福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 生理痛の記事一覧

子宮筋腫と自律神経

2017.04.30 | Category: PMS,アトピー,ストレス,ピル,ホルモンバランス,不妊,乳ガン,合成ホルモン剤,妊娠,子宮ガン,尿漏れ,更年期症状,生理前症候群,生理痛,生理痛、生理不順,筋腫,肌の老化,肥満,自律神経,薬の副作用

思い当たる事はありますか?

 

 

 

 

 

 

病院で経過観察と言われた

けれど、その間にも筋腫がどんどん大きくなっている。

生理時、あまりに多くの出血で外出も出来ない。

病院の先生から子宮筋腫があると妊娠しにくいと言われて・・・ 仕事中に息切れ・立ちくらみが頻繁に起こる。

ピルや合成ホルモン剤効果があまり感じられない。

筋腫を切ったのに、たった2年後に再発。 閉経後20年近く経ったのに筋腫が・・・ 痛み止めの薬と介護用紙パンツと尿取パッドが手放せない。

病院のドクターの説明では、なんにも分からない。

筋腫を子宮ごと切ってしまったのに、 まだ生理痛?やPMS?の症状で・・・

薬の副作用で急激に太り、 頭髪も抜け落ちてしまい、一年中ニット帽を被ったままの生活。

ほんの一部ですが、 これは「子宮筋腫改善」を施術された方々が施術前に悩んでいた症状です。

そして皆さんこの施術で改善され、お喜びのお手紙も沢山いただいています。

 普通の生活の中で無理もなく、あなたの子宮筋腫を改善する方法をお伝えして行きます。

あなたは、子宮筋腫のできた理由を知っていますか?

子宮筋腫だけでなく、病気にはすべて原因があります。

あなたは、どうして子宮筋腫のできた理由も分からないのに

気楽にピルを使ったり、手術をしたりするのですか?

子宮筋腫は、自律神経・ホルモンバランスの崩れが原因です。

それを、きちんと教えてもらっていませんね。

だから、あなたはこんな間違った方法に取り組んで、

あなたの命を削っているのです。

それだけでは、ありません。

ホルモンバランス・自律神経の崩れはあなたの子さんやお孫さんの命まで、おびやかしているのです。

たかが生理痛でそんなに大げさに、と思っていませんか?

ホルモンバランス・自律神経が崩れていると

子宮筋腫が大きくなります。
 

不妊の確立が大変高くなります。
 

乳ガンや子宮頸ガン、子宮ガンなどの発病率が高くなります。
 

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が若くても起こります。
 

肥満、薄毛、肌の老化をはじめとする、体中の老化が進みます。
 

心臓病が起こりやすくなります。

 

尿漏れ、慢性的な尿路感染症など膀胱の問題が起こりやすくなります。
 

性生活が苦痛になります。

 

あなたの未来の赤ちゃんが成長した時、
悪影響の出る確立がぐんと上がります。

 

*もちろん、ここには書ききれないほどの症状が、まだまだ沢山あります。

あなたが施術を実行して
 

洪水のような生理が解消したら
 

1週間以上もダラダラ続く生理が改善したら
 

1ヶ月に2回も来る生理や腹痛が改善したら、
 

鉄分を飲んでも治らない、貧血が改善したら
 

たまらない生理痛が起きなくなったら

 

疲れたり、イライラしなくなったら
 

気に障る人が、素直に受け入れられるようになったら
 

よごす心配なく薄い色の洋服を着ることが出来たら
 

いつでも、どこにでも,生理を心配しないで行くことが出来たら
 

あなたを悩ます便秘・肌荒れが解消したら
 

筋腫が改善して、妊娠への希望が見えたら

*ホルモンバランスについて、わかりやすく、

きちんとした知識を持つことが出来たらあなたはどんなに幸せだと思うことでしょう。

そんなことができる施術があるとしたら試してみたいと思いませんか?

10代から40代の日本女性の70%以上の人が

●生理痛や子宮筋腫

 
●PMS(生理前症候群)などで悩んでいます。
 

4人に1人に子宮筋腫があるともいわれています。
 

しかし、40年くらい前までは、生理痛や子宮筋腫で悩む人はほとんどいなかったのです。

乳ガンも子宮ガンもほとんどありませんでした。

それがどうして、こんなに生理痛、子宮筋腫 、乳ガン、子宮ガンなどが増えてきたのでしょうか?
 

それには、食生活の変化が大きく影響しています。
 

また、ストレスなど考え方やこころのあり方も影響しています。
 

これらの影響で自律神経やホルモンバランスが崩れ、生理痛、子宮筋腫、 乳ガン、
 

子宮ガンなどが増えてきているのです。
 

でも、ほとんどの女性は生理痛の意味を知りません。

 
「生理痛はないのが普通ですよ」と言いますと、

 
「エー、ウソ、生理痛があるのは普通でしょ。お母さんも生理痛があったって言います」
 

という答えが返ってきます。
 

ですから、初潮の時に生理用品と痛み止めの薬を買い与える母親もいるのです。
 

「生理の何日か痛みをがまんするか、痛み止めの薬を飲めば大丈夫」
 
とほとんどの女性が思っています。
 

病院でも、「生理痛は痛みがひどくなければ鎮痛剤を飲んで上手にコントローしましょう」
 

と鎮痛剤を勧めます。

 
こんな状態ですから、ほとんどの女性は生理痛は気にしていません。

 
子宮筋腫や子宮内膜症で、ひどい生理が来るようになって初めてあわてるのです。

生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症などは、ホルモンバランスや自律神経の崩れです。

あなたのホルモンバランスや自律神経が崩れていると、あなたのお子さんや

お孫さんの脳や生殖器にも悪影響が出やすくなります。

産まれたばかりで、真っ赤にアトピーが出ている赤ちゃん、
 

ADHD(注意欠陥多動性障害)男子の精子の減少、女子の生理不順を始め、
 

色々な障害の原因を子宮筋腫という形で子宮の中で作ってしまいます。
 

ホルモンは、特に女性の体や心に大きな影響をあたえます。
 

そうしてあなたの老化も加速させて行きます。
 

その結果、性欲の減退、おなかやお尻や太ももに脂肪がたまる、

抜け毛、細くて腰のない髪の毛、不眠症、物忘れ、肌のシミ、シワなどが現れます。

どうしてホルモンの影響が知られていないの?

「ホルモン」と聞くと
 

なんだかよくわからない、
 

自分ではどうにもできない、
 

病院に頼るしかない、
 

ほとんどの人はそう思います。
 

それは当然です。
 

学校でも病院でもホルモンについてはお教えてくれないのですから。
 

でも、大丈夫!
 

あなたは貧血になったらどうしますか?

「ホウレンソウを食べる」「レバーを食べる」等々と答えますね。
 

その通りです。

血液は食べ物で出来ていると、あなたは知っているからです。
 

私たちの体の中の物は、すべて私たちが飲んだり食べたりしたもので出来ているのです。

もちろんホルモンも同じです。
 

しかし、病院で医師は、 「ホルモンと食べ物とは、あまり関係がない」と言います。

 
そうして、痛み止めの薬や、ホルモン療法、手術を勧めます。
 

これは、残念ですが、ホルモンに対する日本の医療が遅れているためです。

それに、食べ物の指導をしても、病院の収入にはなりません。

 

子宮筋腫を病院では・・・

経過を見守る
 

見守る、実際には貧血があれば造血剤を処方する。

合併症があればその治療をしますが、
 

子宮筋腫を改善するための指導はありません。
 

薬で子宮筋腫に伴う症状を止める

貧血であれば造血剤、生理痛がひどければ鎮痛剤を使います。

特に10代から20代の女性は、生理痛のひどい人が多く、

 
鎮痛剤をドラッグストアで気軽に買っています。

女性向きに可愛いパッケージですので、

薬というより、可愛いお菓子感覚で買い、使う人が大変増えています。
 

これは大変危険なことです。

鎮痛剤は飲んでるうちに効きが弱まり、飲む量を増やしてしまいます。
 

そうして、体の自然治癒力を低下させて行きます。
 

ホルモン療法

 

合成ホルモンを使って、生理を1時的に止めて筋腫を小さくする方法です。
 

しかし、合成ホルモンの使用を止めれば、また筋腫が大きくなります。

そのために1時的な方法として使われます。
 

合成ホルモンを使うと、かえって女性の体のホルモンバランスは崩れます。

そのために、イライラする、のぼせる等更年期症状がでたり、
 

体内で栄養素が無駄に使われたりして、子宮筋腫の症状が悪化します。
 

手術
 

・筋腫だけを切り取る
 

・子宮を全部とる

 
どちらの手術も根本療法ではありません。

筋腫ができる原因のホルモンバランス・自律神経の崩れが改善されたのではありません。

ホルモンバランス・自律神経を改善しないと、筋腫だけとってもまた筋腫はできますし、

子宮をとってしまえば、更年期症状が急激に現れます。

 

◆「それでは、どうすればいいの?」◆

★大丈夫です★

あなたの子宮筋腫を改善するための
 

自然で体に無理のない施術プログラムが、今ここにあります。

これは、私が長年研究をしてきました。

ぜひ、あなたもホルモンバランスについて理解して、子宮筋腫を改善し、
 

"調和のとれた、最高の健康(オプティマル・ヘルス)と、しあわせな生活"」

を手に入れてください。

生理痛・生理不順

2014.02.01 | Category: PMS(月経前症候群),あご(顎関節)の矯正,ホルモンバランス,生理不順,生理痛,甲状腺ホルモン,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,自律神経

生理痛 生理不順11

生理痛 生理不順1生理痛 生理不順6

生理痛 生理不順7生理痛 生理不順2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生理痛

 

 

 

生理痛・生理不順に別れを告げて、ホルモン美人になる!

女性なら誰でも経験する、生理時のつらさ…。
「体質だからしかたがない」なんて、あきらめないでください。

■生理時のつらい痛み、さまざまな症状

「生理になると、下腹部や腰のあたりが痛む」
「立っていられないほどつらい」
「ぼーっとして仕事に集中できない」

生理時の症状は人それぞれですが、ひどい人は寝込んでしまうほど……。
あまりの痛みやつらさに、仕事を休まざるをえない人も少なくありません。

でも、生理痛は個人差があるため、
なかなか理解されにくいのではないでしょうか?

その上、イライラしたり、異常に食欲が出たり、眠くなったり、
うつ状態になったり、肌荒れを起こしたり……。
他にも、頭痛、吐き気、めまいなどの症状をともなうこともあります。

こんなにつらい状態がおよそ月に一度訪れるのですから、
本当にゆううつですよね。

生理痛は、鎮痛薬でなんとかしのいでいるという人も
多いのではないでしょうか?

しかし、鎮痛薬は痛みをごまかすだけで、生理痛の原因を
治療する効果はありません。
それに、すべての薬には副作用がありますから、
飲み続ければなんらかの悪影響が出てしまう場合もあるのです。

■ホルモンバランスの乱れを見過ごしてはいけない!

生理痛の主な原因は、ホルモンバランスの乱れ。
痛みの原因となるホルモンが過剰に分泌されることによって、
痛みが起こります。

生理痛の直接的な原因でもあるホルモンバランスの乱れ…
実は「頸椎・下あご・脊椎・骨格・骨盤・重力バランス軸のゆがみ、ずれ」と
関係が有ることをご存知でしたか?

あごから脳につながる三叉神経は、たくさんの情報を脳に伝達しています。
そのため、頸椎・下あご・脊椎・骨格・骨盤・重力バランス軸が
ゆがみ・ずれているという情報がダイレクトに
脳に伝わってしまうので脳が強烈なストレスを感じ、
ホルモンバランスの乱れなどを引き起こす可能性があります。

また、下あごがずれていると首のねじれによって甲状腺が圧迫され、
甲状腺ホルモンのバランスが大きくくずれる要因のひとつとなります。

頸椎・下あご・脊椎・骨格・骨盤・重力バランス軸がゆがみ・ずれていると、
自律神経、ホルモン、免疫など、大切な体の機能がうまく働かず、
体にさまざまな不調が生じる可能性があります。

逆にいえば、頸椎・下あご・脊椎・骨格・骨盤・重力バランス軸がゆがみ・ずれが
原因となっている場合、下あごを正しい位置にすることで、
ホルモンバランスが改善される効果が期待できます。

当院にはバランス整体の治療によって
「長年悩んでいた生理不順や生理痛などが嘘のように消えてしまった」という
体験をしている女性がたくさんいらっしゃいます。

生理痛や生理不順で悩んでいる方は、
ぜひ一度、当院にご相談ください。

体のゆがみチェックも行っています。
あなたのご来院をお待ちしています。
 
当院の患者さんでも生理痛・生理不順・むちうち・首、肩こり・
腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛・つけ根の痛み・股関節の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは


 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが

 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など

 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。そんなあなたは、まず当院にご来院してみて下さい。

生理痛 生理不順9生理痛 生理不順のツボ1

生理痛 生理不順15生理痛 生理不順5自然治癒力・上部頸椎17

全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

 


生理痛・生理不順と産前・産後の骨盤のゆがみ、骨盤矯正        Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.07.25 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,女性ホルモン,整体・接骨院,生理不順,生理痛,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,自律神経のバランス,骨盤のゆがみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
バランス整体で女性の悩みを解決します。

実は、バランス整体の治療で
生理痛・生理不順が軽減する人、解消する人
は少なくありません。

バランス整体では
骨盤のゆがみ・ねじれが子宮などの骨盤内臓にもねじれを発生させ
これが月経にともなう
子宮粘膜に対する刺激を増強させると考えます。

骨盤のゆがみ・ねじれを改善させることで、粘膜刺激が軽くなり
下腹部痛が改善されるわけです。 

また、生理前には卵巣からリラキシン(リラクシン)
という女性ホルモンの一種が分泌されますが
このホルモンには
骨盤を安定させている靱帯をゆるめる働きがあります。

骨盤について、理解を深めたいと思いますが
寛骨、腸骨、恥骨、坐骨
また、仙骨、尾骨で構成されるリング状の骨を骨盤と言い
左右対称の、逆三角形に似た形をしており
身体の上半身と下半身を繋ぐ
身体の中心にある骨の事を言います。

骨盤の上には脊柱、頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個
いわゆる背骨がついています。

頭と上半身を支える役割を担っており
妊娠中の方にとって、骨盤はとても大切な存在なのです。

そのため、普段から骨盤にゆるみがある人の場合
ゆるみが増強されて
関節(仙腸関節や恥骨結合などの)に離開が生じ
防御反応としての筋緊張も強くなって
骨盤周囲に痛みが発生すると考えます。

ですから、普段のゆるみを軽減させておくことで
生理時(生理前)の腰痛・臀部痛が改善されるわけです。

生理不順はもちろん不妊で悩んでいる方も
ぜひバランス整体の治療も
その選択肢の一つに加えていただきたいと思ってます。

というのは、バランス整体は
薬を使わずに治療するため副作用の心配がないので
たとえ残念ながら狙った効果が得られなかったとしても
少なくとも健康増進には役立つからです。

バランス整体は以下の症状に役立てることができます。

・腰痛

・頭痛

・肩こり

・背中の痛み

・生理痛

・四十肩・五十肩

・ぎっくり腰

・膝の痛み

・坐骨神経痛

・手のしびれ

・自律神経失調

・股関節の痛み

・肩の痛み

・めまい

・寝違え・首の痛み

・足首の痛み

・手首の痛み

・骨盤矯正

・妊娠中・産後の腰痛

・O脚・X脚

などにも役立てることが出来ます。

話がそれましたが、骨盤の異常を解消することで
生理不順や生理痛が解消することはめずらしくありませんし
中年以降の女性のホルモン分泌低下を最小限にする
あるいは改善することでアンチエイジング効果も期待できると考えています。

大袈裟に表現すれば自己ホルモン療法ともいえるわけです。

生理痛・生理不順でお悩みの方は
是非一度当院にご来院ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バランス整体で血流やホルモンバランスの安定

バランス整体で生理不順が解消できるのですか!?

と思われる方もいるかもしれませんが
生理不順にもバランス整体は有効です。

バランス整体には
頭蓋骨がリズミカルに収縮-膨張するという考え方があって
このリズム運動が正常な時にはじめて
ホルモンも正常に分泌されると考えられます。

頭の骨がポンプ運動することで
脳幹の視床下部(脳の中心付近にあります)や
下垂体(視床下部の下にぶらさがっています)に
圧縮-弛緩のくり返しが加わり
ホルモンが分泌されると考えています。

したがって、そのリズム運動を正常化させると
脳幹の視床下部や下垂体の機能が回復し
ホルモン分泌が整えられ
ひいては生理が正常になるというわけです。

この頭のポンプ運動は、頭の骨そのものの柔軟性とともに
骨盤の柔軟性、背骨の柔軟性があって始めて
理想的なポンプ運動が生じます。

ですから、姿勢のゆがみが改善し
歩くと背骨がしなるような柔軟性を獲得すると
生理も正常になるというわけです。

ただし、バランス整体が有効な場合は
ホルモンバランスや自律神経のはたらきが
乱れてしまうことでおこる生理痛ですが
生理痛の8割くらいは
このような原因で起こるといわれています。

ホルルモンバランスや
自律神経のはたらきが乱れてしまう原因はいろいろありますが
骨盤や上部頸椎(第一頸椎)のゆがみが原因になることが多いです。

骨盤のゆがみ・ねじれは
子宮などの骨盤内臓にもゆがみ・ねじれを発生させ
これが
月経にともなう子宮粘膜に対する刺激を増強させると考え
骨盤のゆがみ・ねじれを改善させるこで
粘膜刺激が軽くなり下腹部痛が改善されていきます。

また背骨や骨盤を調整することで
自律神経のバランスが整えられ、血流やホルモンバランスが安定し
月経時に放出される痛みの物質が減少していきます。

バランス整体の治療の目的は脊椎を健康にすること。

即ち、神経や筋肉、靭帯、関節、骨、内臓に生じている
ストレスを取り除く事であります。

バランス整体の治療の効果がすぐ出てくる場合もあるし
しばらく時間が必要な事もあります。

効果がうまく出てくるまでの時間は、生まれつきの体質、食事内容
生活態度、定期的にバランス整体を受けてるかどうか
などで違ってきます。

バランス整体による治療を早く始めれば始める程良いです。

脊椎・椎間板の劣化を早期発見すればするほど、劣化進行を遅らせ
しかも改善させていくのに都合が良いからです。

バランス整体が本来目指しているのは
健康を常に保ち
最初から病気にならない事なのであります。

バランス整体というのは、理想的には健康維持の方法であります。

実際に症状が起こる以前に、健康にとっては最悪の
脊柱神経圧迫という状態を発見できるのが
バランス整体であります。

こうしたことについても、是非当院でお聞きください。

当院としては
あなたになるべく早く良くなって欲しい。と考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康な子供に恵まれる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実は、生理不順を起こさせる骨盤の状態には一定の傾向があります。 

若い人で骨盤が極端にしまって硬くなっている人。

特に右側が硬くなっている人は、生理が起きにくかったり
無排卵になったりする傾向があります。 

左の骨盤がゆるんでいる人は生理痛の傾向が。

中年以降の人で骨盤が硬くなっている人は、
更年期(閉経期)かそれ以降を示唆しています。 

上記のような骨盤の異常を解消することで
生理不順や生理痛が解消することはめずらしくありませんし
中年以降の女性のホルモン分泌低下を最小限にする
あるいは改善することで
アンチエイジング効果も期待できると考えています。

大袈裟に表現すれば自己ホルモン療法ともいえるわけです。

また、妊娠にバランス整体は絶対に必要であります。

母となる親と赤ん坊として生まれてくる両方にとって
バランス整体は欠かせない事項の一つであります。

通常の人よりもっとバランス整体を必要としているのは
妊婦である。

妊娠にとってこうした健康体を出来るだけ保つことは必須であり
妊娠と出産に備えることが出来ます。

バランス整体で脊椎を正常に保ち
生殖臓器なり、他の器官への神経の流れを
正常に保つことが肝心であります。

神経系統へのちょっとした邪魔でも
母親と成長を続ける胎児に
悪影響を与える可能性があります。

妊娠中にバランス整体を受けるもう一つの利点は
薬を使わず健康を保てるという事であります。

処方箋によるものであれ、
売薬であれ胎児への影響が必ずあり
安全な薬というのは存在しません。


妊婦にとって一番安全なのは薬を避け
健康管理にはなるべく自然な方法を取る事であります。

どんな薬であっても、胎児への障害や成長異常をもたらすものであります。

妊娠初期3か月では、薬を取る事は最低限にすべきです。

動物実験によればどんな薬でも、必ず何らかの形で
胎児に先天性の問題をもたらします。

妊娠中に薬を取る事に関しては
母親のその薬に対する必要性と
胎児に与える悪影響のリスクを
秤にかけることが必須です。

妊娠中は、肉体的にも精神的にも
身体の中で大きな変化が起きている訳で
バランス整体をより一層必要とするわけであります。

妊娠の体重変化により重心が変わるだけでなく
卵巣からのリラキシン(リラクシン)と呼ばれるホルモンにより
脊椎が柔軟性を帯びるようになる。

このリラキシン(リラクシン)というホルモンは骨盤の靭帯を柔らかくして
出産時にうまく伸びるように働くわけだが
脊柱の方は妊娠により、かなりの負担が加わってるのに加え

このリラキシン・ホルモンが問題を引き起こす可能性が高い。

ただし慢性的な脊椎障害を持っている場合
このリラキシンにより、修正が簡単にいく場合があることも
見逃せません。

妊娠していると心配の種は尽きない。

妊娠をうまく保てるか。だけでなく胎児が生まれるまで大丈夫か。
さらには、つわり、胎児が順調に発育しているか。

背中や足が痛い。陣痛が安全で痛くないか。
とたくさんあります。

こうした心配の種が、バランス整体で取り除ける可能性が多いにあります。

妊娠中にバランス整体の治療を受けると
妊娠が順調にいき、吐き気が減り
予定日通りで順調なお産となり、普通よりも
健康な子供に恵まれる可能性が高いです。

是非、活用して下さい。

 

 

 

 

生理痛、生理不順とバランス整体 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:生理痛、生理不順,背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.29 | Category: ホルモンバランス,口コミ、人気、評判NO・1,女性ホルモン,整体・接骨院,生理不順,生理痛,生理痛、生理不順,背骨のゆがみ・ずれ,自律神経のバランス

 

女性特有の問題として、生理痛や生理不順があります。


バランス整体で生理不順が解消できるのですか!?

と思われる方もいるかもしれませんが

生理不順にもバランス整体は有効です。


ただし、バランス整体が有効な場合は

ホルモンバランスや自律神経のはたらきが乱れてしまうことでおこる生理痛ですが

生理痛の8割くらいは、このような原因で起こるといわれています。

ホルルモンバランスや自律神経のはたらきが乱れてしまう原因はいろいろありますが、

骨盤や上部頸椎、重力バランス軸のゆがみが原因になることが多いです。


骨盤のねじれ(ゆがみ・傾き)は、子宮などの骨盤内臓にもねじれを発生させ

これが月経にともなう子宮粘膜に対する刺激を増強させると考え

骨盤のねじれ(ゆがみ・傾き)を改善させるこで

粘膜刺激が軽くなり下腹部痛が改善されていきます。

また背骨や骨盤を調整することで

自律神経のバランスが整えられ、血流やホルモンバランスが安定し

月経時に放出される痛みの物質が減少していきます。

 


通常、生理痛があると女性は痛み止めの薬を飲みます。

それによって痛み自体はある程度おさまるでしょうが

それがもとで胃をいためてしまったり、生理痛に伴う他の症状に苦しめられます。

それは、頭痛であったり、疲労感であったり、精神のいらいらであったりするわけです。

この様に、薬で対処していては一時的な症状の緩和のみで

根本療法にはなりません。


大切なことは

“痛み”は体に何か不都合なことが生じているという

重要なサインを見逃さないことです。


女性性器(子宮、卵巣など)に痛みを感じる神経の

根本的な源である背骨に部妙なずれがあって

そこでその神経に圧迫が加わっているかどうか

が問題なのです。


脊椎神経を圧迫することにより、あらゆる症状、疾患を起こしてきます。


特に、腰の骨(腰椎)にゆがみ・傾き(ずれ)があれば

子宮の筋肉の異常収縮や血行不良を起こし、痛みとなって現れます。


視床下部、下垂体、そして女性性器に作用する

女性ホルモンの分泌がうまくいかないことによっても

生理の周期に関連した問題、すなわち生理不順を起こしてきます。

これは、特に首の上の骨(上位頚椎⇒第1頸椎)や

腰、骨盤のゆがみ・傾き(ずれ)から生じることが多いようです。


生理前には卵巣からリラキシンという女性ホルモンの一種が分泌されますが

このホルモンには骨盤を安定させている靱帯をゆるめる働きがあります。


そのため、普段から骨盤に歪みがある人の場合

増強されて関節(仙腸関節や恥骨結合などの)に離開が生じ

防御反応としての筋緊張も強くなり、骨盤周囲に痛みが発生すると考えます。

ですから、普段の歪みを軽減させておくことで

生理時(生理前)の腰痛・臀部痛が改善する事が可能なのです。


この様に、バランス整体で

生理不順が改善することはめずらしくありませんし

時には不妊症の方が妊娠されることもあります。


ですから生理不順はもちろん

不妊で悩んでいる方も、ぜひバランス整体治療も

その選択肢の一つに加えていただきたいと思います。

と言いますのも、バランス整体は薬を使わずに治療するため

副作用の心配がないので安心して治療を行う事ができるからです。


症状、疾患は、単に薬で痛みを隠したり、ホルモン剤で症状を整えるのではなく

まずは根本的な問題を除去することが最も重要なのです。

それでも、改善しない場合は

薬の助けが必要になる事はあると思いますが

むやみな薬の摂取は控える事をお勧め致します。

 

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

生理痛、生理不順、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。
 

 

整体・接骨は口コミNO.1:頸椎矯正、あご矯正、骨格(骨盤)矯正、重力バランス軸矯正でPMS(月経前症候群)改善!?

2013.02.10 | Category: PMS(月経前症候群),免疫力,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,生理痛,産後の骨盤矯正,肩こり・首こり,腰痛,頭痛・偏頭痛,骨盤のゆがみ,骨盤矯正

 

 女性のみなさん、PMS(月経前症候群) にお悩みではありませんか? 

 PMSとは、生理がはじまる1週間ほど前から女性の体に起こるさまざまな症状のこと。

 症状に個人差はありますが、なんと9割以上の女性に、
 なんらかの自覚症状があるそうです。


■生理前のイライラの原因は? PMS(月経前症候群)

 PMSは個人差が大きく、あらわれる症状や程度も人によってさまざま。

 おなかが痛い、腰が痛い、肩がこる、頭が痛い、むくむ、だるい、
 異常に食欲がわく、異常に眠くなる……

 といった不快な身体的症状にくわえて、

 イライラする、攻撃的になる、集中力がなくなる、ゆううつになる……
 と、精神的にもあまり歓迎したくない変化があらわれます。

 腹痛や頭痛といった体の不調もつらいものですが、攻撃的な態度をとったり、
 八つ当たりをしたりすると、家族や友人、恋人など、
 まわりの人に迷惑をかけてしまいますよね。

 場合によっては、大切な人間関係にひびが入ってしまった、なんてことも……。

 後悔するものの、そのときはどうにもコントロールできないのです。

 また、集中力がなくなったり、やる気が出なかったりでは、
 仕事にも悪影響が出てしまいます。

 病院で相談すると、ピルや鎮痛剤、抗うつ剤などを処方されますが、
 これは一時的に症状をやわらげるだけの対症療法ですから、
 根本的な解決にはなりません。

 このようにやっかいなPMSですが、原因を解消しなければ、
 なかなか症状もよくならないのです。

 PMSの主な原因は、ホルモンバランスの乱れ。

 ホルモンバランスの異常をあなどってはいけません。

 女性は男性にくらべてホルモンの影響を受けやすくなっています。

 ホルモンバランスの乱れは、PMSだけでなく、生理不順、不妊症、
 多嚢胞性卵巣症候群、更年期障害などを引き起こします。

 それに、月に1週間もPMSに悩まされていたら、
 約4分の1の時間を不快な気分で過ごしていることになりますよね。

 なんだか、人生損をしているような気がしませんか?


■頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)が、
 ホルモン異常を引き起こしていた!

 ホルモンバランスの乱れの主な原因のひとつは、
「頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)」。

 あごから脳につながる三叉神経は、最も多くの情報を脳に伝達しています。

 ですから、頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)というのはダイレクトに脳に伝わり、
 強烈な脳のストレスとなってしまうため、ホルモンバランスの乱れ、
 自律神経の失調、免疫異常などが起こってしまうのです。

 また、頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)ていると、
 首のねじれによって甲状腺が圧迫され、
 甲状腺ホルモンのバランスが大きくくずれてしまいます。

 さらに、頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)が
 原因で起こる背骨のねじれや傾きを
 そのままにしておけば、肩こりや腰痛はもちろん、
 自律神経失調症を引き起こしたり、
 脳や内臓の働きが悪くなったりする可能性もあります。

 特に自律神経はホルモンバランスに大きな影響を与えるため、
 自律神経が乱れると、ホルモンバランスも不安定になります。

 このように、頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)ていると、
 自律神経、ホルモン、免疫など、
 大切な体の機能がうまく働きません。

 逆に言えば、頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸を
 適正な位置に持ってくるだけで、
 体のさまざまな機能がアップし、毎日を元気に、
 楽しく生き生きと過ごせるようになるのです。

 頸椎・下あご・骨格(骨盤)・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)を治すことで、
 骨盤のゆがみも解消されます。

 メラトニン(熟睡と若返りのホルモン)、エンドルフィン(幸せになるホルモン)、
 ドーパミン(やる気を出すホルモン)といった、
 いいホルモンもたくさん分泌されるようになります。

 生理不順やPMSで悩んでいる方は、
 ぜひ一度、福山市田澤接骨院にお越しください。
 バランス整体治療によって、重症だったPMSはもちろん、
 生理不順や生理痛などがすっかり消えてしまった、という方がたくさんいます。

 体のゆがみが一目でわかる、
 身体のゆがみチェックも行っています。

あなたのご来院をお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達