背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】            Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績 | 福山市・府中市・駅家町の超職人治療院 | 田澤接骨院

Blog記事一覧 > 口コミ、人気、評判NO・1,背中の痛み,背骨のゆがみ・ずれ,骨盤のゆがみ > 背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】            Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】            Ι 整体・接骨は口コミNO.1:背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】でお悩みのあなた 背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】専門で28年38880人の実績

2013.05.15 | Category: 口コミ、人気、評判NO・1,背中の痛み,背骨のゆがみ・ずれ,骨盤のゆがみ


脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)とは何か

脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)とは何かでは、

下記のような問題が生じてきます。

一個なり複数の脊椎が、正常な位置よりゆがむ(ズレる)。

脊椎の中、トンネル穴状の中を神経束が通っているが

 この穴が狭められる。

故に、神経に圧迫が生じる。

頭脳と身体を結ぶ神経信号が障害を受ける。


脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)とは何かが原因の障害が、

幾つもの研究でますます判明してきております。

骨の異常な位置ならびに動き。脊椎がゆがみ(ズレて)固定してしまっており

痛みを伴うこともあります。身体が柔軟でなくなったり

動き過ぎたり(曲げた時に「音」が生じる)

どちらにせよ、正常な位置よりゆがみ(ズレ)が生じており

関節の動く範囲も変化している。


神経系統の異常な動き。勿論、神経系統も影響を受け

神経を通る化学電気信号が異常となり

神経を通るべき重要な化学物質が阻害されます。


筋肉の異常な動き。筋肉が過剰に働かせられたり

あるいは、場所によってはそれほど動かなくても済んでしまう

というバランスが生じ、痙攣や弱さが発生します。


軟部組織の異常な動き。身体の動きが正常でなくなると

組織や器官、腺が影響を受け神経伝達を阻害し、さらに

筋肉のバランスが欠けていく。さらに靭帯、軟骨、椎間板

腱、内臓が悪くなってきます。


脊柱ならびに身体の異常な働き。脊柱のバランスが崩れると

姿勢が悪くなり、身体の調和が乱れてきます。従って

身体機能にストレスが生じる事になり

特定の筋肉や関節、靭帯、器官に疲れや減りといった異常状態が

引き出されてきます。こうなると疲れやすい身体となり

病気への抵抗力が凝り、自分の持っている力を

100%引き出せなくなります。


脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)とは何かが生じる理由は、

重圧あるいはストレスであり

マクロ的なものと、ミクロ的なものの2種類があります。


マクロ的ストレスというのは事故なり、転んだり

スポーツ事故といった肉体的に直接衝撃があった場合であります。


一方ミクロ的ストレスというのは、何回もの繰り返しが重なり

身体のある部分を摩耗させていく場合であります。


仕事なりスポーツにみられるように、机に向かい長時間座るとか

身体のある部分を繰り返し動作した時に起こる姿勢からでも

ミクロ的ストレスを引き起こす。

精神的なストレスでも身体に緊張を作り出すので、当然ながら

姿勢が変化し脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)とは何かが起こり、結果として

肉体的な影響を及ぼすことになります。


神経信号を狂わせる原因として

一番の問題は脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)とは何かであるが

神経系統を狂わせる原因としては医薬品も考えなくてはいけない。

医薬品は通常、神経系統内の化学状態を変化させることにより

効き目が出てくるわけで、当然ながら神経機能に影響を与えているわけです。


例えばアスピリンに代表される鎮痛剤の例では

痛みを感じる神経信号を邪魔して通らないようにしているにしか過ぎない。


切り傷や火傷、凍傷でも神経が損傷されることがあります。

無理な姿勢を続けていたために、足や腕がしびれることからも分かるように

悪い姿勢も神経への圧迫を招く。


神経への血の流れが悪くなると、神経を支える筋肉ならびに

神経自体が悪化することは当然であります。

こうした障害の内で一番顕著なのが脳卒中であります。

脳への血管が詰まったり破れたりすると、その場所への血が止まり

即ち酸素が供給されなくなってしまう。

骨折なり関節炎、腫瘍、さらに筋肉萎縮症、ポリオ、脳卒中といった

神経系統の病気も神経を冒すことになります。


ただしゆがみ(ズレ)があったとしても、必ずしも神経障害があるとは限らない。


脊柱側弯症(脊柱の曲がり具合いの異常)でも

神経障害が生じていない場合があります。


ただし実際に曲がっているところには

脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)とは何かが生じていなくても

他の脊椎何箇所にゆがみ(ずれ・亜脱臼)が存在していることが多いです。

故に、家族全員が脊柱を定期的に診てもらう事が重要であります。

ほんの僅かであっても、ゆがみ(ずれ・亜脱臼)を今日取り除いておけば

将来の病気を予防できる可能性が高い。

特に年を取ってからの問題は厄介になるので

定期検診が非常に重要であります。

ご自身の健康のためにも、かならず検診を受けて下さい。

あなたの『痛み・辛さ』を改善させて頂きます!!

背骨【脊椎のゆがみ(ずれ・亜脱臼)】 などの症状でお困りの方は是非、当院においでくださいませ。

 
━━━━━━━━━━━━━━━

もし、ご自分のゆがみがさらに気になるようでしたら、
ぜひ下記アドレスにて「骨格ゆがみ度チェック」をしてみてください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bioworld-tazawa.com/blog/post-525

そのほかに、骨盤のゆがみはダイエットや精神面などにも
影響をおよぼします。

━━━━━━━━━━━━━━━
 頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレは
 様々な慢性疾患の原因となっている可能性があります。

 肩こり 腰痛 不眠症 片頭痛 坐骨神経痛 めまい 
 自律神経失調症  更年期障害…など

  更にやっかいな事に、
 これらの症状が頸椎・下アゴ・骨盤・重力バランス軸のズレが
 原因となっている場合病院で検査を受けても、異常が見つからず、
 「原因不明」や「ストレス」など
 と診断されることも少なくはありません。

 どこに行っても慢性疾患が治らない。

 その場しのぎの治療法にはウンザリ。

 そんなあなたは、まずバランス整体治療のにお越しください。

 

 

当院へのアクセス

代替医学総合研究所西日本支部 田澤接骨院

所在地〒720-1133 広島県福山市駅家町近田230-1 プラザコスモス1F
電話番号084-976-4780
予約完全予約制
院長田澤 善達