福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 座骨神経痛  の記事一覧

疲れや不調、病気になる前にAKAバランス整体(背骨・脊椎・骨盤矯正)

2014.04.20 | Category: 予防医療,座骨神経痛  ,未病,東洋医学,気(生命エネルギー),脊椎・背骨矯正,腰の痛み,自然治癒力,首の痛み,骨盤矯正

itami-tiryou疲れや不調、病気になる前にAKAバランス整体(背骨・脊椎・骨盤矯正)

骨盤矯正・ゆがみ13

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「黴菌が体内に入れば風邪を引く」
といった前提が西洋医学にあるように
バランス整体にも施術にあたっての
大前提となる論理が存在します。
それが
「背骨の歪みが体中に症状をもたらす」
というものです。

つまり、バランス整体(AKA・背骨・脊椎・骨盤矯正)は
「背骨」
が歪むことによって、体が
「本来、在るべき姿」
から引き離され、体の至る所が その悲鳴(症状)をあげる。
と考えており、その治療に当たるのが
バランス整体の目的であります。

バランス整体が最も大切にするのは
「脊椎」の歪みの有無。そして「脊髄」の正常性です 。

脊椎は、いわゆる背骨にあたる骨ですが
脊椎に守られるようにして通っている神経の束、
それが脊髄です。
この脊髄を通る電気信号が、通常であれば
体には一切変調が生まれません。

しかし、脊椎がゆがみ、
脊髄の信号経路が邪魔されてしまった場合
本来届くべき、電気信号が届かなくなり
当然、信号を受け取れなかった部分は悲鳴を上げます。

あるいは、信号に気付かずに何も反応をしてくれません。

つまり、バランス整体をシンプルに表現するとすれば
「脳からの連絡をしっかり伝える体にする」
と言うことになります。
その手段として脊髄を圧迫したりする主な原因となる
脊椎に注目をして施術を行うのです。

しかし、これは直接患部を治療する訳ではないので 
日本の医療の現場には受け入れられておりませんが
徐々に 認知も上がってきており
科学的な効果の検証も進められています。

西洋は東洋以上に
「数字、データ」
による検証を重要視する為、
逆に実証データが揃った時点で
道を閉ざすものがなくなったからです。

バランス整体は
腰痛治療、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰
リハビリなどの目的に非常に適しています。

今後の高齢化社会の中では
間違いなく需要が上がっていくといえるでしょう。

バランス整体の治療は
痛みもなく身体に無害な、わずか数分間
背骨を触れた程度にしか感じない、
穏やかであっという間の治療です。

背骨に直接関係する障害
たとえば首の痛みや腰の痛み、
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛といった症状の改善に
効果を発揮することはよく知られたことですが
背骨は、身体のすべての神経の通り道を構成しているため
配列の問題(それがたとえレントゲンで見極められないほどに
微妙なものであっても)が生じていると
全身のあらゆるところの機能に障害が出ます。

それは心の安定さえも影響します。

そして、背骨の配列の問題は気づかないうちに進行します。

背骨の配列の問題は
たとえば交通事故などに巻き込まれて、
直接急激な物理的損傷を受けた場合は
すぐに症状として認められますが
日常生活において徐々に蝕まれていく場合は
症状がある程度進行するまで自覚がありません。

この状態を
東洋医学では「未病」といいます。

病気とはいえないけれど、健康とも言いがたい。
そんな状態のことです。

ここ数年話題になっている
「予防医療」
という西洋医学の概念も、
この「未病」の段階で治療してしまうという考えです。

症状が現れないうちに治すのが予防医療の本質であり
体の調子が本調子とはいえないけれど
何がどうという症状が自覚できない段階です。

この段階の治療方法で最も効果的なのは
「自然治癒力」
を健全に作動させることだとして
日本でも「免疫力を高める」という言葉が知られています。
この免疫力。
東洋医学(中医学)では
独自の宇宙観に支えられた
「気(生命エネルギー)や血(血液)、水(体液)の流れ」に求め
バランス整体では「脳から背骨を貫く神経」に求めます。

メンテナンスということを難しく考える必要はないのです。

私たちの背骨は
私たち直立歩行を基本とする動物であるために
構造力学上大きく負担をかけています。

歩いたり座ったり、何かを持ち上げたり
横になったり、しゃがんだりといった日常の生活の中で
私たちの背骨は痛めつけられています。

背骨はすべての神経の流れる通路であるため
もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。 

病気になる前に、日頃のメンテナンスを兼ねて
是非、バランス整体の治療を
体験してみてください。
一時的な症状の緩和や、間違った治療を行わないためにも
体に違和感がある場合には
是非、当院のバランス整体で
頸椎・背骨・脊椎・骨盤矯正を受ける事を
お勧め致します。
当院の患者さんでも生理痛・生理不順・むちうち・首、肩こり・
腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛・つけ根の痛み・股関節の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、「原因不明」や「ストレス」など と診断されることも少なくはありません。どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。そんなあなたは、まず当院にご来院してみて下さい。

背骨のゆがみ4子供の猫背・側彎25

骨盤矯正10自然治癒力

腰痛・慢性化14

症状は氷山の一角

全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

 

 

 

脊椎(背骨)矯正・骨盤矯正 Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績    

2013.10.08 | Category: 偏頭痛,口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,座骨神経痛  ,整体・接骨院,椎間板ヘルニア,生理痛、生理不順,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,腰の痛み,腰痛,頭痛,首の痛み

腰痛・坐骨神経痛・膝の痛みの患者さまの喜びの体験談

066腰痛067腰痛117腰痛

 

 

 

 

 

 

 


脊椎(背骨)矯正・骨盤矯正

バランス整体は
疾病の原因が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、
機能的な歪みにあるとの考えに基づいており
その歪みを調整することで疾病の治療を行っております。

そして、バランス整体の治療は
痛みもなく身体に無害な、わずか数分間
背骨を触れた程度にしか感じない、
穏やかであっという間の治療です。

筋肉や骨といった筋骨格系の機能と構造的な障害
そして、それらが及ぼす神経系の機能異常
健康全般への影響を診断することで治療、
予防し薬物や外科をなるべく用いずに、
自然治癒力を取り戻す治療法なのです。

背骨に直接関係する障害。

たとえば首の痛みや腰の痛み、椎間板ヘルニアや
坐骨神経痛といった症状の改善に
効果を発揮することはよく知られたことですが
背骨は、身体のすべての神経の通り道を構成しているため
配列の問題(それがたとえレントゲンで
見極められないほどに微妙なものであっても)が生じていると
全身のあらゆるところの機能に障害が出ます。

それは心の安定さえも影響します。

そして、背骨の配列の問題は気づかないうちに進行していきます。

背骨の配列の問題。たとえば
交通事故などに巻き込まれて、直接急激な物理的損傷を受けた場合は
すぐに症状として認められますが
日常生活において徐々に蝕まれていく場合は
症状がある程度進行するまで自覚がありません。

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を持っていても、
身体には痛みを感じない場合が殆どで
健康だとばかり一人合点しているうちに
じわじわと病が進行していくということになります。

神経を圧迫するような脊椎のゆがみ・ズレ(亜脱臼)の
箇所を発見しゆがみ・ズレを矯正し
結果として神経への圧迫を消すことが出来ます。

これが脊柱調整{脊椎(背骨)矯正・骨盤矯正}と
呼ばれる方法であります。

脊椎のゆがみ・ズレ(亜脱臼の場所を見つけ出し
脊柱調整{脊椎(背骨)矯正・骨盤矯正}という事で
脊椎のゆがみ・ズレ(亜脱臼)を取り除くのです。

そもそも私たちの背骨は、
直立歩行を基本とする動物であるために
構造力学上大きく負担をかけています。

歩いたり座ったり、何かを持ち上げたり
横になったり、しゃがんだりといった日常の生活の中で
私たちの背骨は痛めつけられています。

背骨はすべての神経の流れる通路であるため
もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。 

メンテナンスを定期的に行って
症状が現れないうちに治すのが予防医療の本質であります。

そして、病気を直接治療するのではなく、
人間が本来持っている自然治癒力の増進を
目的にしている現代的治療方法で
医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け
健康を維持できるような自然療法であり

乳児からお年寄りまで何百万人という人達が
生命を脅かす病気を含め数々の病から回復できる
のがバランス整体なのです。

毎年、使用量が増え続けている医薬品に頼るのではなく
人間誰もが自然治癒力を持っていることを
気付かせてくれるような療法
これがバランス整体なのです。

バランス整体の基本理念は
正常な身体機能を邪魔する要素を取り去って、
健康増進を計ろうというものであります。

病気と戦うのではなく、人間が奥底に持つ治癒能力が
上手く働くように仕向けるのがバランス整体であります。

バランス整体の考え方というのは
「我々自身の身体が一番の医者であり
われわれが本来持っている自然能力を
阻害するような要素を取り除けば
元気が出て、回復もでき、長生きできる。

人間の身体は誰でも奥底に自然治癒能力を持っているので
それがうまく働き始めるようにさえすれば良いのである。

定期的にバランス整体の治療を受け、
脊椎神経の圧迫を無くせば
隠れた治癒力が働き始めるのである。」
 
背骨のゆがみ13
骨盤矯正・ゆがみ9
骨盤矯正・ゆがみ11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脊椎(背骨)矯正・骨盤矯正は短時間で痛みもない方法

酷い偏頭痛が直った人は、
偏頭痛にはバランス整体を受けるべきと言うだろうし
月経痛が直ってしまった女性は、月経痛で悩む女性は
絶対にバランス整体の治療を勧めるだろう。

背中や首の障害にはバランス整体が絶対という事になります。

とにかく人間が直面している殆どの病気に効き目を示すのが
バランス整体である。

心臓病であろうと、疲労、生理痛、
さらに消化器官障害や風邪、
インフルエンザにまで効果が認められます。

ここに挙げた偏頭痛や月経痛、背中の痛み、風邪、発熱
などといった病気を直すのがバランス整体では決してありません。

バランス整体の治療の目的は
脊椎神経に発生した圧迫(ゆがみ・ずれ・亜脱臼)を正して
人間が本来持っている自然治癒力が上手く働くようにさせる事です。

この脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)というのは、
生命エネルギーの流れを阻害する健康上最悪の物だ。

このゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を矯正する事により、
自然治癒力が働いて元気が復活し
健康を取り戻せるようになります。

というわけで、
当院にはあらゆる病気の人がやってきますが、
共通している事は
脊椎神経の圧迫(ゆがみ・ずれ・亜脱臼)を
矯正するために来ている。

この事実を知らないで脊椎矯正・骨盤矯正・重力バランス軸矯正の治療を受けに来る人もいるがとにかくバランス整体では
では病気個々を直そうとしているのではない。

というわけで「バランス整体は頭痛に良い」
というような言い方は間違っていることになります。

こうした間違いはよく見られます。というのは
バランス整体に行ったきっかけが
その人の病気にバランス整体が良いから。という
友達やらの話を聞いた場合が多いからである。

「脊柱にゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)があるか
どうか診察してください」
と言ってくる患者はまれであります。とかく患者は
現在困っている症状を軽くしたい為に当院の元へやってくるのです。

脊椎がゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)があると、
本来脊柱が守るべき神経を圧迫、傷つけてしまい
100%の機能が発揮されない事になります。

これが原因で病やアンバランス、
不調という問題に発展していくことになる。

ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の状態では
神経や靭帯、椎間板、関節を痛めつけ、筋肉を弱め
身体各所にくべき信号エネルギーを狂わせてしまう事になる。

色々な症状が出てくるまでに、
神経への圧迫が何年にもわたり続いていた場合が多い。

長年の蓄積で抵抗力が弱まり、ついに病気に至ってしまうわけです。

バランス整体ではまず、脊柱と背中全体を診察し
脊椎神経に圧迫{ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)}が
生じてないかどうかを診察します。

次にゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)のある部分を矯正し、調節を計る。

ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の矯正がバランス整体の治療であり
短時間で痛みもない方法なのです
腰痛・漫画2
 
脊椎・骨盤のゆがみ6
 
脊椎・骨盤のゆがみ12
脊椎・骨盤のゆがみ11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




脊椎矯正・骨盤矯正・重力バランス軸矯正は
病気を直接治療するのではなく、人間が本来持っている
自然治癒力の増進を目的にしている現代的治療方法であり
脊柱と脊髄にそった骨、ならびに神経に対して治療を行うのが
バランス整体であります。

医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け
健康を維持できるような自然療法であり
乳児から妊婦お年寄りまで何百万人という
人達が生命を脅かす病気を含め
数々の病から回復できる最新療法であります。

毎年、使用量が増え続けている医薬品に頼るのではなく
人間誰もが自然治癒力を持っていることを
気付かせてくれるような療法
こうした条件全てを満たすのが、バランス整体なのです。

神経に圧迫を加え、
その神経に繋がる器官組織に悪影響を与えたり
身体全体のバランスを崩し、身体を疲労させ
病気に対する抵抗力を低下させるなどして身体を弱める
こうした状況を作り出しているのが
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)
あるいは、脊椎神経圧迫と呼ばれる状態であります。

脊椎ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)(脊椎神経圧迫)というのは、
脊柱に物理的なゆがみ・ズレが生じ
バランスが崩れて神経を圧迫した状態であります。

脊椎ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)があると、
身体に流れるべく神経信号なり「気」が狂ってしまい、
病気(「気」の流れが病うこと)に
発展するわけです。

通常の近代西洋医学とは異なり、薬を使わない療法です。
 
病気や身体障害という人達を、大勢の方を助けてきたのが
バランス整体でありますが
このバランス整体の療法は、未だ一般には充分に
理解されていないのが現状であります。

地球古来の文明で使われた治療技術の殆どが
失われてしまっているが
バランス整体は、そうした古来の療法を引き継いでいます。

バランス整体では、背骨の健康状態を検査する事の大切さ
を昔から言ってきています。

脊柱の状態は、その人の健康状態の鍵なのであります。

バランス整体では脊椎に生じた
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を調整し
健康が保持できるようにし
しかも自覚症状の現れるような病気にかからない様に
予防してくれるのです。

脊髄に沿って神経が走っており、さらに脊柱を離れた神経は
身体中の筋肉や内臓、腺に辿り着きます。

神経を圧迫するような
脊椎のゆがみ・ズレ(亜脱臼)の箇所を発見すると
バランス整体独自の方法でゆがみ・ズレを矯正し
結果として神経への圧迫を消すことが出来ます。

バランス整体による
脊柱治療(脊椎矯正・骨盤矯正)により
身体全体のバランスが取れるだけでなく、
脊柱と神経系統に生じた圧迫が取れ、
身体全体の調和が生まれ
自然と病気に対する抵抗力が増し、身体機能も増進します。

こうした神経が脊椎のゆがみ・ズレで
圧迫を受けている箇所を発見します。

即ち、自然治癒力を阻害する根本を発見し
取り除くのがバランス整体なのであります。

バランス整体を正しく理解し
役割を分かって頂いたうえで
バランス整体を受けて頂きたいと思っております。
脊椎・骨盤のゆがみ5
背中の痛み1
背中の痛み2
 
脊椎・骨盤のゆがみ15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
脊椎・骨盤矯正
 
脊椎・骨盤のゆがみ19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


★脊椎矯正・骨盤矯正で自然治癒能力★

残念ながら、大多数の人達は
未だバランス整体の治療を受けたことがありません。

当然、バランス整体の内容を知らず
誰がバランス整体の治療を受けるべきなのか
バランス整体を何か摩訶不思議な
芸当と思っている人達もいます。

バランス整体で脊椎に力をかける治療というのは
決して、ゆがみ・ズレた骨を元の場所に
移動させようとしているのではありません。

ゆがみ・ズレて傾き・亜脱臼として
固定してしまった脊椎を緩めてやり
その脊椎が動きたいようにさせるだけなのです。

身体自体が脊椎をどのように動かせばよいのかを
正確に知っている訳です。

バランス整体の治療では、
脊椎をあるべき場所に嵌(は)め込むのではなく
身体自身がゆがみ・ズレた脊椎を
元に戻せるようなハズミをつけてやるのです。

そうすうと脊椎は、それまでのゆがみ・ズレて固定した場所から
筋肉の力で自然とあるべき位置に戻ることになります。

脊椎がどの位置に行くべきかは、
身体が決定する事なのです。

人間は常に自分の脊椎を正常な位置に戻そうと
働いている力が存在しているわけで
別に外部からの力は必要ではありません。

必要なのは適正な方向に適当な
ハズミをつけるだけで良いのです。

すなわち、矯正治療(脊椎矯正・骨盤矯正)の方向と
ハズミが適正であれば力は殆どいらないのです。

こうして脊椎を矯正していくわけですが
なぜ、脊椎の歪みが問題なのかと言いますと
神経への圧迫があると、身体エネルギーの調和が崩れ
圧迫を受けている神経のある所にある脊椎が
老化現象をはじめてしまう。

こうなると健康が損なわれた状態なのであります。

これを防ぐためにバランス整体では、たとえ症状がなくとも
定期的に脊柱を診てもらう事を勧めているのです。

健康を失い、病気になる以前に、健康保持を考えるべきなのです。

バランス整体の考え方というのは
「我々自身の身体が一番の医者であり
われわれが本来持っている自然能力を
阻害するような要素を取り除けば
元気が出て、回復もでき、長生きできる。

人間の身体は誰でも奥底に
自然治癒能力を持っているので
それがうまく働き始めるように
さえすれば良いのである。

定期的にバランス整体の治療を受け、
脊椎神経の圧迫を無くせば
隠れた治癒力が働き始めるのである。」
というものです。

あなたも、自然治癒力を取り戻してみませんか。
 
腰痛・漫画脊椎・骨盤のゆがみ7
 
脊椎・骨盤のゆがみ2
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043
 

冷房による坐骨神経痛 ,梨状筋症候群 Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.07.21 | Category: 冷房,半身浴,口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,座骨神経痛  ,整体・接骨院,梨状筋症候群,腰痛

それって、坐骨神経痛かも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般には椎間板ヘルニア患者や

年配者特有の症状と思われがちですが、
実は若い世代にも意外と多いのです。

冷房で下半身が冷えて、
血流が悪い状態で長時間デスクワークを続けていると、
股関節周囲の深部の筋肉に慢性的緊張が起こることがあります。

そうなると、お尻からスネにかけて、
重く、痛ダルく感じるのですが、
これはお尻の梨状筋の中の
坐骨神経が圧迫されること(梨状筋症候群)が原因です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
同時に、リンパの流れが悪くなり、
寝起きや立ち上がった直後に痛みが出やすくなります。
 
対策としては、過度の冷房や直接冷風に当たるのをさけること。
 
オフィスでは靴下の重ね履きや
膝掛けで足元を冷やさないことが肝心です。
 
帰宅後はゆっくり半身浴で血行を促進することもお忘れなく!
それから、即効性の高い《梨状筋ストレッチ》も
半身浴後などに行うと、更に効果的!  
 
《梨状筋ストレッチ》  

 1. 仰向けで患部側の膝を曲げ、
     両手で抱えてお腹に引きつけます、
     少しずつ内側に倒します。

2. ゆっくり深呼吸しつつ、30秒保ち、
   その後呼気のタイミングに合わせゆっくり戻します。

3. これを5回繰り返します。 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達