福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 座骨神経痛の記事一覧

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

2013.12.04 | Category: ぎっくり腰,口コミ、人気、評判NO・1,坐骨の痛み,坐骨神経痛,座骨神経痛,患者さまの喜びの声(動画),整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,椎間板ヘルニア,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,腰痛,骨格矯正

腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛の患者さまの喜びの体験談

坐骨神経痛2の2腰痛、ヘルニア2

 

 

 

 

ヘルニア

坐骨神経痛

 

 
 
椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

椎間板、または椎間円板は
椎骨と呼ばれる脊柱を構成している
一つ一つの骨の間に存在する
円形の線維軟骨です。

この椎間板は、ゼラチン状の髄核と
コラーゲンを含む線維輪から成っており
椎骨にかかる衝撃を吸収し
また、椎骨の微妙な動きを可能にする軟骨関節を形成し
靭帯とともに脊椎を保持する役割を持っています。

椎間板が何らかの圧力によって
前方または背面に移動し
本来の位置から逸脱すると
椎間板の近くに位置する神経に圧力をかけ
これが、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアとなります。

はみ出した椎間板が神経を圧迫すると、極めて強い痛みが起こり
時には、日常生活が困難になることもあります。

椎間板は頚椎の間にありますが
堅い線維輪と高圧に保たれている中心の部分があります。

そして、この線維輪が何らかの理由で弱ると
椎間板がふくれ、そのために神経が圧迫されます。

つまり、椎間板が神経に向かってふくれて
そのふくれた椎間板が神経に当たることで痛みが出てくるのです。

そして、脚がしびれて動かなくなったり、歩行が困難になったりします。

なお、ヘルニアとは
体内の臓器などが本来あるべき部位からはみ出した状態を言いますが
椎間板ヘルニアは、このヘルニアの一種であり
椎間板の一部が正常の位置から突出した状態のことです。

動物の多くは四足ですから脊椎は重力に垂直になっていますが
これに対して人間は二足歩行であり、脊椎は重力と平行方向になります。

このため、二本足で立っている人間の椎間板には大きな負荷がかかります。

そのために椎間板ヘルニアが起き易いのですが
椎間板ヘルニアは、腰椎に一番起き易く、次に頸椎に多起こり易くなります。

椎間板ヘルニアになると足腰や頚椎に強い痛みがありますが
椎間板ヘルニアになる原因は大きく分けると
不規則な日常生活と、体の老化によるものになります。

例えば、日常生活で腰に負担がかかる仕事に従事している人や
仕事で長時間座っている人などが椎間板ヘルニアになり易く
日頃から姿勢が悪い人も椎間板ヘルニアには注意なければなりません。

・背骨に大きな負担をかける

・足を組んだり横座りなど

体に歪みを作るような姿勢も要注意です。

また、椎間板の歪みは血行不良や内蔵機能の低下につながりますし
肩凝りや冷え性、睡眠障害や肥満など様々な症状で現れます。

正しい姿勢は横から見たときに
S字のように緩やかなカーブを描いていますが
姿勢が悪いときまった箇所に負担がかかるので
椎間板ヘルニアの原因になるのです。

椎間板ヘルニアで腰に痛みが出た場合が
一般的に言われるぎっくり腰です。

椎間板ヘルニアやぎっくり腰で激しい痛みがある時は
なるべく動かさないようにして体を安静に保つ事です。

このぎっくり腰は通常
加齢による老化で起こると考えられていますが
腰へ無理な負担がかかると、若い人にでも起こる可能性がありますし
椎間板に無理な姿勢を急にとると
突発的に椎間板がずれてしまい
椎間板ヘルニアのぎっくり腰になることがあります。

この椎間板ヘルニアに対して、バランス整体の治療では
不自然な姿勢のために崩れてしまった脊椎骨盤のバランスを正しく整えます。
それにより、椎間板の突出や脱出を治していきます。

脊椎、腰部、骨盤などの歪みを整えて本来の在るべき位置に取り戻すことで
自然治癒力を惹起させます。

西洋医学のように医薬品や手術での治療、回復促進ではなく
あくまでも人体が持っている自然治癒力を応用して施術を行います。

つまり、体の個々の骨の整列を整えることで
体全体のずれてしまったり歪んでしまった骨格や脊椎を元の位置に戻し
体の回復力を取り戻していきます。

椎間板ヘルニアの骨格・脊椎・骨盤矯正、重力バランス整体の治療とは
手を使って体の骨格や脊椎の歪みを矯正して
人間が本来備えている自然治癒力を回復させて体を健康体にすることです。

上記のように治療を行っていきますので
椎間板ヘルニアでお困りの方は是非、当院においでくださいませ。
 
当院の患者さんでも
腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛が改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは


 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが

 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など

 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。そんなあなたは、まず当院にご来院してみて下さい。

 
椎間板・腰痛3
 
itami-tiryou
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

腰痛 Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績    

2013.10.09 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,座骨神経痛,患者さまの喜びの声(動画),整体・接骨院,椎間板ヘルニア,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,腰の痛み,腰痛,骨盤矯正

腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛の患者さまの喜びの体験談

ぎっくり腰5腰痛09腰痛13066腰痛

 

 

 

 

腰痛

 

 

 

    腰痛                
皆様の中にも、腰痛で悩まれている方が多いかと思いますが
腰痛というのも症状であり
腰痛は病気の腰の痛みを総称した言い方です。

まず、腰痛の原因ですが

整形外科的疾患 

■重度な腰の痛み

■脊椎(腰椎)の分離

■脊椎(腰椎)のすべり

■脊椎(腰椎)の変形

■坐骨神経の痛み

内臓の病気(内科医とのタイアップで診断、決定)

腎臓・婦人科の病気・悪性の腫瘍等などがあります。
 
股関節痛16ぎっくり腰12
 
腰痛、ヘルニア4腰痛、ヘルニア6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腰痛
ヘルニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
腰痛を治すのに手術や投薬は必要ありません。

・様々な「腰痛治療」、「体操」、「ストレッチ」を
  試してきたがどれも効果が出なかった。

・生活に支障をきたすほどの腰の激痛に悩まされている。

・「脊柱管狭窄症」と診断され、休み休みでないと歩くことが出来ない。

・「椎間板ヘルニア」、「すべり症」、と診断され、
   脚の付け根まで痺れてしまっている。

・「坐骨神経痛」と言われ30分以上椅子に座ることが困難。

・医者から手術を勧められている。

・ぎっくり腰を何度も何度も繰り返してしまう。

・薬を飲んでも一時的で根本的に効き目がない。

・毎日マッサージをしても腰の状態が変わらない。

・腰の痛みのせいで夜も眠ることもできない。

あなたがもしもこういった症状で苦しんでいるとしたら、
バランス整体はその痛みや苦しみを
取り除くことができるかもしれません。

今まで色々な腰痛治療を繰り返し試してきたけどどれも駄目だった…
医者に進められるまま、様々な投薬をしたうえに
手術までしたのに治らなかった…
当院にはそんな方々が多くいらっしゃいます。

繰り返しますが
脊椎・背骨矯正、骨盤矯正、重力バランス軸矯正は
薬も飲まなければもちろん手術もしません。
心配いりません。

あなたが今鎮静剤等の薬を飲んでいるのなら
今すぐやめてください!

正しい方法さえ知っていれば
腰痛は改善することができるのです。

そして正しい予防法を知っていれば
再発することもありません。

腰痛が原因で苦しい人生を歩んでいるのだとしたら
まずは福山市田澤接骨院にお越しください。

背中の痛み2
 
立ちっぱなし・座りっぱなし・悪い姿勢等
これらはすべて背骨に、負担をかけ続ける動作であり
仕事や日常的に行う動作である場合は
常に何もしなければ、
背骨をゆがませ続けていることになります。

なぜ背骨が重要なのかと申しますと
骨盤は骨の中でも重くて、形も大きく、
体のほぼ中央にあります。

その骨盤の中心である仙骨が、ゆがんでしまうと
正しい姿勢を保つことができなくなってしまいます。

すると、仙骨のすぐ上にのっている
腰椎の周囲の筋肉、腰方形筋、起立筋、広背筋等に
無理なストレスがかかり、腰痛を引き起こすのです。

脊椎矯正・骨盤矯正は
腰痛に対する療法では無い事をお伝えしておきます。

バランス整体では、
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を取り除いて
神経への圧迫を取ることにより
脊柱を正常な状態にするのであります。

こうした処置により、
大抵の腰や首の痛みがなくなることが多いです。

腰の重度な痛みなどを誘発する場合もありますし
坐骨神経の痛みという症状が出る場合もあります。

坐骨神経など、足に分布する神経は、
骨盤の中を走っているため
骨盤がゆがむと、一緒にそれらの神経も引き伸ばされ
張りや、だるさ、神経の痛みが
太ももの裏や、ふくらはぎまで及びます。

バランス整体を受ける事が
健康と、運動不能、あるいは快適な生活と痛みのある生活の
分かれ道の鍵となる場合があるのです。

社会の産業にもたらす損失の最大の問題が腰痛というわけで
急性と慢性の腰痛でバランス整体を受けた患者と
病院に来た外来患者を比較したのであります。

脊椎矯正・骨盤矯正を受けたうちの21%の患者が
腰痛で仕事を休んだのに対し
病院に行った患者は35%が勤務を休んだのです。

更に、腰痛のあった後の1~2年間
バランス整体を受けた患者は
仕事を休んだ日数が少ないのです。

また、バランス整体の治療を受けた患者
病院の患者、比較対照の患者
といった3つのグループを比較した場合
バランス整体が痛み軽減で
断然一番の効果を発揮したのです。

特に、慢性でひどい痛みの患者での効果がよく出たのです。

更に、2年間の追跡調査でも、
この改善が持続しているのです。

腰痛の原因は多岐に渡りますが
これらの症状を放置しておくと
足がしびれて動けなくなるという様な事もございますので
ご自身の健康の為にも
早めに治療を受けて頂く事を一番にお勧め致します。
当院の患者さんでも
この腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが

 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」などと診断されることも少なくはありません。

  どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

背骨のゆがみ13
 
腰痛・漫画2
 
骨盤矯正・ゆがみ8脊椎・骨盤のゆがみ8顔のむくみ4側彎2
 
背骨のゆがみ9
 
骨盤矯正・ゆがみ12
itami-tiryou
 
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043
 

動けない程の激痛を伴う腰痛・ぎっくり腰も改善する Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績    

2013.09.02 | Category: ぎっくり腰,ぎっくり腰(腰痛)の原因・対処法,太ももの痛み,座骨神経痛,患者さまの体験談,患者さまの喜びの声(動画),慢性腰痛,整体・接骨院,椎間板ヘルニア,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,腰の痛み,腰痛

腰痛・ぎっくり腰の患者さまの喜びの体験談

外部の雑音により音声が聞きずらいところがあり、お詫びします。

インタビューを文章にしました。

患者さまの喜びの体験談
当院に来院する前の症状を教えて下さい。
椅子に座って立つ時に何かに持たれて(摑まって)いないと
立つことが出来なっかった。
施術を受けた感想を聞かせてください。
1回で初めて来たその日の内に何も持つことなく(摑まることなく)
普通に立つことができるようになり非常にビックリしました。
また、2回から3回施術を受けると、
なんとなく寝ているときも非常に呼吸が
楽になりよく眠れるようにました。
どのような方に薦めたいですか。
 痛みで苦しんでいる方はぜひ1度来ていただいて
施術を受けていただけてば人生が変わるのではないかと思います。

 

後藤のりこさま 25歳 福山市
 今妊娠5か月の妊婦です。
 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。
 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。
 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。
 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。
 一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。
 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。
 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。
 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!
 無事に出産できますように

ぎっくり腰6ぎっくり腰4ぎっくり腰2ぎっくり腰1ぎっくり腰5腰痛

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腰痛、坐骨神経痛からヘルニアまで様々な腰痛を短期改善

全国で2800万人いると言われている腰痛持ち(厚生労
働省研究班の調査)の方に少しでも役に立てる事を
目的として腰痛改善を提供している
「健康情報」です。

今までのアプローチと完全に違う “あらゆる腰痛に
終止符を打つ”方法です。

私は28年以上に渡り、のべ4万人を超える方の
体の痛みや不調と、日々向き合ってきました。

私自身、交通事故でむち打ちと脚の骨折、膝の障害
になった経験から整骨院のお世話になり、
その経験を生かし治療家としての道を志し、
現在に至っています。

最近は、雑誌などで取材をされました。

正直に告白をしますが、実は、私自身も
突然の腰痛に悩まされ、相当苦しい思いをしました。

整骨院を開業して幸いにも
多くの患者さんに来院頂く事ができ、朝から晩まで
手技で治療を行っていたのです。

当時の私は、まだまだ治療をする時の、自分の姿勢や
重心のかけ方までは気にする余裕がなかったこともあり、
今とは全然違う姿勢で施術していました。

そのため、あろうことか治療する立場の私が
腰痛に見舞われてしまったのです。

きっかけは、自転車に乗っていて急に車のドアが開き、
ドアにぶつかって転倒し尻餅をつきました。

あまりの痛さに、その場に10分うずくまり
午後からの診療は急遽、休まざるを得ませんでした。

おそらくその前から、患っていた腰痛が原因で、
最後にギックリ腰になって起きることも
立つことも出来ませんでした。

確認のため、クリニックに行ってX線を撮ってみても、
異常なし。湿布して安静にしてください。と指示。
治療はありません。

「技術を活かして、自分で治療すればいいのでは?」

という声が聞こえて来そうですが、当時の私の知識では、
患者さんの痛みを治す事はできても毎日施術をしながら
も、同時に痛みを改善する方法が分からなかったのです。

ですので、その場しのぎと分かりつつ、湿布や骨盤
ベルトで何とか誤魔化しながら、時間が経てば治らない
かなと淡い期待をしていました。

しかし、その期待もむなしくなかなか改善しなかった為、
本格的に腰の痛みの根本原因に関する研究を進め、
そして遂に完成したのが、私が現在推奨する治療法です。

***************************************************
    誤った常識での治療法では腰痛は改善されません。
***************************************************

例えば、腰の痛みを感じたら、まずは以下の様な
行動を起こすのではないでしょうか?

◆ ツボ押しグッズで腰を押したり、マッサージ器具でその場をしのぐ 

◆ 腰痛用の、アクテージ・アリナミンといった市販薬を試してみる 

◆ 温泉やサウナといった方法で、体を温め何とか改善をはかる 

◆布団が合わないのが原因と思い、低反発のマットに買い替える  

◆ 運動不足を指摘され、ストレッチやヨガを自己流であれこれ挑戦する 

◆どうしても我慢できない時は、横向きに寝て治まるまで待つ  

◆ 整体・クイックマッサージ・鍼灸などに足繁く通い、根気よく治療を続ける 

◆ 整形外科でレントゲン検査を受け、処方された湿布で対処する 

◆ 改善が見られないので、ロキソニン・ボルタレンといった痛み止めに頼る 

◆ あまりにも痛い時は、神経ブロック注射で痛みを強制的に止めてもらう 

確かに、たまたまその日だけ働き過ぎた様な、一時的
な筋肉疲労だと週末に休養を取ったり、マッサージ
を受けるだけで改善することもあります。

しかし・・・

それなら何故、王道の腰痛を改善する方法を継続して
いるのに、腰の痛みが長期化しているのでしょうか?

何故、マッサージをしたり、湿布や痛み止め薬、
あるいはブロック注射などで完治出来ないのか?

それは、あなたの腰の痛みを引き起こしている根本的
な原因に全く対処をしていないからです。

もうそろそろ、腰痛の本当の根源から改善する治療を
実践してみませんか?

***************************************************
        腰痛をひきおこす本当の原因!
***************************************************

長年、“腰のハリや痛み”といった腰やその周辺の
不調に悩んで私の所に駆け込んでくる方の、お話しを
伺っていますとこれまでたくさんの事を、試行錯誤
されてきた事にとても驚きます。

多くは、とにかく痛くなると湿布を貼ったり、塗り薬
や痛み止めに頼ったりあるいは書籍や雑誌で紹介
されている、ストレッチやヨガを試したりまた
どうしても辛い時は、しばらくは楽になれる
ブロック注射等です。

しかし、その結果はどうでしょうか?

実は、自己流のストレッチやマッサージも
その人の症状に合った方法があり合わない方法ですと、
逆に腰を悪化させてしまうこともあるのです。

腰の痛みの原因をズバリお答えしますと生活習慣です。
 
それは単に仕事のしすぎで筋肉が疲労したとか、
運動不足で体が硬直しているという様な
たぐいの物ではなく、
骨盤・頸椎・背骨・あご・重力バランス軸の歪み・姿勢・体の使い方
 
以上が根本解決の鍵です。

実は骨盤・頸椎・背骨・あご・重力バランス軸の歪みや
姿勢・体の使い方が原因で、
腰周りの筋肉に、過度な負担を与えるのです。

その証拠に同じ様に仕事や運動、
あるいは育児をしている人でも
腰の痛みを引き起こす人と、
そうでない人に分かれるのは以上の点が、
大きく異なるからなのです。

ですので、いくら腰やその周りの筋肉の表面を
さすったり、ツボ押しをしたり、湿布を貼っても一向
に完治しないという事はご理解いただけると思います。

この対処法を間違えているがために、たとえその場
だけ痛みが治まって楽になってもまた翌日体を動かすと、
結局いつもの症状が再発するのです。
 
ぎっくり腰12腰痛、ヘルニア2
ぎっくり腰8
 
ぎっくり腰好発部位11子供の猫背・側彎25坐骨神経痛2の2自然治癒力・上部頸椎19尾骨・仙骨10骨盤矯正・ゆがみ8子供の猫背・側彎18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腰痛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腰痛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     最後の手段の手術もリスクを伴うのです。
***************************************************

一般的には、根本治療とイメージされる整形外科での
各種治療法はどういったものがあるでしょうか?

手術の前にまず受けるポピュラーな治療は
「ブロック注射」です。

簡単に言うと、消炎鎮痛剤剤や筋弛緩剤などを混ぜた
薬剤を炎症部に注射して、強制的に痛みを抑制します。

これにより痛みを鎮めるのですが、残念ながら時間が
経つと元に戻りますし、回数を重ねると効果も落ちる
ため、対症療法と言わざるを得ません。

そのため、治療効果がないと手術の実施が
検討される事もあります。

しかしご存知の通り、脊椎には様々な神経が通って
いるため万が一、神経等を傷つけると、元々の症状が
改善するどころか手足に麻痺が残って一生涯、
後遺症に悩まされる可能性があります。

ですので、腰痛の手術は、医者によっては
「最後は自己責任で判断ください」
というスタンスの病院も多く、ご本人も大変迷われる
ケースが多いのが実情です。

私の4万人以上に及ぶ治療経験から言うと、
手術を回避した事例は書ききれない程多数ありますので、
外科的な方法は最後の最後の手段として考えるべき
だと思っています。

このような背景もあり、

「慢性腰痛」
「椎間板症」
「椎間板ヘルニア」
「分離症」
「すべり症」
「坐骨神経痛」
「腰椎変形症」等

と診断された人の多くは、医者から積極的に手術を勧め
られる事もあまりなく、対症療法的にならざるを
得ない方策で気長に治療を続けているのです。

あなたには、こういった状況にいたる前に、
今抱えられている腰のトラブルを、
今すぐあなたのカラダから
消し去って欲しいのです。

腰痛の多くは、腰の筋肉の過緊張によるもの。

腰痛持ちの人は、腰椎や椎間板の異常によって、
常に腰へ負担がかかっています。

その負担が蓄積しているところに、
重い荷物を持つなどの姿勢が引き金になって、
ぎっくり腰になってしまうのです。

そして、腰痛を起こす腰椎の異常や
筋肉の過緊張の大きな原因に
「頸椎・下あご・脊椎・背骨・骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ・ずれ」があります。

頸椎・下あご・脊椎・背骨・骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ・ずれによって全身の筋肉の過緊張が起こり、
姿勢が悪くなってしまうケースがあるのです。

二度とぎっくり腰にならないために、
そして腰痛のつらい痛みと別れを告げるためは
全身のバランスを整えることが大切です。

バランス整体の治療で、腰痛のないすっきり、
快適な毎日を送りませんか?

腰痛持ちの方、ぎっくり腰経験のある方は、
ぜひ一度、当院にお越しください。

どうか、今の激痛の辛さを解消し
明るい未来を手に入れてください。
 
腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアでお困りの方は是非、
当院においでくださいませ
当院の患者さんでも
この腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

ぎっくり腰の対処法8
 
ぎっくり腰ストレッチ16
 
椎間板・腰痛3
 
骨盤矯正・ゆがみ12
 
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043
 

股関節痛・股関節の痛み・足のつけ根の痛み     Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.07.26 | Category: ひざの痛み,口コミ、人気、評判NO・1,座骨神経痛,整体・接骨院,股関節のゆがみ,股関節の痛み,股関節痛,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,腰痛,膝の痛み,足のつけ根の痛み 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節が痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節が痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 
股関節痛・股関節の痛み・足のつけ根の痛み

あなたは、足のつけ根のあたりに痛みや違和感を
覚えたことはありませんか?

もしかしたら、それは将来歩行困難の原因にもなる
「股関節痛」の前ぶれかもしれません。

■「立つ」「座る」「歩く」で生じるつらい痛み

足のつけ根に痛みが出る股関節痛。

10代から高齢者まで、さまざまな年齢層で発症します。

ただし若い人の場合、股関節に異常があっても痛みが出ないことが多く、
自覚がありません。

また、初期段階では足のつけ根、お尻、太もも、ひざ上などに鈍痛が出ますが、
数日程度で治ってしまうことが多いため、放置してしまいがちなのです。

そのまま負担をかけ続けることで、
40代くらいになって股関節の痛みを感じはじめる人が多いのです。

症状が進むと、痛みで長時間の歩行が困難になり、
立つ、座る、歩くといった動作で激しい痛みを感じるようになります。

さらに痛みで可動域も狭くなり、靴下が履けない、階段や段差がつらいなど、
日常生活にも大きな支障が出るようになります。

突然股関節がはずれ、抜けるような感じに襲われたり、
股関節に水がたまったりという症状も、股関節痛の特徴です。

歩行が困難になれば、仕事や家事をすることも難しくなりますよね。

痛みのある部位をかばって生活すれば、
坐骨神経痛やひざの痛みなどを併発することもあります。

整形外科などを受診しても、
痛み止めや湿布を処方され、経過観察という治療しか行われません。

症状が進めば、骨盤や大腿骨の骨を切って股関節を調整する手術や
人工股関節を入れる手術をすすめられるでしょう。

しかし、いずれの場合も入院期間が長く、リハビリにも時間がかかります。

術後の経過しだいでは、痛みが再発するケースも少なくありません。

人工関節には、耐久年数などの問題もありますよね。

それに、たとえ手術で痛みが消えたとしても、
それは痛みを鎮めるための対症療法でしかありません。
股関節痛の根本原因が消えたわけではないのです。

できることなら、手術なしで健康な体を取り戻したいですよね。
そのためにはまず、股関節症の正しい原因と治療法を知ることが先決です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■股関節痛を起こしている真犯人は?

股関節痛はなぜ起こるのでしょうか?

股関節痛は、骨盤にある関節のくぼみ(臼蓋)と大腿骨(太ももの骨)が
うまく噛み合わないために、摩擦が起こり、
関節軟骨がすり減って痛みが生じます。

では、股関節がうまく噛み合なくなってしまうのは何故でしょうか?

実は大きな原因のひとつに、
頸椎・下あご・背骨(脊椎)骨盤・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)があります。

頸椎・下あご・背骨(脊椎)骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(ずれ)によって筋肉の過緊張が起こると、
背骨にねじれや傾きが生じ、正しい姿勢を保つことができなくなります。

股関節は、上半身の重さを支えながら、立ったり、座ったり、歩いたりなど、
さまざまな動きにかかわるため、非常に負担がかかりやすい部位です。

ただでさえ大きな負担がかかっている股関節。
上に乗っている背骨にねじれや傾きが起これば、どうなるでしょうか?

背骨の異常によって骨盤が後ろに傾き、
股関節と大腿骨のかぶりが浅くなるため、
自分の体重や動作で生じる力が、股関節の一部に集中します。

そのために、股関節がうまく噛み合なくなってしまうのです。

つまり、頸椎・下あご・背骨(脊椎)骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(ずれ)によって起こった背骨の異常が、股関節痛の原因に
繋がっている場合があるのです。

バランス整体の治療で頸椎・下あご・背骨(脊椎)骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(ずれ)を正しい位置にすることを
おすすめします。

ただし、早期に治療を開始しないと、
背骨の傾きやねじれがどんどん固定化してしまいます。

心当たりのある方は、ぜひ一度、
バランス整体の治療にお越しください。

体のゆがみが一目でわかるチェックも行っています。

 ぜひ一度、福山市田澤接骨院にお越しください。

 あなたのご来院をお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

 

股関節が痛い、股関節症、足のつけ根の痛み、 腰痛、肩こり、頭痛、 椎間板ヘルニア、坐骨神経痛,

しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。



━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━



 頸椎・下アゴ・背骨・脊椎・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

椎間板ヘルニア(椎間板の損傷) Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.17 | Category: しびれ,口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,座骨神経痛,整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,椎間板ヘルニア

 椎間板ヘルニア(椎間板の損傷)は辛いです。

まず、椎間板とは何か。という事ですが

脊柱(背骨)は頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨など

たくさんの椎骨が連結してできています。

その椎骨同士をつなげているのが椎間板です。


体をかがめたり、後ろへ反らしたりする時

椎骨は硬いので変形しませんが

その代りに椎間板が変形することで脊柱が屈曲・伸展します。


椎間板は頚椎から腰椎にかけての部分にあるのですが

椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)とは

この椎間板がはみ出している状態のことです。


脊柱の一部である椎間板は

椎間板の「ズレ」とか「破裂」、「ヘルニア」、「脱出症」

といったような言葉が良く使われてきているが

実際にはどうなのでしょうか。


動物の多くは四足ですから

脊椎は重力に垂直になっていますが

これに対して人間は二足歩行であり

脊椎は重力と平行方向になります。


このため、二本足で立っている人間の椎間板には

大きな負荷がかかります。


そのために椎間板ヘルニアが起き易いのですが

椎間板ヘルニアは、腰椎に一番起き易く

次に頸椎に多起こり易くなります。

 

椎間板ヘルニアになると足腰や頚椎に強い痛みがありますが

椎間板ヘルニアになる原因は大きく分けると

不規則な日常生活と、体の老化によるものになります。


例えば、日常生活で腰に負担がかかる仕事に従事している人や

仕事で長時間座っている人などが椎間板ヘルニアになり易く

日頃から姿勢が悪い人も

椎間板ヘルニアには注意なければなりません。


・背骨に大きな負担をかける

・足を組んだり横座りなど

体に歪みを作るような姿勢も要注意です。


椎間板は2つの部分からなっており

頑丈な繊維質でできた外側(環状繊維質)と

ゲル状の中心(髄核)とから成っています。


椎間板が持つ機能はたくさんあり、脊椎の各骨の間で

ショックを吸収する働きをしたり

脊柱が全体としてうまく曲がるのを助け

さらに脊柱が連続した一本の骨として

まとまる役割をしています。

また、脊椎には23の椎間板があります。

昼間、立っていることにより、椎間板の中の液が乾燥し

薄くなるために、人間の背丈は寝る前に比べ

朝は、実に6~12ミリ高くなっています。


驚くことに、15歳くらいで椎間板のすり減りや、破れが出てきます。


さらに年を取ってくると、内部の液体が減り

ひび割れが外側の壁に沿って出てきます。


これがいわゆる「椎間板の膨隆」になるわけです。


さらに髄核がたるみ過ぎると、繊維質から外れてしまい

「髄核の脱出」という障害に発展してしまいます。


椎間板は頚椎の間にありますが

堅い線維輪と高圧に保たれている中心の部分があります。


そして、この線維輪が何らかの理由で弱ると

椎間板がふくれ、そのために神経が圧迫されます。


つまり、椎間板が神経に向かってふくれて

そのふくれた椎間板が神経に当たることで痛みが出てくるのです。


椎間板が傷んでくると脊椎下部の腰椎と

仙骨辺りの神経に障害を与えます。


こうなると骨盤の辺りに色々な症状が出てくることになります。


具体的には子宮内膜症をはじめ、膀胱や性器や腎臓の炎症

前立腺の問題、流産、不妊症、性行不能

尿の漏れ、膀胱炎、月経痛、便秘などである。


というわけで慢性の腰痛がある場合

大抵このような色々な問題も抱えていることが多いので

簡単に考えてしまうのはいかがなものかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニアやぎっくり腰(椎間板障害)にはバランス整体

椎間板ヘルニアで腰に痛みが出た場合が

一般的に言われるぎっくり腰です。


椎間板ヘルニアやぎっくり腰で激しい痛みがある時は

なるべく動かさないようにして体を安静に保つ事です。


このぎっくり腰は通常加齢による老化で起こると考えられていますが

腰へ無理な負担がかかると

若い人にでも起こる可能性がありますし

椎間板に無理な姿勢を急にとると

突発的に椎間板がゆがんで(ずれて)しまい

椎間板ヘルニアのぎっくり腰になることがあります。


椎間板の問題に対して、現代医学がとる方法としては

痛み止めをはじめ、筋肉柔軟剤

さらに物理療法ということで

ホットパック、コールドパックを当てたり

ジェット水流付き温水療法、牽引、電気刺激、体操などであります。


ミエログラム(脊髄のX線造影法)で椎間板の障害が判るが

この検査では脊椎に色素を注射し、X線で色素の行き渡り具合で

椎間板の破れなどを見つけます。


こうした医療方法がうまくいかないと

次に脊柱手術という事で

脊椎専門の手術医が選ばれる事が多いです。


大抵の手術は椎弓手術と呼ばれるもので

脊椎の後ろ側を取り除き

椎間板を削り取るわけであります。


こうなると脊椎同士に椎間板がなくなる為

脊椎同士が一体として

くっついてしまうのであります。


時によっては腰骨の一部を削り取ってきて、脊椎に付ける場合もあります。


果たして、こうした整形外科で、完治するものでしょうか。


この椎間板ヘルニアに対して、バランス整体では

不自然な姿勢のために崩れてしまった

脊椎骨盤のバランスを正しく整えます。

それにより、椎間板の突出や脱出を治していきます。


脊椎、腰部、骨盤などの歪みを整えて

本来の在るべき位置に取り戻すことで

自然治癒力を惹起させ

人間が本来備えている自然治癒力を回復させて

体を健康体にすることです。

 

西洋医学のように医薬品や手術での治療、回復促進ではなく

あくまでも人体が持っている自然治癒力を応用して施術を行います。


つまり、体の個々の骨の整列を整えることで

体全体のずれてしまったり歪んでしまった骨格や脊椎を元の位置に戻し

体の回復力を取り戻していきます。


椎間板ヘルニアのバランス整体の治療とは

手を使って体の骨格や脊椎の歪み、傾きを矯正して

人間が本来備えている自然治癒力を回復させて体を健康体にすることです。


椎間板の問題に対するバランス整体の成果は

かなりのもので、手術をしなくて済んだ例がよくあります。


しかも、こうした脊椎手術を受けた人たちにも

バランス整体は有効であります。


腰椎に障害を持ち、バランス整体を受けた

1536人を対象とした調査では

実に96.4%が満足すべき結果を得ています。


このうち、結果として手術を受けたのは、たったの3.4%であります。


この調査の結論として、椎間板障害に対して

バランス整体が非常に効果を見せる事

さらに、バランス整体を受けた後、手術を受けた患者でも

手術を遅らせたことによる悪影響が全くなかった事であります。


このようにバランス整体は

非常に有効な手段ですので

是非、取り入れる事をお勧め致します。

 

 

あなたの腰の骨、骨盤はゆがんで(傾いて・ずれて)いる!    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.13 | Category: 半身浴,口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,座骨神経痛,整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,腰の痛み,腰痛,足湯,骨盤のゆがみ

バランス整体で腰痛の悩みを改善!

腰痛で悩まれている方が多いかと思いますが

腰痛というのも症状であり

腰痛は病気の腰の痛みを総称した言い方です。


まず、腰痛の原因ですが

整形外科的疾患 

■重度な腰の痛み

■脊椎(腰椎)の分離

■脊椎(腰椎)のすべり

■脊椎(腰椎)の変形

■坐骨神経の痛み

内臓の病気(内科医とのタイアップで診断、決定)

腎臓・婦人科の病気・悪性の腫瘍等などがあります。


立ちっぱなし・座りっぱなし・悪い姿勢等

これらはすべて背骨に、負担をかけ続ける動作であり

仕事や日常的に行う動作である場合は

常に何もしなければ、背骨をゆがませ続けていることになります。


なぜ背骨が重要なのかと申しますと

骨盤は骨の中でも重くて、形も大きく、体のほぼ中央にあります。


その骨盤の中心である仙骨が、ゆがんでしまうと

正しい姿勢を保つことができなくなってしまいます。


すると、仙骨のすぐ上にのっている

腰椎の周囲の筋肉、腰方形筋、起立筋、広背筋等に

無理なストレスがかかり、腰痛を引き起こすのです。


バランス整体は

腰痛に対する療法では無い事をお伝えしておきます。

バランス整体では、脊椎ゆがみ・傾き(ずれ・亜脱臼)を取り除いて

神経への圧迫を取ることにより

脊柱を正常な状態にするのであります。


こうした処置により、大抵の腰や首の痛みがなくなることが多いです。


腰の重度な痛みなどを誘発する場合もありますし

坐骨神経の痛みという症状が出る場合もあります。


坐骨神経など、足に分布する神経は、骨盤の中を走っているため

骨盤がゆがむ(傾く)と、一緒にそれらの神経も引き伸ばされ

張りや、だるさ、神経の痛みが

太ももの裏や、ふくらはぎまで及びます。


バランス整体を受ける事が

健康と、運動不能、あるいは快適な生活と痛みのある生活の

分かれ道の鍵となる場合があるのです。


ある研究会では研究を重ね

社会の産業にもたらす損失の最大の問題が腰痛というわけで

急性と慢性の腰痛でバランス整体を受けた患者と

病院に来た外来患者を比較したのであります。


バランス整体を受けたうちの21%の患者が

腰痛で仕事を休んだのに対し

病院に行った患者は35%が勤務を休んだのです。


更に、腰痛のあった後の1~2年間

バランス整体を受けた患者は

仕事を休んだ日数が少ないのです。

 

また、バランス整体を受けた患者

病院の患者、比較対照の患者

といった3つのグループを比較した場合

バランス整体が痛み軽減で

断然一番の効果を発揮したのです。

特に、慢性でひどい痛みの患者での効果がよく出たのです。

更に、2年間の追跡調査でも、この改善が持続しているのです。


腰痛の原因は多岐に渡りますが

これらの症状を放置しておくと

足がしびれて動けなくなるという様な事もございますので

ご自身の健康の為にも

早めに治療を受けて頂く事を一番にお勧め致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バランス整体で腰痛の悩みを改善! 

バランス整体の腰痛治療法

腰痛を持った何百万人という人達にとって

バランス整体が救いの神であると言われています。

痛みの軽減や、動けるようになり、しかも治療には

通常の医療につきものの、薬や手術を利用しません。


私達人間は、常に外的ストレス、内的ストレスによって生きています。

そして、その状態を保とうと、恒常性、ホメオスターシスが働いています。

免疫力もその内の一つです。

外的ストレスの典型が、体にダイレクトに外力が加わるのが

転倒、スポーツ、交通事故等です。

内的要因として、咳やくしゃみをしても同様です。


人間に外力が加わると、人間は

内的に症状を出して自分本人に言い聞かせます。

「今、外力が加わって損傷したので、その部分を休んで改善しなさい」と。


背骨も外力のリアクションで頚椎一番、胸椎、腰椎、骨盤がゆがみ(傾き)ます。

中には時間が経過した後に症状が出てくる事もあります。

また、継続的な、小さい物理的ストレス(力)でも背骨に歪みが生じます。


立ちっぱなし・座りっぱなし・悪い姿勢等

これらはすべて背骨に、負担をかけ続ける動作であり

仕事や日常的に行う動作である場合は

常に何もしなければ、背骨をゆがませ続けていることになります。


なぜ背骨が重要なのかと申しますと

骨盤は骨の中でも重くて、形も大きく、体のほぼ中央にあります。

その骨盤の中心である仙骨が、ゆがんでしまうと

正しい姿勢を保つことができなくなってしまいます。

すると、仙骨のすぐ上にのっている

腰椎の周囲の筋肉、腰方形筋、起立筋、広背筋等に、無理なストレスがかかり

腰痛を引き起こすのです。


腰の重度な痛みなどを誘発する場合もありますし

坐骨神経の痛みという症状が出る場合もあります。

坐骨神経など、足に分布する神経は、骨盤の中を走っているため

骨盤がゆがむと、一緒にそれらの神経も引き伸ばされ

張りや、だるさ、神経の痛みが太ももの裏や、ふくらはぎまで及びます。


さらにひどい場合は

足の指先までしびれることもあり

放っておくと、歩くことさえ困難になってきます。

俗にいうギックリ腰も、骨盤のひずみ(傾き)がひどくなり

周りでサポートしていた背中や腰の筋肉がギブアップし

仙腸関節が、狂った状態なのです。


これは余談ですが、妊娠中は

急激な体重の増加やホルモンの影響で、仙腸関節が離解したままの状態です。

出産時は実際に左右の骨盤が大きく広がるため

産後はさらに離解しやすくなってしまいます。


ちなみに当院では、男性に腰痛が多いようですが

腰痛の場合の、施術の手順をお伝えします。

まずは、症状を伺います。例えば

・ウエストあたりが痛い

・腰の真ん中が痛い

・お尻が痛い

・腰から足にかけて痛い

・尾骨が痛い


次に、痛みをいつ感じるのか?をお聞きします。

1.常時、感じる

2.同じ姿勢(座位、立位)でいる時

3.今までと違う動作をする時

4.座った姿勢から立ち上がる起き上がる時

5.歩き始める、腰をひねるなど

6.歩行中

7.ちょっと前屈みになった時


まず、こういったことから確認させていただきます。

そして施術に入ります。


カウンセリングに始まり

・整形外科的検査

・姿勢検査

・実際に触れての診断

患部が、急性か慢性かを見極め、分析を行います。


・脊椎一つ一つの動きを診断

・足の長さのチェック

・頚椎一番の矯正

・仙骨(骨盤)の矯正

・胸椎の矯正

・頚椎の矯正


最後に、検査します。

また、必要に応じて、電気、

足湯20分(悪性の腫瘍にも負けない体を作る為)

を行う。といった流れになっております。


研究結果から、腰痛に関しては

通常の現代西洋式医療を受けるよりも

バランス整体を受けた方が治りもいいですし

費用も少なくて済む。

という結果になっております。


即ち、腰に怪我をしたり、腰痛が生じた場合には

治りが思わしくなく、治療費も高く

治療方法自体、すでに問題があるような通常の医療を受けるのではなく

バランス整体を受けた方が賢明と言えるでしょう。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

坐骨神経痛 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:坐骨神経痛でお悩みのあなた(坐骨神経痛専門で28年9800人の実績)

2013.04.24 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,座骨神経痛,整体・接骨院,椎間板ヘルニア,腰痛,骨盤のゆがみ

坐骨神経痛でお困りの方

坐骨神経痛で悩まれている方は多いと思いますが

座骨神経痛と言うのは、簡単に言えば

腰から、足先に対する痛み、ないしは、痺れが生じる事です。

 

しばらく治療を受けて楽になるが

季節の変わり目などに症状を繰り返す方も多くみかけます。


「長期間マッサージをしているけどよくならない…」

「痛み止めを飲んでるけど、あんまり効果がなくなってきた…」


良くならない、症状を繰り返す

それは座骨神経痛の原因を取り除かず

痛みという症状を緩和するだけの対処療法で通わされているからです。


坐骨神経痛は一時的によくなっても、再発しやすい症状ですので

やはり根本から改善していかないと、痛み・しびれの解消につながりません。


症状として、いくつか例を挙げますと

・腰の痛み、臀部の痛み、

・臀部、太腿裏、脚の痛み、しびれ

・痛くて座ってられない

・前に屈めない、身体を後ろへ反らす事が出来ない

・身体を動かすと、痛みや痺れが悪化していく

・痛みの為、歩行が困難になる。

・足に力が入らなくなる。

・足を触ると、感覚が鈍くなっている。


この様な症状が現れ

多くの場合、右か左か、どちらかの臀部(おしりの部分)

か、下肢、大腿部、下腿部、あるいは足先に症状が出ます。

両方に症状が出る場合は、非常に重症である可能性があります。


座骨神経痛の原因は何かご存じでしょうか!?


原因を調べるには、レントゲン、CT

あるいはMRIで検査しなくてはなりませんが

原因の一つとして、椎間板ヘルニア

または、おしりに梨状筋症候群と言いまして

名前の通り、梨の様な状態になっている筋肉

(それを総称して、梨状筋症候群と言います)

また、脊柱管狭窄症、あるいは腰椎の分離滑り症

または腫瘍、または、変形性の脊椎症などによる場合があります。


そして妊産婦の後期に出現する場合もありますし

あるいは臨床上、泌尿器系に問題を持つ場合

例えば左側の泌尿器系に問題を持つ場合は左の痺れ

右側の泌尿器に問題を持つ場合は、右側の痺れ

あるいは、腎臓が悪くても、下腹部に

スパズム(痛み)が生じる場合があります。


バランス整体では、坐骨神経痛の原因を見つけ取り除くことで

つらい症状から解放され、原因を取り除くを目的に

バランス整体を受けることで

再発を予防することにもつながります。


しびれや痛さは、なかなか他人にわかってもらえません。

坐骨神経痛とは自分で気がつかないで

長年放置してしまうと悪化させてしまいます。


他の病院や、整形外科さんに行っても

治らない場合は、是非、当院にご来院下さい。

適切な処置を致します。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

整体・接骨は口コミNO.1:ぎっくり腰でお悩みのあなたぎっくり腰専門で28年3000人以上の実績

2013.03.27 | Category: ぎっくり腰,口コミ、人気、評判NO・1,座骨神経痛,椎間板ヘルニア,腰痛,骨盤のゆがみ

 

ぎっくり腰

重いものを持ち上げようとしたときに起こると思われがちですが

ちょっと体をひねったり、何か物を取ろうとした時など

普段の動作でも起こります。


また、重労働や悪い姿勢を続ける事により

腰部、背骨の脇、臀部(お尻の部分)に痛みを生じて

腰が曲げられない、腰を反らす事が困難になる

寝返りをする時に腰に痛みを感じる、前かがみでしか歩けない

等の症状が現れます。

腰痛の程度が激痛である事も多くあります。


ぎっくり腰の原因には、

大きく分けて、仙腸関節の問題

また腰椎部の損傷がある場合があります。


ぎっくり腰は重いものを持ち上げる

腰をねじる等の動作により生じる事が多いのですが

以前に尻餅をついたり、

運動不足で筋力が弱ってきたり、重労働で筋肉が疲労していたり

デスクワーク等で長時間椅子に座りっぱなしなど

悪い姿勢を続ける事が原因で、ぎっくり腰を発症する事もあります。


このようにぎっくり腰は

重いものを持ち上げたり、腰をねじる等の動作を行わなくても

筋肉等の疲労原因が重なる事で、ぎっくり腰を生じ

朝起きると全く動けないというような状態になる事もあります。


ぎっくり腰のほとんどは

普段の癖や悪い姿勢、睡眠不足、肉体的・精神的ストレスなどの

日常生活での負担が積もりに積もって起こりますので

ぎっくり腰の原因を改善していかなければ

症状をいつまでも繰り返すことになってしまいます。


ぎっくり腰の中には腰椎椎間板ヘルニアなどの重症な例もありますが

ほとんどは筋肉の強い緊張や関節のずれ、捻挫などです。

何も治療を受けないでおくとぎっくり腰が再発する可能性が高くるので注意が必要です。

 

一般の医学では

ぎっくり腰とは、腰部に痛みがあり

内臓疾患でもなく、レントゲン写真を撮っても異常が見られないものの総称で

医学用語では急性腰痛症といいます。

接骨院では腰椎捻挫といわれることが多いようです。

整形外科での一般的な治療は、牽引、湿布と痛み止め薬が一般的で

低周波治療やコルセットの着用もあります。

安静にしてるように指導され、1~2週間で治るものが普通といわれています。

 

バランス整体の治療では

・緩んだ骨盤の仙腸関節や腰椎の椎間関節を締める矯正

・炎症を起こした背筋群の局所冷却

・スパズム(攣縮)を起こした腸腰筋の正常化

が主です。

 

もし、ぎっくり腰になった時にご家庭で

どの様な対処をしたらいいのか。と言いますと

患側がわ(患部側)を上にして、ひとまず横になる事です。


そうして動けるようになってから

初めて治療に来られる事をお勧め致します。


ぎっくり腰になった時は早めに来院して頂いて

適切な治療をする事をお勧め致します。


自己流で治療しますと、ずっと痛みが残ったり

あるいは椎間板ヘルニアであったり

座骨神経痛になったりしていく場合もありますので

その為にも素早い治療が大切であると思います。

つらいぎっくり腰に悩まされているという方は、
 ぜひ一度、当院にお越しください。

 
 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達