福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 四十肩、五十肩の記事一覧

腰痛・ヘルニアや狭窄症など極度の慢性症状を治す決め手は股関節

2017.04.25 | Category: ヘルニア,四十肩、五十肩,慢性症状,狭窄症,股関節,股関節痛,肩こり・首こり,腰痛,腸腰筋,膝の痛み,膝痛

全ての慢性症状の原因は『股関節』に集約できる

ヘルニアや狭窄症など極度の慢性症状を治すのに
『うまく使えていない筋肉を使えるようにする』 というだけで
何倍も速く結果が出てしまいます。

この世の9割の患者さんは、 筋肉を正しく使うことができていません。

深層筋や殿筋が上手く機能していないために、
他の筋肉へ過剰な負担がかかり、何度施術しても症状が再発するのです。

では、うまく使えていない筋肉を再起動して、
どんな慢性症状も短時間で治すためには、具体的に何をすればいいのでしょうか?

全ての慢性症状の原因は『股関節』に集約できる

なぜ、股関節なのでしょうか?

それは、全身のあらゆる慢性症状の原因が 股関節に集約しているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右の画像をご覧ください。

股関節は『腸腰筋(※腰の深層筋)』という筋肉を通して、
骨盤・背骨とつながっているのです。

股関節がうまく使えなくなると、 必然的に腸腰筋は伸縮できなくなってしまいます。

 

そして腸腰筋の伸縮しない状態が続くと、
 何もしなくても勝手に固まっていってしまうので、
骨盤や背骨を引っ張ってしまい、全身に歪みが生じるのです。

そう、つまり全身のあらゆる慢性症状の 最も大きな原因は
“股関節”であるということができます

逆に、この股関節さえ正しく動かせるようになれば…
ただ歩いているだけでも勝手に回復するようになる

股関節の可動域が拡がり、腸腰筋がグングン動くようになると、
ただ歩いているだけでも腰の深部の筋肉はやわらかくなっていきます。

その結果、骨盤や背骨を歪ませていた原因がなくなります。

肋骨や肩甲骨もピタッと正しい位置に収まるようになるので、
腰痛はもちろん、肩こりや四十肩五十肩も劇的に改善するのです。 

すると、今まで腰だけで支えていた体重を上半身全体で支えることができるようになり、
下半身への負担が格段に減るので、股関節痛や膝痛も根本的に解消することができます。 

まさに『股関節調整=全身調整』ということが言えるのです。

患者さん1人1人に“身体の使い方の癖”があります。
この癖を治すことができなければ、次第に身体は歪んでいき、症状は再発するでしょう。
 

よく「患者さんが正しい姿勢を守ってくれないと再発する」と説明する先生がいますが、
それは確かにおっしゃる通りです。 

でも、身体の癖というものは非常に頑固なもので、
本当に姿勢の悪い方はどれだけ頑張っても治すことができなかったのが現実です。

しかし当院では施術中から『半強制的に』姿勢の癖を矯正できるようになります。

※『半強制的に』というと、なんとなく強引なイメージを抱くかもしれませんが、
 強烈な刺激を与えることは一切ないので、絶対にケガをさせる心配はありません。

手技を行う過程で、勝手に患者さんの姿勢がよくなっていき、
身体の癖まで自動的に書き換わっていくのです。

つまり患者さんに細かい姿勢指導を守っていただく必要はなく、
ただ整体を行っているだけでも、
健常者とほぼ同じ身体の使い方になってしまうということです。

実際に、当院には福山市・尾道市・井原市・笠岡市・府中市からが訪れますが、
その中には当然、遠方から一度しか通院できない患者さんも沢山いらっしゃいます。

股関節さえ正しく動かせるようになれば…
ただ歩いているだけでも勝手に回復するようになる   

 

 

 

 

 

 

 

 

五十肩 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:五十肩、背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績    

2013.07.04 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,四十肩、五十肩,肩こり・首こり,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ

五十肩はバランス整体の治療で予防しよう

非常につらい五十肩。

できれば一生無縁でいたいものですよね。

また経験者の方は、二度と経験したくないものだと思います。

一般的に五十肩は原因不明と言われていますが、肩こりと同様、
血行不良や筋肉疲労、さらに肩関節に炎症が起こるのですから、
骨格のねじれやゆがみが原因になっていると考えられます。

頸椎・下あご・背骨(脊椎)・骨盤・重力バランス軸が
ゆがんで(傾いて・ずれて)いると、
全身の筋肉がアンバランスな過緊張を起こします。

筋肉の過緊張によって、首の骨や背骨にねじれや傾きが生じてしまうのです。

頸椎や背骨にねじれや傾きが起きれば、重い頭をうまく支えられなくなり、
肩周辺に大きな負担がかかってしまいます。

さらに、頸椎・下あご・背骨(脊椎)・骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(傾き・ずれ)による交感神経の興奮によって
ますます筋肉の過緊張が増幅します。

交感神経の興奮は毛細血管を細くするため、血流も悪化します。

頸椎・下あご・背骨(脊椎)・骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(傾き・ずれ)によってさまざまな負担が肩関節にかかった結果、
40代、50代になって肩が悲鳴をあげてしまう…といった具合です。

経験者はもちろん、肩こりのある人、猫背気味の人は要注意。

頸椎・下あご・背骨(脊椎)・骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(傾き・ずれ)を治して、五十肩を予防しましょう。

「五十肩になりたくない」「再発させたくない」という方は、
ぜひ一度当院にお越しください。

体のゆがみが一目でわかる
チェックも行っています。

あなたのご来院をお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

五十肩 、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

四十肩、五十肩 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:四十肩、五十肩でお悩みのあなた 四十肩、五十肩専門で28年2800人の実績

2013.05.12 | Category: ■肩、腕、手の障害,口コミ、人気、評判NO・1,四十肩、五十肩,整体・接骨院,肩が痛い,肩こり・首こり

四十肩、五十肩

「肩を動かすと肩にするどい痛みがおこる」

そんな症状が四十肩、五十肩です。

四十代、五十代におきやすい痛みという事で

このような名前がついたと思われますが

不思議なことに、20代、30代にはあまり起きません。

70代、80代の方がなることも希であります。


骨折や、脱臼をした覚えもないし

リウマチのような病気もない。

このように外傷や、特別な病気がなくても

五十肩というのは発症致し

突然痛みで夜も眠れなくなったり、寝返りのたびに起きる

服を着替える事が非常に困難になるなど、日常生活に多大な悪影響が出ます。


『五十肩なんて放っとけば治るよ』とか

『痛くても我慢して運動するといいよ』

こう言う人がおりますが

『痛くなくなったが、なぜかまだ腕が挙らない』など

判断を間違えてしまうと

取り返しのつかない後遺症を残す事があります。


四十肩、五十肩になってしまうと

改善するのは、時間がかかる事が多いです。

五十肩になる方の比率として

おおよそ、人口の2~5%の方がなると言われています。

つまり、100人のうちの2~5人の方が、この症状になっており

人によってはかなりの激痛で

肩がまったく動かせなくケースも少なくありません。


肩関節は他の関節に比べ、歳をとると障害をおこしやすい関節です。

その原因として考えられるのが

肩関節が、常に腕の重さを支えているという事です。

直立している時、人間の腕はつねに肩からぶらさがった状態であり

腕の重さは体重60キロの人で片方約3キロもあり

肩関節は何もしていなくても、この重さを支えなくてはなりません。

これは肩関節にとって強い負荷となります。

そして、肩関節の動きを悪くするもう一つの原因が

「体のゆがみ(頸椎・下あご・骨格、骨盤・重力バランス軸)」です。


肩関節は、背骨についで体のゆがみを生じやすい関節の一つです。

一つの関節に、鎖骨、肩甲骨、上腕骨の三つのもの骨が関わっているので

もし、どれか一つの骨の動きに異常

つまり「ゆがみ」が生じれば、肩関節の機能全体が低下して

肩の動きが悪くなってしまいます。

『五十肩』は身体の歪みが重大である証であり

なってから時間が経過すればするほど治りずらい状態になります。

腕が挙らない、回らない状態が長いということは

その動作をする筋肉が長い状態使われていないということです。

筋肉は使わなければ弱くなります。

そこだけ見ても既にマイナスでしかありません。


バランス整体では、まず、「ゆがみ」を矯正する事が1番です。


そして肩関節を構成する三つの骨

鎖骨、肩甲骨、上腕骨がつくるそれぞれの関節の機能を正常にします。


さらに多くの場合、このような症状には

悪い姿勢(肩が丸まった姿勢)が伴います。

これは胸郭の形が、肩の動きに大きく関わっている為であり

姿勢も同時に矯正していくことが必要となってきます。


長い間放置しておくと、治った後で

運動障害など

肩が動きづらくなる様な症状が残ってしまう場合があります。

その為にも、適切な治療を行うことが必要です。

当院では、積極的に五十肩の治療をしております。

是非、おいでくださいませ。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

四十肩、五十肩どの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達