坐骨神経痛・座骨神経痛     Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績       | 福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,整体・接骨院 > 坐骨神経痛・座骨神経痛     Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

坐骨神経痛・座骨神経痛     Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績      

2013.09.17 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,整体・接骨院

患者さまの喜びの体験談

 

後藤のりこさま 25歳 福山市
 今妊娠5か月の妊婦です。
 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。
 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。
 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。
 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。
 一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。
 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。
 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。
 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!
 無事に出産できますように。

坐骨神経痛・座骨神経痛  

坐骨神経痛1坐骨神経痛5坐骨神経痛11坐骨神経痛7

 

 

 

 

 

 

 

 

しびれや痛みで歩けない!坐骨神経痛を治すには
下半身のさまざまな部位に痛みやしびれが出る「坐骨神経痛」。
歩く、座る、立つ……といった基本の動作がきつくなる、
非常につらい病気です。

■下半身の痛みで、仕事もままならない!?

坐骨神経は、腰から足全体に伸びています。
この坐骨神経が圧迫されることによって生じる
痛みやしびれが、坐骨神経痛です。

坐骨神経のどの部分がどのように圧迫されているかによって、
症状の出る部位、痛みの程度なども人それぞれ。

たとえば、お尻のあたりにある梨状筋という筋肉が過緊張になり
坐骨神経が圧迫され、腰やお尻周辺に痛みが出ます。

このようにして、腰、お尻、股関節、太もも、
ひざ、ふくらはぎ、足先……など、
下半身のさまざまな部位に痛み、しびれ、だるさ、
感覚が鈍る鈍麻などの症状があらわれます。

激しい痛みやしびれなど、経験した人にしかわからない、
とてもつらい症状ですよね。
このような状態が続くため、仕事や日常生活に大きな支障をきたします。

特に激しい痛みの出る急性期は、ほとんど動くことができません。
痛みのせいで眠れず、寝返りさえもつらい状態……。
いつまでに治るかもわからず、いつ再発するかもわからない……。
このような症状から、仕事を辞めたり、解雇されてしまうケースも多いそう。

不安定な症状のせいで仕事が長続きせず、
短期アルバイトで生計を立てているという人も少なくありません。

何十年もつらい症状に苦しめられ、仕事や日常生活もままならず、
「一生この痛みに悩まされるのか」と、
悲観的になる方も多くいらっしゃいます。
坐骨神経痛2の2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■正しい治療法を選ぶことが完治への道

整形外科に行っても、レントゲンをとって、
湿布と鎮痛剤を処方されるだけ。
症状がひどい場合は神経ブロック注射や
牽引療法などを行いますが、
症状は一進一退を繰り返すだけ……ということが多いようです。

マッサージ、鍼灸,整体などに通っても、整形外科と同じく、
一時しのぎの効果しか得られないケースが多くあります。

これでは、病気の根本原因の解決にはなりません。
なぜ、坐骨神経痛が起きるのか。

原因をきちんと理解して解決しないかぎり、
完治は望めません。

実は頸椎、下あご、背骨・脊椎、骨盤、
重力バランス軸のゆがみ(傾き・ずれ)は、
坐骨神経痛の大きな原因のひとつになっています。

頸椎、下あご、背骨・脊椎、骨盤、重力バランス軸の
ゆがみ(傾き・ずれ)咬筋が短くなると、脳からの命令によって
全身の筋肉がアンバランスな過緊張を起こし、
背骨にねじれや傾きが生じます。

背骨のねじれや傾きによって、背骨にかかる力がうまく分散されず、
腰椎など特定の場所に集中してしまいます。

そして椎間板や腰椎などが坐骨神経を圧迫し、
下半身に痛みやしびれが生じる可能性があるのです。

頸椎、下あご、背骨・脊椎、骨盤、重力バランス軸の
ゆがみ(傾き・ずれ)が原因で、
坐骨神経痛が生じている場合、
頸椎、下あご、背骨・脊椎、骨盤、重力バランス軸の
ゆがみ(傾き・ずれ)を解消し、正しい姿勢を取り戻すことによって、
腰椎や椎間板が神経に触れなくなり、
痛みが軽減される効果が期待できます。

ただし、早期に治療を開始しないと、
背骨の傾きやねじれが徐々に固定化されます。
その上坐骨神経そのものに負荷が蓄積されるために、
治療期間が長期化してしまいます。

下半身に異常を感じたら、いちはやく、
治療を開始することをおすすめいたします。

坐骨神経痛や腰痛でお悩みの方、下半身の痛みに心当たりのある方は、
ぜひ一度、当院にお越しください。

体のゆがみのチェックも行っています。
あなたのご来院をお待ちしています。
骨盤矯正・ゆがみ9
 
 
骨盤矯正・ゆがみ4
骨盤矯正・ゆがみ11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
坐骨神経痛
座骨神経痛に対する通常の治療としましては
痛み止めなり、筋肉リラックス剤、
あるいは牽引などの
物理療法で症状を取り除こうというのが
関の山であります。

かなり強い痛み止め薬を使っても痛みが治まらず
座骨神経痛という病気は医者にとって厄介な病気です。

ただし、神経根に直接注射をすると痛みは治まります。

しかし、薬依存症という問題に繋がる場合が多いです。

痛みが止まらない場合には、整形外科では
手術という事になります。

バランス整体による治療では
脊柱を矯正して脊椎の配列を正しくし
脊柱や神経、関節、
椎間板にかかる圧迫を取り除くのが
バランス整体であります。

大抵の人が歯の検査を受け、
さらに血圧や目も検査していながら
脊柱に関しては無視している場合が多いです。

脊柱の配列がゆがむ(ズレる)と、
脊柱本来が守るべき神経を
逆に圧迫する結果になる。

脊柱の検査も必ず受けるべきであります。

神経が締め付けられると
繊細な機能を持つ神経機能に障害が生じ
ひいては身体を弱くし病気の前段階、
痛みや機能不全といった結果に陥ることになります。

車のタイヤのアライメントと呼ばれる配列具合を
診てもらう必要があるわけで
人間も同じように脊柱の配列状態を診てもらい
必要な矯正をするものです。

バランス整体というのは
座骨神経痛の治療法ということでは決してなく
あくまでも脊柱神経に生じた狂いを
矯正をするものである。

然るに座骨神経痛の人は、必ず
バランス整体の治療を受けるべきであり
座骨神経痛がある場合には
確実に健康な脊柱が必要であります。

脚に走る脊柱神経が障害を受けると
神経性跛行という「びっこ」の病気になることがある。

こうなると長く歩けず、
しょっちゅう休みながらでないと
歩けないことになります。

ふくらはぎにこむら返りが生じたり
痛み、無感覚、疲れが出てきます。

この様な症状や足は
大腿、腰、尻に出てくることもあります。

跛行の原因としましては、
血液関係なり神経系統があります。

こうした場合手術が一つの解決方法となりますが
先ず、バランス整体の治療を受けるべきです。

バランス整体の脊柱矯正により
座骨神経痛なり、脚痛が改善します。

腰痛と座骨神経痛の患者に対して
各種治療方法(脊柱矯正、牽引、注射2種類)を
用いた比較実験がなされ
結果として脊柱を矯正してもらったグループが
一番の回復をみせております。

この研究で興味深いのが牽引治療を受けた多くが、
後で手術を受ける羽目に陥ってる事であります。

ところが現実には、現代医療機関に行く場合が多いです。

バランス整体は
独自の治療方法によって救われた人の数は
多数います。

病人がいると
「どうすれば、この病気をやっつけられるか」
という態度は対処療法的な治療でしかありません。

一方、バランス整体の実践方法は
「身体をもっと丈夫にして、
自分自身の治癒力で治る様にしよう」
という態度なのです。

いつか身体に障害が表面化してくるのを待つといった
消極的な生活処方ではなく
バランス整体というのは
積極的に現在の身体を、よりよく機能させることにより
将来病気が急に起こり得る事がないのであります。

あたなたの将来の為にも、是非
バランス整体を受ける事をお勧め致します。

骨盤矯正・ゆがみ8子供の猫背・側彎22
側彎2

首、肩、腕,脚の痛み、しびれ12
 
itami-tiryou
 
全柔協制作:田澤接骨院のHPの画像フィイル 043
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達