座骨神経痛  Ι 整体・接骨は口コミNO.1:腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績 | 福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,椎間板ヘルニア,背骨のゆがみ・ずれ,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,背骨(脊柱・脊椎)の劣化,脊椎・背骨矯正,脊椎矯正,腰痛 > 座骨神経痛  Ι 整体・接骨は口コミNO.1:腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

座骨神経痛  Ι 整体・接骨は口コミNO.1:腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、背骨【脊椎のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.06.14 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,坐骨神経痛,整体・接骨院,椎間板のゆがみ・ズレ,椎間板ヘルニア,背骨のゆがみ・ずれ,背骨・脊椎のゆがみ、傾き、ズレ,背骨(脊柱・脊椎)の劣化,脊椎・背骨矯正,脊椎矯正,腰痛

座骨神経痛

座骨神経というのは、身体で一番長く大きな神経であります。

座骨神経は、さらに5つの神経に分けられます。

座骨神経は全て腰のところで脊柱を離れてから骨盤に入り

脚を下りていきます。

そして脚を下りていく間に、幾つもの小さな神経に分かれて

筋肉や、大腿関節、膝、ふくらはぎ

かかと、足、足指へといっています。

この座骨神経が炎症を起こしたのが、座骨神経痛であります。


座骨神経痛と言うのは、簡単に言えば

腰から、足先に対する痛み、ないしは痺れが出現する事です。


座骨神経痛の症状としましては

腰の痛み、臀部の痛み。

臀部、太腿裏、脚の痛み、しびれ。

痛くて座ってられない。

前に屈めない、身体を後ろへ反らす事が出来ない。

身体を動かすと、痛みや痺れが悪化していく。

痛みの為、歩行が困難になる。

足に力が入らなくなる。

足を触ると、感覚が鈍くなっている。


この様な症状が現れ多くの場合

右か左か、どちらかの臀部(おしりの部分)

か、下肢、大腿部、下腿部、あるいは足先に症状が出ます。


両方に症状が出る場合は、非常に重症である可能性があります。


脚痛の原因が座骨神経痛かどうかの判断は

なかなか厄介なのですが

脚痛の原因が座骨神経痛かどうかに関わらず

バランス整体を受けるべきです。


座骨神経痛があると

座骨神経が走っている脚の外側を中心に痛みがあり

さらにかかとや、足、足指にまで痛みがある場合もあります。


火傷のような鋭い痛みの場合もあれば

しびれや、火照る感じ、あるいはヒリヒリする感じ

刺すような痛み、ムズムズする感じ、触ると痛い

といった場合もあります。


こうして痛みはあるものの、足自体は無感覚

という、おかしな現象のこともあります。


さらに厄介な事には、座骨神経痛での痛みが

どこに発生するかの場所が確定的でないのです。


どこでも、いつでも痛みが付きまとい

重症の場合には反射作用が失われたり

ふくらはぎが痩せ衰える事もあります。


座骨神経痛にかかると、夜の安眠が出来ず

歩いたり、身体を曲げたり、座ったり、立ったり

といった単純な動作が困難か不可能になってしまいます。


また、痛み方も変化していき、脈打つような痛みが継続し

その後には、何時間なり何日にもわたり

痛みがなくなってしまう事もあります。

痛みの酷さも変化をし、うずくような痛みかと思えば

ナイフで刺されたような痛みの事もあります。


横になったり、姿勢を変える事により

痛みが変化することもありますし

全く影響がない場合もあります。


しかし、痛みがある以上放っておいてはいけません。

必ず、検査を受けて、根本から治療をして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バランス整体と座骨神経痛  

「長期間マッサージをしているけどよくならない…」

「痛み止めを飲んでるけど、あんまり効果がなくなってきた…」


良くならない、症状を繰り返す

それは座骨神経痛の原因を取り除かず

痛みという症状を緩和するだけの対処療法で通わされているからです。


坐骨神経痛は一時的によくなっても、再発しやすい症状ですので

やはり根本から改善していかないと、痛み・しびれの解消につながりません。


原因を調べるには、レントゲン、CT

あるいはMRIで検査しなくてはなりませんが

原因の一つとして、椎間板ヘルニア

または、おしりに梨状筋症候群と言いまして

名前の通り、梨の様な状態になっている筋肉

(それを総称して、梨状筋症候群と言います)


また、脊柱管狭窄症、あるいは腰椎の分離滑り症

または腫瘍、または、変形性の脊椎症などによる場合があります。


そして妊産婦の後期に出現する場合もありますし

あるいは臨床上、泌尿器系に問題を持つ場合

例えば左側の泌尿器系に問題を持つ場合は左の痺れ

右側の泌尿器に問題を持つ場合は、右側の痺れ

あるいは、腎臓が悪くても、下腹部に

スパズム(痛み)が生じる場合があります。


バランス整体では、坐骨神経痛の原因を見つけ取り除くことで

つらい症状から解放され、原因を取り除くを目的に

バランス整体を受けることで

再発を予防することにもつながります。


座骨神経痛に対する通常の治療としましては

痛み止めなり、筋肉リラックス剤、あるいは牽引などの

物理療法で症状を取り除こうというのが関の山であります。


かなり強い痛み止め薬を使っても痛みが治まらず

座骨神経痛という病気は医者にとって厄介な病気です。


ただし、神経根に直接注射をすると痛みは治まります。

しかし、薬依存症という問題に繋がる場合が多いです。


痛みが止まらない場合には、整形外科では

手術という事になります。


バランス整体による治療では

脊柱を矯正して脊椎の配列を正しくし

脊柱や神経、関節、椎間板にかかる圧迫を取り除くのが

バランス整体であります。


脊柱の配列がゆがむ(傾き・ズレ)ると、脊柱本来が守るべき神経を

逆に圧迫する結果になる。

脊柱の検査も必ず受けるべきであります。


神経が締め付けられると

繊細な機能を持つ神経機能に障害が生じ

ひいては身体を弱くし病気の前段階、痛みや

機能不全といった結果に陥ることになります。


車のタイヤのアライメントと呼ばれる配列具合を

診てもらう必要があるわけで

人間も同じように脊柱の配列状態を診てもらい

必要な矯正をするものです。


バランス整体というのは

座骨神経痛の治療法ということでは決してなく

あくまでも脊柱神経に生じた狂いを矯正をするものである。


然るに座骨神経痛の人は、必ず

バランス整体の治療を受けるべきであり

座骨神経痛がある場合には

確実に健康な脊柱が必要であります。


しびれや痛さは、なかなか他人にわかってもらえません。

坐骨神経痛とは自分で気がつかないで

長年放置してしまうと悪化させてしまいます。


他の病院や、整形外科さんに行っても

治らない場合は、是非、当院にご来院下さい。

 

適切な処置を致します。

 

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

腰痛、坐骨神経痛、ぎっくり腰、、しびれ、だるさ 、背骨【脊椎・骨盤のゆがみ、傾き(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ・傾き度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみ・傾きはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達