福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > ひざの痛みの記事一覧

足の整体で腰痛、肩こり、首の痛み、股関節の痛み、ヒザの痛み、頭痛など改善!

2018.07.09 | Category: ひざの痛み,ヒザの痛み,体の土台,体の重心,扁平足,整体,浮き指,股関節,股関節の痛み,肩こり・首こり,腰痛,頭痛,首の痛み

日々、腰痛の患者さんと接しています。

そして、多くの患者さんを見ているうちに、腰痛に悩まされている人たちには、
ひとつの共通点があります。

それは、足の指が開き、甲側へ大きく反ってしまっていること。

いわゆる、「浮き指」の状態になっているのです。

                                                       “足の指が開き、反っている状態になっている” 

 

「腰痛と浮き指に、いったい何の関係があるの?」と思うかもしれません。

でも実は、この浮き指こそが、腰痛の根本原因になっています。

いったい、どういうことなのか?

 

浮き指になると指先が地面に着かないため、指の力で体を支えられなくなります。

その結果、足裏のアーチは扁平足のように潰れてしまい、
体の重心は前足重心になってしまうのです。

                                                                                             “浮き指になると、扁平足気味にアーチが潰れてしまう”

 

すると、何が起こるでしょうか?

まず、足全体を使って体を支えられないため、バランスを取るために、
下肢にねじれるような大きな負担がかかりだします。

さらに、下肢がねじれると、股関節は内旋するように歪みます。

そして、股関節が内旋した結果、常に骨盤に大きな負担がかかるようになるのです。

 

※浮き指が腰痛を引き起こすメカニズム

勘のいい方であれば、もう、お気づきかもしれません。

腰痛の患者さんに、腰の整体をおこなっても思うように改善できないのは、
「浮き指が改善されず、足が使えないままだから」。

結果的に、またすぐに下肢がねじれ、骨盤に負担がかかり、腰に痛みがでてしまうのです。

腰痛の痛みを取りきるうえで大切なのは、
時間をかけて腰の施術をおこなうことではなく、
根本原因となっている足の問題を解決することです。

腰痛、肩こり、首の痛み、股関節の痛み、ヒザの痛み、頭痛など。

あらゆる体の問題は、足からのアプローチで改善できます。

なぜ、足の整体は、これほど高い効果を発揮するのでしょうか?

その答えは、足こそが人間の「体の土台」だからです。

全身の1/4の骨が、足に集中している事実…

人間の体は200個以上の骨で構成されています。

では、200個のうち、何個の骨が足にあるのかは知っていますか?

答えは、なんと56個(片足28個)。

実に、全身の1/4の数の骨が足に集中しているのです。

              “足は、片足28個の骨で複雑に構成されている” 

 

これだけ、繊細で複雑に構成されている足の骨ですが、
人間は、数十キロもある体重を2本の足で支えて生活しています。

飛んだり、走ったりすることで、足にかかる重量はさらに何倍にもなります。

常に大きな負担がかかっていることは、簡単に想像できるでしょう。

そして、ひとたび足に問題が起きると、人間の体は、首や背中、
股関節などを使い、不自然な状態でバランスを取ろうとします。

その結果、首や背中、股関節などは歪み、
やがてその歪みが他の部位にも痛みを引き起こすようになるのです。

つまり、体の歪みの原因は、足の歪みが引き起こしていると言えます。

腰痛、肩こり、首の痛み、股関節の痛み、ひざの痛み、頭痛など足の整体で改善します。

    

 

 

ひざ痛(膝痛・膝の痛み)・腰痛・股関節痛(付け根の痛み)が重心軸(かかと重心)に変えるだけですべてが変わる!

2018.03.26 | Category: かかと重心,ひざの痛み,ひざ痛(膝痛),付け根の痛み,股関節の痛み,股関節痛,軟部組織,重心軸,骨の軸

重心軸をかかと重心に変えるだけで、
全身にかかる負荷が瞬時にシャットアウトされ、
筋肉や関節への負担が最小限になることを…
かかと重心の立ち姿勢にするだけで

慢性的な膝痛、腰痛、股関節痛や、歩いた時やしゃがんだ時などの動作時の痛みまでも1回で取りきることができたらどうしますか?しかも、再発ゼロまで実現できたら…?

 

かかと重心にすべき理由とは?

 

筋肉や靱帯などの軟部組織に最も負担が掛からなくなるからです。

まず「かかと重心」とは右の図のように、
外果(くるぶし)の“真下”に重心線が来る状態のことを指します。

この状態になると、筋肉や靭帯などの軟部組織に掛かる
全身の負荷がシャットアウトされ、筋肉の緊張が瞬時に解消され、
関節が正しい位置に収まるので、全身が一気に整うのです。

ではなぜ、外果(くるぶし)の“真下”に重心線が来ると、
軟部組織に負担が掛からなくなるのでしょうか?それは…

 

 

【A】かかとより3~5cm手前に重心を置いて立った場合

 

 

 【B】かかと重心(くるぶしの真下に重心がある状態)で立った場合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この画像をご覧いただければ分かるように、
かかと重心より手前に重心がいけばいくほど人の
身体は前傾姿勢になっていきます。

一方で、かかと(くるぶしの真下)に重心を置いた場合、
頭のてっぺんから足の底まで、
全身に連なる骨がまっすぐ一直線の軸に乗るのです。

 見て分かる通り、その差は“わずか数cmの違い”でしかありません。
「この程度の違いで、膝痛、腰痛がなくなるなら苦労しないよ」と
思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、このわずか数cmの違いがすべてを変えるのです。

まっすぐになった骨が重力をシャットアウトし、
筋肉にかかる負担を最小限にとどめ、
患者さんの人生までも変えてしまうのです。

 

あなたはピサの斜塔をご存知ですか?

イタリアにある有名な観光名所の1つです。

このピサの斜塔は「斜塔」という名前の通り、
少し傾いていますが、以前は傾き過ぎて、
安全上の理由から公開が中止されていました。

しかしその後工事を行い、傾きを少し修正したことで、
「300年は倒壊しない」と言われるまでになりました。

どの程度傾きを修正したと思いますか?

 

 

 

たった1.5度だけ角度を変えたことで、
公開中止になるほど危険な状態だったピサの斜塔が、
300年安泰と言われるまでになったのです。

 「ほんの小さな違いが大きな結果を生む」

これは人の身体でも同じです。

 

かかと重心にすれば、立位時に筋肉や靭帯にかかる負荷を
“骨の軸”がすべて受け止めてくれるようになるので、
筋肉の力を頼らずに立てるようになります。

実際にお試しいただけると分かりますが、
今まで感じていた重力がなくなり、
まるで空から一本の糸で釣り上げられているかのように身体が軽くなるのです。

 

股関節痛・股関節の痛み・足のつけ根の痛み     Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.07.26 | Category: ひざの痛み,口コミ、人気、評判NO・1,座骨神経痛,整体・接骨院,股関節のゆがみ,股関節の痛み,股関節痛,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,腰痛,膝の痛み,足のつけ根の痛み 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節が痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節が痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 
股関節痛・股関節の痛み・足のつけ根の痛み

あなたは、足のつけ根のあたりに痛みや違和感を
覚えたことはありませんか?

もしかしたら、それは将来歩行困難の原因にもなる
「股関節痛」の前ぶれかもしれません。

■「立つ」「座る」「歩く」で生じるつらい痛み

足のつけ根に痛みが出る股関節痛。

10代から高齢者まで、さまざまな年齢層で発症します。

ただし若い人の場合、股関節に異常があっても痛みが出ないことが多く、
自覚がありません。

また、初期段階では足のつけ根、お尻、太もも、ひざ上などに鈍痛が出ますが、
数日程度で治ってしまうことが多いため、放置してしまいがちなのです。

そのまま負担をかけ続けることで、
40代くらいになって股関節の痛みを感じはじめる人が多いのです。

症状が進むと、痛みで長時間の歩行が困難になり、
立つ、座る、歩くといった動作で激しい痛みを感じるようになります。

さらに痛みで可動域も狭くなり、靴下が履けない、階段や段差がつらいなど、
日常生活にも大きな支障が出るようになります。

突然股関節がはずれ、抜けるような感じに襲われたり、
股関節に水がたまったりという症状も、股関節痛の特徴です。

歩行が困難になれば、仕事や家事をすることも難しくなりますよね。

痛みのある部位をかばって生活すれば、
坐骨神経痛やひざの痛みなどを併発することもあります。

整形外科などを受診しても、
痛み止めや湿布を処方され、経過観察という治療しか行われません。

症状が進めば、骨盤や大腿骨の骨を切って股関節を調整する手術や
人工股関節を入れる手術をすすめられるでしょう。

しかし、いずれの場合も入院期間が長く、リハビリにも時間がかかります。

術後の経過しだいでは、痛みが再発するケースも少なくありません。

人工関節には、耐久年数などの問題もありますよね。

それに、たとえ手術で痛みが消えたとしても、
それは痛みを鎮めるための対症療法でしかありません。
股関節痛の根本原因が消えたわけではないのです。

できることなら、手術なしで健康な体を取り戻したいですよね。
そのためにはまず、股関節症の正しい原因と治療法を知ることが先決です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■股関節痛を起こしている真犯人は?

股関節痛はなぜ起こるのでしょうか?

股関節痛は、骨盤にある関節のくぼみ(臼蓋)と大腿骨(太ももの骨)が
うまく噛み合わないために、摩擦が起こり、
関節軟骨がすり減って痛みが生じます。

では、股関節がうまく噛み合なくなってしまうのは何故でしょうか?

実は大きな原因のひとつに、
頸椎・下あご・背骨(脊椎)骨盤・重力バランス軸のゆがみ(ずれ)があります。

頸椎・下あご・背骨(脊椎)骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(ずれ)によって筋肉の過緊張が起こると、
背骨にねじれや傾きが生じ、正しい姿勢を保つことができなくなります。

股関節は、上半身の重さを支えながら、立ったり、座ったり、歩いたりなど、
さまざまな動きにかかわるため、非常に負担がかかりやすい部位です。

ただでさえ大きな負担がかかっている股関節。
上に乗っている背骨にねじれや傾きが起これば、どうなるでしょうか?

背骨の異常によって骨盤が後ろに傾き、
股関節と大腿骨のかぶりが浅くなるため、
自分の体重や動作で生じる力が、股関節の一部に集中します。

そのために、股関節がうまく噛み合なくなってしまうのです。

つまり、頸椎・下あご・背骨(脊椎)骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(ずれ)によって起こった背骨の異常が、股関節痛の原因に
繋がっている場合があるのです。

バランス整体の治療で頸椎・下あご・背骨(脊椎)骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(ずれ)を正しい位置にすることを
おすすめします。

ただし、早期に治療を開始しないと、
背骨の傾きやねじれがどんどん固定化してしまいます。

心当たりのある方は、ぜひ一度、
バランス整体の治療にお越しください。

体のゆがみが一目でわかるチェックも行っています。

 ぜひ一度、福山市田澤接骨院にお越しください。

 あなたのご来院をお待ちしています。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

 

股関節が痛い、股関節症、足のつけ根の痛み、 腰痛、肩こり、頭痛、 椎間板ヘルニア、坐骨神経痛,

しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。



━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━



 頸椎・下アゴ・背骨・脊椎・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達