福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > ストレスの記事一覧

子宮筋腫と自律神経

2017.04.30 | Category: PMS,アトピー,ストレス,ピル,ホルモンバランス,不妊,乳ガン,合成ホルモン剤,妊娠,子宮ガン,尿漏れ,更年期症状,生理前症候群,生理痛,生理痛、生理不順,筋腫,肌の老化,肥満,自律神経,薬の副作用

思い当たる事はありますか?

 

 

 

 

 

 

病院で経過観察と言われた

けれど、その間にも筋腫がどんどん大きくなっている。

生理時、あまりに多くの出血で外出も出来ない。

病院の先生から子宮筋腫があると妊娠しにくいと言われて・・・ 仕事中に息切れ・立ちくらみが頻繁に起こる。

ピルや合成ホルモン剤効果があまり感じられない。

筋腫を切ったのに、たった2年後に再発。 閉経後20年近く経ったのに筋腫が・・・ 痛み止めの薬と介護用紙パンツと尿取パッドが手放せない。

病院のドクターの説明では、なんにも分からない。

筋腫を子宮ごと切ってしまったのに、 まだ生理痛?やPMS?の症状で・・・

薬の副作用で急激に太り、 頭髪も抜け落ちてしまい、一年中ニット帽を被ったままの生活。

ほんの一部ですが、 これは「子宮筋腫改善」を施術された方々が施術前に悩んでいた症状です。

そして皆さんこの施術で改善され、お喜びのお手紙も沢山いただいています。

 普通の生活の中で無理もなく、あなたの子宮筋腫を改善する方法をお伝えして行きます。

あなたは、子宮筋腫のできた理由を知っていますか?

子宮筋腫だけでなく、病気にはすべて原因があります。

あなたは、どうして子宮筋腫のできた理由も分からないのに

気楽にピルを使ったり、手術をしたりするのですか?

子宮筋腫は、自律神経・ホルモンバランスの崩れが原因です。

それを、きちんと教えてもらっていませんね。

だから、あなたはこんな間違った方法に取り組んで、

あなたの命を削っているのです。

それだけでは、ありません。

ホルモンバランス・自律神経の崩れはあなたの子さんやお孫さんの命まで、おびやかしているのです。

たかが生理痛でそんなに大げさに、と思っていませんか?

ホルモンバランス・自律神経が崩れていると

子宮筋腫が大きくなります。
 

不妊の確立が大変高くなります。
 

乳ガンや子宮頸ガン、子宮ガンなどの発病率が高くなります。
 

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が若くても起こります。
 

肥満、薄毛、肌の老化をはじめとする、体中の老化が進みます。
 

心臓病が起こりやすくなります。

 

尿漏れ、慢性的な尿路感染症など膀胱の問題が起こりやすくなります。
 

性生活が苦痛になります。

 

あなたの未来の赤ちゃんが成長した時、
悪影響の出る確立がぐんと上がります。

 

*もちろん、ここには書ききれないほどの症状が、まだまだ沢山あります。

あなたが施術を実行して
 

洪水のような生理が解消したら
 

1週間以上もダラダラ続く生理が改善したら
 

1ヶ月に2回も来る生理や腹痛が改善したら、
 

鉄分を飲んでも治らない、貧血が改善したら
 

たまらない生理痛が起きなくなったら

 

疲れたり、イライラしなくなったら
 

気に障る人が、素直に受け入れられるようになったら
 

よごす心配なく薄い色の洋服を着ることが出来たら
 

いつでも、どこにでも,生理を心配しないで行くことが出来たら
 

あなたを悩ます便秘・肌荒れが解消したら
 

筋腫が改善して、妊娠への希望が見えたら

*ホルモンバランスについて、わかりやすく、

きちんとした知識を持つことが出来たらあなたはどんなに幸せだと思うことでしょう。

そんなことができる施術があるとしたら試してみたいと思いませんか?

10代から40代の日本女性の70%以上の人が

●生理痛や子宮筋腫

 
●PMS(生理前症候群)などで悩んでいます。
 

4人に1人に子宮筋腫があるともいわれています。
 

しかし、40年くらい前までは、生理痛や子宮筋腫で悩む人はほとんどいなかったのです。

乳ガンも子宮ガンもほとんどありませんでした。

それがどうして、こんなに生理痛、子宮筋腫 、乳ガン、子宮ガンなどが増えてきたのでしょうか?
 

それには、食生活の変化が大きく影響しています。
 

また、ストレスなど考え方やこころのあり方も影響しています。
 

これらの影響で自律神経やホルモンバランスが崩れ、生理痛、子宮筋腫、 乳ガン、
 

子宮ガンなどが増えてきているのです。
 

でも、ほとんどの女性は生理痛の意味を知りません。

 
「生理痛はないのが普通ですよ」と言いますと、

 
「エー、ウソ、生理痛があるのは普通でしょ。お母さんも生理痛があったって言います」
 

という答えが返ってきます。
 

ですから、初潮の時に生理用品と痛み止めの薬を買い与える母親もいるのです。
 

「生理の何日か痛みをがまんするか、痛み止めの薬を飲めば大丈夫」
 
とほとんどの女性が思っています。
 

病院でも、「生理痛は痛みがひどくなければ鎮痛剤を飲んで上手にコントローしましょう」
 

と鎮痛剤を勧めます。

 
こんな状態ですから、ほとんどの女性は生理痛は気にしていません。

 
子宮筋腫や子宮内膜症で、ひどい生理が来るようになって初めてあわてるのです。

生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症などは、ホルモンバランスや自律神経の崩れです。

あなたのホルモンバランスや自律神経が崩れていると、あなたのお子さんや

お孫さんの脳や生殖器にも悪影響が出やすくなります。

産まれたばかりで、真っ赤にアトピーが出ている赤ちゃん、
 

ADHD(注意欠陥多動性障害)男子の精子の減少、女子の生理不順を始め、
 

色々な障害の原因を子宮筋腫という形で子宮の中で作ってしまいます。
 

ホルモンは、特に女性の体や心に大きな影響をあたえます。
 

そうしてあなたの老化も加速させて行きます。
 

その結果、性欲の減退、おなかやお尻や太ももに脂肪がたまる、

抜け毛、細くて腰のない髪の毛、不眠症、物忘れ、肌のシミ、シワなどが現れます。

どうしてホルモンの影響が知られていないの?

「ホルモン」と聞くと
 

なんだかよくわからない、
 

自分ではどうにもできない、
 

病院に頼るしかない、
 

ほとんどの人はそう思います。
 

それは当然です。
 

学校でも病院でもホルモンについてはお教えてくれないのですから。
 

でも、大丈夫!
 

あなたは貧血になったらどうしますか?

「ホウレンソウを食べる」「レバーを食べる」等々と答えますね。
 

その通りです。

血液は食べ物で出来ていると、あなたは知っているからです。
 

私たちの体の中の物は、すべて私たちが飲んだり食べたりしたもので出来ているのです。

もちろんホルモンも同じです。
 

しかし、病院で医師は、 「ホルモンと食べ物とは、あまり関係がない」と言います。

 
そうして、痛み止めの薬や、ホルモン療法、手術を勧めます。
 

これは、残念ですが、ホルモンに対する日本の医療が遅れているためです。

それに、食べ物の指導をしても、病院の収入にはなりません。

 

子宮筋腫を病院では・・・

経過を見守る
 

見守る、実際には貧血があれば造血剤を処方する。

合併症があればその治療をしますが、
 

子宮筋腫を改善するための指導はありません。
 

薬で子宮筋腫に伴う症状を止める

貧血であれば造血剤、生理痛がひどければ鎮痛剤を使います。

特に10代から20代の女性は、生理痛のひどい人が多く、

 
鎮痛剤をドラッグストアで気軽に買っています。

女性向きに可愛いパッケージですので、

薬というより、可愛いお菓子感覚で買い、使う人が大変増えています。
 

これは大変危険なことです。

鎮痛剤は飲んでるうちに効きが弱まり、飲む量を増やしてしまいます。
 

そうして、体の自然治癒力を低下させて行きます。
 

ホルモン療法

 

合成ホルモンを使って、生理を1時的に止めて筋腫を小さくする方法です。
 

しかし、合成ホルモンの使用を止めれば、また筋腫が大きくなります。

そのために1時的な方法として使われます。
 

合成ホルモンを使うと、かえって女性の体のホルモンバランスは崩れます。

そのために、イライラする、のぼせる等更年期症状がでたり、
 

体内で栄養素が無駄に使われたりして、子宮筋腫の症状が悪化します。
 

手術
 

・筋腫だけを切り取る
 

・子宮を全部とる

 
どちらの手術も根本療法ではありません。

筋腫ができる原因のホルモンバランス・自律神経の崩れが改善されたのではありません。

ホルモンバランス・自律神経を改善しないと、筋腫だけとってもまた筋腫はできますし、

子宮をとってしまえば、更年期症状が急激に現れます。

 

◆「それでは、どうすればいいの?」◆

★大丈夫です★

あなたの子宮筋腫を改善するための
 

自然で体に無理のない施術プログラムが、今ここにあります。

これは、私が長年研究をしてきました。

ぜひ、あなたもホルモンバランスについて理解して、子宮筋腫を改善し、
 

"調和のとれた、最高の健康(オプティマル・ヘルス)と、しあわせな生活"」

を手に入れてください。

妊婦さんにはマタニティー整体

2014.02.02 | Category: ストレス,ホルモン,マタニティ整体,リラキシン,妊娠,妊娠・出産後,妊婦,患者さまの喜びの声(動画),背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脊椎・背骨矯正

患者(妊婦)さまの喜びの声

 

後藤のりこさま 25歳 福山市

 今妊娠5か月の妊婦です。
 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。
 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。
 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。
 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。
一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。
 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。
 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。
 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!
 無事に出産できますように。

評判「口コミ」広島県NO1 を目標に私たちは真剣に
最高の施術でからだの改善を目指します。

まるで赤ちゃんを優しく包むようなふんわり
あたたかな手法であなたの健康を回復させます。
赤ちゃんに戻った気分になってみずみずしいこころを回復して下さい。

産後の骨盤矯正や
妊婦さんにもやさしいマタニティー整体です。

安心・安全な接骨院(妊婦{マタニティー}さんもOK)

あなたは安心して安全な整体が受けられます!

福山田澤接骨院の整体は極めて安全性の高い施術です。
当院の整体はあなたの原始感覚にもとづいて施術をおこないます。
理論よりもあなた自身の感覚を優先します。

原始感覚とは生物なら皆持っている「快・不快」を聴き分ける感覚のことです。
不快感を感じるような整体は一切行ないません。当接骨院では「ガマン」は一切禁物です。
痛い・つらいのをガマンして整体を受けることはありえません。

小さなお子さんから年配の方まで安心して受けられる優しい整体です。

妊婦さんも安心してマタニティー整体を受けられます

 

妊娠にはマタニティー整体が絶対に必要
 
妊娠に骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)は絶対に必要であります。
母となる親と赤ん坊として生まれてくる両方にとって

マタニティー整体は欠かせない事項の一つであります。
通常の人よりもっと骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)を

必要としているのは妊婦である。
現代になって妊婦は、ますます胎児を大切に考えるように

なってきています。
今日の妊婦は本を一生懸命本を読み、いろいろな質問を繰り返し
食事にも気を付け、運動に励み
毎日の生活を通じて健康に気を配っている。
 
こういった状況で妊婦は健康を保つ方法の一つとして
骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)を真剣に考えるべきであります。
 
出産前における骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)の必要性を理解するために
マタニティー整体が何かであるかを知る必要があります。
 
骨格・脊椎・骨盤矯正(調整)というのは
脊椎神経の歪み(脊椎の傾き・ずれ・亜脱臼)は
身体機能を狂わせ、健康を害して病気へと発展するのであります。
とはいえ、マタニティー整体は決して病気を直す方法ではなく

脊椎が正常な機能を発揮できるようにさせる方法といえます。
 
脊椎や神経系統にストレスを生じさせるような
脊椎の間違った配列(脊椎のゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼)がないかを
見ます。
脊椎にゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼があると神経系統を狂わせ
身体全体を狂わせるからであります。
こうしたゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼があった場合、

脊椎を調整する事により、ストレスを取り除きます。
 
ゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼の無い健康体であれば、
身体がそれだけうまく働き
病気に対する抵抗力も高まってきます。
これこそバランス整体の目指すところであります。
 
妊娠にとってこうした健康体を出来るだけ保つことは必須であり
妊娠と出産に備えることが出来ます。
バランス整体で脊椎を正常に保ち生殖臓器なり

他の器官への神経の流れを正常に保つことが肝心であります。
 
神経系統へのちょっとした邪魔でも、母親と成長を続ける胎児に
悪影響を与える可能性があります。
妊娠中にマタニティー整体を受けるもう一つの利点は

薬を使わず健康を保てるという事であります。
 
処方箋によるものであれ、売薬であれ胎児への影響が必ずあり
安全な薬というのは存在しません。
妊婦にとって一番安全なのは薬を避け

健康管理にはなるべく自然な方法を取る事であります。
どんな薬であっても、
胎児への障害や成長異常をもたらすものであります。
 
妊娠初期3か月では、薬を取る事は最低限にすべきです。
 
動物実験によればどんな薬でも、必ず何らかの形で
胎児に先天性の問題をもたらします。
妊娠中に薬を取る事に関しては、母親のその薬に対する必要性と

胎児に与える悪影響のリスクを秤にかけることが必須です。
 
母親と胎児に悪影響を与える一般的なものとしては
アスピリンをはじめ、アルコール、たばこ、
マリファナ、コカインなどが挙げられます。
 
薬を使う場合には十分に考慮したうえでの使用をして下さい。
脊椎・骨盤のゆがみ16
妊婦3DSCF0062
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マタニティー整体Q&A
薬だけでなく、妊娠している母親としては危険性のある診断方法にも
注意して、なるべく避けるべきであります。
 
ロバート・メンデルスゾーン医師の言葉を借りれば
「妊娠中はX線をはじめ、超音波診断、医師からの処方箋
その他妊娠を少しでも危険にするような、
いかなる方法も取るべきではない。」
という事です。
妊娠していると心配の種は尽きない。
 
妊娠をうまく保てるか。だけでなく胎児が生まれるまで大丈夫か。
さらには、つわり、胎児が順調に発育しているか。
背中や足が痛い。陣痛が安全で痛くないか。
とたくさんあります。
こうした心配の種が、マタニティー整体で
取り除ける可能性が多いにあります。
 
妊娠中にマタニティー整体を受けると
妊娠が順調にいき、吐き気が減り
予定日通りで順調なお産となり、普通よりも
健康な子供に恵まれる可能性が高いです。
 
アメリカ整骨療法学会誌によると
妊娠婦人への脊椎治療の効果が幾つも述べられており
例えば
「普通の患者に対して、
脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)の矯正が機能回復に役立つ。
特に毒症などの妊娠中の婦人での機能回復には
目を見張るものがあります。」
 
「矯正治療で下垂体や副腎、卵巣、脳仙髄の呼吸機構を含めた
胎盤システムの機能を正常にし、陣痛の時間が50~60%減らせ
しかも薬品も最低50%少なくて済む。
矯正治療を受けていた場合は、出産後の憂鬱がほとんど見られない。」
 
妊娠中は、肉体的にも科学的にも身体の中で大きな変化が起きている訳で
マタニティー整体をより一層必要とするわけであります。
 
妊娠の体重変化により重心が変わるだけでなく
卵子からのリラクシンと呼ばれるホルモンにより
脊椎が柔軟性を帯びるようになる。
 
このリラキシンというホルモンは骨盤の靭帯を柔らかくして
出産時にうまく伸びるように働くわけだが
脊柱の方は妊娠により、かなりの負担が加わってるのに加え
このリラキシン・ホルモンが問題を引き起こす可能性が高い。
 
ただし慢性的な脊椎障害を持っている場合
このリラキシンにより、修正が簡単にいく場合があることも
見逃せません。
 
当院では脊柱を調べることにより
骨盤と脊椎がうまく連動して動くかどうかのバランスをとります。
 
妊娠しているとマタニティー整体の治療が受けにくいのではないですか。
という質問がよくありますが
全く心配はいりません。
 
また、妊娠中にマタニティー整体の治療を受けても安全でしょうか。
という質問もありますが、お母さんにとっても胎児にとっても
安全ですのでお勧めです。
 
妊娠の何か月位までマタニティー整体を受けられるか。
という事ですが
出産前の陣痛が起きてから受ける方もいるほどです。
 
その他にも質問を頂いていますのでお答えいたします。
 
● 脊柱の治療で産後の憂鬱が直るでしょうか
 
精神的な問題や感情的な問題に対してマタニティー整体の効果があることは
長年にわたって知られています。
専門雑誌によると、矯正治療を受けていた婦人の場合には
産後、憂鬱が殆ど生じないという医師の記録があります。
 
● マタニティー整体は腰の痛みに効果があるでしょうか
 
マタニティー整体は腰や背中の痛みに対する治療方法
という事ではありませんが、脊椎矯正をすることにより
腰や背中の痛みをはじめ、各種の身体問題を
自分自身の自然治癒力で直して行きやすくすます。
 
● 妊娠で順調にいっている場合には、マタニティー整体は必要ないわけですね。
 
そうではありません。
マタニティー整体を予防療法として採用すべきです。
妊娠中体重を定期的に計るように、脊椎の検査も
定期的にしていくべきです。
 
● 赤ちゃんもバランス整体を受けても大丈夫でしょうか
生まれてから数時間の後に脊椎の検査を受け
さらに必要なら調整する事もあります。
あなたの参考にしてください。
体のゆがみチェックも行っています。
あなたのご来院をお待ちしています。
 
当院の患者さんでも生理痛・生理不順・むちうち・首、肩こり・
腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・坐骨神経痛・つけ根の痛み・股関節の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

 

頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、「原因不明」や「ストレス」など と診断されることも少なくはありません。どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。そんなあなたは、まず当院にご来院してみて下さい。

脊椎・骨盤のゆがみ19

赤ちゃんとおかあさんkid0027-009_m

全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

 

 

マタニティ(産前)・産後の骨盤矯正   Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.10.25 | Category: ストレス,マタニティ整体,内臓機能,口コミ、人気、評判NO・1,妊娠,妊娠・出産後,妊婦,患者様の喜びの声,生理反応,産後の骨盤矯正,筋肉の弛緩・緊張,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,自律神経,自律神経が乱れ,自律神経のバランス,血液循環,骨盤底筋エクササイズ

マタニティ(妊娠中・妊婦)さんの喜びの声

後藤のりこさま 25歳 福山市
 今妊娠5か月の妊婦です。
 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。
 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。
 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。
 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。
 一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。
 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。
 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。
 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!
 無事に出産できますように。

妊婦妊婦4

 

 

 

マタニティ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マタニティ(産前)・産後の骨盤矯正

1.一瞬バランス整体がすごい!

≪身体の生理反応を読み取る≫ 理論と感性で調整する

「ふわ~っと心地よく全く痛くない手法」
 身体に負担をかけないのに筋骨格がベストに調整される整体です。 
一般に『整体』というと、ポキポキと骨を矯正したり、
施術の痛みを必死に我慢するというイメージがあるようです。
 心配しなくても大丈夫です。 
当院のバランス整体からりでは、強い(痛い)力などは使いません。
器械や器具なども一切使用せず、全く痛みもともないません。 
妊娠・出産後の急激な身体の変化を経る女性の身体は、
非常にデリケートですよね。 
施術はごく軽い触れ方による調整法です。
それは調整方法が「関節」という視点だけでなく
 「皮膚・筋膜・筋肉・代謝・生理反応など」から
アプローチする手法だから。 
緩やかなのに確実にベストなバランスへと導くことが可能なのです。
 プロの手で筋肉・関節のわずかな情報を得ながら、
全身の筋肉と関節を調整します。
 痛みの場所という一部のみではなくカラダを『全体』としてとらえます。
 身体は本来のベストな造り(配置)でいることを求めています。

2.自分の心と身体が調和する!

《ストレスと骨格の歪み》 身体 ⇔ 心 =エネルギー。

 体の機能をコントロールする自律神経は、
 精神と密接な関係にあり、不安や、悩み、心配、恐怖、
怒り・・ストレスを受ける事により、乱れやすくなります。
 自律神経は「呼吸器官」「血液循環」「筋肉の弛緩・緊張」
「視覚」「聴覚」「内臓機能」など様々な神経を調整しています。
 自律神経が低下すると、『筋肉・骨格の調整能力も低下』させ、
体の歪み・痛みを引き起こします。 ストレスが強すぎる人は、
いくら骨格矯正をしても、歪みが治りにくく、
また、歪みが治るまでに健康の人と比べて時間がかかる傾向があります。
 そのような状態には、『心地よいバランス整体調整』を行うことで、
自然に自律神経も心も身体も安定し治癒が進みやすくなります。
 ただちにとてもいい反応がありますので『うそっ!なんで??』と驚かれちゃいます(笑) 

3. アドバイス・エクササイズがいい!

≪知ること・感じること≫ ベストな状態を保つ・造る
 
 自身の身体の状態を知っていただくことが、回復の近道だと考えます。
 実践と検証から導いた理論を「とても解りやすく」お伝えし、
ひとり一人に最適なエクササイズと生活姿勢のアドバイスを指導しています。 
子育てで忙しいママでも短時間で取り組めるエクササイズは、
簡単なのに速攻性があり大人気です。
整体後のベストな状態を維持していくには、
それを支える「筋力」と「柔軟性」と「姿勢」が重要です。
 強くしっかりとした身体の軸を作るとともに、
しなやかな動きを保つことが生涯元気なカラダで
いられるために大切だと考えます。 
痛みや歪みを根本解決する取り組みをしましょう。
 また、骨盤締めや骨盤底筋エクササイズは 
産後の女性には必須テーマです。
 
当院の患者さんでも
腰痛・椎間板ヘルニア・ぎっくり腰の痛みが改善している方がたくさんいらっしゃいます。
悩まずに、是非当院へおいで下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは


 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが

 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など

 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。そんなあなたは、まず当院にご来院してみて下さい。

骨盤矯正・ゆがみ4
骨盤歪み・産前産後
腰痛・漫画2
 
itami-tiryou
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043

ストレス・自律神経失調症とバランス整体 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.07.28 | Category: ストレス,口コミ、人気、評判NO・1,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,脳幹,自律神経のバランス,自律神経失調症

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス・自律神経失調症とバランス整体 

体の神経伝達障害

ストレスというのは、人生にいつも付きまとっているもので
生きている限り、何らかのストレスが存在します。

人生からストレスを取り除けるだろうか。

答えは否である。

しかし、ストレスというのは
悪い面ばかりを持っているわけではありません。

ストレスの研究者として
国際的に有名なハンス・セルイエ氏の
言葉を引用すると
「常にある程度のストレスというのは
各人に付きまとっている。

重い症状の人や、ひどい肉体的
あるいは精神的病気の場合にしか
ストレスは起こらないと考えている人が多いが
間違いである。

交通頻繁な交差点を渡ったり、
隙間風に当たったりあるいは喜んだり
といった場合でも身体のストレス機能が働くのである。

ストレスは常に悪者というわけではない。

どのような感情であろうと
どのような行動であろうとストレスは生じるわけで
人生に趣を添える薬味とも言える。

とにかく各人の身体は
襲ってくるストレスを受け止める能力が必要だ。

ある人を病気にしてしまうようなストレスが
ある他の人にとっては活気を出すように働くこともあるのだ。」

すなわち、ストレスというのは
良い場合もあれば、悪く働くこともある。

身体的ストレス、精神的ストレスが原因となって
自律神経のバランスが乱れ
様々な症状があわられる状態。

病気ではないが、なんとなく調子が悪い状態が続くと
病院では、自律神経失調症と診断されます。

自律神経失調症の主な症状は
ひどい肩こり、冷え、ほてり、微熱が続く
片頭痛、便秘、下痢、手足のしびれ、動悸
息切れ息苦しさ、めまい、疲れやすい、
焦燥感、不安感、等が挙げられます。

自律神経失調症は過剰なストレスにより
交感神経と副交感神経のバランスが
崩れることによりおこります。

この症状に対して
バランス整体では、
症状改善のためのお手伝いができます。

バランス整体の目的は
体の神経伝達障害が起こったときに、アジャストメントという
バランス整体特有の手技でその障害を取り除き
人間が本来持っている自然治癒力(イネイトインテリジェンス)
を最大限発揮させることです。

バランス整体は
背骨の微妙なゆがみ(傾き・ズレ)、
神経の圧迫しているところをを探し出し
問題のあるところを矯正致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレス

 

 

 

 


どのようなストレスに対しても

背中を通る神経へのストレス(ゆがみ・傾き・ずれ・亜脱臼)は
かなり危険なストレス因子であり
これを取り除く専門家が当院
というわけであります。

精神的だけでなく、肉体的なストレスも
原因は脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)にある可能性があります。 

「精神的な問題は何らかの形で身体機能にも影響を及ぼす。

背骨というのは身体の中で重要な器官であり
脊柱に問題がある、ひどい精神的障害が生じるに違いない。」

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)というのは
神経系統並びに、骨格に問題を生じさせ
肉体と精神を弱め
疲労困憊の状態に持っていきます。

人生でのストレスをうまく対処できるかどうかは
妥協の問題であり
このストレスを対処する能力が
健康と病気の分かれ道となります。

「病気の原因は、体外からの異物(細菌感染、毒物)が侵入したのが
直接的な原因ではない場合が多い。

逆にこうした異物に対してうまく対処適応
出来なかった事が問題なのであります。」

バランス整体により
不安症が軽減する事がわかりました。

脊椎に生じた脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を
バランス整体で矯正することにより
身体の神経系統がうまく働くようになり
肉体的なものであれ、精神的なものであれ
どのようなストレスに対しても
うまく対処適応できるようになります。

バランス整体の目的は
体の神経伝達障害が起こったときに
矯正というバランス整体特有の手技で
その障害を取り除き
人間が本来持っている自然治癒力(イネイトインテリジェンス)
を最大限発揮(脳幹を最大限発揮)させることです。

バランス整体は
背骨の微妙なゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)、
神経の圧迫しているところをを探し出し、問題のあるところを矯正します。

脊椎のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)は
3つによって引き起こされるといわれています。

1)外的な障害などで
 交通事故のような大きなものから
 デスクワークによる背骨のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)のような
 小さなものまで含みます。

2)我々が口に含む有害物質
 例えば、タバコや副作用のある薬などです。

3)ストレス

バランス整体は
これらによって引きおこされる
背骨のゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)を矯正し
神経のバランスを整えます。

結果、自律神経失調症の原因を除去することができるのです。

薬や心理療法を試したが効果がなった方は
是非バランス整体を自身の症状改善のために役立ててください。

自律神経失調症でお悩みの方、是非当院までご来院下さい。
 

ぜひ一度、福山市田澤接骨院にお越しください。

 あなたのご来院をお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

自律神経失調症、けが、捻挫、打撲、肉離れ、 腰痛、肩こり、頭痛、 椎間板ヘルニア、坐骨神経痛,

しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・背骨・脊椎・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自律神経失調症

バランス整体と免疫力        Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎・骨格のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.26 | Category: ストレス,免疫作用,免疫力,免疫反応,口コミ、人気、評判NO・1,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ

バランス整体で免疫力を上げるには

人間の細胞というのは非常に複雑に出来ており

生命最小単位である細胞が何十億と集まり

組織や器官などを作り出し

さらにそれぞれの部分がバランス良く働いて全体として

健康な生命を形作っております。


身体がうまく機能していくためには

皮膚から、骨、血、神経

筋肉、腸、胃、肝臓、心臓、肺、頭脳などといった器官が

相互にうまく働く必要があります。


これら各器官はどのようにして他の器官と調子を合わせられるのでしょうか。


神経信号が身体の色々な機能を支配しています。

即ち呼吸から、消化、心臓鼓動、排泄、ホルモン、腺

筋肉であります。


万が一、神経系統がおかしくなると、身体を支配すべき

頭脳からのコミュニケーションも狂って仕舞うことになります。


神経系統が狂うと、生命エネルギーの各身体への通り道がおかしくなり

生命体全体にとって大問題に発展してしまいます。


こうした大問題の原因としては、頭脳が直接冒されたり

脳卒中で脳の一部が駄目になった時などだけでなく

脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)でも起こってきます。


脊柱のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)というのは

脊椎亜脱臼コンプレックス、あるいは脊柱障害、脊柱神経圧迫などとも呼ばれ

神経系統や脊柱の正常な働きを邪魔し

最終的には身体全体を狂わせてしまう事になります。


即ち、身体全体をうまく制御調整すべきエネルギーのバランスが崩れてしまい

「病い」が始まり、病気に対する抵抗力が減少して

健康が損なわれていくことになります。


そして、脊椎のゆがみ(傾き・ズレ・亜脱臼)は脊柱筋肉を弱め

脊柱靭帯や軟骨、椎間板、脊椎を傷めてしまいます。


何十年にもわたり、身体の具合が悪いまま

初めてバランス整体を受けに来る人が

余りにも多いです。


こうした状態は不調和を招き、身体構造を弱め、元気がなくなり

慢性疲労や速くに老化現象が始まることになります。


このような患者に接すると、治療家は何とかして時計の針を逆転させ

何年なり、何十年前に戻って

バランス整体の治療をしたくなってしまう事が多いです。


そして、こうした状況以上に悪いのは、脊柱神経への圧迫が

神経系統全体へのストレスとして働き

特に頭脳幹や脊髄、脊柱神経に

おおきな影響を与える事であります。


神経系統の障害は、病なり元気喪失に進展し

身体全体の調和が乱れ免疫機能が低下してしまいます。


脊柱神経にストレスが生じていると、本来持っている力が

100%発揮できなくなり、病気の始まりに繋がるのであります。


バランス整体による脊柱治療により

身体全体のバランスが取れるだけでなく

脊柱と神経系統に生じた圧迫が取れ

身体全体の調和が生まれ

自然と病気に対する抵抗力が増し、身体機能も増進します。


当院は患者がどのような病気なり症状を持っていようと

バランス整体では脊柱神経に生じた圧迫を無くす事に

専念するだけであります。


皮膚病であろうと、アレルギー、あるいは喘息、首・背中の痛み

頭痛、不眠症など何の問題であれ

先ず、健康な背骨が必要なのです。


バランス整体の基本理念は

正常な身体機能を邪魔する要素を取り去って、健康増進を計ろう

というものであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


免疫作用をうまく働かせるには

多くの人達は「健康保持」というよりは「病気直し」

を求めています。


即ち、気分が悪きなった時に医者に駆けつければよい。というのは

かなり危険な考え方であります。


普段、元気でいた人が、急に心臓発作なり脳卒中で倒れた

というのはよく聞く話であります。

ただし、心臓発作や脳卒中が起こるまでには、実際のところ

何年間にもわたる進行期間が存在していたはずです。


元気と考えいた人が、ある日突然に癌末期であることを告げられる事もあります。


癌は5~7年の潜伏期間があると言われています。


この潜伏期間には症状が無いか、あっても極めて

限られたものでしかありません。


ある日病気に倒れたという当人は、その前日まで健康だった

と言えるでしょうか。


バランス整体による脊柱治療により

身体全体のバランスが取れるだけでなく、脊柱と神経系統に生じた

圧迫が取れ、身体全体の調和が生まれ

自然と病気に対する抵抗力が増し、身体機能も増進します。


身体には何十億という神経細胞が走っており

細胞はお互いにしっかりと一緒になって神経線となっています。


一本の神経線は何百万という神経繊維からなっており

殆どの神経は脳から出発して、頭蓋骨の下側の大後頭孔を下り

脊柱の中の脊髄に沿って走ります。


そして、脊髄には何十億という神経繊維が詰まっている。


こうした神経の束は脊椎に挟まれた椎間板の穴から

身体に出ていくわけであります。


こうして脊柱の椎間孔から出た神経の大きな束は

次々と小さな束となって、全身くまなく行き渡っていきます。


脳と内臓器官が、お互いに信号をやりとりして

身体全体としてスムーズな働きをするようにしているのです。


こうして身体全体として、病気に対しての抵抗力や

活気が出てくるのです。


背骨はすべての神経の流れる通路であるため

もっとメンテナンスを意識しなければならない部分です。


メンテナンスを定期的に行って

症状が現れないうちに治すのが予防医療の本質であります。


そして、病気を直接治療するのではなく、人間が本来持っている

自然治癒力の増進を目的にしている現代的治療方法で

医薬品も手術もせず、家族全員が病気を避け

健康を維持できるような自然療法であり

乳児からお年寄りまで大勢の人達が生命を脅かす病気を含め

数々の病から回復できる最新療法がバランス整体なのです。


バランス整体というのは、病気(アレルギーも含め)を

直接直そうとするのではなく、神経系統へのストレスを低減し

免疫作用がよりうまく働くように仕向ける療法である。

健康な神経系統が優れた免疫機能をもたらすことは

多数の研究で立証されている。

 

研究開始より3年後の暫定結果として、5年以上にわたり

バランス整体を受けている107人では

バランス整体を受けていない人達に比べ免疫性が20%もよくなっています。


しかもバランス整体を受けた効果は、老人の場合でも

同じように良い結果が出てきているのであります。


普通の人達の免疫性が、バランス整体によって

200%も上昇するという数字は

他のどんな臨床でも得られないものです。


これは非常に重要な事で、バランス整体による効果が

他のなによりも素晴らしい結果となっているのです。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

背骨(脊柱)へのストレスとバランス整体 Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.17 | Category: ストレス,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,背骨のゆがみ・ずれ

ストレスとは!

人生からストレスを取り除けるだろうか。


答えは否である。


ストレスというのは、人生にいつも付きまとっているもので

生きている限り、何らかのストレスが存在します。


しかし、ストレスというのは

悪い面ばかりを持っているわけではありません。


ストレスの研究者として国際的に有名なハンス・セルイエ氏の

言葉を引用すると

 


「常にある程度のストレスというのは、各人に付きまとっている。

重い症状の人や、ひどい肉体的、あるいは精神的病気の場合にしか

ストレスは起こらないと考えている人が多いが、間違いである。

交通頻繁な交差点を渡ったり、隙間風に当たったり

あるいは喜んだりといった場合でも身体のストレス機能が働くのである。

ストレスは常に悪者というわけではない。

どのような感情であろうと、どのような行動であろうとストレスは生じるわけで

人生に趣を添える薬味とも言える。

とにかく各人の身体は、襲ってくるストレスを受け止める能力が必要だ。

ある人を病気にしてしまうようなストレスが

ある他の人にとっては活気を出すように働くこともあるのだ。」

 


すなわち、ストレスというのは良い場合もあれば、悪く働くこともある。


ストレスが少なすぎると退屈になってくるし

ストレス過多になると、精神的、肉体的な病気を発生する事になる。


ストレスを上手に操れば、人生上のチャレンジや楽しみ・向上に

役立てることが出来る。


実際のところ、著名な科学者や冒険家、芸術家、著作家、芸能者

ビジネスマンといった人達の伝記を読むと

個人的にストレスをたくさん受けている時にこそ、深い洞察や創造力

成功、さらに個人としての成長を果たしていることが判ります。


バーニー・シーガル医師は著作「愛、医療、奇跡」の中で

次のように書いています。


「ストレスというのは、とかく人生で破壊的なものと言われているが

これは真実の半分を物語っているにしか過ぎない。

ストレス自体よりももっと肝心なのが、ストレスに対して

自分がどのように反応するかである。」


というわけで、人生からストレスを取り除く方法を模索しても

無駄である。死なない限りストレスは常に存在する。


肝心なのは、ストレスから無気力となったり病気になるのではなく

逆にストレスを踏み台に、自分の限界を突き破り

成長を計る事であります。


身体にストレスを生じさせるものがストレス因子であり

数限りなくあります。ほこりや花粉の一かけらといった単純なものから

生まれて初めてのデートといった色々な複雑さを持った

ストレスもあります。


あるいは散歩に行くといった単純なストレス

さらに、実験的手術をうけるといった危険性をはらんだものまで

全てがストレスとなるのです。

 

バランス整体とストレス 


ストレス因子に出会うと、人間の内部ではかなり複雑な現象が生じます。

各種の化学物質やら神経信号が予想もつかない形で

身体の内を駆け巡るのです。

この状態では一般適合症候群と呼ばれ、3段階で生じてきます。


1、一つなり複数のストレス因子がやってくると

ストレスに立ち向かうべく、身体が引き締まります。

即ち「戦闘体制」に入るべく警報が鳴るわけであります。

頭脳から内分泌(ホルモン)系統に「相対するか、逃げるか」の反応が伝達されます。

ここでストレスが消失すれば身体の戦闘状態は解除されます。


2、さらにストレスが継続すると「抵抗」の段階に移行します。

すなわち、ストレスに対して順応適応しようとして垣根を作り出します。

脅威に対して筋肉が張り詰め、なんとか勝とうとします。


3、さらにストレスが続くと、疲労状態に陥ってしまいます。

人間の身体を永久に最高状態で働かせることは出来ないのです。

人間は一般適合症候群、すなわちストレス症候群をしょっちゅう体験しており

上記の最初の2段階は、いつも体験しています。

さもなければ様々な仕事をうまくこなしたり、人間が出会う運命に

対処していけない事になってしまいます。


ストレスが人間の領域を侵害してくると、戦うか逃げる

すなわち相対するか避けるか。という処理を施します。

原始時代、人間がライオンなり虎、熊に出会うと逃げるか

戦って食糧に供したわけであります。

捕まえて食糧に出来なかった場合は、逆に人間が動物の餌食になってしまい

ストレスから永久にオサラバ出来る事になりますが。。。


ところで会社の上司や配偶者からのストレスをどうすれば良いのか

ということになります。

逃げる事も出来ないし、殺してしまう等という事も出来ず

何とかうまい処置が必要になってきます。

直接戦うわけにもいかないような中途半端な問題が

慢性的に存在するのが人生です。


こうした慢性的なストレスのもとでは身体も精神も完全に

リラックスすることが出来ず、筋肉は緊張し、気力は衰え、身体は疲れ果て

結果として潰瘍や消化器官障害、高血圧、ぜんそく、関節炎

風邪、感染症、心臓病、老化現象を起こしやすくなってきます。


ストレスの警報や、ストレスに対しての抵抗、さらに

疲労がいつも重なってくると、人の健康や元気が減少し、ついには

生命まで脅かされてくる事になります。


トランキライザーやら、筋肉弛緩剤といったような処方箋薬から

アルコールやたばこ、マリファナ、コカインといった薬まで

ストレスを一時的に止めてくれるが、長続きしません。

たばこがストレスに効果的という意見もありますが、実際にたばこを辞めて

一か月後の方が、ストレス対処が優れているという研究結果があります。


ストレス因子の一つとして栄養も見逃せません。


精製食品や加工食品、砂糖、栄養状態の悪い土地からできた野菜といった

身体機能に悪い食品を止める事によって解決できます。


逆に身体をキレイにするような食品を増やすことであります。


ジャンクフードを食べている身体より、

良い食べ物が入った健康な身体の方が

よりストレスへの対処がうまく出来るのです。


精神的なストレスを軽減し、うまく対処していくには

友達や仲間との付き合いが、かなり有効であります。


アメリカ航空宇宙研究所によれば、結婚している宇宙飛行士の方が

独身宇宙飛行士より精神的に安定しているという結果が出ています。

最近の研究結果としては、

ペットを飼っている事もストレスに役立つとなっています。


この研究では実際に犬を飼っている人の方が、

ストレスが少ないというものであります。

「犬は無条件にオーナーに力づけるので、ストレスの軽減に役立つ。

老人の場合、ペットを飼っている人の方が、ペットのいない人達よりも

医者にかかる割合が少ない。という結果であります。」


精神的にストレスを受けている人は、肉体の免疫力も弱まっている可能性が高い。


1988年に行われた実験では、クロスワードパズルをするグループと

リラックス法練習を受けるグループ、さらに3つ目のグループは

リラックス法練習に加え、各自の優れた免疫性が風邪やインフルエンザの菌を

攻撃している所を想像するようなイメージ訓練も受けた。


最初のグループでは、免疫細胞の数に変化がなかったものの

第2のグループでは数が若干増えているのが見られました。

ところで、最後のグループでは、たった一時間の練習で免疫細胞の数が

飛躍的に伸びていたのです。


ストレス克服にトランセンデンタルという瞑想をする人達2000人を

対象とした研究では、潰瘍や感染症を始め、

各種病気にかなりの効果を見せています。


背中を通る神経へのストレス(背骨のゆがみ・ずれ・亜脱臼)は

かなり危険なストレス因子であり

これを取り除く専門家がバランス整体というわけであります。


精神的だけでなく、肉体的なストレスも原因は

脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)にある

可能性があります。 


「精神的な問題は何らかの形で身体機能にも影響を及ぼす。

背骨というのは身体の中で重要な器官であり、脊柱に問題がある

ひどい精神的障害が生じるに違いない。」


脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)というのは、

神経系統並びに、骨格に問題を生じさせ

肉体と精神を弱め、疲労困憊の状態に持っていきます。

人生でのストレスをうまく対処できるかどうかは妥協の問題であり

このストレスを対処する能力が健康と病気の分かれ道となります。


「病気の原因は、体外からの異物(細菌感染、毒物)が侵入したのが

直接的な原因ではない場合が多い。

逆にこうした異物に対してうまく対処適応

出来なかった事が問題なのであります。」


バランス整体により、不安症が軽減する事があります。

脊椎に生じたゆがみ(ずれ・亜脱臼)をバランス整体で矯正することにより

身体の神経系統がうまく働くようになり

肉体的なものであれ、精神的なものであれ、

どのようなストレスに対しても

うまく対処適応できるようになります。


背骨(脊柱)へのストレスとバランス整体 

脊柱神経への圧迫を何年も持ちながら、

何らの自覚症状もない事が殆どであります。


ただし神経への圧迫があると、身体エネルギーの調和が崩れ

圧迫を受けている神経のある所にある脊椎が

老化現象をはじめてしまう。

こうなると健康が損なわれた状態なのであります。


これを防ぐためにバランス整体では、たとえ症状がなくとも

定期的に背骨(脊柱)を診てもらう事を勧めているのです。


健康を失い、病気になる以前に、健康保持を考えるべきなのです。


バランス整体は、歯の治療と似ています。

歯は、定期検診により、気付かないうちに虫歯や歯茎に

問題が始まっていないかどうかを診てもらいます。


この結果、何か問題が見つかったら、早急に治療を受けて

酷くならないようにするのです。

虫歯など歯の病気はゆっくりと

自覚症状がなく進行していくので

痛みがなくとも、歯医者に行くべきなのです。


これと全く同じことが背骨の場合にも当てはまります。


中国には

「小さな自覚症状が出てきたところで気が付ければ

大病にはならない。」

という古い諺があります。


もし脊柱神経にストレスが生じたという初期症状が判れば

バランス整体を受けるのも遅くならずに済みます。

即ち、病気が進行しないうちに

早めにバランス整体を受ければ

痛みや、薬、手術をしなくても済みむわけなのです。


脊柱神経への圧迫という状態は、静かな潜行型で進行していきます。

とかく、身体に生じた僅かな症状に気づかず

しかも、仕事や学校、家庭、友達、親戚といった事に忙しすぎて

自分の身体の事は忘れやすいです。

しかも僅かの症状であれば、すぐに消えるだろうと

タカをくくってしまう傾向があります。


確かに症状が消えてしまう場合もありますが、僅かな症状を感じるには

当人の敏感さが必要であります。


実際には症状が悪化しているにもかかわらず

それをうまく感じ取れなくなってきているのかもしれません。

日常生活や仕事、煩雑な問題に振り回されるという雑音の為に

僅かの痛みを感じ取れなくなってしまってきているのです。


ある日、元気がない事に気が付くかもしれない。

あるいは、いつもより早い時間に、疲れが出てくるかもしれない。

さらに、首や肩、腰にストレスや緊張を感じるかもしれない。

あるいはこういった感じが全くないかもしれません。


病気になるまで、バランス整体を待つ必要は一切ありません。

病気が出てくる前に、是非、健康維持の意味で

脊柱神経の圧迫がないか背骨(脊柱)を診てもらって下さい。


はっきりと病気になった時には、すでに

その病気の最終段階を示している事が多いです。


バランス整体が本来目指しているのは、健康を常に保ち

最初から病気にならない事なのであります。


バランス整体というのは、理想的には健康維持の方法であります。

実際に症状が起こる以前に、健康にとっては最悪の

脊柱神経圧迫という状態を発見できるのがバランス整体であります。


健康というのは、単に症状がない。ということでは決してありません。

身体が完全に機能し、脊柱が真っ直ぐで、熟睡、元気

さらにエネルギーで溢れている事であります。


もし症状が何もないのが健康という事であれば

アスピリンなり、医薬品でも健康が得られることになります。

即ち、一番たくさん薬を服用する人が一番健康という結果になってしまいます。


薬は決して人を健康にはしません。症状を軽減するかもしれませんが

その人を健康には決してしていません。

健康になる方法は何でしょうか。

「生命」が健康の源であります。

生命を100%自分の中に流し、脊柱神経にストレスがない状態

すなわち、脳からのエネルギーが身体全体くまなく行き渡るのが

健康の正体であります。

この状態に持っていくのがバランス整体の目的なのです。


何か急に起こった事故から、健康が損なわれるという事もありますが

大抵の場合はゆっくりと静かに、しかも着実に進行していくものです。


このことは、弱った老人をみてみれば明らかであります。

こうした老人は、ある日突然に目の輝きを失ったり

元気をなくしてしまったわけではありません。


ゆっくり、ゆっくりと弱まっていき、身体も硬くなったわけで

ある日突然、老化したわけではありません。


こうして病気はゆっくりと進行していくものなのです。


病気になった場合には、生活を変えるか、死か。

のどちらかを選ばなくてはなりません。

とかく人間はこうした状況で判断せず

不決断という決定をしてしまいます。

詩人のオーデンは

「とかく我々人間は、変化を求めるよりは、死を選んでしまう。。。」

と言っています。

それとも、ディラン・トーマスの如く生きていけるか。


これは、トーマスが死床の父に贈った言葉である。


心地よい眠りと仲良くしなくてはならない。

死の光に対して、怒れ、怒れ、もっと怒れ。と

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。
 

 

 

 

 

整体・接骨は口コミNO.1:頸椎矯正、あご矯正、骨格(骨盤)矯正、重力バランス軸矯正で免疫力を上げる!?

2013.02.02 | Category: あご(顎関節)の矯正,ストレス,ヘルペス,免疫力,口コミ、人気、評判NO・1,整体・接骨院,肩こり・首こり,腰痛,頭痛・偏頭痛,骨盤のゆがみ,骨盤矯正

★女性に多いイヤ~な口唇ヘルペス

 
 口唇ヘルペスは、唇の周りに米粒大の水泡が出来て、
ピリピリする痛みが何とも言えない嫌な感じを伴います。

これは子供の頃に感染した単純ヘルペスというウイルスが原因で、
普段は神経細胞に潜んでいるのですが、
ストレス・疲労・風邪等で免疫力が低下した時、
ウイルスの活動が活発になって起こります。

東洋医学的には、体の中で増殖したウイルス(毒素)を、
体外へ排泄していることを指します。 
 
現代医学ではウイルス根絶は不可能とされていて、
年に数回発症する女性が多いです。

普通は1週間くらいでかさぶたになって、
2週間も経てば自然に治まります。

しかし顔に出来たものはどうしても気になって、
早く治そうと薬に頼り過ぎると、再発の可能性も増えてしまいます。

体の「冷え」を取り、消化器の負担を減らし、
免疫力を上げて、ウイルスが増殖しないようにする事が最善策だと思います。

免疫力を上げるには、まずは冷えとりが一番です。

症状が出た場合の対処法もご紹介します。

■食事量を半分に減らす。免疫を落とす乳製品は特に要注意!

 カラダを温める根菜類は多少なら大目に食べても良いでしょう。

■半身浴の後に、こんにゃく湿布を胃と大腸の辺りに20~30分貼る。

 こんにゃく湿布は保温効果が長持ちしやすいのでおススメです。

【胃】みぞおちから左肋骨際

【大腸】水泡が唇の左寄りならば左下腹部、右寄りならば右下腹

唇は消化管の延長器官なので、
この箇所を温めると消化器の毒出し反応が出やすくなります。

ストレスを解放して消化器を休めることが先決といえるでしょう。 

 

★風邪をひいて食欲がないけど、無理して食べるべき?
 
風邪をひいた時は食欲がない・・・

でも元気になるために無理して食べる。

なんて事をよく耳にします。

体力を回復する為に、栄養を摂らないといけない事は皆さんもご存じでしょう。

ところが、食べるという行為によって生じる消化や吸収の働きには、
多くのエネルギーが使われる、という事実を見落としがちなんです。

風邪を引いた時に食欲が落ちるのには理由があって、
エネルギーをウイルスとの戦いに使う為に、
消化や吸収で余計なエネルギーを消費しないよう、
脳から指令を出していると言われています。

野生の動物は、体調が悪い時は食事もせずじっとして、
無駄なエネルギーを使わず回復に専念していますよね?
 
食べたくない時に無理して食べるのではなく、
回復して自然と食欲が出てくるのを待っても遅くはありません。

時には『食べない方がいい』、という事も覚えておいて下さいね! 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

整体・接骨は福山口コミNO.1:骨盤矯正、頸椎矯正、あごの矯正、小顔矯正でストレスが改善!?

2013.01.17 | Category: ストレス,夫源病


妻の病気の9割は夫がつくる

テーマは、「夫源病(ふげんびょう)です。

夫源病とは、読んで字のごとく、夫が源(原因)の病気のことです。

夫の無神経で鈍感な言動が強いストレスとなり、
妻の心身に更年期障害にも似た症状が現れる病気です。

あなたの「夫源病危険度」がわかるチェックリストをご紹介しましょう。

夫の現状について、いくつあてはまる項目があるか、数えてみてください。

□人前では愛想がいいが、家では不機嫌

□上から目線で話をする

□家事に手は出さないが口は出す

□妻や子どもを養ってきたという自負が強い

□「ありがとう」「ごめんなさい」のセリフはほとんどない

□妻の予定や行動をよくチェックする

□仕事関係以外の交友や趣味が少ない

□妻が1人で外出するのを嫌がる

□家事の手伝いや子育てを自慢する自称「いい夫」

□車のハンドルを握ると性格が一変する

YESの数が多ければ多いほど、夫の存在がストレスとなり、
妻が夫源病にかかる危険性は高くなります。


『妻の病気の9割は夫がつくる』です。

著者は、夫源病を発見・命名した、
大阪大学大学院 医学系研究科 准教授の石蔵文信先生です。

2001年春に大阪市内の病院で「男性更年期外来」を開設した著者は、
夫婦同伴で治療を行うのをモットーとし、
これまで600名以上の夫婦の相談に応じてきました。

やがて著者は、中高年男性の診察をする中で、
患者さん本人だけでなくその妻も同じように、
深刻な体調不良に苦しむケースが多いことに気づきました。

その症状は、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、胃痛、不眠、気分の落ち込みなど、
これまで「更年期障害」の一言で片づけられてきたものばかりでした。

こうして著者は、
“中高年女性のさまざまな体調不良の原因は、実は夫にあるのではないか――”
という結論に達し、これを「夫源病」と名づけました。

毎日の生活で、あなたの夫に次のような言動は見られませんか?

・「誰に食わせてもらってるんだ」が口癖

・高熱で寝込む私に「飯は?」と詰め寄る

・子どもの悪い部分はすべて「おまえのせい」

・今日あった出来事を話しても上の空

・自分は夜遊びするのに私には許さない

・姑が言いたい放題でも見て見ぬふり

・定年退職したとたん四六時中まとわりつく

1217人からいただいた「妻たちの生の声」をもとに、
生活習慣・お金・家事・子育て・両親といったシーンごとに、
具体的な夫源病の実例とアドバイスをまとめています。

ストレスから起こる頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のゆがみ(ズレ)は
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。
 
 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など
 
  更にやっかいな事に、
  これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
  原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。
 
 どこに行っても慢性疾患が治らない。 
 
 その場しのぎの治療法にはウンザリ。
 
 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達