福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > リラキシンの記事一覧

妊婦さんにはマタニティー整体

2014.02.02 | Category: ストレス,ホルモン,マタニティ整体,リラキシン,妊娠,妊娠・出産後,妊婦,患者さまの喜びの声(動画),背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正

患者(妊婦)さまの喜びの声

 

後藤のりこさま 25歳 福山市

 今妊娠5か月の妊婦です。
 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。
 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。
 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。
 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。
一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。
 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。
 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。
 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!
 無事に出産できますように。

評判「口コミ」広島県NO1 を目標に私たちは真剣に
最高の施術でからだの改善を目指します。

まるで赤ちゃんを優しく包むようなふんわり
あたたかな手法であなたの健康を回復させます。
赤ちゃんに戻った気分になってみずみずしいこころを回復して下さい。

産後の骨盤矯正や
妊婦さんにもやさしいマタニティー整体です。

安心・安全な接骨院(妊婦{マタニティー}さんもOK)

あなたは安心して安全な整体が受けられます!

福山田澤接骨院の整体は極めて安全性の高い施術です。
当院の整体はあなたの原始感覚にもとづいて施術をおこないます。
理論よりもあなた自身の感覚を優先します。

原始感覚とは生物なら皆持っている「快・不快」を聴き分ける感覚のことです。
不快感を感じるような整体は一切行ないません。当接骨院では「ガマン」は一切禁物です。
痛い・つらいのをガマンして整体を受けることはありえません。

小さなお子さんから年配の方まで安心して受けられる優しい整体です。

妊婦さんも安心してマタニティー整体を受けられます

 

妊娠にはマタニティー整体が絶対に必要
 
妊娠に骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)は絶対に必要であります。
母となる親と赤ん坊として生まれてくる両方にとって

マタニティー整体は欠かせない事項の一つであります。
通常の人よりもっと骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)を

必要としているのは妊婦である。
現代になって妊婦は、ますます胎児を大切に考えるように

なってきています。
今日の妊婦は本を一生懸命本を読み、いろいろな質問を繰り返し
食事にも気を付け、運動に励み
毎日の生活を通じて健康に気を配っている。
 
こういった状況で妊婦は健康を保つ方法の一つとして
骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)を真剣に考えるべきであります。
 
出産前における骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)の必要性を理解するために
マタニティー整体が何かであるかを知る必要があります。
 
骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)というのは
脊椎神経の歪み(脊椎の傾き・ずれ・亜脱臼)は
身体機能を狂わせ、健康を害して病気へと発展するのであります。
とはいえ、マタニティー整体は決して病気を直す方法ではなく

脊椎が正常な機能を発揮できるようにさせる方法といえます。
 
脊椎や神経系統にストレスを生じさせるような
脊椎の間違った配列(脊椎のゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼)がないかを
見ます。
脊椎にゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼があると神経系統を狂わせ
身体全体を狂わせるからであります。
こうしたゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼があった場合、

脊椎を調整する事により、ストレスを取り除きます。
 
ゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼の無い健康体であれば、
身体がそれだけうまく働き
病気に対する抵抗力も高まってきます。
これこそバランス整体の目指すところであります。
 
妊娠にとってこうした健康体を出来るだけ保つことは必須であり
妊娠と出産に備えることが出来ます。
バランス整体で脊椎を正常に保ち生殖臓器なり

他の器官への神経の流れを正常に保つことが肝心であります。
 
神経系統へのちょっとした邪魔でも、母親と成長を続ける胎児に
悪影響を与える可能性があります。
妊娠中にマタニティー整体を受けるもう一つの利点は

薬を使わず健康を保てるという事であります。
 
処方箋によるものであれ、売薬であれ胎児への影響が必ずあり
安全な薬というのは存在しません。
妊婦にとって一番安全なのは薬を避け

健康管理にはなるべく自然な方法を取る事であります。
どんな薬であっても、
胎児への障害や成長異常をもたらすものであります。
 
妊娠初期3か月では、薬を取る事は最低限にすべきです。
 
動物実験によればどんな薬でも、必ず何らかの形で
胎児に先天性の問題をもたらします。
妊娠中に薬を取る事に関しては、母親のその薬に対する必要性と

胎児に与える悪影響のリスクを秤にかけることが必須です。
 
母親と胎児に悪影響を与える一般的なものとしては
アスピリンをはじめ、アルコール、たばこ、
マリファナ、コカインなどが挙げられます。
 
薬を使う場合には十分に考慮したうえでの使用をして下さい。
脊椎・骨盤のゆがみ16
妊婦3DSCF0062
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マタニティー整体Q&A
薬だけでなく、妊娠している母親としては危険性のある診断方法にも
注意して、なるべく避けるべきであります。
 
ロバート・メンデルスゾーン医師の言葉を借りれば
「妊娠中はX線をはじめ、超音波診断、医師からの処方箋
その他妊娠を少しでも危険にするような、
いかなる方法も取るべきではない。」
という事です。
妊娠していると心配の種は尽きない。
 
妊娠をうまく保てるか。だけでなく胎児が生まれるまで大丈夫か。
さらには、つわり、胎児が順調に発育しているか。
背中や足が痛い。陣痛が安全で痛くないか。
とたくさんあります。
こうした心配の種が、マタニティー整体で
取り除ける可能性が多いにあります。
 
妊娠中にマタニティー整体を受けると
妊娠が順調にいき、吐き気が減り
予定日通りで順調なお産となり、普通よりも
健康な子供に恵まれる可能性が高いです。
 
アメリカ整骨療法学会誌によると
妊娠婦人への脊椎治療の効果が幾つも述べられており
例えば
「普通の患者に対して、
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の矯正が機能回復に役立つ。
特に毒症などの妊娠中の婦人での機能回復には
目を見張るものがあります。」
 
「矯正治療で下垂体や副腎、卵巣、脳仙髄の呼吸機構を含めた
胎盤システムの機能を正常にし、陣痛の時間が50~60%減らせ
しかも薬品も最低50%少なくて済む。
矯正治療を受けていた場合は、出産後の憂鬱がほとんど見られない。」
 
妊娠中は、肉体的にも科学的にも身体の中で大きな変化が起きている訳で
マタニティー整体をより一層必要とするわけであります。
 
妊娠の体重変化により重心が変わるだけでなく
卵子からのリラクシンと呼ばれるホルモンにより
脊椎が柔軟性を帯びるようになる。
 
このリラキシンというホルモンは骨盤の靭帯を柔らかくして
出産時にうまく伸びるように働くわけだが
脊柱の方は妊娠により、かなりの負担が加わってるのに加え
このリラキシン・ホルモンが問題を引き起こす可能性が高い。
 
ただし慢性的な脊椎障害を持っている場合
このリラキシンにより、修正が簡単にいく場合があることも
見逃せません。
 
当院では脊柱を調べることにより
骨盤と脊椎がうまく連動して動くかどうかのバランスをとります。
 
妊娠しているとマタニティー整体の治療が受けにくいのではないですか。
という質問がよくありますが
全く心配はいりません。
 
また、妊娠中にマタニティー整体の治療を受けても安全でしょうか。
という質問もありますが、お母さんにとっても胎児にとっても
安全ですのでお勧めです。
 
妊娠の何か月位までマタニティー整体を受けられるか。
という事ですが
出産前の陣痛が起きてから受ける方もいるほどです。
 
その他にも質問を頂いていますのでお答えいたします。
 
● 脊柱の治療で産後の憂鬱が直るでしょうか
 
精神的な問題や感情的な問題に対してマタニティー整体の効果があることは
長年にわたって知られています。
専門雑誌によると、矯正治療を受けていた婦人の場合には
産後、憂鬱が殆ど生じないという医師の記録があります。
 
● マタニティー整体は腰の痛みに効果があるでしょうか
 
マタニティー整体は腰や背中の痛みに対する治療方法
という事ではありませんが、脊椎矯正をすることにより
腰や背中の痛みをはじめ、各種の身体問題を
自分自身の自然治癒力で直して行きやすくすます。
 
● 妊娠で順調にいっている場合には、マタニティー整体は必要ないわけですね。
 
そうではありません。
マタニティー整体を予防療法として採用すべきです。
妊娠中体重を定期的に計るように、脊椎の検査も
定期的にしていくべきです。
 
● 赤ちゃんもバランス整体を受けても大丈夫でしょうか
生まれてから数時間の後に脊椎の検査を受け
さらに必要なら調整する事もあります。
あなたの参考にしてください。
体のゆがみチェックも行っています。
あなたのご来院をお待ちしています。
 
当院の患者さんでも生理痛・生理不順・むちうち・首、肩こり・
腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛・つけ根の痛み・股関節の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

 

頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、「原因不明」や「ストレス」など と診断されることも少なくはありません。どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。そんなあなたは、まず当院にご来院してみて下さい。

脊椎・骨盤のゆがみ19

赤ちゃんとおかあさんkid0027-009_m

全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

 

 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達