるプロテインはどうでしょうか。

プロテインは、質のいいタンパク質を手軽に補給可能。

激しいトレーニング後、ダメージを受けた体が筋肉を修復しようとして、
筋繊維を太くする“超回復”が起こります。

そのときにタンパク質が不足していると、
効果的に筋肉を大きくすることができません。

プロテインであれば、1杯あたり約19gのタンパク質を摂取できます。」

そのため1日に数回分けて、こまめにタンパク質を
補給することができるプロテインが最適とのこと。
 
「トレーニング直後の30分間が、
筋肉を大きくする“ゴールデンタイム”といわれています。

運動直後にしっかりとした食事を摂ることはむずかしいので、
プロテインで良質なタンパク質を補給することが大切になるわけです。

普段の食事で摂れないタンパク質をプロテインで補いつつ、
1日の運動量に応じて飲む量を調整してください」
 
というわけで、今後は健康的な食事からできるだけ栄養を摂って、
筋トレ後にプロテインを飲んでタンパク質を補給しましょう。

なんだか、筋肉の仕組みを知れば知るほど
ムキムキになれる自信がついてきましたか!

まずからだのゆがみ(ずれ)を
解消してから筋トレするとバランスのとれたからだになります。


さっそく、福山市田澤接骨院に行きましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)が全身の健康に影響を及ぼす! Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.24 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,肩こり・首こり,背骨のゆがみ・ずれ,脊椎矯正,腰痛,頭痛・偏頭痛,骨格矯正,骨盤のゆがみ,骨盤矯正


「頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)」によって、いったい何が起こるのか?

 なぜ、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)が全身の健康に影響を及ぼすのでしょうか?

 ■全身の筋肉が過緊張を起こす!

 奥歯が短くなると、その分、頬にある筋肉(咬筋)がたるんでしまいます。

 筋肉がたるむと、脳は「筋肉を縮めよ」という命令を出して、
 たるみを解消しようとするのです。

 しかし、この脳の「筋肉を縮めよ」という命令は、咬筋だけでなく、
 同側のすべての筋肉に下されてしまうのです。

 つまり、右(左)側の咬筋だけ縮めようとしたつもりが、
 右(左)半身全体の筋肉を縮めてしまうというわけです。

 そうすると、いったい何が起こるのでしょうか?

 片側の筋肉だけが縮むのですから、当然身体のバランスが崩れ、
 身体の重心がずれ、不良姿勢(猫背等)を招いてしまいます。

 そうなると首や体が一方に倒れてしまいますから、
 引っぱり返すために反対側の筋肉も収縮します。

 結局全身の筋肉が過緊張を起こすようになるのです。

 つまり、筋肉の過緊張によって背骨のねじれや傾きが起こり、
 そこから頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれをはじめとする
 さまざまな症状が生じる可能性があります。

 常に過緊張で、筋肉バランスの悪い状態でいなければなりませんから、
 体を動かすたびにさまざまな場所に負担をかけることにもなりますよね。

 また、先ほどの筋肉を縮める命令は交感神経の常時興奮によって
 出されるため、自律神経のバランスが乱れてさまざまな自律神経失調の不調が
 引き起こされる可能性があります。

 不眠症、熟睡できないといった症状も、
 このことが原因となる場合が多くあります。

 さらに、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)によって起こる首まわりの圧迫やねじれによって、
 血圧異常が起こったり、最悪の場合は脳の血流が半減するケースもあります。

 このように、奥歯が短くなり、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)ていくことが根本原因となって、
 さまざまな症状が全身のあちこちに起こってくる可能性があるのです。


頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)は、
 150以上もの症状や病気を引き起こす!

 あなたは、次のような不調や病気はありませんか?

 顎関節症、肩こり、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、三叉神経痛、ヘルニア、
 ひざの痛み、しびれ、股関節痛、猫背、 O脚、外反母趾、生理不順、不妊症、
 眼精疲労、自律神経失調症、睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群、
 アレルギー疾患(アトピー、花粉症、じんましん等)、血圧異常、
 イライラ、抑うつ、便秘、下痢、更年期障害、認知症……。

 実はこれらの症状は、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)ていると生じる可能性のある症状の一部です。

 頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)から生じる症状や病気は、
 なんと150以上にものぼるのです。

 まさかこれほど多くの症状が頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)によって引き起こされる可能性があるなんて、
 よもや思いもしなかったのではないでしょうか?

 現代社会では、多くの人が頭痛、肩こり、腰痛、アレルギーなど、
 さまざまな慢性疾患に悩まされています。

 これらの慢性疾患に悩まされる人が多いのも、
 頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)が原因の1つであると考えれば、合点がいきますよね。

 前回お伝えしたように、われわれ現代人は奥歯が短すぎるため、
 頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)てしまっているのですから……。

 しかし、一般的な病院では、薬や手術に頼る対症療法ばかりで、
 原因を除去する根本的な治療法は行われません。

 たとえば日常生活に支障を来すほどの腰痛で整形外科を受診しても、
 レントゲンを撮って骨に異常がなければ、
 痛み止めを処方して「安静にしてください」で終わりです。

 これが「根本治療」といえるのでしょうか?

 このように、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)と健康の因果関係を知る医師は
 ほとんどいません。

 逆にいえば、頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)を治すだけで、
 長年悩んでいる病気や症状から解放され、
 飛躍的に健康になれる可能性のある人が非常に多いということです。

 あなたの頸椎・下あご・背骨(骨盤)・重力バランス軸は、大丈夫ですか?

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)矯正しバランス整体で予防    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.23 | Category: メンテナンス,予防,口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,整体・接骨院,椎間板ヘルニア,背骨のゆがみ・ずれ,脊椎・背骨矯正,脊椎矯正,腰の痛み,腰痛,首の痛み,骨格矯正,骨盤のゆがみ,骨盤矯正

脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)の一つ 


神経は体内での自動的な処理にも関係しており

呼吸をはじめ、汗をかいたり、寒さで震えたり、内臓の働き

心臓の鼓動、消化、排便、各臓器への血流の調節

血圧の調整などたくさんあります。


というわけで、人間の神経というのは、人間の中心である

脳の延長ということが言える。

神経なくしては、人間の肉体だけでは無用の長物ということになってしまう。


神経を健康に保つことは重大であります。


さもないと肉体自体が弱っていき、

環境からのストレスに耐えれなくなってしまい

即ち、病という結果になってしまう。


病のある状態では身体が弱まり、さらに肉体的なり

精神的な本格的な病気に繋がっていく事になる。


神経に生じる一番の問題は「圧迫された神経」という状態であり

神経だけでなく身体全体に悪影響を与える結果となります。


脳から出てきた神経は脊椎の孔を通っており

もしこの脊椎が正しく配列していないと、神経が余計な刺激を受けたり

圧迫されたり、引っ張られた状態に陥ってしまう。


こうして影響を受けるのは神経だけでなく

孔を一緒に通っている血管から、椎間板、靭帯、関節、筋肉

筋膜、腱、髄膜、リンパ腺、その他結合組織、脂肪といった

全部が考えられる。


しかも神経というのは単に信号を送っているだけでなく

最新の研究によると

化学的な栄養物質が流れているということで

この流れが阻害される可能性も高いです。


こうした状態が起こる原因はたくさんある。


例えば事故なり転倒であるが、たとえ小さな事故であっても

脊柱を狂わせる可能性がある。

あるいはある姿勢で曲がったり、ねじった場合

さらには寝たり起きている時の姿勢が悪いことが原因であるかもしれない。


さらに肉体的なり精神的に同じようなストレスが常時かかり

何週間なり、何か月後に生じてくる場合もあろう。


圧迫されているというよりは、神経が椎間孔で圧縮された状態

というのが正しい表現であり、医学的には

「神経圧迫」なり「神経浸食」ということになるが

バランス整体では脊髄がズレてしまい

椎間孔が狭まり、神経他を圧迫して

各種障害を起こす現象を、

簡単に「脊椎・背骨のゆがみ(ずれ・亜脱臼)」という

言葉で表現している。


神経が締め付けられた状態では、信号の流れが変わってしまい

結果として全身が影響を受けてしまう。


こうして病気なり病気の元の状態を作り出してしまう。


神経系統の機能が悪いと、肉体なり精神に悪影響を与えることが判っている。


例えば大腸に行く神経に歪みを加えると潰瘍なり

便秘・下痢と言った消化器官障害を起こすかもしれない。


こうした現象は他の神経でも言える。


さらに脊柱の配列が正しくないと、骨格全体がバランスを失い

疲れを生じることになります。


疲れや疲労感というのは、

実は脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)の

最初の兆候なのであります。


実際に神経が圧迫された状態にあっても、痛さを感じる事は少ないです。


痛いと感じるのは脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)の

一つの症状にしか過ぎずたまにしか生じない。

というのは、神経でも痛さを伝達する神経は知覚神経だけなので

その他の神経が圧迫されている場合は痛さを感じない訳であります。


知覚神経がひどい締め付けを受けない限り、実際には

痛みは生じないのである。


とうい事は、神経なりそれと一緒に走る組織が障害を受けても

痛くなく、逆に痛みがある場合には

運が悪いということになってしまう。とはいえ

つねられたような痛みがある人は、脊柱に何か問題ありということで

バランス整体に行く結果となり

実は幸運を言わなければならない。

痛みの無い人達に、どう説明してよいかがバランス整体に与えられた

課題といって良い。

脊椎・背骨・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)の説明をし、皆に理解してもらい

定期的な脊柱検査の必要性を説くわけであります。


骨のゆがみ(ズレ)を矯正(正す)。

バランス整体で脊椎・重力バランス軸に力をかける治療というのは

決して、ゆがみ(ズレ)た骨を元の場所に移動させようとしているのではありません。


ゆがみ(ズレて亜脱臼)として固定してしまった脊椎を緩めてやり

その脊椎が動きたいようにさせるだけなのです。


身体自体が脊椎をどのように動かせばよいのかを正確に知っている訳です。


ただし、バランス整体は、その脊椎がどちらの方向に行くべきか

大体分かっています。

バランス整体を、もっと判り易く説明するのに

泥道に嵌まり込んだ車を想像するのが良いです。


車輪が空回転するだけで、車は全く動かない状況に

誰か助けに来て、車を押せば、うまく土を捕えて走り出せます。


車を押した人は、決して2トンなりの重さを押したわけではなく

適当なはずみをつけて適正な方向に押しただけで

車はうまく泥を抜け出せるのです。


身体はいつでも脊柱を何とか調整しようとしており

背中の筋肉は脊椎が正常な位置にあるように

常に引っ張っています。

バランス整体では、脊椎をあるべき場所に嵌め込むのではなく

身体自身がゆがんだ(ズレた)脊椎を元に戻せるようなハズミをつけてやるのです。


そうすうと脊椎は、それまでのゆがんで(ズレて)固定した場所から

筋肉の力で自然とあるべき位置に戻ることになります。


脊椎がどの位置に行くべきかは、施術者が決めるのではなく

身体が決定する事なのです。


「矯正をする施術者は強い人がいいのでは!?」


と聞く人がいますが、実際に必要なのは力の強さでなく

技術の問題なのです。


人間は常に自分の脊椎を正常な位置に戻そうと

働いている力が存在しているわけで

別に外部からの力は必要ではありません。


必要なのは適正な方向に適当なハズミをつけるだけで良いのです。


すなわち、矯正治療の方向とハズミが適正であれば

力は殆どいらないのです。


バランス整体での脊椎・骨盤のゆがみ(ズレ・亜脱臼)の分析と矯正には

たくさん存在しそれぞれの技術どれでも

脊椎を調整できるわけであります。


バランス整体は骨のゆがみ(ズレ)を矯正(正す)ことを得意としています。


バランス整体での予防


バランス整体は

疾病の原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み

にあるとの考えに基づいており

その歪みを調整することで疾病の治療を行っております。

そして、バランス整体の治療は

痛みもなく身体に無害な、わずか数分間

背骨を触れた程度にしか感じない、穏やかであっという間の治療です。

 

筋肉や骨といった筋骨格系の機能と構造的な障害

そして、それらが及ぼす神経系の機能異常

健康全般への影響を診断することで治療、予防し

薬物や外科をなるべく用いずに、自然治癒力を取り戻す治療法なのです。


背骨に直接関係する障害。

たとえば首の痛みや腰の痛み、

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛といった症状の改善に

効果を発揮することはよく知られたことですが

背骨は、身体のすべての神経の通り道を構成しているため

配列の問題(それがたとえレントゲンで見極められないほどに微妙なものであっても)が

生じていると全身のあらゆるところの機能に障害が出ます。

それは心の安定さえも影響します。

そして、背骨の配列の問題は気づかないうちに進行していきます。

背骨の配列の問題。たとえば

交通事故などに巻き込まれて、直接急激な物理的損傷を受けた場合は

すぐに症状として認められますが

日常生活において徐々に蝕まれていく場合は

症状がある程度進行するまで自覚がありません。


脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)を持っていても、

身体には痛みを感じない場合が殆どで

健康だとばかり一人合点しているうちに

じわじわと病が進行していくということになります。


バランス整体は

神経を圧迫するような脊椎・骨盤のゆがみ(ズレ・亜脱臼)の箇所を発見し

バランス整体独自の方法でゆがみ(ズレ)を矯正し

結果として神経への圧迫を消すことが出来ます。


これが脊柱調整と呼ばれる方法であります。


バランス整体はゆがみ(ずれ・亜脱臼)の場所を見つけ出し

脊柱調整という事でゆがみ(ずれ・亜脱臼)を取り除くのです。

そもそも私たちの背骨は、直立歩行を基本とする動物であるために

構造力学上大きく負担をかけています。

歩いたり座ったり、何かを持ち上げたり

横になったり、しゃがんだりといった日常の生活の中で

私たちの背骨は痛めつけられています。


背骨はすべての神経の流れる通路であるため

もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。


メンテナンスを定期的に行って

症状が現れないうちに治すのが予防医療の本質であります。


そして、病気を直接治療するのではなく、人間が本来持っている

自然治癒力の増進を目的にしている現代的治療方法で

医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け

健康を維持できるような自然療法であり

乳児からお年寄りまで何百万人という人達が生命を脅かす病気を含め

数々の病から回復できる最新療法がバランス整体なのです。

毎年、使用量が増え続けている医薬品に頼るのではなく

人間誰もが自然治癒力を持っていることを気付かせてくれるような療法

これがバランス整体なのです。


バランス整体の基本理念は

正常な身体機能を邪魔する要素を取り去って、健康増進を計ろう

というものであります。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

背骨【脊椎・骨盤のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達