福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 手のしびれの記事一覧

手首に痺れや痛み   Ι 整体・接骨は口コミNO.1:手首に痺れや痛み,背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.24 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,手のしびれ,手根管症候群,手首の痛み,手首トンネル症候群,整体・接骨院

 手首に痺れや痛みはありませんか。


朝起きたら突然、手が痺れていた。

または、いつもほど手をシッカリと握れない

あるいは、指や手首に疼きや麻痺した感じ

さらに手や手首が痛くて夜中に目が覚める

という事はありませんか??


毎日使う、手の痺れは、例え。指一本でも気になるものですよね。


腕や、手は動くけれど、何となく痺れを感じる場合

一番多いのは、首の骨や、骨格の問題がある場合です。


安静にしていると、軽くなるかどうかも

重要なポイントです。


首や、肩、腕の痛みの表現方法には千差万別あります。

神経炎にはじまり、滑液包炎、神経痛、リウマチ

氷ついた肩、結合(繊維)組織炎症、捻挫、筋肉痛、血の巡りが悪い

など、たくさんあります。


肩なりの関節に問題があると年齢のせいにする人が多いですが

もう一歩の肩が痛くないわけで

老齢化というのは、良い説明ではありません。


動かす事で悪化する、手の痺れは

上半身の骨格の病気が原因となる事が、私の長年の臨床上からして

多い様な気が致します。


また、安静にしていても手の痺れを感じる場合

身体の動きに関係なくじーっとしていても手のしびれを感じる場合には

神経や、代謝の病気を疑う必要があります。


例えば、脊髄腫瘍や脊髄空洞症などの、脊髄の病気

ギラン・バレー症候群や多発性硬化症などの神経の病気

糖尿病などの代謝の病気、脳卒中などの血管の病気です。


また症状は、腕の上部や、肘、肩、首に出てくる場合もあります。


安静にしていると軽くなる手の痺れです。

例えば、首を後ろに反らせたり、前屈させた時に、痺れや痛みが強くなったり

腕や、手首をよく使ったあとに、痺れが強まったりする。


しかし、安静にしているときは、あまり気にならない場合

以下、5つの病気が考えられます。

・頚椎症

・頚椎椎間板ヘルニア

・後縦靭帯骨化症

・胸郭出口症候群

・手根管症候群

です。


手や手首を曲げると痛みが酷くなり、真っ直ぐ伸びると

それ程でもない場合があります。

また、握手で症状が和らぐ場合もあれば

逆に苦痛になる場合もあります。


こうした症状はCTS(手首トンネル症候群・手根管症候群)と呼ばれている障害であります。


手首の骨は丁度、トンネルのような構造をしており

そのトンネルの中を腱が9本と神経が1本通っています。


手首トンネル症候群(手根管症候群)は職業神経炎などとも呼ばれており

このトンネルの中を通る神経が萎縮したり圧迫されて生じるものであります。


たくさんの人たちが手首トンネル症候群(手根管症候群)の悩みを抱えており

ある当局によれば、手を使った職業に就いたアメリカ人の10人に一人が

この手首トンネル症候群(手根管症候群)障害を持っているといいます。


事実、手首トンネル症候群(手根管症候群)による障害が

産業界に与える影響が大変な数字となっています。


同じような作業を続ける事が多い主婦をはじめ

秘書、肉を切る人、流れ作業の現場工員、大工、音楽家といった人に

手首トンネル症候群(手根管症候群)が起きやすいです。


こうした場合は反復不調作業という事で

過使用症候群(OS)とも呼ばれています。

一番よくみられるのが、40歳から60歳の女性で

若い人には殆ど見られません。


半分以上の場合が突発性、即ち原因不明という事で処理されています。


原因が究明できる場合の殆どは、すでに述べたような反復作業なり

さらに手から転んだり、手の骨折が原因となっています。


現代医療の限界を発見したロバート・メンデルスゾーン医師は

手首トンネル症候群(手根管症候群)に対する現代医療方法で

満足のいく治療とならない場合が多い。

私のところに来る患者には

筋肉関節治療の専門家に会いに行くように勧めている。

と述べています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手首が痛い場合

手や手首を曲げると痛みが酷くなり、真っ直ぐ伸びると

それ程でもない場合があります。

また、握手で症状が和らぐ場合もあれば

逆に苦痛になる場合もあります。


こうした症状は手首トンネル症候群(CTS)と呼ばれている障害であります。


手首の骨は丁度、トンネルのような構造をしており

そのトンネルの中を腱が9本と神経が1本通っています。


手首トンネル症候群(手根管症候群)は職業神経炎などとも呼ばれており

このトンネルの中を通る神経が萎縮したり圧迫されて生じるものであります。


同じような作業を続ける事が多い主婦をはじめ

秘書、肉を切る人、流れ作業の現場工員、大工、音楽家といった人に

手首トンネル症候群が起きやすいです。


半分以上の場合が突発性、即ち原因不明という事で処理されています。

原因が究明できる場合の殆どは、すでに述べたような反復作業なり

さらに手から転んだり、手の骨折が原因となっています。

使っている工具の形状が悪かったり、振動があったりすると

手を傷め、手首トンネル症候群に発展する事もあります。

さらに手首トンネル症候群(手根管症候群)の引き金になる病気としては、リウマチや骨神経痛、

痛風、ガングリオン(手の裏の細胞が大きくなって襄腫のようになること)

があります。

さらに面白い現象としてこの手首トンネル症候群が妊娠中に起こる事であります。

さらに口経避妊剤を取っている人や

甲状腺の機能が低い人にも認められる現象であります。


手首トンネル症候群(手根管症候群)の殆どの場合、医師は原因をはっきりと発見できず

大抵痛みを和らげるという事で、添え木をあて、手首を動かさない様にするか

氷をあてるか、利尿剤、非ステロイド炎症防止剤を投薬するだけであります。


さらに症状がしつこく続く場合は、手首側の手のシワに

コルチコステロイドを注射します。

この注射で症状が収まることがありますが

再発度が高く、しかも副作用が強いです。


こうした各種治療がうまく働かない場合は、手術という事になります。

この様な手術をした場合の回復には

6か月から10年もかかるのであります。


手首トンネル症候群(手根管症候群)の治療に対しては、ある種の運動をはじめ

軟組織の治療、物理治療、ビタミンB6などによる栄養補給剤で

効果があると言われています。


バランス整体が手首トンネル症候群の治療方法というわけでは

決してありませんが、手首トンネル症候群(手根管症候群)の症状がある場合には

バランス整体で脊椎神経に圧迫がないかどうかを診てもらうべきであります。


首から出ている神経が、腕と手首の痛みに関係していることが判明しており

手首トンネル症候群(手根管症候群)の場合には、特に脊柱を診るのです。


脊柱が神経を圧迫していなければ、手首トンネル症候群(手根管症候群)を回復できる可能性が

高くなります。(手首トンネル症候群だけでなく、他の病気も含めて)


音楽家を含め、我々は当然手首だけでなく、日頃常に首も使っている訳で

首の圧迫が脊柱に影響して手首トンネル症候群(手根管症候群)をさらに悪化させている可能性もあります。


ある比較実験では、バランス整体の治療を受けた結果を

次のように述べています。


治療を終えた後では、力が増し、しかも動かせる範囲も広まっている。

半分以上の例で、こうした回復が充分に満足すべきものとなっている。と


さらに別の研究結果では、バランス整体の治療により

痛みが軽くなるか、100%改善されています。

脊柱が、手首に影響を与えるだけでなく、他の関節へも関係していることを

報告しています。

脊柱での問題から来る神経障害が、手首の腫れや手首トンネル症候群(手根管症候群)、テニス肘

かかとの痛み、土踏まずがないといった障害に関係していると思われます。


手首トンネル症候群(手根管症候群)と同じような症状を示す手首の障害として

ピシフォーム・ハメート症候群と呼ばれる病気があります。

(手首を形成する骨の名前から、この病名ができています)

手首トンネル症候群(手根管症候群)では手首トンネル内の神経が問題であったが

このピシフォーム・ハメート症候群では尺骨側の神経が

圧迫を受けていることが原因であります。


バランス整体は手首トンネル症候群専門の治療方法というわけでは

決してありませんが

手首トンネル症候群の症状がある場合には、バランス整体で脊椎に

何らかの圧迫がないかどうかを確認しておくべきです。


まだ確認されていない方は、是非脊椎の圧迫を診る事を

お勧め致します。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

手首に痺れや痛み 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ Ι 整体・接骨は口コミNO.1:首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ,背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.30 | Category: しびれ,口コミ、人気、評判NO・1,手のしびれ,背骨のゆがみ・ずれ,脚のしびれ,腰の痛み,頭痛・偏頭痛


首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ

しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障害で起こります。

ピリピリする、チクチクするなど

皮膚に触っても感じが鈍いなどの状態です。


腰が痛い、シビレが辛い、歩くのも困難になってきた

病院へ行ったもののしっかりとした治療をしてもらえなかった

なぜ痛いのか原因がわからないなど

腰痛で整形外科に受診された方々の多くが原因不明

もしくは何も異常がないと診断されており

腰痛患者に適切な処置がされないまま

状態が慢性化してしまうケースが多くみられます。


しびれは、老化や筋肉・腱などの疲労によるもの、末梢神経が圧迫されているもの

手足の血液循環がわるくなっているもののほか、脳の病気の徴候である場合もあります。


しびれを感じた場合にも

心配をしなくても良いしびれ

というのがあります。


起床時の一時的なしびれは

その部分が下になっていたため

圧迫されて血液循環がわるくなったものですから

起きてしばらくすれば良くなります。


同じ作業、機械的な動作を続ける職業などの人の部分的なしびれは

使いすぎによる筋肉や神経の疲労

あるいは圧力によって血液循環がわるくなったなどのため、起こってくるものです。

その場合は、作業や動作をやめ、体操などをすれば改善しますが

それでも改善されず、症状が続くようであれば

当院にお越し下さい。


おもに親指・人さし指・中指がしびれ、痛む。

中年の、特に手を使う仕事の女性に多く起こりますが

これは、手根管の中を走る正中神経の圧迫が疑われます。

手や足の末梢神経の障害は、手足の筋肉の動きにくさ

手足の末端のしびれ感、持続的な痛みが起こります。

左右対照的に末梢神経が冒される病気で

化学物質や薬物、栄養障害、妊娠、悪性の腫瘍などが原因でも起こりますが

もっとも多いのは血糖値が高い症状によるものです。


心配のない症状であれば、バランス整体の得意な分野の一つです。


その一方で、放っておかない方がいい症状も存在します。

脚のしびれ・痛みに腰痛をともなう場合。

これは、重度な腰の痛み、椎間板の傷み・変形

骨に小さな穴が多発する症状などが疑われます。


左右一方だけしびれ、マヒ、頭痛、めまい

ろれつが回らないなどの症状をともなう場合は

脳の血管の障害の始まりが疑われます。


寒冷や精神的緊張があると、手の指先が左右対称に蒼白になり

冷感・痛みをともなう症状が疑われ

ひどくなると充血・発赤・拍動性のうずきが出てきます。


発作的に四肢の末端に血行障害を起こす病気です。


首、肩、腕にかけての痛み、しびれ、だるさは

原因は頸椎の変形といわれますが、筋肉の過労も原因の一つと考えられます。

疲労した筋肉を休めるとともに、作業の姿勢に改善の余地がないか検討し

当院で適切な治療を行います。


痺れという、辛い症状から

一日でも早く解放いたします。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

首、肩、腕,脚にかけての痛み、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 


当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達