福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 背骨・脊椎の劣化の記事一覧

椎間板ヘルニア        Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.11.09 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,患者さまの喜びの声(動画),整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,椎間板ヘルニア,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,背骨・脊椎の劣化,背骨(脊柱・脊椎)の劣化,脊椎・背骨矯正,腰の痛み,腰痛,骨盤矯正

腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛の患者さまの喜びの体験談

腰痛、ヘルニア4ぎっくり腰12

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニア

まず、椎間板とは何か。という事ですが
脊柱(背骨)は頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨など
たくさんの椎骨が連結してできています。

その椎骨同士をつなげているのが椎間板です。

体をかがめたり、後ろへ反らしたりする時
椎骨は硬いので変形しませんが
その代りに椎間板が変形することで脊柱が屈曲・伸展します。

椎間板は頚椎から腰椎にかけての部分にあるのですが
椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)とは
この椎間板がはみ出している状態のことです。

脊柱の一部である椎間板は
椎間板の「ズレ」とか「破裂」、「ヘルニア」、「脱出症」
といったような言葉が良く使われてきているが
実際にはどうなのでしょうか。

動物の多くは四足ですから
脊椎は重力に垂直になっていますが
これに対して人間は二足歩行であり
脊椎は重力と平行方向になります。

このため、二本足で立っている人間の椎間板には
大きな負荷がかかります。

そのために椎間板ヘルニアが起き易いのですが
椎間板ヘルニアは、腰椎に一番起き易く
次に頸椎に多起こり易くなります。

椎間板ヘルニアになると足腰や頚椎に強い痛みがありますが
椎間板ヘルニアになる原因は大きく分けると
不規則な日常生活と、体の老化によるものになります。

例えば、日常生活で腰に負担がかかる仕事に従事している人や
仕事で長時間座っている人などが椎間板ヘルニアになり易く
日頃から姿勢が悪い人も
椎間板ヘルニアには注意なければなりません。

・背骨に大きな負担をかける

・足を組んだり横座りなど

体に歪みを作るような姿勢も要注意です。

椎間板は2つの部分からなっており
頑丈な繊維質でできた外側(環状繊維質)と
ゲル状の中心(髄核)とから成っています。

椎間板が持つ機能はたくさんあり、脊椎の各骨の間で
ショックを吸収する働きをしたり
脊柱が全体としてうまく曲がるのを助け
さらに脊柱が連続した一本の骨として
まとまる役割をしています。

また、脊椎には23の椎間板があります。

昼間、立っていることにより、椎間板の中の液が乾燥し
薄くなるために、人間の背丈は寝る前に比べ
朝は、実に6~12ミリ高くなっています。

驚くことに、15歳くらいで椎間板のすり減りや、破れが出てきます。

さらに年を取ってくると、内部の液体が減り
ひび割れが外側の壁に沿って出てきます。

これがいわゆる「椎間板の膨隆」になるわけです。

さらに髄核がたるみ過ぎると、繊維質から外れてしまい
「髄核の脱出」という障害に発展してしまいます。

椎間板は頚椎の間にありますが
堅い線維輪と高圧に保たれている中心の部分があります。

そして、この線維輪が何らかの理由で弱ると
椎間板がふくれ、そのために神経が圧迫されます。

つまり、椎間板が神経に向かってふくれて
そのふくれた椎間板が神経に当たることで痛みが出てくるのです。

椎間板が傷んでくると脊椎下部の腰椎と
仙骨辺りの神経に障害を与えます。

こうなると骨盤の辺りに色々な症状が出てくることになります。

具体的には子宮内膜症をはじめ、膀胱や性器や腎臓の炎症
前立腺の問題、流産、不妊症、性行不能
尿の漏れ、膀胱炎、月経痛、便秘などである。

というわけで慢性の腰痛がある場合
大抵このような色々な問題も抱えていることが多いので
簡単に考えてしまうのはいかがなものかと思います。
 
腰痛、ヘルニア2
腰痛、ヘルニア6腰痛09 066腰痛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
椎間板ヘルニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
薬は人を健康にはしません!

脊椎の滑々した形は徐々に劣化していきます。
椎間板も膨れたり萎んだり
脊椎の靭帯、腱、筋肉は硬く弱体化し
脊柱全体としても縮み、柔軟性や、安定性、強度が落ちる
といった変性が生じてきます。

これこそ、脊柱の劣化なのです。

脊柱が劣化を起こし始めると、その影響は身体全体に影響します。

長年に積もった歪みから体内の化学物質も変化を起こし
神経の流れが悪くなり
自然と内臓も悪影響を受けるというわけで
日常生活のストレスにうまく対処していく能力も減ってきます。

脊柱というのは日常、色々な障害を受けている病気から
事故、あるいは精神的なストレス、転倒などの怪我であるが
一番の問題は脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)という事になります。

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)があると、
椎間板をはじめ、靭帯、腱、骨自体の劣化を
呼び起こします。

「全ての物には、本来存在すべき最適の場所がある。」
という格言は、家中の整理整頓で使われていますが
これは人間の身体にも言える事であります。

人生には時として肉体的、精神的に辛い事が出現するもので
結果として、脊椎が本来あるべき場所からズレてしまい
周りの神経や骨、椎間板、靭帯
その他軟組織を圧迫する場合があります。

脊椎・背骨・骨盤矯正で脊椎に力をかける治療というのは
決して、ゆがんだ(ズレた)骨を元の場所に
移動させようとしているのではありません。

ゆがんで(ズレて) 亜脱臼として固定してしまった脊椎を緩めてやり
その脊椎が動きたいようにさせるだけなのです。

身体自体が脊椎をどのように動かせばよいのかを
正確に知っている訳です。

身体はいつでも脊柱を何とか調整しようとしており
背中の筋肉は脊椎が正常な位置にあるように
常に引っ張っています。

脊椎・背骨・下あご・骨盤矯正治療では、
脊椎をあるべき場所に嵌め込むのではなく
身体自身がゆがんだ(ズレた)脊椎を
元に戻せるようなハズミをつけてやるのです。

そうすうと脊椎は、それまでのゆがんで(ズレて)固定した場所から
筋肉の力で自然とあるべき位置に戻ることになります。

脊椎がどの位置に行くべきかは、
バランス整体が決めるのではなく
身体が決定する事なのです。

バランス整体が本来目指しているのは、健康を常に保ち
最初から病気にならない事なのであります。

バランス整体というのは、理想的には健康維持の方法であります。

実際に症状が起こる以前に、健康にとっては最悪の
脊柱神経圧迫という状態を発見できるのがバランス整体であります。

健康というのは、単に症状がない。ということでは決してありません。

身体が完全に機能し、脊柱が真っ直ぐで、熟睡、元気
さらにエネルギーで溢れている事であります。
もし症状が何もないのが健康という事であれば
アスピリンなり、医薬品でも健康が得られることになります。

即ち、一番たくさん薬を服用する人が
一番健康という結果になってしまいます。

薬は決して人を健康にはしません。
症状を軽減するかもしれませんが
その人を健康には決してしていません。

健康になる方法は何でしょうか。

「生命」が健康の源であります。

生命を100%自分の中に流し、脊柱神経にストレスがない状態
すなわち、脳からのエネルギーが身体全体くまなく行き渡るのが
健康の正体であります。
この状態に持っていくのがバランス整体の目的なのです。
 
腰痛、頸椎ヘルニア9
 
腰痛、頸椎ヘルニア8
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
椎間板ヘルニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
病気になる前に、日頃のメンテナンスを!

ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を長期間にわたり持っていると、
結果として脊柱の劣化という事に繋がっていきます。

脊柱の変性なり、痛みというのは大抵
痛みもなく進行していき、痛みに気付いた時にはすでに
脊椎の劣化が何年にもわたり続いていたという事であります。

これにはたくさんの原因が存在します。

脊椎の配列が悪いと、脊柱の重心が移動し、脊椎によっては
他より、余計な圧迫を受け、歪みに対して
脊柱を安定させるために、骨が変形をしていくことになります。

歪みが神経への圧迫をも生じさせると
脊椎とそれに接した軟組織(椎間板、靭帯、腱)が摩耗してしまいます。

こうした障害が生じると、当然ながら身体全体への悪影響も起こり
バランスを崩して病気にも発展していくことになります。

脊柱の健康度は、どの位、脊柱が劣化しているか。
ということでありますが
こうした進行を、ただ手をこまねいて待つべきではありません。

脊椎・背骨・骨盤で矯正していけば、関節や神経、椎間板
その他の組織を死ぬまで健康で丈夫にしていける
可能性がおおいにあるのです。

ある研究では
「関節の動きを元の状態に回復させれば
生理学的に関節自体の機能も回復できる。」としています。

脊柱の劣化を回復させることが出来る。という証明が
次々となされてきているのです。

また、別の研究では
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)矯正により、
劣化の進行を遅らせることが出来るだけでなく
元の状態に回復させることも、実際に可能である。
としています。

バランス整体による治療を早く始めれば始める程良いです。

劣化を早期発見すればするほど、劣化進行を遅らせ
しかも改善させていくのに都合が良いからです。

勿論、脊柱の劣化自身が進行しない様にするのが一番であります。

脊柱が劣化を起こし始めると、その影響は身体全体に影響します。

長年に積もった歪みから体内の化学物質も変化を起こし
神経の流れが悪くなって、自然と内臓も悪影響を受けるというわけで
日常生活のストレスにうまく対処していく能力も減ってきます。

歩くのが一寸でも億劫になってきたら、慢性疲労の兆候
と言っていいでしょう。

人生の長きにわたっての脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が溜まってきて
脊柱の劣化が起こるのです。

バランス整体の技術での脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の
分析と矯正には40種類以上が存在し
それぞれの技術どれでも脊椎を調整できるわけであります。

脊柱の劣化を発見するには
バランス整体による定期検査を受ける事が必要です。

転んだり怪我などの事故をおこした人達も必ず
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が無いかどうかを
確かめてもらう事も重要です。

今日のようなストレスに満ちた現代社会に住んでいる人達に
一番肝心なのは、脊柱を定期的に診てもらい
気エネルギーや健康を損なう
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を取り除く事であります。

背骨はすべての神経の流れる通路であるため
もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。 

病気になる前に、日頃のメンテナンスを兼ねて
是非、当院にお越しください。
背骨のゆがみ11脊椎・骨盤のゆがみ11
 
椎間板・腰痛3
 
背骨の歪みでおこる症状
 
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

側弯症(側湾症) Ι 整体・接骨は口コミNO.1:肩こり、首こり、腰痛、背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績    

2013.07.11 | Category: 側弯,側弯症(側湾症),口コミ、人気、評判NO・1,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,背骨・脊椎の劣化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側弯症と背骨・脊椎の劣化

劣化を早期発見する事が重要です。

殆どの人の脊柱は真っ直ぐでなく

僅か左か右に曲がっているものであります。


しかも幾つかの脊椎に捩れが加わっている場合もあります。


こうした曲がりや捩れがひどいと、脊柱側弯症ということになります。


側弯症の85~90%では、原因がわからず、特発性側弯症と

呼ばれています。

さらにこの現象で面白い事には、脊柱腱、筋肉には

異常が見つからないことであります。

勿論、側弯症が重症になれば脊椎だけでなく

椎間板、靭帯、腱、筋肉などに異常が発生してきます。


側弯症の10~15%の原因は、腫瘍や炎症、大脳麻痺

筋ジストロフィーといった神経筋の病気

出産時に生じた障害、椎間板などであります。


さらに誰にも説明のつかないのが

どうして側弯症が悪化しながら、90%の場合には

曲がり具合がそのまま持続する事です。


一般には悪い姿勢が側弯症の原因と考えられているが

この考え方は間違っています。

さらに妊娠時に側弯症があると、妊娠自体より問題が生じる

という考え方も間違いであります。


側弯症があるとは全く気付かず、普通に暮らしている人達が殆どであります。


側弯症で死ぬという事もありません。

但し側弯症も重症になれば神経筋の障害により

(肋骨の締め付けによるものではない)

呼吸器系統や心臓機能に悪影響を及ぼします。

30度以下の側弯症では、健康に問題を生じません。

 

元々健康であった身体の一部が曲がる

という異常な状態である側弯症には

何かしらの原因があります。

 

脊椎がゆがみんでいる(傾き・ズレている)と、

本来脊柱が守るべき神経を圧迫、傷つけてしまい

100%の機能が発揮されない事になります。


これが原因で病やアンバランス、不調という問題に発展していくことになる。


ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)の状態では神経や靭帯、

椎間板、関節を痛めつけ、筋肉を弱め

身体各所にくべき信号エネルギーを狂わせてしまう事になる。


色々な症状が出てくるまでに、

神経への圧迫が何年にもわたり続いていた場合が多い。


長年の蓄積で抵抗力が弱まり、ついに病気に至ってしまうわけだ。


バランス整体ではまず、脊柱と背中全体を診察し

脊椎神経に圧迫[ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)]が

生じてないかどうかを診察します。


次にゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)のある部分を矯正し、調節を計る。

ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)の矯正がバランス整体の治療であり

短時間で痛みもない方法なのです。


バランス整体による治療を早く始めれば始める程良いです。

劣化を早期発見すればするほど、劣化進行を遅らせ

しかも改善させていくのに都合が良いからです。


バランス整体が本来目指しているのは、健康を常に保ち

最初から病気にならない事なのであります。


バランス整体というのは、理想的には健康維持の方法であります。

実際に症状が起こる以前に、健康にとっては最悪の

脊柱神経圧迫という状態を発見できるのがバランス整体であります。


こうしたことについても、是非当院でお聞きください。


当院としては、あなたになるべく早く良くなって欲しい。と考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側弯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側弯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


側弯症と神経障害


添え木を当てた場合には脊柱が50%真っ直ぐになる

という研究結果がありましたが

添え木を長期間着用していると

その効果がなくなる事が、その後、発見されました。


添え木を当て始めて6か月程度は50%の割合で改善されるが

6か月を過ぎると回復率が下がってしまいます。


さらに添え木を外してしまうと、添え木着用より前より

15%の改善が残っているものの

5年後には添え木を当てる前と全く同じ状況になってしまいます。


とはいえ、ここで示している数字は、あくまでも平均であり

人によって改善がかなり良かったり、それ程でない事があります。


添え木という方法は、無効果ではないものの

万人向きとはいえません。


添え木療法と同じように、電気刺激療法にも

かなりの批判が集まっています。

「大人の特発性側弯症に対して、電気刺激療法の効果は

添え木療法と同じ程度のものでしかない。」


さらに問題点としては

「患者は、添え木を外してしまうことがよくあり、しかも

石膏となると患者が精神的障害を受けてしまうことがある。」

ことである。

 

姿勢や身体のバランスを司る神経系統の障害が

側弯症の引き金になっているというのが最新の研究結果であります。


ある神経の検査だけで、側弯症の有無を

95%の確率で発見できたという調査があります。


バランス整体による療法ですが

バランス整体は元来、病気を直接治療する方法ではなく

勿論、側弯症も例外ではありません。


バランス整体では、脊柱神経の歪みを直す。


こうした歪みが存在すると、神経系統が正常に動かず

身体全体としても、機能低下を起こします。


脊柱神経に圧迫といった歪みがなければ、側弯症だけでなく

あらゆる病気や異常に対して抵抗力がより出てくるわけであります。


最新の研究報告にあるように、

神経障害が側弯症の原因であるとする結論は

バランス整体が目指す神経系統の狂いをなくして健康を保つ

という理論を補強してくれるものであります。


バランス整体の治療の目的は脊椎を健康にすること。

即ち、神経や筋肉、靭帯、関節、骨、内臓に生じている

ストレスを取り除く事であります。


バランス整体の治療の効果がすぐ出てくる場合もあるし

しばらく時間が必要な事もあります。


効果がうまく出てくるまでの時間は、生まれつきの体質、食事内容

生活態度、定期的にバランス整体を受けてるかどうか

などで違ってきます。


バランス整体の治療の目的は

脊椎神経に発生した圧迫[ゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)]を正して

人間が本来持っている自然治癒力が上手く働くようにさせる事です。


この脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)亜脱臼というのは、

生命エネルギーの流れを阻害する健康上最悪の物だ。


このゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)を矯正する事により、

自然治癒力が働いて元気が復活し

健康を取り戻せるようになります。


というわけで、バランス整体の診療所の待合室には

あらゆる病気の人がやってきますが、共通している事は

脊椎神経の圧迫を矯正するために来ているのです。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!
 

側弯症(側湾症) 、肩こり、首こり、腰痛、五十肩 、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達