福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 股関節の記事一覧

腰痛・ヘルニアや狭窄症など極度の慢性症状を治す決め手は股関節

2017.04.25 | Category: ヘルニア,四十肩、五十肩,慢性症状,狭窄症,股関節,股関節痛,肩こり・首こり,腰痛,腸腰筋,膝の痛み,膝痛

全ての慢性症状の原因は『股関節』に集約できる

ヘルニアや狭窄症など極度の慢性症状を治すのに
『うまく使えていない筋肉を使えるようにする』 というだけで
何倍も速く結果が出てしまいます。

この世の9割の患者さんは、 筋肉を正しく使うことができていません。

深層筋や殿筋が上手く機能していないために、
他の筋肉へ過剰な負担がかかり、何度施術しても症状が再発するのです。

では、うまく使えていない筋肉を再起動して、
どんな慢性症状も短時間で治すためには、具体的に何をすればいいのでしょうか?

全ての慢性症状の原因は『股関節』に集約できる

なぜ、股関節なのでしょうか?

それは、全身のあらゆる慢性症状の原因が 股関節に集約しているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右の画像をご覧ください。

股関節は『腸腰筋(※腰の深層筋)』という筋肉を通して、
骨盤・背骨とつながっているのです。

股関節がうまく使えなくなると、 必然的に腸腰筋は伸縮できなくなってしまいます。

 

そして腸腰筋の伸縮しない状態が続くと、
 何もしなくても勝手に固まっていってしまうので、
骨盤や背骨を引っ張ってしまい、全身に歪みが生じるのです。

そう、つまり全身のあらゆる慢性症状の 最も大きな原因は
“股関節”であるということができます

逆に、この股関節さえ正しく動かせるようになれば…
ただ歩いているだけでも勝手に回復するようになる

股関節の可動域が拡がり、腸腰筋がグングン動くようになると、
ただ歩いているだけでも腰の深部の筋肉はやわらかくなっていきます。

その結果、骨盤や背骨を歪ませていた原因がなくなります。

肋骨や肩甲骨もピタッと正しい位置に収まるようになるので、
腰痛はもちろん、肩こりや四十肩五十肩も劇的に改善するのです。 

すると、今まで腰だけで支えていた体重を上半身全体で支えることができるようになり、
下半身への負担が格段に減るので、股関節痛や膝痛も根本的に解消することができます。 

まさに『股関節調整=全身調整』ということが言えるのです。

患者さん1人1人に“身体の使い方の癖”があります。
この癖を治すことができなければ、次第に身体は歪んでいき、症状は再発するでしょう。
 

よく「患者さんが正しい姿勢を守ってくれないと再発する」と説明する先生がいますが、
それは確かにおっしゃる通りです。 

でも、身体の癖というものは非常に頑固なもので、
本当に姿勢の悪い方はどれだけ頑張っても治すことができなかったのが現実です。

しかし当院では施術中から『半強制的に』姿勢の癖を矯正できるようになります。

※『半強制的に』というと、なんとなく強引なイメージを抱くかもしれませんが、
 強烈な刺激を与えることは一切ないので、絶対にケガをさせる心配はありません。

手技を行う過程で、勝手に患者さんの姿勢がよくなっていき、
身体の癖まで自動的に書き換わっていくのです。

つまり患者さんに細かい姿勢指導を守っていただく必要はなく、
ただ整体を行っているだけでも、
健常者とほぼ同じ身体の使い方になってしまうということです。

実際に、当院には福山市・尾道市・井原市・笠岡市・府中市からが訪れますが、
その中には当然、遠方から一度しか通院できない患者さんも沢山いらっしゃいます。

股関節さえ正しく動かせるようになれば…
ただ歩いているだけでも勝手に回復するようになる   

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達