福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 子供の記事一覧

マタニティ(妊娠中・妊婦)整体      Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.10.02 | Category: マタニティ整体,妊娠,妊婦,子供,患者さまの喜びの声(動画),背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,腰の痛み,腰痛,赤ちゃん

マタニティ(妊娠中・妊婦)整体

 

後藤のりこさま 25歳 福山市
 今妊娠5か月の妊婦です。
 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。
 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。
 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。
 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。
 一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。
 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。
 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。
 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!
 無事に出産できますように。(喜びの体験談)
妊婦3赤ちゃんとおかあさん

 

 

 

 

 

 

薬だけでなく、妊娠している母親としては
危険性のある診断方法にも
注意して、なるべく避けるべきであります。

ロバート・メンデルスゾーン医師の言葉を借りれば
「妊娠中はX線をはじめ、超音波診断、医師からの処方箋
その他妊娠を少しでも危険にするような、
いかなる方法も取るべきではない。」
という事です。

妊娠していると心配の種は尽きない。

妊娠をうまく保てるか。だけでなく胎児が生まれるまで大丈夫か。

さらには、つわり、胎児が順調に発育しているか。

背中や足が痛い。陣痛が安全で痛くないか。

とたくさんあります。

こうした心配の種が、バランス整体で
取り除ける可能性が多いにあります。

妊娠中にマタニティ(妊娠中)整体(バランス整体)の治療を受けると
妊娠が順調にいき、吐き気が減り
予定日通りで順調なお産となり、普通よりも
健康な子供に恵まれる可能性が高いです。

アメリカ整骨療法学会誌によると
妊娠婦人への脊椎治療の効果が幾つも述べられており
例えば
「普通の患者に対して、
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の矯正が機能回復に役立つ。
特に毒症などの妊娠中の婦人での機能回復には
目を見張るものがあります。」

「矯正治療で下垂体や副腎、卵巣、
脳仙髄の呼吸機構を含めた胎盤システムの機能を正常にし、
陣痛の時間が50~60%減らせ
しかも薬品も最低50%少なくて済む。

矯正治療を受けていた場合は、
出産後の憂鬱がほとんど見られない。」

妊娠中は、肉体的にも科学的にも
身体の中で大きな変化が起きている訳で
バランス整体をより一層必要とするわけであります。

妊娠の体重変化により重心が変わるだけでなく
卵子からのリラクシンと呼ばれるホルモンにより
脊椎が柔軟性を帯びるようになる。

このリラクシンというホルモンは骨盤の靭帯を柔らかくして
出産時にうまく伸びるように働くわけだが
脊柱の方は妊娠により、かなりの負担が加わってるのに加え
このリラクシン・ホルモンが問題を引き起こす可能性が高い。

ただし慢性的な脊椎障害を持っている場合
このリラクシンにより、修正が簡単にいく場合が
あることも見逃せません。

脊柱を調べることにより骨盤と脊椎が
うまく連動して動くかどうかのバランスをとります。

妊娠しているとマタニティ(妊娠中)整体(バランス整体)の治療が
受けにくいのではないですか。
という質問がよくありますが
全く心配はいりません。

また、妊娠中にバランス整体の治療を受けても安全でしょうか。
という質問もありますが、お母さんにとっても胎児にとっても
安全ですのでお勧めです。

妊娠の何か月位までマタニティ(妊娠中)整体(バランス整体)を受けられるか。
という事ですが
陣痛が起きてから受ける方もいるほどです。

実際には、陣痛が途中で止まってしまった場合に
患者さんの所へ出掛けて脊柱を治療するわけです。

そして治療後、すぐにまた正常な陣痛が再開する事になります。

その他にも質問を頂いていますのでお答えいたします。

● 脊柱の治療で産後の憂鬱が直るでしょうか

精神的な問題や感情的な問題に対して
バランス整体の効果があることは
長年にわたって知られています。

専門雑誌によると、矯正治療を受けていた婦人の場合には
産後、憂鬱が殆ど生じないという医師の記録があります。

● マタニティ(妊娠中)整体(バランス整体)は腰の痛みに効果があるでしょうか

バランス整体は腰や背中の痛みに対する治療方法
という事ではありませんが、脊椎矯正をすることにより
腰や背中の痛みをはじめ、各種の身体問題を
自分自身の自然治癒力で直して行きやすくすます。

● 妊娠で順調にいっている場合には、
マタニティ(妊娠中)整体(バランス整体)は必要ないわけですね。

そうではありません。

バランス整体を予防療法として採用すべきです。
妊娠中体重を定期的に計るように、
脊椎の検査も定期的にしていくべきです。


● 赤ちゃんもバランス整体を受けても大丈夫でしょうか

生まれてから数時間の後に脊椎の検査を受け
さらに必要なら調整する事もあります。

あなたの参考にしてください。
 
妊婦kid0027-009_m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★マタニティー整体治療の3段階★

マタニティ(妊娠中)整体(バランス整体)では、まず、脊柱の検査をするが
各種方法があり、筋肉テスト、身体の均衡
背骨に沿った筋肉・骨。
動きの触診、動診などがあります。

不健康な脊柱は、ストレスを生じており、神経を圧迫し
骨の劣化(骨関節炎や骨端の異常成長)椎間板の劣化
脊椎のズレを生じてきます。

こうした各種の障害をバランス整体では
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)
コンプレックスと呼んでおります。

しかし、なぜ背骨が悪くなってしまうのでしょうか。

脊柱が不健康になる理由を
探ろうとしても判らない場合が多い。

というのは、脊柱を定期的に検査してない限り
本当の理由と言うのは発見できないのです。

脊柱にゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が
生じる理由はたくさんあります。

実は生まれる時から、この危険があるわけで
頭や首を鉗子を使って引っ張った場合や
さらに産道から出てくる頭を
支えてやらなかった場合であります。

さらに転んだり、各種事故でも
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が生じます。

赤ちゃんを空中に放り上げる遊びでさえ、
頭と首にむち打ち症候群
の障害を起こす可能性があるとする専門家もいます。

子供と言うのは人生の内でも、
転んだり、事故を起こしたりと
肉体を激しく使う時期であり
脊柱を定期的に診る事が必要であり、
親としては子供もバランス整体に
連れていくべきなのであります。

肉体的なストレス以上に脊柱を傷めるのが、
精神的ストレスです。

ゆっくりとやってくる慢性症状を避けるために
バランス整体は不可欠なのです。

しかもバランス整体が特に効果的なのが
妊婦であり、妊娠中には欠かせない療法であります。

バランス整体の治療を3段階に分けると

以下のようになります。

1、集中治療段階

脊柱と神経系に出来た
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を矯正、
または軽減するのが
第一段階の目的であります。

この治療中は痛みを始め、気分が悪かったり、
ストレスを感じたりと色々な症状が出てきます。

勿論、こうした反応が出ない様に
また出ても短時間で終わる様に務めるが
真の目的は、とにかく
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の調整であります。

とにかくゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の調整も悪い反応も、
早く解決するにこしたことはない。

長い時間問題が蓄積して病気に進展したわけであり
回復にも同じように長時間かかる可能性がある。

とにかく治療を確実に受けて、生活様式も変え
この初段階が早く終われるようにすることであります。

2、復元段階

2番目の復元段階では、脊柱の強さが増し、バランス整体による
矯正が長い時間保持できるようになる事が目的であります。

この段階に入ると、最初に出てきた反応がなくなるか減少します。

ここで肝心なことは、以前よりだいぶ良くなったとしても
治療を怠らず、続けていく事であります。

脊柱をよく検診してもらい、再度、
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が起こらない様にすることです。

さもないとまた、最初の悪い状態がぶり返してしまいます。

3、保全段階

バランス整体による調整がうまく持続するようになったのが
この第三段階であり、脊椎が安定してきて
ストレスにもうまく対処できるようになります。

この保全段階と言うのは歯の定期検診を受けるのと同じで
例えば虫歯といった歯の病気が始まっていても
気が付かない事が多いので、歯医者に行くようなものです。

歯の病気と同じように、
脊柱にゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が
出来ても気付かないわけで

バランス整体を受け
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)障害が
生じないようにすることが不可欠であります。
 
当院の患者さんでも
この腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが

 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 
骨盤矯正・ゆがみ9
 
骨盤矯正・ゆがみ11
 
骨盤矯正・ゆがみ8側彎2
 
背骨の歪みでおこる症状
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043
 
 

むちうち・むち打ち症候群(シンドローム) Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.09.22 | Category: むちうち,むちうち・むち打ち症候群(シンドローム),むち打ち,子供,整体・接骨院

むちうち・むち打ち症候群(シンドローム)  

交通事故・むち打ち13交通事故・むち打ち17交通事故・むち打ち16

斜頸3斜頸9幼児 子供22

 

 

 

 

 

 

 

 

むちうち症候群

 

 

 

 

 

 

 

「背骨は何ともないのに、子供にバランス整体ですって?」

歯を始め、聴力、目、耳、鼻、喉等を定期的に診てもらう事が
いかに大切か、大抵の親は判っていないから
脊柱の定期検査は無視してしまっている場合が多いです。

脊柱は身体の中でも、
生命維持のために一番大切な所と言えます。

というのは、脊髄と呼ばれる何十億という神経細胞が
電線の様に走って、頭脳からの信号を
身体全体に伝達しているからであります。

この脊髄に、何らかの詰まりなり障害があると、
病気へと発展していきます。

病気というのは身体全体のバランスの
崩れから生じるわけであります。

病となれば子供の身体は弱り、
さらに他の病気に対する抵抗力が下がり
身体全体の不都合が起こり、本格的な病気へと
進んでしまうわけであります。

脊柱の神経圧迫により、そこの部分が固くなったり
背骨が真っ直ぐでないことから生じ、
この変形をバランス整体では
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)と呼んでいるのです。

脊椎神経に圧迫を生じさせる
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の原因はいろいろあり
特に、赤ん坊の場合、相対的に頭が大きく重たいので
出産の際に、どのように頭部を扱うかは、
非常に大切であります。

さもないと、出産で脊柱に何らかの障害を起こす場合があります。

特に鉗子(ケンシ)で、
頭部や首を引っ張ったり、回転させたりすると
新生児の脊柱に問題を与える事があります。

出産では、押されて産道から滑らかに出てくるのが
正常であり引っ張られるというのは、
異常な状態であります。

幼児の脊柱はひ弱に出来ており、激しく振ったりした場合
「むちうち症候群(シンドローム)」が生じる事が
医学上知られています。

結果として、目や脳に障害を与え
盲目になったり、麻痺、さらに痙攣、ひきつけ
を生じる事があります。

この様な行為が、新生児の頭脳に障害を与えることが
判っていない医者が多い。

子供というのは、肉体的に非常に活発な時期であり
走ったり、飛んだり、転んだりと
子供の成長では、事故がつきものであります。

ただし、転んだりといった事故でも
脊柱に歪みを起こし、神経を阻害し
ひいては、大きな問題に繋がる事があります。

というわけで、子供が成長していく間
定期的に子供の脊柱を診てもらう事は
非常に肝心なのです。
 
当院の患者さんでも
このむち打ち症候群、肩こり、首こり、腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが

 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」などと診断されることも少なくはありません。

  どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

幼児 子供19幼児 子供20幼児 子供21赤ちゃんとおかあさん
 
頸椎と神経
 
自然治癒力・上部頸椎20
 
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043
 
 
 
 
 
 

新生児や乳児、子供の脊椎に出来たゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼) Ι 整体・接骨は口コミNO.1:猫背、側彎、首の痛み、腰の痛み,背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.07.19 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,子供,整体・接骨院,新生児、乳児,背骨のゆがみ・ずれ,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ

 

 

 

 

 

 

 


新生児や乳児、子供の脊椎に出来たゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)とバランス整体の役割

ほんの僅かの違い

大多数の人達は、未だバランス整体の治療を受けたことがありません。

当然、バランス整体の治療の内容を知らず
誰がバランス整体の治療を受けるべきなのか

バランス整体を何か摩訶不思議な芸当と思っている人達もいます。

このような無知が、健康医療問題の原因の一つといっても過言ではありません。

健康問題は、ますます深刻になってきており
何百万人という人達が病気にかかって苦しみ
あるいは死にかけているというだけでなく、
鎮痛剤を始め各種医薬品のおかげで生命を
辛うじて繋げている人、
さらに手術を受けようという人達までいます。

脊椎に出来たゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)には、
痛みが伴わないのが普通であり
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)があるかどうか、
本人は全く気が付かない事になります。

というわけで、あなたが定期的に脊柱の検査を
してもらうことが肝心なとなっています。

ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を放っておくと、
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)状態がそのまま
何十年と継続する事になります。

患者の背骨を治療するので、バランス整体はとかく
脊柱の問題を治療する方法とみなされ易い。

単に、首や背中の筋肉と骨格の治療と思われているようであるが
本当のところはもっと奥深い。

確かにバランス整体を何であるかを知っている人達は
確実に増えているが、同時に未だに知らない人達もたくさんいます。


ドイツの医学専門雑誌である「マヌエル・メディズィン」で
発表されたグットマンとフリマンの研究がある。

誕生から5日目の1250名の赤ん坊を調べたところ
211名で、嘔吐や暴れる、かんの虫、眠らないといった
問題児がみつかり、このうちの実に95%が脊椎に
何らかの障害をもっていたということであります。


「脊椎の矯正により、おとなしくなったり、泣き止んだり
筋肉の硬さがほぐれたり、不眠問題が解決される場合がよくある。」

同研究は、さらに首上部の脊椎神経系統に歪みがあると
「基本的な運動系で問題が生じたり、耳や鼻、喉を中心に
炎症や感染にかかりやすくなる。」

この結論を出すのに、実に1000名以上の乳児における
首上部のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)が調査されたのであります。


実際例として、18か月の男児の場合
扁桃腺をはじめ、しばしば腸炎にかかり
結膜炎がなかなか直らず、風邪をひきやすく
耳痛、しかも不眠症の問題まで抱え込んでいたのが
初めての脊椎治療が終わると、眠気をもよおし
朝方まで静かに眠り込み
健康を取り戻したのであります。

しかも、この研究では困難な出産があった場合には、
必ず脊椎の検査を受けるべきであり、
歪みがあったら矯正すべきであり
脊椎矯正にまさる治療法なないとしている。

ハーバード大学の病理学者であるエイブラハブ・トウビンによると
未だ原因が不明とされる突然死
さらに目の病、肺炎、呼吸器障害の多くの場合で
脊椎障害が発見できるとしている。

こうしたひどい病気にならないとしても、軽症できちんと
原因が追究されることがなく
単に脳麻痺という診断で片付けられてしまっている
例がたくさんあるに違いないとしています。


脊椎神経系統への障害が乳児に与える問題を確実に把握するような
テスト方法は、まだ発見されていません。

学習や行動がひどくおかしい場合には
テスト方法が存在するだろうが
障害がわずかの時には
正確なテストが出来ない事が多い。

例えばIQが2~3点低く優秀な潜在能力があるにも関わらず
平均点あたりの成績だったりといった
ほんの僅かの違いの場合である。

出産時に酸素欠如だったり、出産時に首を少し引っ張られたり
脊柱の配列がわずか悪かったりといった事が考えられる。

というわけで、正確なことが分からないのであれば
安全な方法を取るに越したことはない。

危険性のある方法を避け、なるべく自然で安全な方法で
新生児や乳児を育てる事である。
 

 あなたのご来院をお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!
猫背、側彎、 腰痛、肩こり、頭痛、 しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 ━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・背骨・脊椎・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 

子供の背骨・脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)猫背・側彎 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:猫背、側彎、首の痛み、腰の痛み,背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.07.18 | Category: 側弯,口コミ、人気、評判NO・1,子供,整体・接骨院,猫背,肩こり・首こり,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,腰痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の背骨・脊椎のゆがみ(傾き・ずれ)による猫背、側彎

子供を大事にしていますか。

子供の病気は回数が減り、病気になっても軽く全快してしまい
学校を休まない。という事にもつながっていきます。
 
さらに情緒不安や、勉強に問題がある場合も含めた
神経的な障害の是正に
バランス整体の有効性があるとされています。
 
バランス整体を受けている子供の場合
例えば耳の感染症なり、アレルギー
扁桃腺にかかる率が低く
さらに医療治療(抗生物質などの薬や、予防注射)を
受ける率も少ない結果となっています。
 
ところが、脊椎にゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)があっても
当人は全く自覚症状が無い場合が多い。
 
というわけで、子供の背骨を定期的に診てもらうのが重要で
さらに脊柱に問題があるときの前触れとして
以下のような症状がある事があります。
 
それは
慢性疲労、皮膚障害、両方の腰や肩が真っ直ぐでない
内股、外股、肩甲骨が外側へ出っ張っている
じっと立っていられない
猫背、側彎、首の曲がり、暴れる、脚の長さが若干違う
よく転んだり倒れる、関節が音を出す、過敏心配性
などです。

脊柱の健康なくして、身体全体の真の健康はあり得ないのは
当然であります。
 
バランス整体による脊柱治療により
身体全体のバランスが取れるだけでなく
脊柱と神経系統に生じた圧迫が取れ
身体全体の調和が生まれ
自然と病気に対する抵抗力が増し
身体機能も増進します。


患者がどのような病気なり症状を持っていようと
バランス整体では
背柱神経に生じた圧迫を無くす事に
専念するだけであります。

皮膚病であろうと、アレルギー、あるいは喘息、首・背中の痛み
猫背、側彎、頭痛、不眠症など何の問題であれ
先ず、健康な背骨が必要なのです。

子供に対して親は
出来る限りのことをしようとしますが
忘れてはならないのが
施術者に脊柱を調べてもらう事であります。
 
新生児の多くが、脊椎神経にストレスを生じており
健康に悪いばかりでなく
時としては生命にかかわる事もある
という研究報告がたくさん存在しています。

生命まで脅かす可能性があるという事は
ちょっと驚くべきことであるが
脊椎の外側からこうした事が起きるのであります。

子供の聴力や、視力、歯を定期検査してもらっているのであれば
バランス整体による脊椎の検査も
当然含めるべきであります。
 
家族が揃って脊柱の検査に来てもらうのは
当院にとっては全く嬉しい事であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の背骨・脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)猫背・側彎と定期検診の必要性


「子供が成長していく間も」

何十年にもわたり、身体の具合が悪いまま
初めてバランス整体を
受けに来る人が余りにも多いです。

このような患者に接すると
当院では何とかして時計の針を逆転させ
何年なり、何十年前に戻って
バランス整体の治療をしたくなってしまう事が多いです。

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)(脊柱神経への圧迫)は脊柱筋肉を弱め
脊柱靭帯や軟骨、椎間板、脊椎を傷めてしまい猫背・側彎になりやすい。

こうした状態は不調和を招き、身体構造を弱め、元気がなくなり
慢性疲労や速くに老化現象が始まることになります。

こうした状況以上に悪いのは、脊柱神経への圧迫が
神経系統全体へのストレスとして働き
特に頭の脳幹や脊髄、脊柱神経に
おおきな影響を与える事であります。

神経系統の障害は、病なり元気喪失に進展し
身体全体の調和が乱れ免疫機能が低下してしまいます。

脊柱神経にストレスが生じていると
本来持っている力が100%発揮できなくなり
病気の始まりに繋がるのであります。

脊椎神経に圧迫を生じさせる
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の原因はいろいろあり
特に、赤ん坊の場合
相対的に頭が大きく重たいので
出産の際に、どのように頭部を扱うかは
非常に大切であります。

さもないと、出産で脊柱に何らかの障害を起こす場合があります。

特に鉗子で、頭部や首を引っ張ったり、回転させたりすると
新生児の脊柱に問題を与える事があります。

出産では、押されて産道から滑らかに出てくるのが正常であり
引っ張られるというのは、異常な状態であります。

幼児の脊柱はひ弱に出来ており、激しく振ったりした場合
「むちうちシンドローム」が生じる事が
医学上知られています。

結果として、目や脳に障害を与え
盲目になったり、麻痺、さらに痙攣、ひきつけ
を生じる事があります。

この様な行為が、新生児の頭脳に障害を与えることが
判っていない医者が多い。

子供というのは、肉体的に非常に活発な時期であり
走ったり、飛んだり、転んだりと
子供の成長では、事故がつきものであります。

ただし、転んだりといった事故でも
脊柱に歪みを起こし、神経を阻害し
ひいては、大きな問題に繋がる事があります。

というわけで、子供が成長していく間
定期的に子供の脊柱を診てもらう事は
非常に肝心なのです。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!
 

 猫背、側彎、腰痛、肩こり、頭痛、 

しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・背骨・脊椎・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 

 

 

 

子供の背骨・骨盤のゆがみ、傾き、ずれと定期検査の必要性    Ι 整体・接骨は口コミNO.1:子供の背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年12800人の実績

2013.06.06 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,子供,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正,脊椎矯正,骨格矯正,骨盤矯正

 

バランス整体は子供に必要か!?

「背骨は何ともないのに、子供にバランス整体ですって?」


歯を始め、聴力、目、耳、鼻、喉等を定期的に診てもらう事が

いかに大切か、大抵の親は判っていないから

脊柱(背骨・骨格)の定期検査は無視してしまっている場合が多いです。


脊柱(背骨・骨格)は身体の中でも、生命維持のために一番大切な所と言えます。

というのは、脊髄と呼ばれる何十億という神経細胞が

電線の様に走って、頭脳からの信号を

身体全体に伝達しているからであります。


この脊髄に、何らかの詰まりなり障害があると、病気へと

発展していきます。


整体を始め、古来より、病気というのは

身体全体のバランスの崩れから生じるわけであります。


病となれば子供の身体は弱り、さらに他の病気に対する抵抗力が下がり

身体全体の不都合が起こり、本格的な病気へと

進んでしまうわけであります。


脊柱(背骨・骨格)の神経圧迫により、そこの部分が固くなったり

背骨が真っ直ぐでないことから生じ、この変形を

バランス整体では脊椎のゆがみ(ズレ・亜脱臼)と呼んでいるのです。


脊椎神経に圧迫を生じさせる

脊椎のゆがみ(ズレ・亜脱臼)の原因はいろいろあり

特に、赤ん坊の場合、相対的に頭が大きく重たいので

出産の際に、どのように頭部を扱うかは、非常に大切であります。

さもないと、出産で脊柱に何らかの障害を起こす場合があります。


特に鉗子で、頭部や首を引っ張ったり、回転させたりすると

新生児の脊柱に問題を与える事があります。


出産では、押されて産道から滑らかに出てくるのが正常であり

引っ張られるというのは、異常な状態であります。


幼児の脊柱はひ弱に出来ており、激しく振ったりした場合

「むちうちシンドローム」が生じる事が

医学上知られています。

結果として、目や脳に障害を与え

盲目になったり、麻痺、さらに痙攣、ひきつけ

を生じる事があります。


この様な行為が、新生児の頭脳に障害を与えることが

判っていない医者が多い。


新生児におけるこうした問題について、バランス整体は

だいぶ前に、既に発見していたのであります。


子供というのは、肉体的に非常に活発な時期であり

走ったり、飛んだり、転んだりと

子供の成長では、事故がつきものであります。


ただし、転んだりといった事故でも

脊柱に歪みを起こし、神経を阻害し

ひいては、大きな問題に繋がる事があります。


というわけで、子供が成長していく間

定期的に子供の脊柱(背骨・骨格)を診てもらう事は

非常に肝心なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

バランス整体と子供 


家族が揃って脊柱の検査に来てもらうのは

治療家にとっては全く嬉しい事であります。


というのは、家族全体が新しく生まれ変わるからです。


父親は新しい元気が出てきて、母親は頭痛や月経痛が治まり

子供の病気は回数が減り、病気になっても軽く全快してしまい

学校を休まない。という事にもつながっていきます。


さらに情緒不安や、勉強に問題がある場合も含めた

神経的な障害の是正に

バランス整体の有効性が最近研究報告されています。


小児科医の診ている200人の子供と、

バランス整体の診ている200人を

比較対象とした1989年の研究では

定期的にバランス整体を受けている子供の方が

通常の医師の子供より、かなり優れていることが発見されている。


こうしたバランス整体を受けている子供の場合

例えば耳の感染症なり、アレルギー、扁桃腺にかかる率が低く

さらに医療治療(抗生物質などの薬や、予防注射)を

受ける率も少ない結果となっています。


即ち、脊柱(背骨・脊椎・骨盤)を矯正する事により、

子供の情緒や行動神経上の問題が減るという事であります。


具体的に良くなった例としては、喘息をはじめ、心配性

無気力症、集中力散漫、暴れる、いう事を聞かないといった症状であります。


しかも成績やIQの悪い子供にも良い結果が得られています。


お子さんにも下記のような問題がある場合は

是非とも脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)がないかどうかを

診てもらう事をオススメいたします。


発熱、疝痛、クルップ、暴れる、姿勢が悪い、神経過敏

便秘、寝小便、疲れやすい、ひ弱、胃痛

難聴、耳の感染症、関節炎、無感覚、過敏、短期

頭痛、首痛、腰痛、喉痛、目の障害

咳き、鼻の障害、皮膚障害、喘息、ぜーぜーした呼吸

気管支炎、風邪に良くかかかる

身体の使い方が不器用、集中力散漫、腕や手、肩の痛み

関節炎、腰や脚、足の痛み、側弯症

 

虫歯が始まっていても、当人は全く知らない場合がよくあるように

脊椎にゆがみ(ずれ・亜脱臼)があっても

当人は全く自覚症状が無い場合が多い。


というわけで、子供の背骨を定期的にに診てもらうのが重要で

さらに脊柱に問題があるときの前触れとして

以下のような症状がある事があります。


それは


慢性疲労、皮膚障害、両方の腰や肩が真っ直ぐでない

内股、外股、肩甲骨が外側へ出っ張っている

じっと立っていられない

首の曲がり、暴れる、脚の長さが若干違う

よく転んだり倒れる、関節が音を出す、過敏心配性

などです。


脊柱の健康なくして、身体全体の真の健康はあり得ないのは

当然であります。


というわけで、子供の色々な定期身体検査の一貫として

バランス整体を含める親の数が増えています。


子供の聴力や、視力、歯を定期検査してもらっているのであれば

バランス整体による脊椎の検査も

当然含めるべきであります。
 

 

 

 

 

 

 


 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達