福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 冷え症の記事一覧

「冬の冷え」をタイプ別にチェック!と寒冷じんましん

2013.12.04 | Category: かゆみ,じんましん,ヒスタミン,冷え症,寒冷じんましん,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,アレルギー体質

「冬の冷え」をタイプ別にチェック!

冷え症6冷え症の症状冷え性10冷え性02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本格的な寒さの到来、「冬の冷え」をタイプ別にチェック!

秋が短く、冬のカラダ作りが季節のうつろいに追いつきません。
 真冬の寒さにカラダがなれるまで、しっかり「補温」してすごしましょう。
今回は「手の冷え」、「足の冷え」、「カラダの冷え」の3つのタイプで
「冬の冷え」を占います。 

●「手の冷え」タイプ

原因は風邪・抵抗力の低下
見立て処は、手の冷えと「カラダのこわばり」

・肩こり・くしゃみがよく出る
・お肌がかさつく・鳥肌が立つ
・寒気やのどの痛みを感じる

●「足の冷え」タイプ

原因は冷えのぼせ
見立て処は、足の冷えと「気持ちの不安とイライラ」

・鼻づまり・顔や手が火照る
・動くとすぐに疲れる・息切れする
・カラダの冷えを感じる

●「カラダの冷え」タイプ

原因は低体温
見立て処は、顔(鼻)の冷えと「手足のべたつき」

・下痢をしやすい・鼻水がよく出る
・無気力・だるい・動きたくない
・カラダの冷えを感じない・冷えの自覚がない

続いて、タイプ別に改善策を見ていきましょう。

●「手の冷え」タイプ

「肩甲骨の間」にカイロを貼って解消しましょう。
肩甲骨の間にカイロを貼りつける場所は2か所です。 
「肩甲骨の間の上半分」は肩こりやくしゃみ・咳などの
呼吸系統の風邪ひき症状のときに貼りつけます。
 手の冷え・寒気・つかれ・だるさ・痛みなどの血のめぐりが
冷えている風邪ひき症状のときには、
「肩甲骨の間の下半分」にカイロを貼りつけます。

●「足の冷え」タイプ

「太もも」にカイロを貼って解消しましょう。
下半身が冷えたり、のぼせたり、鼻炎やイライラがあるのは、
冷えのぼせているからです。 
下半身を効果的に温めることで、カラダの温度差をなくします。
カイロを貼りつける場所は、「膝のすぐ上」です。
 太ももの下半分くらいの位置が目安です。

●「カラダの冷え」タイプ

「肩甲骨の下」にカイロを貼って解消しましょう。
「左右の肩甲骨の下」にカイロを貼りつけると、
カラダの内側から全身が温まります。
 心臓や肺、胃腸をうしろから「オイルヒーター」のようにあたためるわけです。
 血のめぐりがうながされて呼吸が楽になり、
胃腸の動きが活発になると、カラダのだるさや気力の消耗が解消します。 
 
冷え性01体のゆがみと冷えによる影響
冷え性05
冷え性04
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

冬場に急増する!! 寒冷じんましんに注意しよう 
  
私たちの皮膚は、寒いところへ行くとキュッと「縮み」、
温かいところへ行くとフワッと「ゆるみ」ます。
このように皮膚は、温度差に合わせて伸び縮みすることで、
全身の体温を一定に保ちやすい環境を作り出しているんです。

ただ、冬場の寒さは尋常ではありません。
この寒さをカラダが「強い刺激」と受け取り、
皮膚に「じんましん」を起こすことがあります。
このことを「寒冷じんましん」と言い、
寒い時期だけに起こる特殊な症状として、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

寒冷じんましんは、
1.「寒さ」や「冷たさ」が直接「じんましん」に影響して発症するケース

2.体が冷やされたところから急速に温まり、
  血流が促されることで「じんましん」が発症するケース
この2パターンがあります。

アレルギーでよく起こる「じんましん」の場合は、
異物が体内に侵入し、それが刺激となって起こります。
その刺激からカラダを守るために、ヒスタミンが過剰に分泌され、
血管が大きく拡がり、皮膚が赤くなったり、痒みがでたり……と、
「じんましん」が起こるのです。

これと同じように「寒さ」や「冷たさ」が刺激になると、
アレルギーと同じ反応を起こします。
ヒスタミンを分泌させて「赤み」を引き起こしたり、
強い「かゆみ」や「じんましん」を引き起こすのです。

冷たいグラスを持ったり、寒い日に冷たい風を受ける……
それが刺激となって「じんましん」に繋がるケースがあります。
また、寒い場所で急に「ドライヤー」で体を温めたり、
冷え切ったカラダを急に「お風呂」に入って温めたりすると、
血流が促されて「じんましん」が現れることもあります。

このようなことが起こるのは、「呼吸器のはたらき」が弱い人に多いんです。
日常的に腕を使いすぎていたり、座っていることが多い人は、
「肋骨」に負担がかかりすぎていて、呼吸器の衰えが起こり始めています。
呼吸器に余裕がなくなっているからこそ、
強い寒さの刺激に対して対応できない……それで過敏に皮膚が反応して
「寒冷じんましん」が起こりやすくなっているのです。

心当たりのある方は、日常の姿勢を「前かがみ」になりすぎないように
意識したり、「腕の使いすぎ」に注意しましょう。
肋骨に負担をかけないように日常で意識することが、
「皮膚の過敏」を防いで、「寒冷じんましん」を予防していくことにつながります。
 
寒冷じんましん05
 
寒冷じんましん・メカニズム02
寒冷じんましん03寒冷じんましん07
 
F1000008.JPG蕁麻疹
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

整体・接骨は口コミNO.1:冷えとり健康法について

2013.03.21 | Category: 冷えとり健康法,冷え症,半身浴,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,毒出し,足湯,靴下の重ね履き,頭寒足熱

 

冷えとり健康法について


冷えとりのポイント

半身浴をして下半身を温める

靴下の重ね履きを最低3枚以上で

服装も下半身を厚く 上半身を薄くする

玄米 豆 海草類を中心に 腹7分目でよく噛んでいただく

という事がポイントとなり意外と簡単で

気軽にご自宅にて行える健康法です。


何かを飲んだり 病院等に通う必要がない為

ご自信のペースで進めることが出来ますし

靴下に初期投資として資金が必要になる程度で

基本的にお金を掛けずに出来てしまうのです。


冷えとり健康法を始めると

以前と比べてどの様な変化が見込めるのか。と言いますと


・肩や首が凝らなくなる。

・体が非常に軽くなる。

・シミやクマが薄くなり 顔色が非常に良くなる。

・気持ちが非常に安定し、イライラクヨクヨすることがなくなる。

など、様々な変化が生まれてきます。

頭寒足熱や半身浴だけで、こんなに変化があるのか?! と

思われるかもしれませんが

程度の差こそあれ、実際に変化してきます。


現代人は 住環境や 上半身ばかり温める服装

食事やパソコンなどで

頭が熱くて 足が冷たい状態になっていますから

自覚症状がない方が多いのですが

多くの方が頭に血が昇っている状態であり

この上半身と下半身の温度差が「冷え」なのです。

冷えると血流が悪くなり、内臓がきちんと機能せず

老廃物や毒素を体が排出できなくなり、どんどん溜まって行きます。

これが日頃の不調や大きな病気の原因になるのです。

冷えとり健康法は この状態を 頭寒足熱で正常にして

自分の力で 不要なものをきちんと出せる体へと導いてくれます。


そして、靴下を重ね履きを行いますが

足元からの排毒が盛んになると、靴下に穴が開くことがあります。

これは体内の毒素が盛んに排出されて、絹の繊維を溶かすからです。

穴の開く場所によって

自分の体のどの部分の毒素が排出されたか。が分かります。


病気はどこか局所が悪いのではなく、体全体に溜まった体毒が原因です。

靴下の穴でわかるように、あらゆる内臓から排毒は行われています。

局所治療ではなく、靴下の重ね履きこそ、根本治療なのです。


この冷えとり健康法では

「病気は悪いもの」

と考える現代医療とは異なった考え方です。


病気はもちろん、事故やケガは

体や心が治って行く過程と考えます。


病気やケガは、運や偶然ではなく

全て「瞑眩」(毒出し、好転反応)

自然治癒力が治る方向へと動いていることを理解し、 頭を切り替えることで

健康が促されていくのです。


冷え取り生活によって内臓細胞の「逆分化」(毒出し・瞑眩)がはじまると

以下のような症が出てきますが、だいたい1週間~3ヶ月くらいでおさまります。

症状は溜めてきた毒や心の状態等によって人それぞれです。


アトピー:よけいに湿疹がひどくなった

腰痛:いっそう痛むようになった

風邪:鼻水・セキ・熱が出てきた

乳がん:悪臭のある膿がたくさん出た

心臓病:動機の回数が増えた

肝炎:めまい・頭痛・目のかすみ

心の毒出し:イライラ・躁鬱・無気力・悲しみ・考えすぎ・恐怖感

その他、固定観念が薄くなった・急な下痢・自分の欠点がわるようになったなど

様々な状態に変わっていきます。


目に見えて変化が分かりますし

自宅で気軽に行える健康法ですので

是非、実践されてみてください。

整体・接骨は口コミNO.1:冷えと半身浴

2013.03.21 | Category: 冷え症,半身浴,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,足湯


足の冷えと体調不良の仕組みについて


頭が熱く 足が冷たいという上半身と下半身の温度差があると

血液のめぐり 気のめぐりが悪くなり

内臓の働きが低下し

毒素が溜まって 体調不良や病気の原因になる。


という、とてもシンプルな構造です。


足が冷たいと、冷えがどんどん上へと伝わって行き、

遂には背中や肩、首、頭の凝りや

頭痛の原因にまで発展します。


冷え症ではない 健康な人でも

通常足先の温度は25度~26度と低く

上半身との温度差は 10度以上もあります。


冬暖房が効いた部屋を思い出してみてください。


顔のあたりは暑く、逆に足もとがひんやりして

サーキュレーター等で空気をかき混ぜなければ不快です。


そんな状態が 私達の体の中では常に起こっていて

上半身と下半身で流れが滞ってしまっているのです。


私は、手と足が熱くてたまらないから大丈夫。

という方、いわゆる“火照り”を感じている方もいらっしゃるかと思いますがこれは「火照り」が冷えが進んだ状態なのです。

冷えの程度が酷くなると、その部位を温めようと

体の表面に熱が集中してしまいます。

それ故、体の芯は 冷えたままという状態になってしまします。

 例を挙げますと

雪遊びをしていると 最初は冷たいのに

途中から急に手がホカホカとしてくる状態や

熱いお湯に入った湯冷めのような状態を

思い浮かべていただけると分かり易いかと思います。


半身浴は以前から 体に良いとされていて

やっています。

とおっしゃる方も多いのですが

冷えとり的に有効な半身浴とは異なった入浴法で行っている

という事がありますので

まず 冷えとり健康法における 半身浴のコツをお伝え致します。


半身浴のポイントですが

・37~38度のぬるめのお湯で

・みぞおちまで

・腕を出して(腕は上半身な為)

・20分以上

となります。


まず、大きなポイントはお湯の温度で

必ず37~38度のぬるいお湯で行います。


体温より2℃以上高いお湯だと 表皮が熱をブロックしてしまうので

本当は一番温めたい「体の芯」が全く温まらないのです。


冷えとり健康法は 頭寒足熱で

いつも冷えている下半身と いつも熱くなっている上半身の温度差をなくし

血と気の流れを良くして 内臓の働きを良くする。

というものなので

上半身である腕、手は半身浴の時も お湯から出します。


これは、お湯の中に手や腕の一部を入れていると

すぐにのぼせてしまい

半身浴を長時間行うことが出来なくなってしまう為です。


半身浴の時間は 一応20分が目標ですが

この入浴法だと 喉が渇いて仕方ない、など

体力が消耗することが全然ありませんので

時間が許す限り いくらでも入浴することが可能なのです。


特に 体調の悪いときほど入念に入浴する事や

汗をかくことより 体の芯まで お湯の熱を伝えて

温めることが大切です。

正しい方法で、半身浴を行って下さい。


整体・接骨は口コミNO.1:冷えの原因について

2013.03.19 | Category: 冷え症,半身浴,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,肩こり・首こり,自律神経が乱れ,足湯

冷えの原因について


血液循環には

肺循環(小循環)と体循環(大循環)があり

肺循環とは肺と心臓を結ぶものであり

体循環は心臓と全身の細胞を動脈と静脈で結ぶルート

のことを指します。


冷えや低体温は簡単に言いますと

動脈の折り返し点「毛細血管」付近でのトラブルです。

60兆個あるといわれている、全身の細胞に

酸素や栄養、そして「熱」の受け渡しが行われている場所です。


冷えや低体温は、充分な熱を生産できなかったり

血液が毛細血管を通過しにくい

などの結果なのです。


このような疾患を伴わない「冷え」は

栄養バランス、運動不足、ストレス

がおもな原因です。

特に女性では

鉄分などのミネラルを失いやすなどで自律神経が乱れやすく

「冷え」

とともに便秘や貧血などの症状になりやすいのです。


最近、子どもにも広がりをみせる低体温ですが

偏った食事や運動不足、ストレスなど、いくつかの原因が指摘されています。


更に成人では、これに加え

ホルモンバランスの変動、 加齢で老朽化していく身体、倍加するストレスなど

複雑化が進んでおります。


一般的に指摘されている「冷える」原因はいくつかあります。

程度の差はあれ、誰もが持っているのですが

血液が汚れている事も原因の一つです。


余ってしまったコレステロールや中性脂肪

糖、尿酸、腸からの有毒ガスなど

本来なら、肝臓で処理され腎臓では老廃物として排出されるものが

血液中に残ってしまい、冷えの原因になります。


また過度のストレスも一つです。


興奮すると血圧が上がり

自律神経が働き血管が収縮することによるもので

同じ姿勢で肩がこったり、心配事で不安定な心の状態などです。

血行が悪くなると手足の冷えとして感じるものですが

実は、脳や内臓でもおきています。筋肉の「コリ」は、うっ血です。

静脈で血液が停滞している状態で

肩コリはその一つで、乳酸や老廃物が溜まり

硬く緊張し続けている状態です。体の一部でおきた血行不良です。


挙げればキリがないので、一つ対処法をお伝え致します。

私は、足湯や半身浴をお勧めしていますが

「歩くこと」

も効果的です。

足の筋肉による収縮で、血液やリンパ液を

心臓に押し上げることになるからです。

心臓から遠い足の血液を心臓に送り返す血液循環に大きな助けとなるのです。


歩くことが少ない生活は血液循環を悪くしてしまします。

座っていることが多いなら

気分転換も兼ねて歩いてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。


整体・接骨は口コミNO.1:頸椎・あご・骨格(骨盤)重力バランス軸矯正で冷えに負けない体づくり!モテる秘訣は体温にあり!?。

2013.02.12 | Category: あご(顎関節)の矯正,免疫力,冷え症,整体・接骨院,肩こり・首こり,頭痛・偏頭痛,骨盤のゆがみ,骨盤矯正

モテる秘訣は体温にあり!?

「冷え」が健康によくないということは、
もうあなたもよくご存じだと思います。

ですが、女性にとって「冷えが大敵」である理由は、
それだけにとどまらないということが判明しました!

ある調査会社が行ったアンケートによって、
体温が高い女性と低い女性では、
「告白された人数」「交際中の恋人がいる割合」
「幸せだと感じている割合」「年収の平均値」が、
いずれも体温が高い女性のほうが高いという衝撃の結果が出たのです!

 平均年収にいたっては約30万円もの差がついています。

体の冷えが、恋人の温もりも心の温もりも、さらには懐の暖かさまで遠ざけていたとは! 
担当Dはこの事実を知ったとき、かなりショックを受けました。

でも、一口に冷え症と言っても、いくつかタイプがあり、原因と有効な対策が異なります。

①基礎代謝が低下し熱を作り出せない冷え症には、
 体を温める食べ物と腹圧を上げるエクササイズ。

②骨盤のゆがみや足首の関節がかたくて末梢まで血液を運べない冷え症には、
 末梢血管を鍛える温冷交代浴と股関節のストレッチ。

③自律神経のトラブルで放熱し放題の冷え症には、
 首・おなか・足からの放熱を防ぐ服装と、首の乾布摩擦。

そのほか、体が芯から温まるショウガのホットドリンクレシピ、
 入浴法、うなじを温める脳幹マッサージなど、
 女性の悩みを一掃する冷え取り法があります。

寒い日が続いていますが、ぜひあなたは体も心も懐も温かく幸せになってくださいね。

■「冷え」は、頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸のゆがみ(ずれ)からはじまっていた!

 頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸のゆがみ(ずれ)は、
 血流を悪くする主な原因のひとつです。

 奥歯が短く頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸がゆがみ(ずれ)ていると、
 咬筋がたるみます。

 すると、脳から筋肉を縮めよという命令がくだされ、
 咬筋だけでなく体中の同側の筋肉までもが縮んでしまいます。

 そのため体のバランスがくずれて自律神経の調子が悪くなり、
 体温調節機能がうまく働かなくなります。

 同時に、交感神経の常時興奮によって、毛細血管がさらに細くなり、
 血の巡りが悪くなり冷え性が加速します。

 その上に、頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)によって喉にある甲状腺が圧迫されるため、
 血圧異常が起こり、血流が悪くなるのです。

 このように、頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸のゆがみ(ずれ)には、
 血流を悪くする要因が複数存在しているのです。

 逆にバランス整体治療によって頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)を解消することで、
 せき止められていた水が流れるように、
 全身の血流がよくなる可能性がある、ということです。

 血流をよくすることで、冷え性の解消はもちろん、
 さまざまな健康効果があります。

 脳への血流は最大2倍になりますから、脳がぐんと活性化します。

 体全体の免疫力が向上し、自然治癒力が高まります。

 心臓、肺、胃腸、肝臓、腎臓……など、内臓の働きが活発になります。

 あなたも血流をよくして冷え性を解消し、冬の寒さに耐えられる体づくりをしませんか?

 寒い冬でもつらく感じることがなくなり、日常生活がずいぶんと楽になりますよ。

 福山市田澤接骨院では、バランス整体治療によって「冷え」の
 根本原因である血行障害を解消し、
 あなたのの健康をサポートできればと考えています。

 冷え性で悩んでいる方は、ぜひ一度、当院にお越しください。

 体のゆがみが一目でわかる、
 身体のゆがみチェックも行っています。

 あなたのご来院をお待ちしています。

————————–

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。
 
 

 

整体・接骨は口コミNO.1:頸椎・あご・骨格(骨盤)重力バランス軸矯正すれば寒~い冬。冷えに負けない体づくり!

2013.02.03 | Category: あご(顎関節)の矯正,免疫力,冷え症,口コミ、人気、評判NO・1,頭痛・偏頭痛,風邪,骨盤のゆがみ,骨盤矯正

冷えに負けない体づくり!

 寒い冬は 寒がり・冷え性の人にはつらいですよね。

 体が冷えて、あちこちが痛くなったり体調不良を起こしたり……。

 寒くて寒くて、朝起きるのがつらい、夜寝つけない、
 仕事や家事もやる気が出ない……という方も多いと思います。

■あなたが“冷え性”なのはなぜ?

 女性の7割以上が悩んでいるという、“冷え性”。

 最近では男性にも多いようです。

 そもそも、冷え性ってどういうことでしょうか?

 冷え性というのは、体温が低いことと思われがちですが、違います。

 冷え性とは、
 「特に手足や下半身など、体の一部または全身が冷えてつらく感じる症状」のこと。

 では、冷え性になってしまう体のメカニズムは、どういったものでしょうか?

 冷え性の主な原因は、“血流”の悪さ。

 血液の流れは、体中に酸素や栄養が届けるほか、“体温調節”の役割も果たします。

 暑いときは血管を太くして血流量を増やし、発汗などで熱を逃がす。

 寒いときは血管を細くして血流量を減らし、放熱を防ぐ。
 (血流がよければ冷え性にはなりません)

 これが血流の大切な役割のひとつです。

 このように、寒いときは自然と血管が細くなるため、
 血流が悪いと末端まで暖かい血液が流れにくくなり、冷え性になるのです。

 血流の悪さによって起こるのは、冷え性だけではありません。

 肩こり、頭痛、腰痛、関節痛などの痛み。

 代謝が悪くなり、肥満やむくみ、肌荒れの原因にもなります。

 さらに免疫力が落ちて、風邪をひきやすくなります。

 不眠の原因にもなります。

 血流が悪いことで、さまざまな病気や疾患の原因になるのです。


■「冷え」は、頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸のゆがみ(ずれ)からはじまっていた!

 頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸のゆがみ(ずれ)は、
 血流を悪くする主な原因のひとつです。

 奥歯が短く頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸がゆがみ(ずれ)ていると、
 咬筋がたるみます。

 すると、脳から筋肉を縮めよという命令がくだされ、
 咬筋だけでなく体中の同側の筋肉までもが縮んでしまいます。

 そのため体のバランスがくずれて自律神経の調子が悪くなり、
 体温調節機能がうまく働かなくなります。

 同時に、交感神経の常時興奮によって、毛細血管がさらに細くなり、
 血の巡りが悪くなり冷え性が加速します。

 その上に、頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)によって喉にある甲状腺が圧迫されるため、
 血圧異常が起こり、血流が悪くなるのです。

 このように、頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸のゆがみ(ずれ)には、
 血流を悪くする要因が複数存在しているのです。

 逆にバランス整体治療によって頸椎・下あご・骨格(骨盤)重力バランス軸の
 ゆがみ(ずれ)を解消することで、
 せき止められていた水が流れるように、
 全身の血流がよくなる可能性がある、ということです。

 血流をよくすることで、冷え性の解消はもちろん、
 さまざまな健康効果があります。

 脳への血流は最大2倍になりますから、脳がぐんと活性化します。

 体全体の免疫力が向上し、自然治癒力が高まります。

 心臓、肺、胃腸、肝臓、腎臓……など、内臓の働きが活発になります。

 あなたも血流をよくして冷え性を解消し、冬の寒さに耐えられる体づくりをしませんか?

 寒い冬でもつらく感じることがなくなり、日常生活がずいぶんと楽になりますよ。

 福山市田澤接骨院では、バランス整体治療によって「冷え」の
 根本原因である血行障害を解消し、
 あなたのの健康をサポートできればと考えています。

 冷え性で悩んでいる方は、ぜひ一度、当院にお越しください。

 体のゆがみが一目でわかる、
 身体のゆがみチェックも行っています。

 あなたのご来院をお待ちしています。

————————–

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。
 
———————-


当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達