自律神経失調症 Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績     | 福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 不眠、倦怠感、うつ,交換神経,冷え,患者さまの喜びの声(動画),整体・接骨院,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,自律神経が乱れ,自律神経のバランス,自律神経の働き,自律神経失調症 > 自律神経失調症 Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績    

自律神経失調症 Ι 整体・接骨は口コミNO.1: 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績    

2013.08.03 | Category: 不眠、倦怠感、うつ,交換神経,冷え,患者さまの喜びの声(動画),整体・接骨院,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,自律神経が乱れ,自律神経のバランス,自律神経の働き,自律神経失調症

患者さまの喜びの体験談

 

後藤のりこさま 25歳 福山市
 今妊娠5か月の妊婦です。
 一人目を妊娠中は、坐骨神経痛に悩まされ、
 入退院を繰り返していました。
 二人目妊娠中の今は上の子もいるので、
 入院するわけにもいかず、安静にできる状態ではありませんでした。
 そんな時に、インターネットで「田澤接骨院」さんを見つけました。
 "妊娠初期の妊婦さんでも大丈夫”というフレーズに感動し、
 すぐに行かせてもらいました。
 一人目を出産してからコルセットが手放せなかったのですが嘘のように、
 先生の所に通い始めて、腰の痛みは出ていません。
 育児と家事で、忙しい毎日率直、体を休める暇のない中
 これほど痛みが出ないのはおどろきです。
 11Kgの子供を抱っこして過ごしていても大丈夫なんです。
 これから、さらに大きくなるお腹と、育児、家事とで
 腰への負担を考えると、ゾッとしますが、
 先生の言われる通りがんばっていれば、きっと大丈夫な気がします!!
 無事に出産できますように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自律神経失調症 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「自律神経失調症」の正体とは?
 
あなたは「自律神経失調症」という症状を聞いたことはありますか?
テレビや雑誌などで一度は目にしたことがあると思います。
つらいのは多岐に渡る症状だけでなく、はっきりした原因がわからないこと。
見当違いの治療や薬の服用で、症状がさらにひどくなる場合も……。
自律神経失調症を治すには、まず原因をしっかり見極めることが先決です。
 
■こんなにたくさんある!自律神経失調症の症状
 
血液を流したり、汗をかいて体温調節したり、胃や腸を動かしたり……。
こういった、自分の意志とは関係なくはたらく生命維持のための身体機能は、
すべて自律神経によって制御・調整されています。
想像してみてください。
この自律神経がうまく働かなくなったら、いったいどうなるでしょうか?
不眠、めまい、吐き気、頭痛、異常発汗、倦怠感、疲労感、肩こり、腰痛、
関節の痛み、手足のしびれ、動悸、微熱、のぼせ、過呼吸、胃腸の不調、
眼精疲労、下痢、便秘、生理不順、不妊症、情緒不安定、イライラ、
抑うつ……。
このように、驚くほどたくさんの不調や病気を引き起こしてしまうのです。
症状はひとつの人もいれば、複数出る人もいます。
どれも不快でつらい症状や病気ばかり。
しかも不定愁訴のような症状が多いため、
自分が自律神経失調症だと気づいていない人も多いのです。
放っておけば、より重篤な病気にもつながりかねません。
ただし問題なのが、
ほとんどの医師が自律神経失調症の
本当の原因をわかっていないということ。
だからこそ、内科や心療内科では、
仕事のしすぎだとか、人間関係のストレスといったことを原因にして、
簡単な診察をして薬を処方するだけの対症療法しかできないのです。
これでは、いつまでたっても自律神経の失調は治りませんよね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自律神経失調症
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自律神経失調症
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

■真犯人は頸椎・下あご・背骨・骨盤・重力バランス軸の・・・
 ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)による交感神経優位だった!

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、
この2つはまったく逆の働きをします。
交感神経は活動時に優位になり、
副交感神経はリラックス時に優位になります。
そのため、交感神経は「昼の神経」、
副交感神経は「夜の神経」などと呼ばれます。
交感神経優位の状態では、血圧や心拍が上昇し、
心臓や血管の動きが活発になります。
副交感神経優位の状態では、血圧や心拍が低下します。
その他、発汗、内臓の働き、
呼吸量、唾液量、瞳孔の状態、排泄など、
さまざまな身体機能が真逆にはたらきます。

つまり、交換神経と副交感神経が
バランスよく働くことによって、
私たちは毎日快適に過ごせるというわけです。
しかし、頸椎・下あご・重力バランス軸が
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)ていると咬筋がたるみ、
脳から「咬筋を縮めよ」という命令が下されます。
この命令は、「昼の神経」である交感神経によって実行されます。

つまり、頸椎・下あご・重力バランス軸の位置が
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)ていると、
交感神経が常に優位に働くようになるのです。
交感神経が優位に働くというのは、どんな状態だと思いますか?
動物でいえば、獲物を追うときや敵に追われているときです。
敵や獲物に対して全身で身構えている、物凄い緊張状態です。
血圧が高くなり、瞳孔が開き、脈拍なども早くなりますから、
当然身体のあちこちに負担がかかります。
家でリラックスしているときや睡眠中にも、
身体を休ませるための副交感神経が働くことができません。
精神的にも肉体的にも、非常にストレスがかかるのです。
これでは体のあちこちに不調が出てくるのも当然ですよね。
不眠、めまい、頭痛など、
自律神経失調症のさまざまな体の不調があらわれ、
さまざまな病気につながってしまうのです。

しかし、頸椎・下あご・背骨・骨盤・重力バランス軸が
ゆがむ(傾き・ずれ・亜脱臼)と交感神経が優位になる
という事を知っている医師は、ほぼ皆無といっていいでしょう。

自律神経のバランスを乱す大きな要因となっている
「頸椎・下あご・背骨・骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)」を無視して、睡眠導入剤や鎮痛剤、
抗うつ剤を服用し続けることは、最良の治療法とは言えないと私は思います。
頸椎・下あご・背骨・骨盤・重力バランス軸の
ゆがみ(傾き・ずれ・亜脱臼)は
他にもたくさんの病気や不調を引き起こす原因になりますから、
できるだけ早期の治療開始をおすすめします。
先にあげた自律神経失調症の症状に心当たりのある方は、
ぜひ一度、当院にお越しください。
体のゆがみが一目でわかるチェックも行っています。

あなたのご来院を心よりお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、

ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

□■http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525□■

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも

影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━

 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは

 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

  肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 

 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、

 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、

 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 
 
 
 
 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達