福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 足関節捻挫の記事一覧

足首が痛い・足首が痛む・足関節捻挫       Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績     

2013.08.18 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,口コミ・人気・接骨院,捻挫,足の痛み,足関節捻挫

足首が痛い・足首が痛む

 

 

 

 

 

 


足首に問題を感じる方

足関節

すなわち足首の怪我(捻挫、骨折など)は
一生の怪我のうちでも最も頻度が高いものに入ります。

足関節捻挫は正式には
足関節靭帯損傷といいます。

特に傷めやすいのが
足首の外側にある靭帯(前距腓靭帯)です。

足をくじいたり、捻ったりして損傷する怪我の殆どが
この靭帯に起こります。

捻挫とは文字通り関節を、捻り挫く事をいい
骨と骨を繋ぐ可動部関節周辺部位の損傷
関節を包む関節包や
骨と骨を繋ぐ靭帯及び軟部組織(内臓〓骨以外の総称)を
損傷した状態を指します。

関節に、生理的可動許容範囲を超えた動きが強要される為
関節周囲の組織の損傷は大なり小なり必ず起こります。

多くは損傷に連動して患部に
痛みや腫脹、熱感等の炎症を引き起こすのです。

また、理論上、関節がある部位なら
場所を限定せず全身に起こりうるが
現実的には起きやすい関節、おこりにくい関節がある。

捻挫の場所は多岐にわたります。

骨は元来硬いものですから
それらを繋ぎ支える関節部に衝撃が集まりやすく
傷害を受けやすいです。

また関節自体動かせる範囲が決まっており
加えて継続して力のかかる動きには弱く
運動時に限らず日常生活でも捻挫はよく引き起こされます。

ぎっくり腰やムチウチ症などは
日常生活で起こりうる捻挫の代表例であります。

治療として基本的には
冷やして(当院では最初からあたためますが)
腫脹をひかせること。

足首が動かないように
固定(軽い場合は包帯、中程度以上の場合はギブス)すること
を行います。

しかし、超音波撮影にて
足関節に不安定性が明らかに認められたときには
先ほど述べた前距腓靭帯の完全断裂が疑われ
活動性の低い高齢者以外の人には
早期の良好な回復と再発予防が第一選択になります。

通常、軽度、中程度捻挫は
包帯やギブスによる3-4週間の固定で安定し
その後、簡単なリハビリをして回復します。

このような経過を行い、治療をしていくのですが
治療後に再発する患者さんが多いのが足関節捻挫の特徴です。

完全に痛みが引ても
何故か暫くすると再び同じ場所を損傷してくるのです。

特に活動性の高いスポーツ選手に多いのです。

では、何故、この足首の捻挫は再発しやすいのでしょうか。

それは、足首を捻ったときに生じた微妙な骨(足根骨)のずれが
そのまま残っているからと考えられます。

今の現代医学では、足首に損傷が起こった場合
靭帯の治療、腫れ、痛みをとる治療はしますが
肝心で根本的な問題に目を向けていないわけです。

不運なことに、この微妙な骨のずれは
レントゲン写真では同定不可能です。

これは、怪我した足首を入念に観察し
その上で繊細に触診することで判断することが出来ます。

逆に、仕事やスポーツによる繰り返しストレスや
正しくない姿勢・動作によって
症状を感じることなく、いつの間にか
この骨のずれが生じてしまっている場合も良く見られます。

このような状態では、正常な状態に比べ
高い頻度で
いっそう怪我をしやすい状態にあるといえます。

足首の神経と背骨という視点から解釈致しますと
バランス整体では
足首の神経を支配する背骨の領域を整えた後
この骨のずれ、即ち
踵骨と距骨を手によって矯正して治していきます。

皆様に分かってほしいことは、足や足首に問題があると
その上部にある膝、股、腰、または首に影響し
それらの痛みや不調の原因になってくるわけです。

足首に問題を感じる方でどこに行ってもダメな方は
是非、当院においでくださいませ。
 

足首が痛い・足首が痛む・足関節捻挫 

どうしても治りが悪い場合は是非当院においでくださいませ。
我々が、脊椎骨盤の根本から治していきます。
当院の患者さんでも
この

足首が痛い・足首が痛む・足関節捻挫

が改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 
 
 
 
 
 
 

足首が痛い Ι 整体・接骨は口コミNO.1:足首が痛い,足関節捻挫でお悩みのあなた(足首が痛い,足関節捻挫専門で28年11000人の実績)

2013.04.19 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,捻挫,整体・接骨院,猫背,股関節のゆがみ,足関節捻挫,足首が痛い,骨盤のゆがみ,骨盤矯正

足首が痛い!

膝や足首の障害は、加齢変性による痛みや動かしづらに加え

オーバーユースと言われる関節や筋肉の使い過ぎ

が原因になることが多い部位です。


膝や足首関節周囲は自由な運動ができ、可動性がある一方で

横方向からの衝撃や強いひねり動作に耐えられず

疲労や負担、微細な組織の損傷が蓄積しやすい部分でもあります。


足首の関節は体が地面に着く時に一番初めに運動を起こす組織で

この部分がゆがみ動きに制限があると

膝から上に問題をおこす可能性がとても大きくなります。


痛みの原因が関節の問題である場合は

骨と骨の隙間を正常に戻すことにより動きをスムーズにし

改善をはかります。


また年を重ねると骨同士がぶつかることで変形もみられる場合があるので

接触しないような矯正も必要です。


足の内くるぶしのところに

足根管というトンネル状の構造があります。

ここには神経、血管、腱が通っており

この足根管が圧迫されると

足底や爪先に痺れや痛み、違和感などを引き起こすことがあります。


捻挫などの外傷を繰り返したり

不良姿勢(猫背)や重心のアンバランスによって

足首に過剰な体重負荷がかかっている状態が続くと

足根管に障害がおこる原因になるのです。

 

また、股関節のゆがみも伴っていますから

膝→足首→足底へとゆがみが蓄積していくうちに

足の痛みが発生するのです。


つまり、足の痛みの原因の多くは歪みが原因です。


この様に、歪み問題があると、足の痛みの原因になります。

と言うのも、かたよった歩き方姿勢をつづけていると

足に負担がかかってしまう為です。


当院のバランス整体治療では

骨格の矯正をして、バランスを整えていきますので

痛みがしだいに軽減していきます。


具体的には、足の骨では距骨の外方変位。

踵骨の後方変位や中足骨を矯正します。


足の骨を矯正すると足のバランスが良くなります。


またこの部分の神経は腰から来ていますので、

骨盤や腰の骨も矯正し

足の筋肉の機能回復と血行の改善をします。


痛みがなく違和感だけなら通常、

2~3回程度の施術でかなり良くなりますが

痛みがある場合は、もう少し長くかかります。


歩くのが辛い。という方は

是非、足首の矯正を行って下さい。

足首が痛い,足関節捻挫 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:足首が痛い,足関節捻挫でお悩みのあなた(足首が痛い,足関節捻挫専門で28年11000人の実績)

2013.04.18 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,捻挫,整体・接骨院,足関節捻挫,足首が痛い


足関節捻挫について


捻挫とは、関節に可動範囲以上の外力が加えられた時に

関節周囲に起こる筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で

患部に痛みや腫れ、炎症を伴う症状の事です。


捻挫はあらゆる関節(手首・膝・腰など)で起こりますが

足首で起こることがもっとも多く

足首の怪我(捻挫、骨折など)は

一生の怪我のうちでも最も頻度が高いものに入ります。


症状と致しましては

足首が痛い。

足の裏が痛い。

足の指先が痺れる

捻ると痛い

などがみられます。


足関節捻挫は正式には足関節靭帯損傷といいます。

特に傷めやすいのが、足首の外側にある靭帯(前距腓靭帯)です。

足をくじいたり、捻ったりして損傷する怪我の殆どがこの靭帯に起こります。

 

治療として基本的には

冷やして(当院では最初からあたためますが)腫脹をひかせること

足首が動かないように固定(軽い場合は包帯、中程度以上の場合はギブス)すること

を行います。

しかし、超音波撮影にて

足関節に不安定性が明らかに認められたときには

先ほど述べた前距腓靭帯の完全断裂が疑われ

活動性の低い高齢者以外の人には、早期の良好な回復と再発予防が第一選択になります。

通常、軽度、中程度捻挫は

包帯やギブスによる3-4週間の固定で安定し

その後、簡単なリハビリをして回復します。


このような経過を行い、治療をしていくのですが

治療後に再発する患者さんが多いのが足関節捻挫の特徴です。

完全に痛みが引ても、何故か暫くすると再び同じ場所を損傷してくるのです。

特に活動性の高いスポーツ選手に多いのです。


では、何故、この足首の捻挫は再発しやすいのでしょうか。


それは、足首を捻ったときに生じた微妙な骨(足根骨)のずれが

そのまま残っているからと考えられます。

多くの方は捻挫をした後、痛みが無くなれば治ったと思います。

しかし、その考えが捻挫を癖にしてしまうのです。


捻挫をした場合、必ずと言っていいほど関節のバランス(重力バランス軸)が崩れます。

そのバランス(重力バランス軸)の崩れを放置することが捻挫のクセを生んでしまいます。

更に言いますと、捻挫する前から足首の関節そののもや

背骨、骨盤、重力バランス軸を中心に身体のバランスも崩れている事が原因で

捻挫を起こしやすい身体の環境をつくってしまっているのです。


もし捻挫をしてしまった場合は、身体の治癒力を高めるために

それが癖にならない為にも

バランスの崩れた背骨、骨盤、重力バランス軸や関節の矯正を行うことが絶対に必要です。

捻挫をした場合、足首の関節で、骨のズレが起きている事があり

それをそのままにしておくと、ずっと違和感として残る事があるからです。

また、脚の外側の筋肉が無理に引き伸ばされた格好になり

緊張した状態が続いていることもあります。


また、仕事やスポーツによる繰り返しストレスや、正しくない姿勢

動作によって、症状を感じることなく

いつの間にか、この骨のずれが生じてしまっている場合も良く見られます。


このような状態では、正常な状態に比べ

高い頻度で怪我をしやすい状態にあるといえます。

 

足首の神経と背骨という視点から解釈致しますと

バランス整体では

足首の神経を支配する背骨の領域を整えた後、この骨のずれ

即ち、踵骨と距骨を手によって矯正して治していきます。


皆様に分かってほしいことは、足や足首に問題があると

その上部にある膝、股、腰、または首に影響し

それらの痛みや不調の原因になってくるわけです。


しかし、現代西洋医学では、足首に損傷が起こった場合

靭帯の治療、腫れ、痛みをとる治療はしますが

肝心で根本的な問題に目を向けていないわけです。

不運なことに、この微妙な骨のずれはレントゲン写真では同定不可能です。

これは、怪我した足首を入念に観察し

その上で繊細に触診することで判断することが出来ます。


足首に問題を感じる方でどこに行っても
ダメな方は

    是非、当院においでくださいませ。    

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達